「環境改善」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年2月20日エニワン★フィードバック数:0社会/政治

現代の夫婦の日常について調査

半数以上の方が「夫婦でゆっくり過ごす時間がない」と感じていることが判明。理想のおしどり夫婦になるためには職場環境の改善が大きな課題‼ 新しい価値創造の環境と流通をリードするエニワン株式会社 建設業界に特化した基幹システムなどを開発・販売しているエニワン株式会社は、全国の結婚している方を対象に「夫婦関係」に関する意識調査を実施し、現代の夫婦の日常について調査しました。 2018年6月29日に「働き方改革関連法」が成立し、2019年4月以降はいよいよ改正法の適用が始まります。経営者、企業の労務担当

2019年2月19日ロッテフィードバック数:0ライフスタイル

受験期の健康に関する調査

受験生の親に聞いた「受験期の健康に関する意識調査」約8割の親が「腸内環境の改善が健康につながる」と回答するも、自分自身の腸内環境改善のために具体的な行動を日常的に実施しているのは2割強8割弱の親が「子どもが受験生になってから悩むことが増えた」と回答 お悩み1位は「子どもの成績の伸び悩み」母親は「子どもの健康」が1位に 株式会社ロッテのチョコレートブランド「乳酸菌ショコラ」は、大学受験シーズンに向け、受験生の親400名を対象に、インターネットによる『受験期の健康に関する意識調査』を実施いたしました

働き方改革と睡眠調査

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 働き方改革「実践層」と「未実践層」のビジネスパーソン1000人に聞く!「働き方改革と睡眠調査」2018年2月19日レイコップ・ジャパン株式会社働き方改革「実践層」と「未実践層」のビジネスパーソン1000人に聞く!「働き方改革と睡眠調査」 働き方改革後も睡眠の“質”は改革途上 睡眠の質にこだわる”睡眠エリート”は、睡眠環境の「温度」に注目 レイコップ・ジャパン株式会社(代表取締役社長 リ・ソンジン)は、日本のビジネスパーソン1000人を

腸活に関する調査

総合マーケティング支援事業でお客様の仕事を“もっと”面白くする会社 独自で調査した市場調査・マーケティングリサーチのレポート 腸活に関する調査全国の便秘・下痢・残便感を感じたことがある20歳~49歳の女性600人に聞いた「腸活に関する調査」“腸の不調”感じている女性は66.3% 72.9%の女性が「腸活をしてみたい」と回答! 腸活をしたい目的1位「健康」57.3%、2位「ダイエット」54.3% 腸内環境改善のために食べたい食材「スーパー大麦」が1位 総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマ

2017年6月12日ほいくみーフィードバック数:0社会/政治

現役保育士の叫び!保育士不足を解決するために本当に必要なことは?

明日の保育がもっと楽しくなるサイト 制作・遊びのアイデアを探す学び・キャリアのカテゴリから探す 現役保育士の叫び!保育士不足を解決するために本当に必要なことは?待機児童問題の大きな原因と言われているのが、「保育士不足問題」。平成29年度末までに、国全体として「46.3万人」の保育士を確保することを目標として、平成25年度の保育所勤務保育士数37.8万人及び平成29年度末までの自然増分2万人を差し引く等により算出した、新たに必要となる「6.9万人」の保育士を増やす必要があります。保育園で働く保育士

2014年10月6日小林製薬フィードバック数:0社会/政治

「小学生のトイレ実態」に関するWEBアンケート

ニュースリリース- News Letter -小学校トイレの環境改善を求める子どもたち −実態調査から見える小学校トイレの課題 と 小林製薬の取り組み−「小学生のトイレ実態調査2014」結果発表!この度、当社では、「小学生のトイレ実態」に関するWEBアンケートを実施し、調査結果をまとめました。■依然として、和式トイレが多い小学校のトイレ本調査によると、和式トイレが多い小学校は、2010年の約8割から約6割にまで減少しました【図1】。しかし、予算等の都合からいまだ改修が思うように進んでいない小学校

2014年8月29日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年7月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月雇用統計失業率は2ヶ月連続の上昇、雇用環境は改善一服 2014年8月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆労働力調査によると、2014年7月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.1%pt上昇し、3.8%となった。失業率の上昇は2ヶ月連続であり、雇用環境の改善傾向が一服した格好である。就業者数は前月差▲6万人と、3ヶ月ぶりに減少した。ただし、雇用者数は前月差+1

2014年3月17日日本総研フィードバック数:0ビジネス

拡大を続ける東京都心部のオフィス需要-内需回復とオフィス環境改善の動きが牽引役に

拡大を続ける東京都心部のオフィス需要-内需回復とオフィス環境改善の動きが牽引役に

2014年3月11日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

悪天候に負けない雇用改善

トップレポート・コラム経済分析米国悪天候に負けない雇用改善 ここから本文です悪天候に負けない雇用改善2014年2月の米雇用統計:失業率は8ヵ月ぶりに上昇サマリー◆2014年2月の非農業雇用者数は前月差17.5万人増であった。前月差の6ヵ月平均は17.7万人であり、2月の伸びはここ6ヵ月の雇用の増加トレンドと同程度であった。◆業種別に見ると、製造業の自動車関連や小売業などに悪天候の下押しが見られた。しかし、サービス部門全体の雇用者数は増加幅が拡大するなど、全体としては前向きに捉えられる結果であった

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ