「男性育休」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年10月26日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「中途採用実態調査(2021年)」を発表

中途採用を今後積極的に行う企業は前年の約2倍。子どもが生まれた男性社員全員が育休取得できた企業は1.5%にとどまる株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、2021年1~7月に中途採用を行った企業の人事担当者を対象に実施した「中途採用実態調査(2021年)」の結果を発表しました。《TOPICS》◆中途採用意向について「今後は積極的になる」割合が前年の約2倍に。【図1、2】◆正社員の人手不足感は役職ごとに差が。「役職についてない人材」の不足感が強く、「部長クラ

2021年10月26日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「転職活動における行動特性調査2021年版」を発表

「転職活動における行動特性調査2021年版」を発表 転職活動を行った人は前年より増加した一方で、転職ができた人は前年よりも減少。コロナ収束後に転職したい人のうち、現在と異なる業種や職種で転職したい人は7割に迫る株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:中川信行)は、正社員の20代~50代男女のうち、直近1年間(2020年6月以降)に転職活動をした1,600名(※)を対象とした「転職活動における行動特性調査2021年版」を発表しました。調査結果の概要(一部抜粋)は以下の通り

2020年4月10日メディアジーン★フィードバック数:0社会/政治

「男性育休に賛成」が7割。3分の2の回答者が「現在や将来の仕事・働き方に対して不安を感じる」と回答。

働く意味と、これからの働き方と。アンケートから見えてきたこと/OECDコラボサーベイ働く意味と、これからの働き方と。アンケートから見えてきたこと/OECDコラボサーベイ2020年2月、MASHING UPはOECD東京センターの協力のもと、「働くこと」に関する読者アンケートを行った。働き方改革について、転職について、将来の不安について……。1000を超える回答から見えてきたこととは? OECD東京センター所長・村上由美子さんによる分析・コメントともに、抜粋して紹介したい。ひとつの会社に定年まで、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ