調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 省エネルギー

「省エネルギー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年4月14日石油連盟フィードバック数:0マーケティング

石油連盟ホームページアンケート調査(2016年度第2回「省エネルギー」)

石油連盟ホームページアンケート調査結果について (2016年度第2回「省エネルギー」)石油連盟ホームページアンケート調査は、2月が省エネ月間であることから、例年「省エネルギー」をテーマに実施しております。今回(2016年度第2回)も2017年2月1日から3月1日にかけて実施しました。回答者数は9,805名(前回7,674名)と前年同期に実施したときよりも28%増となりました。回答者を年代別で見ると、10代が5%、20代が20%、30代が28%、40代が23%、50代が13%、60代が9%、70代

2016年4月8日石油連盟フィードバック数:0社会/政治

石油連盟ホームページアンケート調査(2015年度第2回「省エネルギー」)

石油連盟ホームページアンケート調査結果について (2015年度第2回「省エネルギー」)石油連盟ホームページアンケート調査は、2月が省エネ月間であることから、例年「省エネルギー」をテーマに実施しております。今回(2015年度第2回)も2016年2月10日から3月10日にかけて実施しました。回答者数は7,674名(前回8,140名)と前年同期に実施したときよりも6%減となりました。回答者を年代別で見ると、10代が5%、20代が20%、30代が26%、40代が23%、50代が15%、60代が9%、70

2015年6月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素・燃料電池戦略協議会(第4回)‐配布資料

水素・燃料電池戦略協議会(第4回)‐配布資料 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部 新エネルギー対策課 燃料電池推進室 経済産業省 〒100-8901 東京都千代田区霞が関1-3-1 代表電話 03-3501-1511

2015年2月19日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

家庭の省エネについてのレポートです。

家庭部門の低炭素化

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 家庭部門の低炭素化電力使用量削減の新たなステージへ ◆家庭部門におけるエネルギー消費量は40年間で2.1倍に増加した。2010年度以降、世帯・人口推移からみたエネルギー消費量は自然減に転じているが、家電ストック台数はなお増加傾向にあり、エネルギー消費を押し上げる一因となっている。快適性・利便性を享受しながらエネルギー消費の増加を食い止めるためには、家電ストックの高効率化(ハード面の対策)と高効率利用(

2014年11月11日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

何が"first fuel"となるか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の3氏がノーベル物理学賞を受賞したニュースは、喜ばしいニュースとして日本を沸かせた。少ない電力で青色に光る発光ダイオード(LED)の発明が、省エネルギー業界に与えた影響は大きい。LED電球のエネルギー効率は、従来の白熱電球と比較して6倍程度高く(LED蛍光管の場合は従来型と比較して2倍程度)、高い水準の省エネルギーを可能にした。IEA(国際エネルギー機関)によると、世界の電力需要の約20%を照明設

2014年11月6日大和総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

環境ビジネス動向です。

環境短観で見る環境ビジネスの動向

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ◆環境省の「環境経済観測調査(環境短観)」によると、平成26年6月時点の環境ビジネスの業況DIは27、半年先予測は29、10年先予測は46であった。全ビジネスの業況DIはそれぞれ12、15、8であり、環境ビジネスの好調さがわかる。また、環境ビジネスを実施している企業のみに限ると、環境ビジネスの業況DIはそれぞれ22、24、27となっている。◆業況DIが高い環境ビジネスは、現在は「省エネルギー自動車」、

海外の荷主に関する省エネルギー及び効率的な物流を実現している事例、並びに環境配慮及び高度なロジスティクスを実現する物流人材育成に関する調査報告書

海外の荷主に関する省エネルギー及び効率的な物流を実現している事例、並びに環境配慮及び高度なロジスティクスを実現する物流人材育成に関する調査報告書

2013年3月2日日本電機工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

白物家電製品に関わる海外の省エネルギー動向調査

「白物家電製品に関わる海外の省エネルギー動向調査」報告書を発行しました2013.02.28JEMA家電調査委員会では、電機メーカーをはじめ関連する多くの方々に貴重な調査結果を幅広くご利用していただくため、「白物家電製品に関わる海外の省エネルギー動向調査」をテーマに調査した報告書を発行しました。 2013.02.28「白物家電製品に関わる海外の省エネルギー動向調査」報告書発行ニュースリリース81KB2013.02.28「白物家電製品に関わる海外の省エネルギー動向調査」報告書:概要436KB 報告

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ