「物流施設」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

全国の物流施設市場動向(2018年第3四半期)

CBREが全国の物流施設市場動向(2018年第3四半期)を発表, 首都圏で賃料は5四半期連続上昇 - 今後の大量供給の影響は限定的、2019年Q1の空室率は6.5%にとどまると予測 ■首都圏:エリア(東京ベイ、外環道、国道16号、圏央道)間格差が拡大■近畿圏:新築3棟が高稼働で竣工■中部圏:竣工予定物件のリーシング順調 CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、2018年第3四半期(Q3)の物流施設の市場動向「ジャパン ロジスティクス マーケットビュー Q3 2018」を発表しました。

2018年2月1日シービーアールイーフィードバック数:0ビジネス

三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向(2017年第4四半期)

CBREが三大都市圏の賃貸大型物流施設の市場動向(2017年第4四半期)を発表首都圏の空室率は4.9%に低下、5%を下回るのは2015年Q3以来9四半期ぶり エリア別の空室率は全エリアで低下- 東京ベイエリアでは6.2%、外環道エリアは1.4%、国道16号エリアは1.4%、圏央道エリアでは17.8%に CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、三大都市圏(首都圏・近畿圏・中部圏)の2017年第4四半期(Q4)の大型マルチテナント型物流施設(LMT- Large Multi-Tenant

2013年4月9日日本政策投資銀行★フィードバック数:9マーケティング

ECの拡大とそれに伴う物流についてのレポートです。

Eコマース市場の拡大と物流業への影響~大規模物流施設需要動向の考察~

Eコマース市場の拡大と物流業への影響~大規模物流施設需要動向の考察~

物流施設の立地をテーマとした企業アンケートです。

物流施設の立地戦略に関するアンケート

「物流施設の立地戦略に関するアンケート」調査結果 三井住友トラスト基礎研究所では、業種別の立地戦略に関する方向性を把握すべく、荷主企業を対象に「物流施設の立地戦略に関するアンケート」を実施いたしました。1.調査内容 現在、多くの荷主企業が物流を重要な経営課題のひとつに位置づけており、物流拠点をどこに配置するかは、流通経路の最適化を目指すロジスティクス戦略の根幹であると考えられます。また、物流施設の立地戦略の検討には、物流システムの高度化、効率化に対する内外からの要請や、環境規制など多様な要因を考

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ