「移動平均」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年報

2016年報倒産件数は8164件、7年連続の前年比減少負債総額は1兆9916億8300万円、2年ぶりの前年比減少 主要ポイント■倒産件数は8164件(前年8517件、前年比4.1%減)と、7年連続で前年を下回り、2000年(6734件)に次ぐ低水準となった。四半期ベースでみると、第3四半期は2018件(前年同期1999件)と微増したものの、それ以外の四半期では前年同期を下回った■負債総額は1兆9916億8300万円と、前年を1.0%下回り、2年ぶりの前年比減少となった■件数、負債総額ともに200

2014年7月2日アイティメディアフィードバック数:0ライフスタイル

年末年始、どんなアイスが売れた? 膨大なデータから見えてきたこと

仕事をしたら“レシート”が集まった: アイスクリームは多くの人に親しまれているが、どの商品が売れているのだろうか。業界が発表している売れ筋ランキングを紹介しても、あまり面白くないので、今回はレシートのデータを分析して、どんな人たちが買っているのか、どこで買っているのか、いつごろ買っているのか――この3つの切り口で分析してもらった。 ん? どうやって? と思われるかもしれないが、「ReceReco(レシレコ)」というアプリをご存じだろうか。これは、スマートフォンのカメラでレシートを「パシャッ」と撮

2014年6月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:6月英国労働統計 ~残すは賃金だけ~

EU Indicators欧州経済指標コメント:6月英国労働統計発表日:2014年6月12日(木)~残すは賃金だけ~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 2~4月平均の英国の失業率(労働力調査)は6.6%と前月(1~3月平均)の6.8%から一段と低下。月次計数は1月:6.9%→2月:6.6%→3月:6.8%→4月:6.4%。新たに加わった4月計数が大幅に改善し、全体の計数を押し下げた。2~4月平均の就業者数は3ヶ月前から34万4千人増加し、過去最高を

2014年5月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年3月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本3月機械受注 ここから本文です3月機械受注市場予想を上回る良好な結果。見通しも堅調サマリー◆2014年3月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+19.1%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+5.8%)を大幅に上回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月ぶりの増加となっており、機械受注は増加基調に復した格好だ。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+23.7%と2ヶ月ぶりに増加した。3ヶ月移動平均値で見ても

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査(2014年1月) ~12月の落ち込みから明確に反発~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:機械受注統計調査(2014年1月)発表日 2014年3月13日(木)~12月の落ち込みから明確に反発~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526(単位:%)民需代理店製造業2013201420131-3月4-6月7-9月10‐12月期1‐3月期(見)1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月船舶・電力除く前期比▲ 0.06.84.31.5▲ 2.9▲ 7.54.214.

2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~来月には7%の閾値到達の可能性~

EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計発表日:2014年1月23日(木)~来月には7%の閾値到達の可能性~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 22日に発表された9-11月平均の失業率(労働力調査)は7.1%と、8-10月平均の7.4%から一段と低下、金融緩和継続の閾値である7.0%に接近した。振れの大きい月次計数は、8月:8.0%→9月:7.1%→10月:7.0%→11月:7.4%。3ヶ月移動平均値を引き上げていた8月値から除

2014年1月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年11月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本11月機械受注 ここから本文です11月機械受注製造業・非製造業とも堅調な結果で市場予想を大幅に上回るサマリー◆2013年11月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+9.3%と2ヶ月連続で増加し、市場コンセンサス(同+1.1%)を大幅に上回る結果となった。3ヶ月移動平均値で見ても、5ヶ月連続の増加となっており、機械受注は増勢を強めている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+6.0%と2ヶ月ぶりに増加した。非製

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ