「為替市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

為替市場における「購買力平価」の磁力はなぜ減衰しているのか

トップレポート・コラムコラム為替市場における「購買力平価」の磁力はなぜ減衰しているのか ここから本文です為替市場における「購買力平価」の磁力はなぜ減衰しているのか為替レートの見通しを立てる際に参照される一つの指標として、「購買力平価」が挙げられる。購買力平価説とは、各国通貨の購買力が同一となるよう物価と為替レートが並行して変化するという考え方であり、為替レートの長期的な収斂水準を考える上で多くの金融市場関係者に利用されてきた。確かに過去の推移を確認すると、一定の循環を伴いながらも、実際のドル円レ

2015年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

為替市場の長期トレンドと「時間効果」の関係-長期トレンドはミクロな動的特性から形成される

為替市場の長期トレンドと「時間効果」の関係-長期トレンドはミクロな動的特性から形成される | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > > 運用手法開発 > 為替市場の長期トレンドと「時間効果」の関係-長期トレンドはミクロな動的特性から形成される為替市場の長期トレンドと「時間効果」の関係-長期トレンドはミクロな動的特性から形成される 金融研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター兼任 福本 勇樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配

2014年3月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

日本株の行方は、米国株と為替市場が決める

日本株の行方は、米国株と為替市場が決める

2010年9月21日マスチューンフィードバック数:4大型消費/投資

緊急大アンケートの結果発表!為替介入を実施した直前、個人投資家1,000人は、菅首相再選をどう評価していた!?

菅首相続投で68%が円高要因と回答した翌日に、為替介入実施へ!  『みんなの株式』が民主党代表選で菅直人首相の続投が決まったことを受けて14日から実施したアンケート結果では、為替市場への影響として円高要因と答えた人が全体(1070人)の68%を占めた。 しかし、15日の東京市場では午前10時25分ごろドルに対して円が一時82円台に突入する円高に振れた直後の35分ごろ、財務省・日銀によるドル買い円売りの単独介入が実施され、午後2時直前には85円台まで3円以上の円安となった。介入をきっかけに株式市場

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ