「環境省」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

夏のオフィス環境に関する意識と実態調査

ビジネスパーソン1,000名に聞く、夏のオフィス環境に関する意識と実態調査~クールビズ28℃は“エアコンの設定温度”ではなく“室内温度”~7割以上がクールビズを勘違いしていた! 「ビルを、まるごと、心地よくする。」三菱電機ビルテクノサービス株式会社では、夏のオフィスにおけるクールビズや空調機器(エアコンなど)に関する意識や実態を探るべく、オフィスで働く20代~60代(70代を含む)のビジネスパーソン(男女)1,000名を対象に、アンケート調査を実施しました。主な調査結果として、7割以上(75.5

2016年10月17日国立環境研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本人の環境意識に関する世論調査

日本人の環境意識に関する世論調査結果について(筑波研究学園都市記者会、環境省記者クラブ配布) 平成28年10月6日(木)国立研究開発法人 国立環境研究所社会環境システム研究センター統合環境経済研究室 主席研究員青柳みどり 国立環境研究所では、平成28年6月に全国18歳以上の男女3000名を対象に、日本人の環境意識についての世論調査を実施いたしました。その結果、1,640名(54.7%)からの有効回答が得られましたので、結果の概要を報告いたします。この調査は、気候変動問題とエネルギー

節電についての調査です。

第7回 家庭における節電取組調査

地球環境時代!新しいライフスタイル展開キャンペーンを実施しました。環境省及び都道府県が共同で実施する「選ぼう!3Rキャンペーン」期間に合わせ、地球環境時代における新しいライフスタイルの展開を促進するためのキャンペーンを実施しました。ご協力ありがとうございました。

2014年10月20日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」の実施結果

国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」の実施結果について 平成26年10月20日 国土交通省、環境省及び農林水産省は、平成26年3月1日より6月15日までの期間、「グリーンウェイブ2014」への参加と協力を広く国内に呼び掛けました。その結果、367団体の参加、193団体の協力のもと、約98,000人の参加者の手により、約51,000本の植樹など様々なグリーンウェイブ活動が行われました。本キャンペーンの趣旨に御理解と御協力を頂き、ありがとうございました。 お問い合わせ先国土交通省総

2014年6月4日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度全国水生生物調査

平成25年度全国水生生物調査の結果及び平成26年度の調査の実施について(お知らせ) 平成26年6月3日水生生物を指標として河川の水質を総合的に評価するため、また環境問題への関心を高めるため、環境省と国土交通省では、一般市民等の参加を得て全国水生生物調査を実施しています。平成25年度の全国水生生物調査は約59,000人の参加を得て行われ、夏休み期間を中心として、多くの学校(小中学校等:約39,000人)や、市民団体等(市民団体・子供会・観察会等:約18,000人)から参加が得られました。全国の調

2013年7月12日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

広がり始めた都市鉱山の活用

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs広がり始めた都市鉱山の活用 ここから本文です広がり始めた都市鉱山の活用サマリー小型家電リサイクル法の施行に伴い、都市鉱山の活用に向けた取り組みが広がり始めている。先ごろ環境省は、再資源化事業を実施する14事業者について、再資源化事業計画の認定を発表した。今回認定された14事業者により、41の都道府県がカバーされることになる。再資源化を円滑に進める上では、使用済小型家電を効率的に回収して、規模の経済を働かせることが重要になる一方、過疎地域等

2013年6月25日大和総研フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

川の生き物が語る水質

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs川の生き物が語る水質 ここから本文です川の生き物が語る水質全国水生生物調査からサマリー環境省と国土交通省では、一般市民の参加を得て、川にすむ生き物を採集し、その種類を調べることで、水質を判定する調査(全国水生生物調査)を昭和59年度から実施しており、先ごろ、平成24年度の調査結果が公表されたこの調査では、サワガニやアメリカザリガニなどの指標生物を定め、その生物の生息が確認された地点の水質を、水質指標Ⅰ(きれいな水)などの4段階で判定してい

2013年6月12日国土交通省フィードバック数:13製造業/エレクトロニクス

平成24年度全国水生生物調査の結果及び平成25年度の調査の実施

平成24年度全国水生生物調査の結果及び平成25年度の調査の実施について(お知らせ) 平成25年6月11日○水生生物を指標として河川の水質を総合的に評価するため、また環境問題への関心を高めるため、環境省と国土交通省では、一般市民等の参加を得て全国水生生物調査を実施しています。○平成24年度の全国水生生物調査は約62,000 人の参加を得て行われ、夏休み期間を中心として、多くの学校(小中学校等:約40,000 人)や、市民団体等(市民団体・子供会・観察会等:約19,000 人)から参加が得られまし

2013年5月17日大和総研フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

家庭や自動車などからの化学物質の排出量

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs家庭や自動車などからの化学物質の排出量 ここから本文です家庭や自動車などからの化学物質の排出量サマリー我々の生活は、さまざまな化学物質から作られた製品を使用することで成り立っているといえよう。これら製品やその原材料を製造する際や廃棄物として処理する際には、さまざまな化学物質が大気、水、土壌などの環境に排出されている。そして、家庭などにおいて製品等を使用する際にも化学物質は環境中に排出されている。PRTR(Pollutant Release

2012年6月11日国土交通省フィードバック数:6社会/政治

平成23年度全国水生生物調査

平成23年度全国水生生物調査の結果及び平成24年度の調査の実施について(お知らせ) 平成24年6月8日○水生生物を指標として河川の水質を総合的に評価するため、また環境問題への関心を高めるため、環境省と国土交通省では、一般市民等の参加を得て全国水生生物調査を実施しています。○平成23年度の全国水生生物調査は約56,000人の参加を得て行われ、夏休み期間を中心として、多くの学校(小中学校等:約37,000人)や、市民団体等(市民団体・子供会・観察会等:約17,000人)から参加が得られました。○全

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ