「玩具市場」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月23日GfKフィードバック数:0ビジネス

2016年上半期 映像ソフト市場総括

05.08.2016 「2016年上半期の玩具の販売動向」 キャラクター玩具の好調により、金額前年比3%増  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における2016年上半期の玩具※販売動向を発表した。※ テレビゲーム関連商品、ホビー関連商品(プラモデル、フィギュアなど)、雑貨等を除いた純玩具 【概要】・上半期の玩具販売額は前年比3%増。キャラクター玩具が牽引し、第2四半期には男児玩具もプラス成長へ。・最も売れた主要キャラクターは「それいけ!アンパンマン

2016年8月11日GfKフィードバック数:0エンタテインメント

2016年上半期の玩具の販売動向

05.08.2016 「2016年上半期の玩具の販売動向」 キャラクター玩具の好調により、金額前年比3%増  GfK ジャパン(東京:中野区)は、全国の家電量販店、GMS、インターネット販売における2016年上半期の玩具※販売動向を発表した。※ テレビゲーム関連商品、ホビー関連商品(プラモデル、フィギュアなど)、雑貨等を除いた純玩具 【概要】・上半期の玩具販売額は前年比3%増。キャラクター玩具が牽引し、第2四半期には男児玩具もプラス成長へ。・最も売れた主要キャラクターは「それいけ!アンパンマン

2016年1月12日東京商工リサーチフィードバック数:0マーケティング

「玩具卸売業」業績動向調査

公開日付:2015.12.25 2014年の玩具卸業界は「妖怪ウォッチ」や「アナと雪の女王」の爆発的人気で、国内市場規模は過去10年で最高の売上高を記録したが、2015年は2大ヒット商品の人気一巡で、本来の売れ筋商品の目利き力が問われた一年だった。東京商工リサーチの企業データベース、約300万社から抽出した玩具卸売301社の業績は最新期(2014年8月期-2015年7月期)の売上高は8,532億6,600万円(前年同期比4.5%増)だった。ただ、当期純利益は104億4,300万円(同33.4%減

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ