「燃料電池」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年11月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し 第8回 水素サプライチェーン、実証から実装へ

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し 第8回 ここから本文です水素社会の兆し 第8回水素サプライチェーン、実証から実装へサマリー◆水素のように関連する産業の裾野が広い場合には、要素技術を組み合わせた実物大レベルでの実証試験が不可欠となる。日本は水素・燃料電池に係る社会実証を30年以上にわたって積み重ね、着実に技術やノウハウを蓄積してきており、実証から実装へとフェーズが移行する時期となっている。◆水素の需給を見ると、水素の需要は当面FCVが牽引すると想定される一方

【全業種】特許資産規模ランキング、トップ3はパナソニック、三菱電機、トヨタ自動車

【全業種】特許資産規模ランキング トップ3はパナソニック、三菱電機、トヨタ 弊社はこのほど、独自に分類した「全業種」の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「全業種 特許資産規模ランキング2014」をまとめました。2013年4月1日から2014年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 パナソニック、2位 三菱電機、3位 トヨタ自動車となりました。【

2013年7月4日パテント・リザルトフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

米国 燃料電池分野の特許総合力、トップ3はGM、トヨタ、ホンダ

【米国:燃料電池】特許総合力トップ3はGM、トヨタ、ホンダ※2013年7月3日付 日本経済新聞 朝刊3面に掲載されました  弊社はこのほど、米国における燃料電池分野について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。今回の調査は2011年7月に実施した調査に続くもので、1980年から2013年5月末までに米国特許商標庁で公開された燃料電池関連の特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」による評価を実施し、特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング(※)」を集計しました。

2011年7月22日パテント・リザルトフィードバック数:14製造業/エレクトロニクス

燃料電池 米国特許 総合力ランキング、 ホンダ、トヨタ、パナソニックがトップ5入り

【米国:燃料電池】特許総合力トップ5にホンダ、トヨタ、パナソニック弊社はこのほど、米国における燃料電池分野について、参入企業の競争力に関する調査を行いました。燃料電池は、ハイブリッド自動車をはじめとする車載用や、携帯機器向けなど、さまざまな用途で需要が高まっていますが、今回の調査では、あらゆる用途を含めて評価しています。 1980年から2011年5月末までに米国特許商標庁で公開された燃料電池関連の特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」による評価を実施し、特許の質と量から総合

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ