「生産性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月15日月刊総務フィードバック数:0キャリアとスキル

これからの働き方は「オフィスとテレワークの融合」が7割超。新型コロナでオフィスの見直しは「占有面積の縮小」

総務の今を知り、これからの総務を創るpowered by 月刊総務 これからの働き方は「オフィスとテレワークの融合」が7割超 新型コロナでオフィスの見直しは「占有面積の縮小」日本で唯一の総務専門誌『月刊総務』を発行する株式会社月刊総務は、全国の総務担当者303名を対象にオフィスに関する調査を実施しました。【調査結果 概要】・新型コロナで約7割がオフィスの見直しを実施・検討。見直し内容1位は「占有面積縮小」・オフィスのメリット「仕事環境が整っている」「簡単な打ち合わせや質問がしやすい」・テレワ

派遣スタッフ・企業におけるテレワーク実態調査

企業ニュース「目的」と「経験」によって差が明らかに。 「テレワークで業務効率があがった」と回答した企業は、 コロナ前に導入55.3%、コロナ後に導入24.6%。 「生産性の向上」を意識した設計がポイント。 -派遣スタッフ・企業におけるテレワーク実態調査-2020年7月31日 株式会社リクルートスタッフィング 株式会社リクルートスタッフィング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山本慎也、以下当社)は、テレワークで就業した経験がある派遣スタッフ7,093人と、テレワーク導入をし、派遣スタッフのマ

派遣スタッフ・企業におけるテレワーク実態調査

企業ニュース「目的」と「経験」によって差が明らかに。 「テレワークで業務効率があがった」と回答した企業は、 コロナ前に導入55.3%、コロナ後に導入24.6%。 「生産性の向上」を意識した設計がポイント。 -派遣スタッフ・企業におけるテレワーク実態調査-2020年7月31日 株式会社リクルートスタッフィング 株式会社リクルートスタッフィング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山本慎也、以下当社)は、テレワークで就業した経験がある派遣スタッフ7,093人と、テレワーク導入をし、派遣スタッフのマ

2020年7月17日CLINKSフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルス対策として行ったテレワークに関する実態調査

新型コロナウイルス対策として行ったテレワークに関する実態調査CLINKS株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役:河原浩介 以下CLINKS)は、社内におけるテレワーク率の向上、およびテレワーク関連サービスへの活用のため、全従業員を対象に「2020年5月CLINKSテレワーク調査」を行いました。回答期間は5月28日(木)~6月8日(月)の12日間で、生産性とコミュニケーションの変化、テレワーク運用ルールの改善点および今後のテレワークへの志向などの項目についてアンケートを実施しました。その調査結果

リモートワーカーは何を感じている?~リモートワーク実態調査レポート2~

リモートワーカーは何を感じている? ~リモートワーク実態調査レポート2~リモートワーカーは何を感じている? ~リモートワーク実態調査レポート2~サーベイの背景新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、テレワーク、在宅勤務、リモートワーク等の「出社をしない」働き方(以降、すべての働き方を含めて「リモートワーク」とします)を始めた方も多いのではないでしょうか。HRテクノロジー総研では、リモートワーク実態調査を実施しました。現在リモートワークを実際にしている人の声から、リモートワークの「今」と「未来」を見

2020年6月12日LegalForceフィードバック数:0キャリアとスキル

法務担当者300人調査~緊急事態宣言下での法務における働き方の変化~

LegalForceについて |セミナー情報 | お問合せ【無料】法務担当者300人調査~緊急事態宣言下での法務における働き方の変化~株式会社LegalForceでは、大企業を中心とした企業の法務担当者のご協力を得て、「緊急事態宣言発令後の各社法務部門における状況」についてのアンケート調査を実施し、342名の方からご回答いただきました。調査の結果、テレワークにおける法務業務の生産性向上にはコミュニケーションツールに留まらないITツールの活用が求められることが明らかになりました。全30ページに渡る

一般社員2040名、管理職618名に聞く テレワーク緊急実態調査【前編】

一般社員2040名、管理職618名に聞く テレワーク緊急実態調査【前編】 温かく明快なコミュニケーションで、誰も孤立させないテレワークを このたび、弊社の組織行動研究所では、あらかじめ計画していた「働き方改革」の実態調査を拡大し、特にテレワークの実態を丁寧に尋ねる調査を実施した。調査期間は3月26日〜28日の3日間である。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京五輪・パラリンピックの延期が決定された3月24日の直後、首都圏など7都府県で緊急事態が宣言される4月7日の一週間ほど前という、緊張感が

2020年5月14日三谷産業フィードバック数:0キャリアとスキル

恒常的なテレワーク(在宅勤務)状況に関するアンケートを実施

恒常的なテレワーク(在宅勤務)状況に関するアンケートを実施 ~社員の8割近くが回答、テレワークが続く状況での課題と工夫を抽出~ 三谷産業株式会社(本社:石川県金沢市/代表取締役社長:三谷 忠照、以下 三谷産業)は、新型コロナウイルス感染拡大の抑制のため、1月末よりテレワークを推奨し始め、その後状況の推移に応じて段階的に対策を強化してきました。2月末には通勤での公共交通機関利用者を対象に基本的にテレワークあるいは出社の必要があれば時差出勤をルール化、3月下旬には首都圏勤務者を対象に原則テレワークに

要員・人件費の生産性に関するベンチマーク調査

要員・人件費の生産性に関するベンチマーク調査企業における間接部門の従業員比率は2012年の調査開始時から約1.19倍となり、生産性向上が引き続き課題。既存業務の効率化と高付加価値業務へのシフトがカギに。 2020年4月9日デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田 高士)は、企業へのアンケート調査をもとに、人事、経理・財務、情報システム(IT)といった間接機能の効率性を分析した調査レポートをまとめた結果、間接機能の拡大が見られ、多くの日本企業が生産性向上の道半ばであることが分か

2020年4月8日ロッテフィードバック数:0キャリアとスキル

「ビジネスパーソンの働き方と仕事のスイッチ」に関する意識調査

《 “働き方改革応援ミント” 「EATMINT(イート・ミント)」調査レポート》「ビジネスパーソンの働き方と仕事のスイッチ」に関する意識調査 働き方改革の現実……3人に1人以上が「働き方改革と生産性向上は両立しない」と回答“仕事のスイッチ”を切られたイライラエピソード・“仕事のスイッチ”切れたときにやってしまうことも発表ビジネスパーソンの働き方改革を応援!ロッテ「EATMINT」を企業に支給「EATMINT 働き方改革応援手当」プロジェクト2020年3月31日(火)より応募受付開始 株式会社ロ

2019年9月4日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

中小企業の「テレワーク」実態調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース中小企業の「テレワーク」実態調査 テレワーク導入企業は14%と、2017年より6ポイント上昇。 導入目的は「生産性の向上」「多様性のある働き方」「通勤困難社員への対応」。 ―『人事のミカタ』アンケート― 中小企業の「テレワーク」実態調査―『人事のミカタ』アンケート― テレワーク導入企業は14%と、2017年より6ポイント上昇。導入目的は「生産性の向上」「多様性のある働き方」「通

2019年5月16日うるるフィードバック数:0社会/政治

保育園/幼稚園のICT活用状況調査

 【保育園/幼稚園のICT活用状況調査】導入率が高いのは保護者とのコミュニケーションツールで生産性向上に効果。内部事務効率化ツールの導入率は低い結果に 【保育園/幼稚園のICT活用状況に関する意識調査】導入率が高いのは保護者とのコミュニケーション関連ツール作業時間短縮・生産性向上の効果があるという調査結果も、経理など内部事務効率化ツールの導入率は低い結果に保育園・幼稚園向けのオンライン写真販売サービス「えんフォト」事業を運営する株式会社うるる(東京都中央区 代表取締役社長:星 知也、以下「うる

2019年4月4日オウケイウェイヴフィードバック数:0ビジネス

ビジネスマンが「調べもの」に費やす時間は毎日1.6時間

【社内業務に関する調査】ビジネスマンが「調べもの」に費やす時間は毎日1.6時間 1日当たり約1,057億円の賃金が「調べもの」の労働時間に支払われている? 6割超の人が調べものに時間を取られていると感じている結果にオウケイウェイヴ総研(所在地:東京都渋谷区、所長:大山 泰)は、全国の会社員1,000名を対象に「社内業務」に関する調査を実施しました。その中で、業務時間中に「調べもの」に時間を取られていると感じる人は6割を超え、日本全体で1日当たり約1,057億円相当の賃金(※)が調べものに充てられ

2019年3月26日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2019/3/142019年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員採用予定の企業は64.2%で高水準続く〜 生産性向上につながる人材育成、短期はOJTが60.1%で突出 〜はじめに人手不足が深刻化するなか、2018年の有効求人倍率は1.61倍と、1973年以来45年ぶりの高水準となった。また、新規学卒者の就職内定率は2018年12月時点で87.9%(大卒)と8年連続で上昇し、1996年に調査を開始して以来最高となっている。さらに、政府・企業をはじめとして「働き方改革」が進められるなかで、生産性

2019年2月15日ビースタイルフィードバック数:0ライフスタイル

働く主婦が経験した身体の症状で、仕事の生産性を著しく下げるのは?

働く主婦が経験した身体の症状で、仕事の生産性を著しく下げるのは?「頭痛」71.6% 仕事中に悩んだことがある身体の症状「肩・首こり」:73.3%~しゅふJOB総研調査~主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は『身体の症状と生産性』をテーマに働く主婦層にアンケート調査を行いましたので以下にご報告します。(有効回答数528件) ■調査結果概要1.仕事中に悩まされたことがある身体面の症状「肩・首

2019年1月17日建設転職ナビフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設技術者の「2025年未来予測」(2018年度版)

建設技術者の「2025年 未来予測」(2018年度版) 現状維持で6万人超の人材不足も、生産性向上などで大幅改善 ヒューマンタッチ総研は、建設技術者不足問題について独自試算した「建設技術者の2025年未来予測」の2018年度版をまとめました。それによると、2025年に建設技術者は6万人超不足する一方、生産性向上の対策などが進めば、不足数は1万人以下にまで大幅改善することが分かりました ・2025年、全産業で従事する建設技術者は、2015年比で20,379人減少し454,821人になると試算・20

2018年12月27日ITOKI CORPORATIONフィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方の自己裁量」がワーカーの生産性とワークエンゲージメントに及ぼす影響について調査

「働き方の自己裁量」がワーカーの生産性とワークエンゲージメントに及ぼす影響について調査

2018年12月5日建設転職ナビフィードバック数:0キャリアとスキル

建設業界人材動向レポート(平成30年10月)

2019.12.20建設業界人材動向レポート(2019年12月)建設技術者の有効求人倍率はすべての月で前年同月を上回る 2019.11.29建設業主要各社の2020年3月期第2四半期決算まとめすべての業種で利益が大幅に増加、好調な決算が続く 2019.11.22建設業界人材動向レポート(2019年11月)日本で就職する留学生数が過去最高となる2019.12.20「建設業界のためのICTを活用した生産性向上と働き方改革セミナー」開催レポート建設業界を魅力ある業界にするためのヒントとは? 2019.

2018年5月10日ワークデイフィードバック数:0ビジネス

日本市場の「働き方改革」の現状と課題についての調査結果 

Workday、日本市場の「働き方改革」の現状と課題についての調査結果を発表 ~ 人事業務に関わる管理職の85%が「働き方改革」の効果を認めている一方、49%が従業員の生産性には改善と強化の余地が大いにあると回答 ~ [2018年4月26日 – 東京発] 企業向け財務・人事アプリケーションプロバイダ大手のWorkday, Inc. (NASDAQ: WDAY、以下Workday) は、国内市場における「働き方改革」に関する最新の調査結果を発表しました。 調査結果によると、「働き方改革」に関して

2018年2月5日建設転職ナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2025年未来予測

建設・不動産業界の技術職・専門職の転職支援サイトなら建設転職ナビ HOME > お知らせ > 2025年未来予測、ヒューマンタッチ総研が独自試算 建設技術者、今後10年間で6.7万人減少 ~需給改善には生産性向上と働き方改革が急務~ 2018年1月12日 2025年未来予測、ヒューマンタッチ総研が独自試算 建設技術者、今後10年間で6.7万人減少 ~需給改善には生産性向上と働き方改革が急務~ ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、人材紹介事業を行うヒューマンタッチ株式会社(本社:東京

2018年1月25日ヒューマンタッチフィードバック数:0キャリアとスキル

2025年未来予測、ヒューマンタッチ総研が独自試算 建設技術者、今後10年間で6.7万人減

2025年未来予測、ヒューマンタッチ総研が独自試算 建設技術者、今後10年間で6.7万人減少 ~需給改善には生産性向上と働き方改革が急務~ ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、人材紹介事業を行うヒューマンタッチ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:髙本和幸、以下「ヒューマンタッチ」)が運営するヒューマンタッチ総研は、建設技術者不足問題についての独自試算をまとめました。それによると、建設技術者は2015年の31万人から24.3万人と、今後10年間で6.7万人減少し、2025年時点

2018年1月24日クラウドワークスフィードバック数:0キャリアとスキル

フリーランスエンジニア働き方調査

ニュース一覧に戻る プレスリリース:【 フリーランスエンジニア働き方調査 】 ~エンジニア歴3年以上の9割が参画先を決める際に”働き方の柔軟性”を重視、年収400万円以上の7割は収入が向上したことが明らかに~ 報道関係者各位 プレスリリース 証券コード:3900 株式会社クラウドワークス 【 フリーランスエンジニア働き方調査 】 ~エンジニア歴3年以上の9割が、参画先を決める際に”働き方の柔軟性”を重視、 年収400万円以上の7割は収入が向上したことが明らかに~IT人材白書2018によると「I

2018年1月15日日本能率協会フィードバック数:0キャリアとスキル

第8回「ビジネスパーソン1000人調査」【働き方改革編】

第8回「ビジネスパーソン1000人調査」【働き方改革編】結果資料配布先:厚生労働記者会・労政記者クラブ・東商記者クラブ 2017年12月04日報道関係各位一般社団法人日本能率協会第8回「ビジネスパーソン1000人調査」【働き方改革編】結果「働き方改革」を実感していない、8割超理由は「有休 取りにくい」「給料格差 なくならない」「残業 減らない」〜労働時間削減と並行して、「女性活躍支援」「生産性向上」など積極的な施策が重要〜 一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、2013年より全国

「要員・人件費の生産性に関するベンチマーク調査&診断 2017年版」~第1回 調査の概要及びファインディング~

「要員・人件費の生産性に関するベンチマーク調査&診断 2017年版」~第1回 調査の概要及びファインディング~『デロイト トーマツ チャイナ ニュース』(月刊誌『会計情報』2017年12月号) 中国において近年人件費が高騰し、人件費の抑制が主要イシューになりつつある。そこで、デロイト中国コンサルティング部門は2016年10月から2017年1月にかけ、「要員・人件費の生産性に関するベンチマーク調査&診断 2017年版」 を実施しました。第1回目となる本稿では本サーベイの概要及びファインディング、

2017年11月16日勝手にランキングフィードバック数:0キャリアとスキル

生産性向上って?実践したことのある行動1位は○○だった

生産性向上って?実践したことのある行動1位は○○だった皆さんは「生産性向上」という言葉を耳にしたことがありますか?厚生労働省などでも大きく取り上げられている「働き方改革」でも、この「生産性向上」が大きく関わっているとも言われているため、皆さんの中にも聞いたことはあるという人がいるのではないでしょうか。今日は、その「生産性向上」とは何かを知りながら、皆さんがどのように取り組んでいるのかを見ていきたいと思います。そもそも、「生産性向上」って何?「生産性向上」と言われても、いまいちピンとこない人もいる

2017年11月9日勝手にランキングフィードバック数:0キャリアとスキル

生産性を意識しよう!みんなの効率を上げる方法1位は○○

生産性を意識しよう!みんなの効率を上げる方法1位は○○毎日同じ仕事を繰り返していると、だんだんと飽きが生じてきたり面倒くさくなったりしてきて、終いには、気づけば夕方、でも仕事は山積み、残業確定!な状態に陥っていることってないでしょうか?仕事だけではなく家事も同じで、洗濯も掃除も、ダラダラやってしまうと、いつの間にかものすごい時間が経っていて、「あーもったいない1日の過ごし方をしてしまったな」と思うこと、よくありませんか?まさに生産性の欠如といえそうです。人間、どうしても集中力を長く続かせるのは難

2017年10月25日ミドリ安全フィードバック数:0ビジネス

作業服に関する意識調査

服装解剖学から生まれた機能性作業着「ベルデクセル®オリジナルズ」異次元ストレッチデニム採用モデル 2017年10月新発売「高機能&ファッション性」で作業者の生産性向上をサポート <同時調査:作業服に関する意識調査>作業服に求めるポイントベスト3は「涼しさ・吸汗(機能性)」「ストレッチ(機能性)」「見た目(デザイン性)」、気に入ったデザインの作業着で生産性が上がると7割が回答 2011年に販売を開始した機能性作業着「ベルデクセル®」シリーズは、働く人の作業効率を上げ、快適で安全な作業を追求するため

2017年8月11日IDCフィードバック数:0キャリアとスキル

国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査

~業務の自動化など働き方改革の取り組みが始動~ 国内企業の人材戦略と人事給与ソフトウェア市場動向調査結果を発表 働き方改革の推進者は、経営者が42.4%と高く、人事部長(24.5%)と経営企画(20.3%)が続く 多くの企業が、長時間労働の抑制と社員の健康管理を目標に、就業規則の見直しや勤怠管理の強化に取り組む傾向に 先進的な企業は、コミュニケーションの活性化で効率性と生産性向上を目指ざす ITサプライヤーは働き方改革を促すサービスメニュー化で、ユーザー需要の発掘が重要に

2017年7月25日エン・ジャパンフィードバック数:0ビジネス

「テレワーク」に関するアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース人事担当者に聞く「テレワーク」実態調査 テレワーク導入企業は9%、目的は生産性向上が第1位。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 人事担当者に聞く「テレワーク」実態調査 テレワーク導入企業は9%、目的は生産性向上が第1位。―人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート― 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:

2017年7月19日ランサーズフィードバック数:0キャリアとスキル

『働き方新時代の実態調査』第2弾

副業・兼業の現在値を知る『働き方新時代の実態調査』第2弾を発表 ランサーズ、副業・兼業の現在値を知る『働き方新時代の実態調査』第2弾を発表~フリーランス活用企業は、77%が自社員の副業を容認~ランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋好 陽介)は、副業・兼業の現在値を知る『働き方新時代の実態調査(第2弾)』を実施しました。 前回(5月)の調査では、正社員として働く先がありながら、副業・兼業に挑戦している働き手側の声を集計しましたが、今回は企業側の声を訊き、副業解禁はどこまで進んで

2017年6月12日ランサーズフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方新時代の実態調査

副業・兼業の現在値を知る『働き方新時代の実態調査』を発表 ランサーズ、副業・兼業の現在値を知る『働き方新時代の実態調査』を発表~48.1%の企業が正社員の副業を容認(条件付き含む)~ランサーズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:秋好 陽介)は、副業・兼業の現在値を知る『働き方新時代の実態調査』を実施しました。 政府が推し進める副業・兼業の解禁、働き手への浸透はどうなっているのか。今回は正社員として働く先がありながら、副業・兼業に挑戦している働き手側の声を集計してみました。どのような動機

2017年4月9日マーサー ジャパンフィードバック数:0ビジネス

職場の生産性向上に向けた労働力分析(Employing Analytics to Enhance Workplace Productivity)

マーサーとコンファレンス・ボード、共同調査報告書 『職場の生産性向上に向けた労働力分析 (EMPLOYING ANALYTICS TO ENHANCE WORKPLACE PRODUCTIVITY)』を発表 2017年3月30日シンガポール、日本, シンガポール、東京 アジア地域の生産性は低下傾向にある。企業は競争力を高めるため、従業員の生産性向上に集中して取り組む必要がある。賃金上昇の圧力、テクノロジーを活用するスキルの欠如、リーダーシップの機能不全、従業員エンゲージメントの停滞。そのような状

2017年3月10日東京商工会議所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査

生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査結果を取りまとめました 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業を中心とする会員企業の足元の状況を把握することを目的として、このたび標記調査結果を取りまとめました。 労働力減少が確実となる中、個々の企業の生産性向上こそが日本の経済成長の原動力となりますが、中小企業の経営基盤は脆弱であり、生産性は大企業の平均値を大きく下回る状況です。 このような中、今期、当所では生産性向上委員会(委員長=ライオン(株)相談役・藤重貞慶=東商特別顧問)を設置し、

2017年3月9日東京商工会議所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査

生産性向上・ICT活用状況に関するアンケート調査結果を取りまとめました 東京商工会議所(三村明夫会頭)は、中小企業を中心とする会員企業の足元の状況を把握することを目的として、このたび標記調査結果を取りまとめました。 労働力減少が確実となる中、個々の企業の生産性向上こそが日本の経済成長の原動力となりますが、中小企業の経営基盤は脆弱であり、生産性は大企業の平均値を大きく下回る状況です。 このような中、今期、当所では生産性向上委員会(委員長=ライオン(株)相談役・藤重貞慶=東商特別顧問)を設置し、

2017年2月9日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

柔軟なワークスタイルに関する調査

世界114カ国1,000都市、2,850拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(ルクセンブルク)は、100カ国以上、合計約23,000人のビジネスマンを対象に柔軟なワークスタイルに関する調査を2016年9月に実施いたしました。本調査によると、日本のビジネスマンの約9割(89%)が、仕切りのあるワークステーションが仕事に集中できる理想的な環境であると回答しました。さらに回答者の83%は、それが働く場として最も生産的な環境であると回答しました。また、リージャス

2017年1月29日ビズリーチ★フィードバック数:0キャリアとスキル

残業や生産性に関するアンケート

20代の正社員、6割「残業多い」「生産性低い」と回答労働時間... 20代の正社員、6割「残業多い」「生産性低い」と回答 労働時間の短縮後「スキルアップの勉強に費やしたい」「働き方改革」を受け、20代向け転職サイト「キャリアトレック」調査 株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎)が運営する20代向けレコメンド型転職サイト「キャリアトレック」( https://www.careertrek.com/ )は、正社員として働く20代のキャリアトレック会員に残業や生産

2016年11月2日IPA★★フィードバック数:0ビジネス

ソフトウェア開発データ白書2016-2017

「ソフトウェア開発データ白書2016-2017」の発行 ~「業種編3種(金融・保険業、情報通信業、製造業)」も同時発行~ 2017年3月8日更新2016年10月12日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 ソフトウェア高信頼化センター概要 近年、ソフトウェアの大規模化と複雑化、急激な社会環境変化に伴う開発期間の短縮化、さらには社会システム全体におけるソフトウェアの役割の増大により、ソフトウェア開発の信頼性、生産性向上に対するニーズはますます高まっています。これらのニーズに対応するためには、従来の経

「オフィス環境と従業員の生産性」に関する調査 GNネットコムジャパン

デジタルビジネスでは会話がますます重要に!顧客との直接通話が... デジタルビジネスでは会話がますます重要に! 顧客との直接通話が、大きな価値を見出し、 ビジネスを成功へと導く同僚からの呼びかけ、大量のメール処理が 業務への集中を遮る要因に!! 「従業員に対する支援」と「顧客との関係構築」で 生産性の向上をサポート2016年2月に日本を含む世界7か国、3,200人へ調査 Jabra(ジャブラ)ブランドで、業務用およびオフィス向け、コンシューマー向けハンズフリーソリューションを提案し続ける、

2016年3月16日東京商工会議所フィードバック数:0社会/政治

生産性向上を図るための設備投資に関するアンケート調査

「生産性向上を図るための設備投資に関するアンケート調査」報告書の公表について 2016年3月11日東京商工会議所産業政策第一部 東京商工会議所(三村明夫会頭)の中小企業の生産性向上を図るための経営実態の調査研究会(岡田浩一座長:明治大学経営学部教授)では、中小企業の生産性向上を図るための設備投資に関する実態を把握するため標記調査を実施し、このたび報告書を取りまとめましたので、お知らせします。本調査は、都内5,000者を対象に実施(回答数758者、回収率15.2%)し、製造業が6割弱、従業員数

2015年7月13日全研本社★フィードバック数:0ビジネス

ビジネスパーソンの平均睡眠時間は6時間

ビジネスパーソンの平均睡眠時間は6時間今回の瓦版「働き方白書」では、ビジネスパーソンの「睡眠時間」について調査しました。ブラック企業が増殖し、長時間労働を強いられることも少なくなさそうですが、睡眠時間はしっかりと確保できているのでしょうか。対象は瓦版ユーザー。調査期間は、2015年6月15日~2015年6月30日。回答者は405人。年代は、10代13人、20代226人、30代116人、40代43人、その他7人。また、既婚108人に対し、未婚297人でした。では、みてみましょう。最も多かった睡眠時

2015年6月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRBは生産性低下をどのように捉えているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FRBは生産性低下をどのように捉えているのか FRB(連邦準備制度理事会)が年内に利上げを実施する可能性が高くなったが、利上げペースは非常にゆっくりとしたものになるという見方が大勢のようだ。ただし、米国でインフレ圧力が増しているとされる根拠は、雇用の回復で労働市場のスラック(余剰資源)が減少していることだけでなく、潜在GDPの下方修正が続き、供給側の要因からGDPギャップが縮小していることによる。FO

2015年6月7日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度中小商業・サービス業の生産性向上に関する調査事業報告書

平成26年度中小商業・サービス業の生産性向上に関する調査事業報告書

2015年5月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均2万円は実力か 企業の「稼ぐ力」回復は途上

日経平均2万円は実力か 企業の「稼ぐ力」回復は途上日経平均株価が4月22日、2000年4月14日以来15年ぶりに、終値で2万円の大台を回復した。日本経済は長期のデフレから脱却し、企業社会が構造的に変わったのだろうか。株価の回復は日本企業が「稼ぐ力」を取り戻したことを示しているのだろうか。 ◆◆◆筆者は、マクロでは将来リスクの懸念があり、企業レベルのミクロでは構造変化の希望があると考える。まずマクロの問題である。円安が進んだことで、輸出企業は数量ベースの業績が変化しなくても円建ての収益は大きく改善

APIR Commentary No.45<グローバル化における地域志向のすすめ>

APIR Commentary No.45<グローバル化における地域志向のすすめ>2015-05-19 関連論文中小企業等のイノベーションの原動力分析 [ 2014年度/人口減少・高齢化社会における需要構造の変化 ]Abstract/Keywords中小企業、イノベーション、リサーチリーダー 主席研究員 小川一夫 大阪大学教授 研究目的 前年度の成果を踏まえ、H26年度は中小企業等のイノベーション促進に向けての包括的な提言を行う。 研究内容 中小企業がイノベーションを活発に行い、海外へ財やサー

2015年4月24日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

輸入中間財の投入と企業パフォーマンス:日本の製造業企業の実証分析

輸入中間財の投入と企業パフォーマンス:日本の製造業企業の実証分析概要開放的な市場は企業活動の効率性を高めるが、日本市場への輸入の拡大が企業にもたらす効果もその1つと考えられる。この論文では『企業活動基本調査』の企業レベルデータをもとにして、日本企業の中間財の輸入が生産性や利益率に与える効果を実証的に分析する。分析結果から、(1)生産性の高い企業は中間財を輸入する傾向にあるが、他方で(2)生産性がより高い企業ほど輸入中間財への依存の程度が低くなる傾向があること、(3)輸出比率が高い企業、外国資本が

2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

製品価格・品質と生産性:輸出の決定要因の再検討

製品価格・品質と生産性:輸出の決定要因の再検討概要近年、企業の海外市場への進出が拡大しており、とりわけ中小企業では輸出による海外市場アクセスが重要視されている。以前から企業の輸出の意思決定において生産性が重要な決定要因の1つであることが指摘されてきたが、近年の研究では、生産性の構成要素、あるいは生産性以外の要因の重要性が指摘されている。本研究では、生産性の構成要素の指標として製品品質の違いに注目して分析を行う。具体的には、経済産業省「工業統計調査」の調査票情報を使用し、Kandelwal (20

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能かアジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域は、先進国を上回る成長率の高さに注目が集まるが、

2015年1月23日日本能率協会★フィードバック数:0ビジネス

生産性についての意識調査です。

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(仕事の生産性)

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(仕事の生産性)結果資料配布先:厚生労働記者会・労政記者クラブ・財界記者クラブ・東商記者クラブ 2015年01月22日報道関係各位日本能率協会グループ第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(仕事の生産性)結果生産性向上のためにできること1位は「新しい知識・技能を学ぶ」、ワークライフバランス意識も上位に 企業の人材育成やものづくり革新、調査・システム開発などの経営支援サービスを提供する日本能率協会グループは、このたび、全国のビジネスパーソン1000人に対し

2015年1月22日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

アクセンチュアのレポートです。

IIoTによる成功(Winning with the Industrial Internet of Things)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――IIoTは経済成長を促進させるが、潜在能力を引き出すために政府と企業のさらなる対策が必要将来の労働者が新たなデジタル技術による恩恵を得るために【スイス、ダボス発:2015年1月21日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、経済成長の不確実性がある時代において、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(Industrial Internet of Things、以下IIoT)は、

2015年1月9日大和総研フィードバック数:0ビジネス海外

タイ輸出企業の競争力強化には

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 タイ輸出企業の競争力強化には技術力の強化と、合法的な海外労働者受け入れ拡大で賃金抑制が必要 ◆ここ数年、タイの輸出額は頭打ちにある。米国経済の回復が見られ始めた後も、力強い回復は見られない。世界的なバリューチェーン(GVC)の中において、タイの輸出活性化に何が求められているのか。◆タイは従来、GVCの中で加工貿易拠点として発展し、輸出・輸入を先進国に依存してきた。しかし2000年以降、タイは中間財や最

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ