「畜産物」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年9月1日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

「築地市場内企業」の倒産・廃業動向調査

2016/9/1「築地市場内企業」の倒産・廃業動向調査2003年以降で110社が消滅 〜 業歴30年以上の老舗業者が8割超 〜はじめに11月7日に予定されていた築地市場の豊洲新市場への移転について、東京都の小池知事は8月31日、当面延期することを表明した。水産関係を中心とする市場内企業の中には、長引く業績不振から経営的な余力に乏しい業者もあり、なかには倒産や廃業に追い込まれるケースも見られる。帝国データバンクは、集計可能な2003年1月から2016年8月までに倒産(負債1000万円以上、法的整理

2015年8月11日東京都フィードバック数:0社会/政治

平成27年度第2回インターネット都政モニターアンケート結果「東京の農業」

平成27年度第2回インターネット都政モニターアンケート結果「東京の農業」平成27年8月10日生活文化局 今回の調査は、インターネット都政モニターを対象に、東京の農畜産物、都市農地の保全等について聞き、今後の都政運営の参考とするものです。主な調査結果東京産農畜産物の認知度(P3、P4) 東京の特産品や東京ブランドとしては、「青梅のウメ」(57%)、「江戸川(小松川地域)発祥のコマツナ」(52%)、「東京狭山茶」(47%)、「TOKYO X(豚肉)」(43%)、「伊豆諸島の明日葉」(39%)の順で認

消費者の調査です。

日本人の畜産動物に対する意識調査

認定NPO法人アニマルライツセンターは動物への非倫理的扱いをなくし、動物が動物らしくいられるような権利と尊厳を守る活動を通し、人と動物が穏やかに共存する社会を目指す、1987年に設立された非営利団体です。当サイトは、アニマルウェルフェア(動物福祉)を向上させ、畜産物の量の削減をすることにより畜産に利用される動物たちの苦しみを減らすために、アニマルライツセンターが運営する専用サイトです。 認定NPO法人アニマルライツセンター Animal Rights Center Japan ©All righ

2015年2月13日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、農畜産物等の長期見通しを公表

米国農務省経済調査局(USDA/ERS)は、2月11日米国の農畜産物等の長期見通し(Long-Term Agricultural Projections)を公表した。この見通しによると、2015/16年度(9月〜翌8月)の米国のトウモロコシ生産量は前年比6.7%減の3億4150万トン(2443万トン減)と予測している(表)。減産の要因は、トウモロコシよりも収益性の高いソルガム、小麦や大麦などへの作物選択が進むことから作付面積が同3.2%減となったことや単収が例年水準をわずかに下回ると見込まれたこ

2014年4月27日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

畜産物の需給予測

最終更新日:2019年6月6日 畜産振興部では、畜産物の生産・流通関係者や需要者などに対して、需給動向の判断や経営の安定に資する情報を適時適切に提供する取り組みとして、食肉(牛肉・豚肉・鶏肉)を対象に下記のとおり需給の見通しを公表しております。・牛肉、豚肉(平成23年4月より毎月)・鶏肉(平成25年4月より毎月)・牛のと畜頭数の見込み(平成26年5月より四半期毎)今回、5月および6月の食肉の需給見通しについて、以下のとおり、公表しましたのでお知らせします。また、この見通しは、情報提供を目的とする

2014年3月30日日本政策金融公庫フィードバック数:0ライフスタイル

国産飼料用米で育てた畜産物に高い期待 消費者の9割が購入したい、5割弱が割高でも購入-日本公庫・平成25年度下半期消費者動向調査-

国産飼料用米で育てた畜産物に高い期待 消費者の9割が購入したい、5割弱が割高でも購入-日本公庫・平成25年度下半期消費者動向調査-

2013年9月26日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル

畜産物の需給予測(2013年9月25日)

最終更新日:2019年6月6日 畜産振興部では、畜産物の生産・流通関係者や需要者などに対して、需給動向の判断や経営の安定に資する情報を適時適切に提供する取り組みとして、食肉(牛肉・豚肉・鶏肉)を対象に下記のとおり需給の見通しを公表しております。・牛肉、豚肉(平成23年4月より毎月)・鶏肉(平成25年4月より毎月)・牛のと畜頭数の見込み(平成26年5月より四半期毎)今回、5月および6月の食肉の需給見通しについて、以下のとおり、公表しましたのでお知らせします。また、この見通しは、情報提供を目的とする

2013年5月26日農畜産業振興機構フィードバック数:5ライフスタイル

畜産物の需給予測

最終更新日:2019年8月6日 畜産振興部では、畜産物の生産・流通関係者や需要者などに対して、需給動向の判断や経営の安定に資する情報を適時適切に提供する取り組みとして、食肉(牛肉・豚肉・鶏肉)を対象に下記のとおり需給の見通しを公表しております。・牛肉、豚肉(平成23年4月より毎月)・鶏肉(平成25年4月より毎月)・牛のと畜頭数の見込み(平成26年5月より四半期毎)今回、7月および8月の食肉の需給見通しについて、以下のとおり、公表しましたのでお知らせします。また、この見通しは、情報提供を目的とする

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ