「相対的」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年3月1日東洋経済新報社★フィードバック数:0キャリアとスキル

東洋経済のランキングです。

非正規社員の「比率が高い」500社ランキング

非正規社員の「比率が高い」500社ランキング上位には外食大手がズラリ 田中 久貴 : 東洋経済データ事業局データベース営業部 外食の大手企業は非正社員への依存度が高い(写真:KAORU/Imasia) アルバイト・パートや派遣社員、期間従業員など、いわゆる「非正規労働者」は日本に2000万人超(総務省労働力調査)。全労働者に占める割合は約38%まで高まっている。相対的に賃金が安く、期間を区切って雇えることからさまざまな企業で社員の非正規化が進んでいる。東洋経済オンラインは上場企業(金融を除く

2014年11月6日大和総研フィードバック数:0社会/政治

地方創生関連法が地方再生につながるためのポイントは"ひと"

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 地方創生関連法が地方再生につながるためのポイントは"ひと" 衆議院の「地方創生に関する特別委員会」において、10月9日から地方創生に関連する2法案「まち・ひと・しごと創生法案(内閣提出第1号)」、「地域再生法の一部を改正する法律案(内閣提出第2号)」が審議されている。11月の初旬(一部報道では本日6日)にも国会を通過する予定と報道されている。上記の1番目の法案によれば、地方創生とは「まち・ひと・しごと

上昇時にも下落時にも力を発揮する世界高配当株式

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年9月29日上昇時にも下落時にも力を発揮する世界高配当株式 2014年の世界高配当株式は調整局面もあったものの、年初から8月末までの騰落率は+8.2%と、世界株式の+7.2%を上回っています(ともに米ドルベース)。これは世界的な低金利環境の中、相対的に高い利回りが選好されていることに加え、高配当株式の良好な株価特性が背景にあるためと考えられます。高配当株式の過去の年間パフォーマンスを見ると、株価上昇時は世界株式と同程度のリターンを

2014年8月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

南ア リセッションは回避も先行き不透明は変わらず ~成長率の低下でアフリカ大陸での相対的な地位低下が進む懸念~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

農業と金融:戦後の概観<訂正版>

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済農業と金融:戦後の概観<訂正版> ここから本文です農業と金融:戦後の概観<訂正版>農業の復権に向けた金融の役割①サマリー◆戦後のわが国の農業は、GHQによる農地解放で幕を開けた。その後、1961年の農業基本法制定、1971年の本格的な減反政策の開始、1995年の食糧法の施行(食糧管理法の廃止)、1999年の食料・農業・農村基本法制定、2009年の農地法改正などが大きなトピックとして挙げられる。いずれも農業の活性化を図ったものと考えられるが、産業とし

2014年3月11日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

仕事に関する「強み」自認の規定要因と効果-「30代ワークスタイル調査」の分析より-

ノンテクニカルサマリー 仕事に関する「強み」自認の規定要因と効果-「30代ワークスタイル調査」の分析より-このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 人的資本プログラム (第三期:2011~2015年度) 「労働市場制

2013年12月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米QE3縮小と新興国 ~短期的ショックは免れたが、資産の相対的な魅力低下で選別の動きが強まる~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年9月4日総務省★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

リテラシーやネット利用の状況を調べています。

平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等

報道資料「平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」の公表総務省では、青少年のインターネット・リテラシーに関する実態調査を実施し、結果概要を「平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」として取りまとめましたので、公表します。1 経緯・目的総務省では平成23年度、インターネット・リテラシー向上施策の重要性に鑑み、今後同施策を効果的に進めていくために、青少年のインターネット・リテラシーを可視化するテスト等を開発しました。今年度は昨年度に引き続き青少年のインターネット・リテ

2013年8月6日FPコンサルティングフィードバック数:0キャリアとスキル

給与削減による公務員のお財布事情 調査

“生活に支障がないのは全体の1割のみ” 給与削減による公務員... “生活に支障がないのは全体の1割のみ”給与削減による公務員のお財布事情 調査 公務員の制度に精通したファイナンシャルプランニング(ライフプランニング)事業を行なう株式会社FPコンサルティング(所在地:大阪府大阪市中央区、代表取締役:岡崎 謙二、URL:)は、7月から地方公務員の給与が下がることにより「公務員のお財布事情」がどのようになるのか、全国の地方公務員240人を対象にアンケート調査を実施しました。 Q.1/Q.2

Yahoo!、Google、Facebookが3強です。

PCインターネットにおける大学生のWebサイトアクセス動向

新入学のシーズン到来!大学生のサイトアクセス状況は? インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:五十嵐 達)は、春の新入学シーズンにちなみ、PCインターネットにおける大学生のWebサイトアクセス動向をまとめました。<結果のポイント>2013年1月度において、大学生の接触者率(リーチ)が最も高いWebサイトは「Yahoo! JAPAN」であり、他の職業区分においても共通してトップに位置している。以下、「Google

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ