「空き家」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

「戸建て」の問合せ数が5年で600%増加、 空き家問題の解消めざすESGへの取り組み

「戸建て」の問合せ数が5年で600%増加、 空き家問題の解消めざすESGへの取り組み 戸建てへの投資意欲増、戸建て投資のノウハウ提供を強化 不動産投資サイト「楽待」(https://www.rakumachi.jp)を運営する株式会社ファーストロジック(本社:東京都千代田区、東証一部上場、証券コード:6037)では、同サイトに登録された「戸建て」の問合せ数が、2015年と比較し約600%増加しました。当社は経営理念に「社会の発展に貢献する」ことを掲げており、不動産領域における「空き家問題」の解決

2019年6月26日Living Technologiesフィードバック数:0大型消費/投資

民泊について調査 「民泊」の認知度90%も、利用経験者はわずか3%!

【調査】「民泊」の認知度90%も、利用経験者はわずか3%! 民泊新法施行から1年【民泊について調査】「民泊」の認知度90%も、利用経験者はわずか3%!空き家の活用ができると民泊制度に「賛成」63.8%!不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川合 大無)は、「リビンマッチ」を利用した40歳以上の男女全国469人を対象に、昨年6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行から1年経った現在の「民泊」について調査しました。・

親の家についてのアンケート(女性/2018年/全国)

リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイトTOPスペシャルコンテンツ自主調査レポート親の家についてのアンケート(女性/2018年/全国) 自主調査レポート親の家についてのアンケート(女性/2018年/全国)・親の家についての悩み、40代以下は「今はまだ大丈夫だが将来が心配」が8割弱。50代は「問題が起きていて今まさに悩んでいる」が4分の1、60代以上では「以前は大変だったがひと段落した」が4割に達しており、親の家問題の“心配“が50代~60代に具体的な“悩み“になり、課題解決のプロ

50代から深刻化する“親の家”問題。 全体の1割、「今まさに悩んでいる」 人の2割に“空き家”あり

リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイトTOPNews【ニュースリリース】 50代から深刻化する“親の家”問題。 全体の1割、「今まさに悩んでいる」 人の2割に“空き家”あり News【ニュースリリース】 50代から深刻化する“親の家”問題。 全体の1割、「今まさに悩んでいる」 人の2割に“空き家”あり 50代から深刻化する“親の家”問題。 全体の1割、「今まさに悩んでいる」人の2割に“空き家”ありリビング新聞グループのシンクタンクである株式会社リビングくらしHOW研究所(所在地:

2017年6月21日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

不動産代理・仲介業者の倒産動向調査(2016年度)

2017/6/8不動産代理・仲介業者の倒産動向調査(2016年度)2016年度の倒産件数、2割増加〜小規模倒産が7割超える〜はじめに不動産業界を取り巻く環境は変化の時を迎えている。全国的な空き家の増加が問題視されるなかで、地方銀行の個人に対するアパート向け融資が過去最高となるなど、住宅の供給過多を心配する声は多い。不動産流通の要となる「不動産代理・仲介業者」への注目も高まっている。帝国データバンクは、2016年度(2016年4月〜2017年3月)の不動産代理・仲介業者の倒産(負債1000万円以上

2016年6月8日野村総合研究所★★フィードバック数:0社会/政治

2018~2033年までの空き家数・空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)、および2015~2030年までの既存住宅(新築以外の住宅)流通量を予測

2018~2033年までの空き家数・空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)、および2015~2030年までの既存住宅(新築以外の住宅)流通量を予測

2015年6月22日野村総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

NRIの推計です。

2018年、2023年、2028年および2033年における日本の総住宅数・空き家数・空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)を予測

2018年、2023年、2028年および2033年における日本の総住宅数・空き家数・空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)を予測

2015年4月22日富士通フィードバック数:0社会/政治

大都市における空き家問題 ―木密、賃貸住宅、分譲マンションを中心として―

大都市における空き家問題―木密、賃貸住宅、分譲マンションを中心として―要旨大都市の空き家率は現状では地方に比べ低いが、今後、大都市でも世帯数が減少に転ずることにより、問題が深刻化していくことが予想される。大都市における空き家問題としては、木造住宅密集地域(木密)が存在すること、中古戸建ての流動化が遅れていること、賃貸住宅や分譲マンションのストックが多く、管理が放棄された場合の潜在的な問題が大きいことなどがある。木造住宅密集地域については、未利用容積を周辺の高度利用可能な地域に移転させる施策も今後

2015年4月22日オウチーノフィードバック数:0社会/政治

「実家の跡継ぎ」に関する意識調査

「実家の跡継ぎ」に関する意識調査現在、日本の空き家は820万戸にのぼる。空き家増加の原因は、人口減少、税制、新築供給数の多さなど様々だが、跡継ぎの非習慣化も、その一つではないだろうか。昔は長男が家を継ぐことが当たり前だったかもしれないが、今は大学入学や就職などのタイミングで地元を離れ、そのまま家庭を築く人も多い。そんな「跡継ぎ」に対し、イマドキの若者はどのような認識を持っているのだろうか。

2015年3月5日旭化成フィードバック数:0大型消費/投資

高経年マンションにおける、区分所有者とコミュニティの高齢化

ホームニュース2014年度プレスリリース2015年3月4日 建替え前の空き家率「24%」、60歳以上「70%」高経年マンションにおける、区分所有者とコミュニティの高齢化 〜空き家問題は戸建てだけではない!“限界集落化”するマンションの実像〜2015年3月4日旭化成不動産レジデンス株式会社 旭化成不動産レジデンス株式会社 マンション建替え研究所(所在:東京都新宿区、所長:向田 慎二)は、高経年マンションにおける区分所有者とコミュニティの高齢化などについて、その実態を分析し調査報告書にまとめました。

2015年2月12日綜合警備保障★フィードバック数:0大型消費/投資

ALSOKの調査です。

空き家に関する意識調査

ホームセキュリティー・防犯対策をお考えならALSOKにご相談ください。

2015年1月16日群馬経済研究所フィードバック数:0社会/政治

総住宅数に占める空き家の割合は16.6%で全国9位

総住宅数に占める空き家の割合は16.6%で全国9位

2014年11月30日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

セミナー資料です。

急増する空き家問題が語る我が国都市計画の将来

急増する空き家問題が語る我が国都市計画の将来牧野 知弘 (オラガHSC株式会社(株式会社オフィス・牧野)代表取締役社長) 上野 透 (RIETI 国際・広報ディレクター(併)上席研究員) 総務省「住宅・土地統計調査2013年版」によれば、全国の空き家数は約820万戸、総住宅数に占める割合は13.5%となった。空き家の中でも急増しているのが統計上「その他住宅」に分類される「個人住宅」の空き家である。その数は約318万戸と前回調査時(2008年)と比較しても18.7%と全体の伸び率8.3%を大きく凌

2014年9月23日商工中金★フィードバック数:0大型消費/投資

2033までの予測です。

都道府県別の住宅着工と空き家の中期予測

都道府県別の住宅着工と空き家の中期予測

2014年9月15日総務省フィードバック数:0大型消費/投資

統計Today No.83 平成25年住宅・土地統計調査の速報結果

ここから本文です。統計Today No.83平成25年住宅・土地統計調査の速報結果を公表しました総務省統計局統計調査部国勢統計課長 岩佐 哲也 平成25年10月1日に実施した平成25年住宅・土地統計調査の速報結果を平成26年7月29日に公表しました。この調査は、全国約350万世帯を対象としており、世帯に関する統計調査としては国勢調査に次ぐ規模の調査であり、今回は東日本大震災後初の調査であることから、東日本大震災に伴う転居、改修工事などについても調査しています。主な結果について、御紹介します。総住

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期

不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期 基礎研REPORT(冊子版) 2014年9月号 | ニッセイ基礎研究所 不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期基礎研REPORT(冊子版) 2014年9月号 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録は

2013年住宅・土地統計調査(速報)にみる住宅と居住状況の変化

2013年住宅・土地統計調査(速報)にみる住宅と居住状況の変化 | ニッセイ基礎研究所 2013年住宅・土地統計調査(速報)にみる住宅と居住状況の変化 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1― はじめに2― 概況-住宅総数・世帯数・空き家数・所有関係別住宅数・共同住宅比率3― 空き家率(都道府県別、都市別・所有関係別)4― 持家率・借家率の動向5― 借家

2014年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0大型消費/投資

不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期

不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期 | ニッセイ基礎研究所 不動産賃貸・投資市場は好調維持、人手不足の進行が懸念材料-不動産クォータリー・レビュー2014年第2四半期 竹内 一雅基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ■要旨消費税増税後の消費は、前回増税時を上回る落ち込みとなった。しかし、すでに

2014年7月30日リクルートフィードバック数:0大型消費/投資

空き家率の推定と滅失権取引制度

研究員の相島雅樹が登壇したUDCO(アーバンデザインセンター大宮)のオンラインイベント「UDCO LIVE: Around URBANISTS #01 アーバン・ビヘイビアはどう変わるか」の活動内容が掲載されたアニュアルレポート、「UDCO REPORT #004」が発行されました。‍SUUMOリサーチセンターのウェブサイトをリニューアルしました。‍前所長宗健・新井優太が論文「住まいが主観的幸福度に与える影響」及び「富裕層および団地の集積が家賃に与える影響」を都市住宅学会第26回学術講演会(20

2014年2月7日総務省★フィードバック数:0大型消費/投資

空き家の統計です。

共同住宅の空き家 約460万戸 について分析-平成20年住宅・土地統計調査からの推計-

ここから本文です。統計Today No.72共同住宅の空き家 約460万戸 について分析 −平成20年住宅・土地統計調査からの推計−総務省統計局統計調査部国勢統計課長 岩佐 哲也 近年、少子高齢化の進展や人口移動の変化などにより、我が国の空き家の数は増加の一途をたどっており、平成20年では、757万戸で、全国の住宅の13%を占めています(図表1)。このため、管理が行き届いていない空き家が、防災、衛生、景観等の生活環境に影響を及ぼすという社会問題が起きています。また、少子高齢化が進展する中、空き家

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ