「生体認証」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2018年2月26日IBM★フィードバック数:0企業情報システム

IBMの「IDの未来に関する調査」

IBMの「IDの未来に関する調査」:認証の情勢を一変させようとしているミレニアル世代 若年層はパスワードにルーズであり、生体認証や多要素認証についてより使い慣れていると感じています現在、人々はアプリにログインする際、利便性よりもセキュリティーを優先しています 2018年1月30日 [米国マサチューセッツ州ケンブリッジ - 2018年1月29日(現地時間)発]IBMセキュリティーは本日(現地時間)、デジタルIDや認証に対する消費者の考え方について調査したグローバル調査1の結果を公開しました。こ

2017年10月12日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――生体認証と高度なアナリティクスが行政機関のデータ・セキュリティやプライバシー保護に変革をもたらす アクセンチュア最新調査――生体認証と高度なアナリティクスが行政機関のデータ・セキュリテ

2016年7月7日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業の認証セキュリティに関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年4月、TechTargetジャパン会員を対象に「企業の認証セキュリティに関する読者調査」を実施した。調査結果から、企業の認証セキュリティ状況や認証製品/サービスの導入、検討状況、利用状況が明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的:TechTargetジャパン会員でIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、エンドポイント端末における「認証セキュリティ製品・サービスの導

2015年4月14日日経BPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

調査から浮かび上がる業務PCのセキュリティ対策の実態

企業におけるセキュリティ対策は力の入れ方が難しい。セキュリティ事故が万が一発生した場合、経営に大きな影響を与える可能性があるが、潜在的なリスクを挙げればきりがなく、投資対効果を把握しにくいからだ。多忙な情報システム担当者にとっては、「いたちごっこ」的な対策に手間を取られ、どのレベルまで対処すべきなのか判断に迷うところだ。そうした時は、自社の対策を一度客観的に振り返ってみてはどうだろうか。日経BPコンサルティングが2015年2月に実施した調査結果を解説しながら、業務PCを中心としたセキュリティ対策

パスワードや生態認証についての調査です。

パスワードに関するインターネット調査

[DDS] ,セキュリティー 疲れ パスワード 指紋認証 生体認証 SNS ログインできない アカウント乗っ取り

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

お知らせ