「現状認識」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月29日国土交通省フィードバック数:0キャリアとスキル

トラックドライバーの人材確保・育成に向けて

厚生労働省・国土交通省が取りまとめた、「トラックドライバーの人材確保・育成に向けて」を公表します 平成27年5月28日 国土交通省は、本日、厚生労働省と「トラックドライバーの人材確保・育成に関する国土交通省・厚生労働省連絡会議」を開催し、トラックドライバーの人材確保・育成に向けた対応策を取りまとめましたので、公表します。トラック運送事業者の多くが中小企業であること、トラックドライバーの就業環境が長時間労働、低賃金となっていること、また就業者に中高年齢層の占める割合が高く、若年就業者の割合が低い

2015年1月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

FOMC 政策変更を急ぐ必要はない

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC 政策変更を急ぐ必要はない ここから本文ですFOMC 政策変更を急ぐ必要はない国際情勢などを見極める時間があるうちに課題を検討すべきサマリー◆2015年1月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文のうち、金融正常化に至るまで「忍耐強く」なれるという表現を維持し、3月と4月のFOMCにおける利上げ開始の可能性が低いことを示唆した。◆声明文における経済の現状認識では、米国経済はしっかりとしたペースで加速していると

2014年12月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 慎重に声明文を変更

トップレポート・コラム経済分析米国FOMC 慎重に声明文を変更 ここから本文ですFOMC 慎重に声明文を変更最初の利上げと同時に2回目以降の利上げも主要テーマかサマリー◆12月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策の維持を決定した。声明文を、金融政策の正常化を開始するまで「忍耐強く」なれる、という表現に変更したが、過去の声明文を引用する形で「相当な期間継続する」との文言も残した。◆声明文における経済の現状認識では、労働市場の評価を上方修正し、インフレ動向は下方修正した。イ

2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げに向けて半歩前進か

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げに向けて半歩前進かQE3の縮小が続き、経済の現状認識を上方修正 2014年7月31日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆7月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が月250億ドルに縮小された。イエレン議長の議会証言からは、10月のFOMC会合で資産買い入れ額をゼロにする決定が行われる見込みである。◆経済

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ