「物価上昇」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年12月7日日本生産性本部フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の労働生産性の動向 2017年版を発表  ~時間当たり・1人当たり名目労働生産性は過去最高を更新~

日本の労働生産性の動向日本の労働生産性の動向は、日本の生産性の現状や動向について、各種のデータを利用しながら概説したものです。2015年度まであわせて公表していた「労働生産性の国際比較」については、2016年度から別のレポートとして公表しています。2020年度の日本の時間当たり名目労働生産性は4,986円。実質(時間当たり)労働生産性上昇率は前年度比-0.4%。2020年後半は回復に転じたものの、2021年に入って再び低迷2020年度の日本の時間当たり名目労働生産性(就業1時間当たり付加価値額)

2015年4月7日大和総研フィードバック数:0社会/政治

課題が残るマクロ経済スライド改正案

トップレポート・コラムコラム課題が残るマクロ経済スライド改正案 ここから本文です課題が残るマクロ経済スライド改正案6月から支給が開始される2015年度の年金額は、14年度から0.9%引き上げられる。消費税増税や円安で最近の物価は上昇傾向にあるが、年金額は物価の変化に応じて変動するのが基本である。ただ14暦年の消費者物価上昇率は2.7%だったから、0.9%では物価に追いつかない。その理由は、デフレ下で払われ過ぎてきた分の調整、物価と賃金の上昇率の違い、マクロ経済スライドによる抑制という3つの要因で

地方の消費低迷を読み解く

地方の消費低迷を読み解く | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2012年の安倍政権発足後、個人消費は底堅い動きを続けていたが、2014年4月の消費税率引上げ後、個人消費は弱めの動きを続けている。消費動向を地域別にみると、都市部に比べ地方の不調が顕著となるなど地域的なバラツキもみられる。この地方の消費低迷の要因として、以下の4点が指摘できる。

2015年3月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号)

日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号) | ニッセイ基礎研究所 日銀追加緩和の可能性を考える~金融市場の動き(3月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (トピック) 今後の日銀の追加緩和について、筆者は「追加緩和有り」だと見ている。期限内の物価目標達成の見込みが低いためだ。目標時期を延期する手もあるが、日

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

原油安、円安下での物価実感

トップレポート・コラムコラム原油安、円安下での物価実感 ここから本文です原油安、円安下での物価実感国際原油市況は2014年半ばから急落し、直近のピークをつけた2014年6月に比べて半値を下回る水準まで低下している。原油価格の下落は、産油国から原油純輸入国への所得移転であるため、原油の大半を輸入に頼る日本経済にとっても大きなメリットになるとみられる。とりわけ、物価下落による購買力の向上が、増税後低迷してきた個人消費を刺激する効果に対する期待が高まっている。実際、2014年5月時点で前年比+3.7%

2015年2月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・2月](消費意欲指数・デフレ生活指数)●生活者の消費動向を、[消費意欲][デフレ生活]の2種類から分析 ●2月は [消費意欲指数= 44.3点][デフレ生活指数= 61.9点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【2月の消費動向】(消費意欲・デフレ生活志向)に関する分析結果についてご報告いたしま

2015年1月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を

安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。安倍政権発足以降の景況感や家計収支の状況-地方部ほど景況感は悪く実質所得は減少。更なる増税には負担軽減措置の検討を。 生活研究部 上席研究員 久我 尚子基礎研 Report Head Lineではそん

2014年12月23日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクス2年 円安、需要不足解消に必要

アベノミクス2年 円安、需要不足解消に必要円ドルレートは、2012年の1ドル/=約80円から最近では約120円へと、第2次安倍晋三政権の下で5割円安になった。米国以外の主要貿易相手国も対象として物価変動による競争力変化を考慮した実質実効為替レート(国際決済銀行作成)で見ると、円は現行の変動レート制に移行した1973年2月以降、最も安い水準にある。歴史的円安と、これに寄与したアベノミクスをどのように評価すべきだろうか。 ◆◆◆円安は日本で生産された財(サービスを含む)を割安にし、内外の需要を外国財

2014年9月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

台湾、外需を中心に底堅い動きが続く(Asia Weekly (9/22~9/26)) ~NZの輸出は先進国向けを中心に底堅い動き~

1/4ASIA Indicators~NZ の輸出は先進国向けを中心に底堅い動き~定例経済指標レポート台湾、外需を中心に底堅い動きが続く(Asia Weekly (9/22~9/26))発表日 : 2014 年 9 月 26 日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ○経済指標の振り返り 発表日 指標、イベントなど 結果 3.94% +5.2% +3.9% 50.5 +0.9% +2.21% +7.03% 35.2 40.0 1.875%

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国はディスインフレの世界に突入か(Asia Weekly (9/8~9/12)) ~インドネシア中銀は、マクロ経済と金融市場の安定に軸足を移す~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポート中国はディスインフレの世界に突入か(Asia Weekly (9/8~9/12))~インドネシア中銀は、マクロ経済と金融市場の安定に軸足を移す~発表日:2014 年 9 月 12 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日9/8(月)9/9(火)指標、イベントなど結果コンセンサス前回(中国)8 月輸出(前年比)+9.4%+9.0%+14.5%8 月輸入(前年比)▲2

消費者心理調査(CSI)2014年8月調査

消費者心理調査 215(2014年8月実施)平成26年9月12日(金)14:00 更新【次回10月調査(№216)結果は11月中旬発表の予定】ほぼ横ばい足踏みの消費者心理― 景気の先行き見通しは再び後退へ ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(8月調査)によれば、  6月に改善した景気の先行き見通しは再び後退し、物価上昇見通しもじわりと強まり、回復に向けて逆風となる一方、雇用や収入に対する見通しはいずれも横ばい水準にあり、緩やかな改善の持続が期待される。これらを背景に、消費者心理

2014年9月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

平成26年度 年次経済財政報告書 ―日本経済の潜在力を高める―

平成26年度 年次経済財政報告書 ―日本経済の潜在力を高める―講演内容引用禁止増島 稔 (内閣府官房審議官(経済財政分析担当)) 片岡 隆一 (RIETIコンサルティングフェロー/財務省大臣官房参事官(主計局担当)) 本年度の経済財政白書では、「日本経済の可能性を広げるにはどうすればよいか」という問題意識から、経済財政を巡る課題について、現状の把握と論点の整理を試みる。第一に、消費税率引上げや大胆な金融政策による影響を整理するとともに、経済成長と財政健全化の両立に向けた課題を分析する。第二に、物

新首相による経済改革が注目され上昇したインド株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年8月29日新首相による経済改革が注目され上昇したインド株式 インド株式市場は、春の下院総選挙で野党連合の優勢が伝わるとともに上昇の勢いを強め、5月下旬にモディ氏が新首相に就任して以降も、上昇基調で推移しています。その背景として、10年ぶりの政権交代を果たしたモディ新政権に対して、インフラ整備や産業育成などの経済改革が進められるとの期待が国内外で高まっていることが挙げられます。モディ新政権は、7月に発表した2014年度(2014年

2014年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【7月米FOMC】タカ派の声が強まる?

【7月米FOMC】タカ派の声が強まる? | ニッセイ基礎研究所 【7月米FOMC】タカ派の声が強まる? 経済研究部 准主任研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米国で連邦公開市場委員会(FOMC)が7月29-30日(現地時間)に開催され、資産購入ペースの縮小(100億ドル/月の減額)が決定された。資産購入額の減額は事前の市場予想の通りだった。声明文

2014年7月10日マーサー ジャパン★フィードバック数:0ライフスタイル

東京は7位です。

2014年世界生計費調査‐都市ランキング

マーサー 『2014年世界生計費調査‐都市ランキング』を発表 10-July-2014グローバル, 東京海外駐在員にとって最も物価が高い都市はルアンダ(アンゴラ)、最も低い都市はカラチ(パキスタン)対米ドル価値の変動に伴い多くの都市の順位が変動アフリカ、ヨーロッパ、アジアの都市がランキング上位を占めるアジアで最も物価が高い都市は3位の香港に4位のシンガポールが続く東京が昨年の3位から7位に、大阪が12位から23位にランクダウン 世界最大級の組織・人事コンサルティング会社、マーサーは、「2014年

2014年7月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2014年7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く

金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(7月号)~「企業の物価見通し」を再び読み解く 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (短観) 7月2日に2回目となる日銀短観「企業の物価見通し」が公表された。物価全般の見通しは前回調査から殆ど変化がなかったが、自社販売価格の見

2014年5月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:1-3月期英国GDP(改定値) ~賃金上昇が物価上昇に追いついてきた~

欧州経済指標コメント:1-3月期英国GDP(改定値) ~賃金上昇が物価上昇に追いついてきた~

2014年4月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

需給ギャップがゼロに近づくとき ~完全雇用水準への接近が物価上昇を喚起~

需給ギャップがゼロに近づくとき ~完全雇用水準への接近が物価上昇を喚起~

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、輸出入ともに厳しい内容(Asia Weekly (4/7~4/11)) ~中国物価は景気不透明感を反映し、当面低水準での推移が続こう~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポート中国、輸出入ともに厳しい内容(Asia Weekly (4/7~4/11))~中国物価は景気不透明感を反映し、当面低水準での推移が続こう~発表日:2014 年 4 月 11 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日4/7(月)指標、イベントなど結果コンセンサス前回(台湾)3 月消費者物価(前年比)+1.61%+1.00%▲0.05%3 月輸出(前年比)+2.0%+

消費者心理調査(CSI)2014年2月調査

消費者心理調査 212(2014年2月実施)平成26年3月13日(木)14:00 更新【次回調査(№213)結果は平成26年5月中旬発表の予定】消費増税を前に足踏みの消費者心理― 物価上昇見通しが再び強まる ―消費者による今後1年間の見通し判断を調査したCSI(2月調査)によれば、  前回12月調査で一服していた物価上昇見通しが再び強まり、3調査ぶりに改善の見られた景況感も回復持続には至らなかった。また、雇用(失業不安)の見通しは緩やかな改善が続くも、収入見通しは僅かに悪化を示し改善への勢いは鈍

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―

■「中央調査報(No.675)」より ■ 2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―時事通信社 経済部次長 犬飼 優2014年の日本経済のビッグイベントは4月の消費税増税だ。税率の5%から8%への引き上げが経済にどの程度のインパクトを与えるのか。昨年、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の「第1の矢」(金融政策)で円安・株高が実現し、経済は回復軌道に乗り始めたが、消費税率アップは景気を大きく落ち込ませる要因になりかねない。政府は回避策として5.5兆円の景気対策を用意しているが、どこまで

2014年2月2日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

依然として確信できない「2年で2%の物価上昇」~持続的な成長経路への早期回帰は困難~

依然として確信できない「2年で2%の物価上昇」~持続的な成長経路への早期回帰は困難~

発行が再開された物価連動国債との付き合い方

発行が再開された物価連動国債との付き合い方 | ニッセイ基礎研究所 発行が再開された物価連動国債との付き合い方 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 10月8日に、5年2ヶ月振りに物価連動国債の入札が行なわれ、3,482億円が発行された。同債券は、今後も定期的に発行される予定である。物価の動向を考えると、アベノミクスへの期待による行き過ぎた円高の解消や2年

2013年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、成長モデルの転換が進まない中での三中全会 ~資金動向に新たな疑惑も出る中、透明性向上に金融市場改革は進むか~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国、成長モデルの転換が進まない中での三中全会~資金動向に新たな疑惑も出る中、透明性向上に金融市場改革は進むか~発表日:2013年11月11日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国景気の底入れ期待が高まっているが、景気拡大の原動力は未だ外需や投資の回復に留まる。米国景気の回復期待や国際金融市場の動揺一服は外需を押し上げる中、固定資本投資も拡大が続く。なお、10月単月では不動産

2013年11月7日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

持続可能な賃上げの条件

トップレポート・コラムコラム持続可能な賃上げの条件 ここから本文です持続可能な賃上げの条件賃上げムードが広がっている。政府、労働者、経営者で構成される「経済の好循環実現に向けた政労使会議」では、日立製作所の川村会長やトヨタ自動車の豊田社長がベースアップに対して前向きな姿勢を示した。好業績を受けて、ベースアップを決定した企業もある。まさに安倍政権の要請通りの動きであるが、重要なのはこの賃上げムードが来年以降も継続することである。一年だけ賃金が上昇しても、来年以降低下に転じてしまっては、好循環は達成

2013年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

物価上昇圧力、消費増税後の行方 ~需給ギャップ改善の流れは続く~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年9月24日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州の事例から読み解く消費増税の影響-駆け込み・反動の抑制、物価上昇に対する支援策が不可欠

欧州の事例から読み解く消費増税の影響-駆け込み・反動の抑制、物価上昇に対する支援策が不可欠

2013年9月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

デフレ脱却の兆し-求められる過剰適応からの転換

デフレ脱却の兆し-求められる過剰適応からの転換 | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > デフレ脱却の兆し-求められる過剰適応からの転換デフレ脱却の兆し-求められる過剰適応からの転換 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 地球上で無敵だった恐竜はなぜ絶滅してしまったのか?一説によれば、それはあまりに当時の地球環境に適

2013年9月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

雇用改善から物価上昇への道のり ~円安・株高がフィリップス曲線を動かす~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスと公的年金の関係-物価や賃金が上昇すると公的年金はどうなるのか?

アベノミクスと公的年金の関係-物価や賃金が上昇すると公的年金はどうなるのか? | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アベノミクスと公的年金の関係-物価や賃金が上昇すると公的年金はどうなるのか?アベノミクスと公的年金の関係-物価や賃金が上昇すると公的年金はどうなるのか? 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍政権の発足から半年以

デフレ脱却の兆し~求められる過剰適応からの転換

デフレ脱却の兆し~求められる過剰適応からの転換 | ニッセイ基礎研究所 デフレ脱却の兆し~求められる過剰適応からの転換 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 地球上で無敵だった恐竜はなぜ絶滅してしまったのか?一説によれば、それはあまりに当時の地球環境に適応していたからだという。恐竜が地球上に君臨した温暖な時代に完璧なまでに適応したものの、

2013年7月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪準備銀・政府は一段の豪ドル安を容認する姿勢に ~物価上昇リスクよりも、経済のリバランス効果を期待~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

賃金上昇を伴う物価上昇は実現するか? ~「サービス価格」上昇を通じた所得増・需要拡大が前提に~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年6月18日大和総研フィードバック数:5社会/政治

経済成長実感には、年率3%以上の賃上げが必要

トップレポート・コラムコラム経済成長実感には、年率3%以上の賃上げが必要 ここから本文です経済成長実感には、年率3%以上の賃上げが必要黒田東彦新総裁の下、日本銀行が「量的・質的金融緩和」に踏み出し、デフレ脱却に対する期待が高まってきている。ただし、物価が上昇する一方で賃金が上昇しなければ、サラリーマン家庭が買えるモノやサービスの量は減少し、生活は苦しくなってしまう。また、現在5%の消費税率は(景気条項が発動されなければ)2014年4月に8%、2015年10月に10%へと引き上げられる。消費税率の

アベノミクスと公的年金の関係 - 物価や賃金が上昇すると公的年金はどうなるのか?

アベノミクスと公的年金の関係 - 物価や賃金が上昇すると公的年金はどうなるのか? | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスと公的年金の関係 - 物価や賃金が上昇すると公的年金はどうなるのか? 新美 隆宏基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 安倍政権の発足から約半年が経過した。アベノミクスの3本の矢のうち、「機動的な財政政策」については2月に緊急経済対策を盛り込んだ201

2013年5月2日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

『展望レポート』への疑問~不明確な物価上昇への道筋~

『展望レポート』への疑問~不明確な物価上昇への道筋~

2013年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

アベノミクスへの期待と不安

アベノミクスへの期待と不安 | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスへの期待と不安 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 第二次安倍内閣の経済政策は、アベノミクスと命名されているが、これには期待と不安の両方がある。2012年度補正予算には、迅速な対応という期待と、財政赤字拡大という不安がある。師走の総選挙のために2013年度予算は成立が大幅に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ