「生産性」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月24日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

無形資産投資と日本の経済成長

無形資産投資と日本の経済成長宮川 努(ファカルティフェロー) /枝村 一磨(NISTEP) /尾崎 雅彦(大阪大学) /金 榮愨(専修大学) /滝澤 美帆 (東洋大学)/外木 好美 (神奈川大学)/原田 信行 (筑波大学) 概要本稿は、科学技術研究費基盤(S)「日本の無形資産投資に関する実証研究」および(独)経済産業研究所の「日本の無形資産投資に関する研究」プロジェクトで実施されたさまざまな調査および研究をもとに、日本の無形資産投資をマクロ・産業・企業レベルから概観したものである。無形資

2015年6月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FRBは生産性低下をどのように捉えているのか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FRBは生産性低下をどのように捉えているのか FRB(連邦準備制度理事会)が年内に利上げを実施する可能性が高くなったが、利上げペースは非常にゆっくりとしたものになるという見方が大勢のようだ。ただし、米国でインフレ圧力が増しているとされる根拠は、雇用の回復で労働市場のスラック(余剰資源)が減少していることだけでなく、潜在GDPの下方修正が続き、供給側の要因からGDPギャップが縮小していることによる。FO

2015年6月7日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成26年度中小商業・サービス業の生産性向上に関する調査事業報告書

平成26年度中小商業・サービス業の生産性向上に関する調査事業報告書

2015年5月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

日経平均2万円は実力か 企業の「稼ぐ力」回復は途上

日経平均2万円は実力か 企業の「稼ぐ力」回復は途上日経平均株価が4月22日、2000年4月14日以来15年ぶりに、終値で2万円の大台を回復した。日本経済は長期のデフレから脱却し、企業社会が構造的に変わったのだろうか。株価の回復は日本企業が「稼ぐ力」を取り戻したことを示しているのだろうか。 ◆◆◆筆者は、マクロでは将来リスクの懸念があり、企業レベルのミクロでは構造変化の希望があると考える。まずマクロの問題である。円安が進んだことで、輸出企業は数量ベースの業績が変化しなくても円建ての収益は大きく改善

APIR Commentary No.45<グローバル化における地域志向のすすめ>

APIR Commentary No.45<グローバル化における地域志向のすすめ>2015-05-19 関連論文中小企業等のイノベーションの原動力分析 [ 2014年度/人口減少・高齢化社会における需要構造の変化 ]Abstract/Keywords中小企業、イノベーション、リサーチリーダー 主席研究員 小川一夫 大阪大学教授 研究目的 前年度の成果を踏まえ、H26年度は中小企業等のイノベーション促進に向けての包括的な提言を行う。 研究内容 中小企業がイノベーションを活発に行い、海外へ財やサー

2015年4月24日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

輸入中間財の投入と企業パフォーマンス:日本の製造業企業の実証分析

輸入中間財の投入と企業パフォーマンス:日本の製造業企業の実証分析概要開放的な市場は企業活動の効率性を高めるが、日本市場への輸入の拡大が企業にもたらす効果もその1つと考えられる。この論文では『企業活動基本調査』の企業レベルデータをもとにして、日本企業の中間財の輸入が生産性や利益率に与える効果を実証的に分析する。分析結果から、(1)生産性の高い企業は中間財を輸入する傾向にあるが、他方で(2)生産性がより高い企業ほど輸入中間財への依存の程度が低くなる傾向があること、(3)輸出比率が高い企業、外国資本が

2015年3月28日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

製品価格・品質と生産性:輸出の決定要因の再検討

製品価格・品質と生産性:輸出の決定要因の再検討概要近年、企業の海外市場への進出が拡大しており、とりわけ中小企業では輸出による海外市場アクセスが重要視されている。以前から企業の輸出の意思決定において生産性が重要な決定要因の1つであることが指摘されてきたが、近年の研究では、生産性の構成要素、あるいは生産性以外の要因の重要性が指摘されている。本研究では、生産性の構成要素の指標として製品品質の違いに注目して分析を行う。具体的には、経済産業省「工業統計調査」の調査票情報を使用し、Kandelwal (20

2015年2月15日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

サービス貿易と生産性

ノンテクニカルサマリー サービス貿易と生産性このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 その他特別な研究成果(所属プロジェクトなし)1.問題の所在サービス貿易の重要性が増大している。世界全体のサービス輸出総額のモノ輸出

2015年2月12日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

サービス貿易と生産性

サービス貿易と生産性概要企業活動のグローバル化に関する研究は近年急速に進展しているが、サービス貿易を対象としたミクロレベルの実証研究は大幅に遅れている。本稿は、日本企業のパネルデータを使用し、サービス貿易と生産性をはじめとする企業特性の関係についての観察事実を提示する。分析結果によれば、(1)モノの貿易に比べてサービス貿易を行っている企業はずっと少数であり、売上高に占めるサービス貿易の割合も少ない。(2)サービス輸出・輸入いずれもモノの貿易に比べて関係会社間の取引の比率が高い。(3)サービス輸出

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か

アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > アジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能かアジア新興国・地域の潜在成長率-持続的な高成長は可能か 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域は、先進国を上回る成長率の高さに注目が集まるが、

2015年2月5日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

再考 成長戦略 サービス業 生産性向上を

再考 成長戦略 サービス業 生産性向上を消費増税後の景気鈍化にもかかわらず、失業率は2000年代以降の最低水準にある。潜在成長率の引き上げが日本経済の重要課題であることは明らかである。景気対策は所与の潜在成長率のもとで需要を拡大し、需給ギャップを埋めるのが役割であり、中長期の成長力を高めるのは難しい。完全雇用下で成長の天井を引き上げるには、供給力を高める政策が必要になる。労働力人口が減るなかで、潜在成長率を高めるカギは生産性の向上が握る。既に先進国ではサービス産業の生産性がマクロ経済全体の成果を

2015年1月23日日本能率協会★フィードバック数:0ビジネス

生産性についての意識調査です。

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(仕事の生産性)

第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(仕事の生産性)結果資料配布先:厚生労働記者会・労政記者クラブ・財界記者クラブ・東商記者クラブ 2015年01月22日報道関係各位日本能率協会グループ第4回「ビジネスパーソン1000人調査」(仕事の生産性)結果生産性向上のためにできること1位は「新しい知識・技能を学ぶ」、ワークライフバランス意識も上位に 企業の人材育成やものづくり革新、調査・システム開発などの経営支援サービスを提供する日本能率協会グループは、このたび、全国のビジネスパーソン1000人に対し

2015年1月22日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

アクセンチュアのレポートです。

IIoTによる成功(Winning with the Industrial Internet of Things)

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――IIoTは経済成長を促進させるが、潜在能力を引き出すために政府と企業のさらなる対策が必要将来の労働者が新たなデジタル技術による恩恵を得るために【スイス、ダボス発:2015年1月21日】アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、経済成長の不確実性がある時代において、インダストリアル・インターネット・オブ・シングス(Industrial Internet of Things、以下IIoT)は、

2015年1月9日大和総研フィードバック数:0ビジネス海外

タイ輸出企業の競争力強化には

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 タイ輸出企業の競争力強化には技術力の強化と、合法的な海外労働者受け入れ拡大で賃金抑制が必要 ◆ここ数年、タイの輸出額は頭打ちにある。米国経済の回復が見られ始めた後も、力強い回復は見られない。世界的なバリューチェーン(GVC)の中において、タイの輸出活性化に何が求められているのか。◆タイは従来、GVCの中で加工貿易拠点として発展し、輸出・輸入を先進国に依存してきた。しかし2000年以降、タイは中間財や最

2014年11月19日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

【インドネシア】生産性向上が鍵

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【インドネシア】生産性向上が鍵(2014年11月) 企業の悩みの種は高

2014年10月8日アイ・キューフィードバック数:0キャリアとスキル

「ホワイトカラー・エグゼンプション」に関するWEBアンケート

7割が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」 ~「ホ...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > 7割が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」~「ホワイトカラー・エ...7割が「ホワイトカラー・エグゼンプション」に「賛成」~「ホワイトカラー・エグゼンプション」への賛否や導入された場合の効果・ 影響について調査~ 株式会社アイ・キュー(本社:東京都港区、代表取締役社長:林 城)が運営する日本最大の人事ポータルサイト『日本の

2014年10月3日東京大学★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

各国の生産性比較です。

アジア自動車工場の生産性と賃金率の格差に関する研究―IMVP ラウンド4(2006 年)調査をベースとして―

アジア自動車工場の生産性と賃金率の格差に関する研究―IMVP ラウンド4(2006 年)調査をベースとして―

2014年9月23日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「ホワイトカラー・エグゼンプション制度(残業代ゼロ法案)」についてアンケート調査

「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン 年収1000万円以上の37%が 「ホワイトカラー・エグゼンプション制度」は「必要」と回答 ー 「エン 転職コンサルタント」ユーザーアンケート集計結果 ー 人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する人材紹介会社集合サイト『エン 転職コンサルタント』()上で、サイト利用者の1,764名を対象に「ホワイトカラー・エグゼンプション制度(残業代ゼロ法案)」についてアンケ

2014年9月11日ネグジット総研フィードバック数:0ライフスタイル

薬剤師の生産性向上に関するアンケート

薬剤師の生産性向上に関するアンケート

2014年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

顕著な政策効果を発揮するアベノミクスの設備投資減税政策-「生産性向上設備投資促進税制」の考察

顕著な政策効果を発揮するアベノミクスの設備投資減税政策-「生産性向上設備投資促進税制」の考察 | ニッセイ基礎研究所 顕著な政策効果を発揮するアベノミクスの設備投資減税政策-「生産性向上設備投資促進税制」の考察 社会研究部 上席研究員 百嶋 徹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1―はじめに2―生産性向上設備投資促進税制の概要1│生産性向上設備投資促進税制の特徴2

2014年7月16日大和総研フィードバック数:0社会/政治

「生産性が低い」論は何が問題か

トップレポート・コラム経済分析日本「生産性が低い」論は何が問題か ここから本文です「生産性が低い」論は何が問題か経済理論・現実データ・日常用語の食違いが招く混乱サマリー◆「日本経済の成長には生産性の向上が課題」、「サービス産業の生産性が低い」、「あの人は生産性が高い」、などのように「生産性」はよく言及される。しかし、経済理論、現実のデータ、日常用語の間にはかなりの食違いがみられ、意識されないまま混乱が生じている可能性がある。◆経済理論における生産性は、生産可能量・生産能力を労働投入量で割ったもの

2014年7月3日全国知事会フィードバック数:0ライフスタイル

成長産業としての農業

宮城大学特任教授 大泉 一貫 Ⅰ 日本農業の可能性と現状の問題点 1. 日本農業は1970年前後から世界の動向と違った動きを見せた 私は農業は成長産業になると考えているが、成長産業といってもリアリティがないと感じる人も多い。なにせ、現実の農業は衰退し続けているのだから「仕方がない」といえば「仕方がない」。農業の従事者は65歳以上が6割を占めている。そうなるのも「農業は儲からないから」だといわれつづけ、突破口はどこにも見いだせなくなっている。 農業産出額は低下し、農産物輸出額は低迷し、農政は稲作へ

2014年6月10日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

対日直接投資の論点と事実:1990年代以降の実証研究のサーベイ

対日直接投資の論点と事実:1990年代以降の実証研究のサーベイ概要本論文は、対日直接投資をめぐる次の8つの疑問に注目する:1) 対内直接投資は経済成長を促すか。2) 対日直接投資を阻害する要因は何か。3) 外資系企業は日本企業と何が違うのか。4) 外資系企業の高い生産性は原因なのか、それとも結果なのか。5) 外資系企業の生産性の成長はリストラによるものか。6) 外資系企業はフットルース(足軽)か。7) 外資系企業の参入によって、日本国内の競争が激化するか。8) 外資系企業から日本企業への知識や技

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐

公共部門の生産性向上のための新たなアプローチ‐優先順位付け、測定、整合化による公共部門の生産性の向上‐ 「生産性」は、公共部門においても産業界においても、長期間にわたり議論されてきたテーマです。本書では、公共部門の生産性に関するこれまでの取り組みの原動力と経緯について考察し、また以下の3つの質問に焦点を当てることによって、公共部門においても生産性は大きな意味を持つものになる、とこれまでの否定的な見解を覆す主張をしています。政府のプログラムや活動を戦略的に優先順位付けするに当たり、集団的ア

2014年5月30日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス海外

中国における産業集積効果の検証:北京のシリコンバレーと沿海開発特区の事例

中国における産業集積効果の検証:北京のシリコンバレーと沿海開発特区の事例概要本稿では、改革開放以来、中国政府が一貫して採用してきた外資導入による国内産業の育成、発展といった産業政策の是非を、そうした戦略がハイテク産業において結実したと思われる中関村科技圏区の事例、また中国の高度経済成長を牽引してきた沿岸の開放都市における生産性の改善という事例について産業集積の視点から検証した。分析からは、産業集積を図った政策によって生じるはずのメリット、スピルオーバー効果といった点で、中関村科技圏区、沿岸開放都

2014年5月30日経済産業研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業における輸出と企業力の強化:工業統計ミクロデータを用いた輸出の学習効果の検証

中小企業における輸出と企業力の強化:工業統計ミクロデータを用いた輸出の学習効果の検証概要少子高齢化による国内需要の低下とアジアを始めとした新興諸国の台頭、さらには、地方経済の低迷や震災の影響によって、国内大企業の海外進出は加速している。他方で、大企業依存の下請けビジネスを中心としたわが国の中小企業の生産活動は、そのビジネスモデルの変更を余儀なくされているといってよい。こうした状況下で本研究は、中小企業の海外展開、具体的には輸出を通じて、たとえばTFP(全要素生産性)で見た生産性の向上といった当該

2014年5月18日経済産業研究所フィードバック数:0ビジネス

本社機能と生産性:企業内サービス部門は非生産的か?

本社機能と生産性:企業内サービス部門は非生産的か?概要本稿は、日本企業の大規模なパネルデータ(2001~2011年)を使用し、本社機能の大きさを規定する要因および本社機能と生産性の関係を実証的に分析するものである。本社機能は企業内事業サービス部門の中核であり、現代の企業において戦略的意思決定を支える重要な役割を果たしている。しかし、間接部門の縮小が組織全体の効率化につながるという単純な議論が行われることも少なくない。本社機能の大きさは、意思決定の集権化/分権化と密接に関係しているが、理論的に集権

2014年5月9日日本総研フィードバック数:0キャリアとスキル

到来しつつある人手不足局面の特徴と課題-賃金上昇・生産性向上の好循環に向けた鍵は正社員改革

到来しつつある人手不足局面の特徴と課題-賃金上昇・生産性向上の好循環に向けた鍵は正社員改革

2014年4月22日SurveyMonkeyフィードバック数:0ビジネス

働き方と生産性に関する意識調査

働き方と生産性に関する意識調査

2014年3月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

建設業の人手不足は解消するか~就業者数と必要生産性の試算による考察~

建設業の人手不足は解消するか~就業者数と必要生産性の試算による考察~

2014年3月19日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

上場企業における女性活用状況と企業業績との関係-企業パネルデータを用いた検証-

上場企業における女性活用状況と企業業績との関係-企業パネルデータを用いた検証-概要本稿では、2000年代以降の近年の日本の上場企業のパネルデータを用いて、企業における女性活用の状況を明らかにするとともに、女性活用によって企業業績が高まるか、その要因にどのようなものがあるかといった点を検証する。分析の結果、正社員女性比率が高いほど企業の利益率が高まる傾向があることがわかった。特に、正社員女性比率が30~40%の企業で利益率が顕著に高くなっているほか、年齢層別にみると結婚・出産・育児などで正社員女性

2014年3月7日経済産業研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

経済産業研究所のセミナー資料です。

日本人の労働時間と働き方に関する現状と課題

日本人の労働時間と働き方に関する現状と課題黒田 祥子 (早稲田大学教育・総合科学学術院 准教授) 小川 誠 (RIETIコンサルティングフェロー/経済産業省 経済産業政策局 審議官(雇用・人材担当)) 日本人はかつてより働きすぎと言われ、ワークライフバランスの必要性が指摘されてきた。しかし、OECD統計によれば、現在においても週60時間以上労働する男性労働者の比率は、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツなどでは4~7%であるのに対して、日本は18%と突出して高い。人口が減少していく中、全員参加型

2014年1月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ASEANで相次ぐ最低賃金引き上げ~生産性向上や周辺国・地域展開を迫られる日本企業~

ASEANで相次ぐ最低賃金引き上げ~生産性向上や周辺国・地域展開を迫られる日本企業~

2014年1月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 インフレが加速し難い経済構造 ~緩和的な金融政策の長期化を支援~

U.S.Trends米国 インフレがインフレが加速し加速し難い経済構造経済構造発表日:20発表日:2012014年1月21日21日(火)~緩和的緩和的なな金融政策金融政策のの長期化長期化をを支援~支援~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001ポイント○米国のCPIコアと失業率の関係をみると、70年代は高い物価上昇率と高い失業率が共存していた。しかし、80年代を通じて失業率が高くてもCPIコアが70年代ほど上昇しなくなった。さらに90年代半ば以

2013年12月13日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用の拡大ペースが加速し難い経済構造に ~足下では生産性の低下で雇用増加も、雇用機会の海外流出、弱い需要が雇用回復の足枷に~

米国 雇用の拡大ペースが加速し難い経済構造に ~足下では生産性の低下で雇用増加も、雇用機会の海外流出、弱い需要が雇用回復の足枷に~

2013年11月20日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

社会資本の生産力効果の再検討

ノンテクニカルサマリー 社会資本の生産力効果の再検討宮川 努 (ファカルティフェロー) 川崎 一泰 (東洋大学) 枝村 一磨 (NISTEP) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 産業・企業生産性向上プ

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル海外

アセアン諸国のコメ生産と、ポストハーベスト・ロス対策への期待

トップレポート・コラムアジアレポートアジアンインサイトアセアン諸国のコメ生産と、ポストハーベスト・ロス対策への期待 ここから本文ですアセアン諸国のコメ生産と、ポストハーベスト・ロス対策への期待アジアコンサルティング部 シニアコンサルタント 横山 幹郎 トウモロコシ、小麦と並び世界の三大穀物と呼ばれるコメは、アジア地域が世界最大の消費地であり、同時に、国の社会的基盤である農村・農民・農業において、伝統的・文化的価値を支える農作物である。アジア諸国の農村部に訪れれば、季節は異なれ水田に育つ稲を見かけ

2013年9月27日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国の生産性の伸びは蘇るか~不確実性の緩和による設備投資の回復が鍵に~

米国の生産性の伸びは蘇るか~不確実性の緩和による設備投資の回復が鍵に~

2013年9月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

外資誘致のメリットと課題

よく分かる!経済のツボ外資誘致のメリットと課題経済調査部外資誘致のメリット資料1大塚 崇広対内直接投資残高の推移政府は「日本再興戦略」(いわゆる成長戦略)において、対内直接投資残高を 2020 年までに 35兆円にまで拡大することを目標にしています(資料1)。つまり、外国の企業にもっと日本に進出してもらおうということです。では、なぜ外資誘致の拡大を目指すのでしょうか。それは、我が国経済の生産性の向上などに寄与する可能性が高いからです。これまでの様々な先行研究では、外資系企業の生産性が日本企業のそ

2013年7月19日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)対内直接投資の産業間スピルオーバー効果

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 対内直接投資の産業間スピルオーバー効果2013年7月18日岩崎雄斗*1要旨わが国への対内直接投資は極めて低い水準であるが、先行き、対内直接投資が拡大した際に、わが国経済の成長・生産性に与える影響について明らかにすることは、わが国の経済成長を展望する上で重要である。海外を対象とした実証分析では、外資系企業の参入自体に伴う直接効果や、直接投資が行われた企業から他の企業へのスピルオーバー効果について、国内経済の生産性に対して

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

成長戦略に必要なものは何か?

トップレポート・コラム経済分析日本成長戦略に必要なものは何か? ここから本文です成長戦略に必要なものは何か?~企業の力を引き出す制度改革~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載サマリー安倍内閣の「三本の矢」のうち、成長戦略の議論が産業競争力会議や規制改革会議で本格化している。しかし、過去にも成長に関する議論は政府で何度も行われたが、いずれも実効性に乏しかった。日本は本当に今後も成長できるのか。もしできるのなら我々は何をすべきなのか。労働力人口が減る中で生活水準を上げるには、生

2013年5月29日大和総研フィードバック数:4ライフスタイル

農業所得向上を後押しする異業種連携への期待

トップレポート・コラムコンサルティングレポートその他調査・分析農業所得向上を後押しする異業種連携への期待 ここから本文です農業所得向上を後押しする異業種連携への期待5月17日、安倍首相は成長戦略第二弾の柱として「攻めの農業」の実現を打ち出した。「今後10年間で農業・農村所得を倍増させる」「現在約4,500億円の農林水産物・食品の輸出額を2020年に1兆円規模にする」といった高い数値目標が示され、その実行に向けて対策本部が始動した。目標数値の妥当性については議論の余地があるが、日本の農業の抱える様

2012年7月12日NTTアド★フィードバック数:5製造業/エレクトロニクス

勤め先、自宅での節電についての意識調査です。

夏の節電に関する調査結果

報道関係者各位2012年7月12日(株)NTTアドNEWS RELEASEワーク・ライフ・バランス実現に拍車?!節電行動で「規則正しい健康的な生活」「勤務時間減」に~NTTアド2012年度オリジナル調査(4)「夏の節電に関する調査」実施~本格的な夏の到来が迫り、節電に関する話題が多くなってきました。今年の夏は例年よりも暑くなるといった予報もあり、節電対策に対する関心がますます高まっています。そこで(株)NTTアド(東京都品川区、代表取締役社長:軸屋真司)は、職場や家庭における夏の節電に関する取組

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お知らせ