調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 物価上昇率

「物価上昇率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

日米の物価上昇率逆転をどうみるか

日米の物価上昇率逆転をどうみるか | ニッセイ基礎研究所 日米の物価上昇率逆転をどうみるか 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費者物価上昇率は、1990年代後半からデフレが続いてきた日本が米国を下回ることが常態化していたが、このところ両者の関係が逆転している(図1)。言うまでもなく2014年4月に日本の消費税率が引き上げられ

2014年9月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

年利2%で運用しても資産は目減りする?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 年利2%で運用しても資産は目減りする?インフレ下で重要性を増す「非課税」の意義 総務省によると、消費者物価指数(生鮮食品除く総合)は、2013年6月以後、直近2014年7月まで14ヵ月連続で対前年同月比でプラスとなっており、いよいよデフレ脱却が近づいている。デフレの時代が終わりインフレが続くようになると、家計が持っている預貯金の実質的な価値が目減りする、とよく言われる。政府・日銀が目標とする年2%の物

2ヵ月連続で利下げを行なったトルコ中央銀行

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年6月25日2ヵ月連続で利下げを行なったトルコ中央銀行 トルコ中央銀行は24日の金融政策委員会で、政策金利の引き下げ(9.5%→8.75%)を決定しました。これは、5月の前回利下げ時と同じ0.5ポイント幅の引き下げを見込んでいた市場予想を上回る決定でしたが、トルコ・リラは同日、米ドルでやや強含みとなりました。なお、市中金利の事実上の上限となる翌日物貸出金利や、下限となる翌日物借入金利は今回も据え置かれました。追加利下げの主な背景に

消費者物価(全国14年2月)~不確実性が高い4月の物価上昇率、消費増税の影響除きで2%に急接近も

消費者物価(全国14年2月)~不確実性が高い4月の物価上昇率、消費増税の影響除きで2%に急接近も | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年2月)~不確実性が高い4月の物価上昇率、消費増税の影響除きで2%に急接近も 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは4ヵ月連続で1%台の伸び・物価上昇品目数の増加が続く・東京都

2014年3月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > 家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ家計が直面する物価上昇率は2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年12月の消費者物価(生鮮食品を

家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ

家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ | ニッセイ基礎研究所 家計が直面する物価上昇率はほぼ2%、消費税率引き上げ後には4%台へ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2013年11月の消費者物価(生鮮食品を除く総合、以下コアCPI)は前年比1.2%となったが、家計が直面している物価上昇率はそれよりも

消えた「デフレ」と今後の課題

消えた「デフレ」と今後の課題 | ニッセイ基礎研究所 消えた「デフレ」と今後の課題 客員研究員 櫨(はじ) 浩一基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 政府の月例経済報告の物価情勢の判断から「デフレ」という文字が消えた。消費者物価は2008年夏ごろには原油価格の上昇から2%以上も上昇していたが、リーマンショックがおこると、原油価格は急低下し日本の物価上昇率はマイナスへ

2013年11月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日米物価上昇率の逆転と為替 ~将来リスクとしての米国デフレ~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ