調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 第一生命経済研究所

「第一生命経済研究所」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月5日第一生命保険★フィードバック数:0大型消費/投資

介護の不安と準備です。

親の介護に対する40・50代の不安と準備

Report親の介護に対する40・50代の不安と準備― 親の世帯形態・親の住まいとの距離による違い ―上席主任研究員水野 映子目次1.はじめに························································································································································ 122.親の介護に対する不安 ···········

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2014年11月) ~均してみれば、底ばいの推移~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2014年11月)発表日2014年12月25日(木)~均してみれば、底ばいの推移~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2014年 1月98.712.334.62月91.91.031.93月89.5▲ 2.929.24月90.6▲ 3.330.45月87.2▲ 15.026.76月88.3▲ 9.528.07月83.9▲ 14.125.88月84.5▲ 12.526.69月88.0▲ 14.327.61

2014年12月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中国のディスインフレ、原油安も後押し(Asia Weekly (12/8~12/11)) ~韓国中銀はウォン相場に中立姿勢も、外部からの追加利下げ圧力は残ろう~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート中国のディスインフレ、原油安も後押し(Asia Weekly (12/8~12/11))~韓国中銀はウォン相場に中立姿勢も、外部からの追加利下げ圧力は残ろう~発表日:2014 年 12 月 12 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回12/8(月) (中国)11 月輸出(前年比)+4.7%+8.0%+11.6%11 月輸入(

2014年12月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ 弱い景気の下で金融緩和観測が再燃か ~原油安は追い風だが、物価動向を慎重に判断する姿勢は不可欠~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ 弱い景気の下で金融緩和観測が再燃か~原油安は追い風だが、物価動向を慎重に判断する姿勢は不可欠~発表日:2014年12月11日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 8月の大統領選を経て新生エルドアン政権が誕生したトルコだが、7-9月期の実質GDP成長率は前年比+1.7%と6四半期ぶりの低水準に留まる。リラ安で輸出は底入れしたほか、物価高にも拘らず利下げ実施により個人消費は底

2014年12月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

国債QEがやってくる ~来年早々までお預け~

EU Trends国債QEがやってくる発表日:2014年12月5日(金)~来年早々までお預け~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ECBは4日の理事会で追加緩和の決定を見送ったが、来年の早い段階で追加緩和が必要かどうかを判断することを示唆。足許で原油安が一段と加速しており、目先の物価上昇率は一段と鈍化し、マイナス圏に転落する可能性も否定できない状況。ドラギ総裁は低インフレの長期化が期待インフレ率に組み込まれるリスクへの警戒を強めており、来年1-3月

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

景気はようやく上向くのか ~政策選択の楽観にはご注意~

Economic Trends経済関連レポート景気はようやく上向くのか発表日:2014年11月28日(金)~政策選択の楽観にはご注意~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)10 月の鉱工業生産指数が 2 か月連続で上昇した。生産予測指数に基づくと、11・12 月も生産拡大は続く公算である。仮に、2014 年 2~8 月が景気後退局面になっていたとしても、2014 年 9 月以降は後退局面を抜け出すという展開になると期待できる。一方、7~9 月の実質 GDP

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2014年10月) ~6ヶ月ぶりの90万戸超えだが、油断は禁物~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2014年10月)発表日2014年11月28日(金)~6ヶ月ぶりの90万戸超えだが、油断は禁物~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2014年 1月98.712.334.62月91.91.031.93月89.5▲ 2.929.24月90.6▲ 3.330.45月87.2▲ 15.026.76月88.3▲ 9.528.07月83.9▲ 14.125.88月84.5▲ 12.526.69月88.0▲ 14

2014年11月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年10月) ~均してみれば、緩やかな増加基調は変わらず~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査・商業販売統計(2014年10月)発表日:2014年11月28日(金)~均してみれば、緩やかな増加基調は変わらず~担当第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)合計除く住居等(※)前年比20141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月実質可処分所得▲▲▲▲▲▲▲▲前月比1.12.57.24.68.03.05.94.75.64.0前

2014年11月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 景気減速によるディスインフレ圧力が高まる ~構造転換の道筋がつかないなか、一党支配色がより濃くなる可能性も~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国 景気減速によるディスインフレ圧力が高まる~構造転換の道筋がつかないなか、一党支配色がより濃くなる可能性も~発表日:2014年11月13日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 足下の中国のインフレ率は国際商品市況の調整なども追い風に低下基調を強めている。しかし、金融市場では依然「シャドーバンキング」の問題がくすぶるなか、不動産市況の調整による資金需給のひっ迫が深刻化する懸念が

2014年11月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

解散総選挙と消費税先送りリスク ~万一のときの影響を考える~

Economic Trends経済関連レポート解散総選挙と消費税先送りリスク発表日:2014年11月12日(水)~万一のときの影響を考える~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)現時点では、観測の段階であるが、衆議院が解散されて、そこでは消費税の予定を見直す可能性が語られている。万一、消費税再増税のスケジュールが見直されたときには、様々な影響が予想される。消費税増税を先送りしたとき、景気対策を打たなくて済むようになり、自然増収が債務返済に充てられれば財政再建

2014年11月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年7-9月期GDP予測(最終版) ~前期比年率+0.8%の低成長を予想~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:2014年7-9月期GDP予測(最終版)発表日:2014年11月11日(火)~前期比年率+0.8%の低成長を予想~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528○ 7-9月期GDPは低成長にとどまる見込み2014年7-9月期の実質GDP成長率(11月17日公表予定)を前期比年率+0.8%(前期比+0.2%)と予測する。当社は、10月31日の段階で前期比年率+1.0%(前期比+0.2%)を

2014年11月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

円安誘導はどこまで進むか ~次なる目途は1ドル120円か~

BOJ Watching日本銀行分析レポート円安誘導はどこまで進むか発表日:2014年11月4日(月)~次なる目途は1ドル120円か~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)円安・株高が日銀の追加緩和によって進んでいる。日銀の追加緩和は、FRBのテーパリング完了に応じるように行ったタイミングの良さが効果的だったのだろう。日銀は、円安だけで消費者物価を押し上げていくつもりではないだろうが、ある程度は円安になることを前提に、消費者物価 2%の達成を狙っていると考え

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏消費者物価(速報) ~緩和競争への再参戦は?~

EU Indicators欧州経済指標コメント:10月ユーロ圏消費者物価(速報)発表日:2014年10月31日(金)~緩和競争への再参戦は?~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 10月のユーロ圏の消費者物価の速報値は前年比+0.4%と、今次サイクルのボトムを記録した前月(同+0.3%)から上昇率が小幅加速。速報時点で公表された内訳では、前年同月の”裏”にもかかわらず、コア物価(前月:同+0.8%→今月:同+0.7%)の上昇率が鈍化し、今次ボトムと一

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2014年9月) ~前月比で2ヶ月連続の増加に~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2014年9月)発表日2014年10月31日(金)~前月比で2ヶ月連続の増加に~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2013年 9月102.819.436.110月103.07.138.111月103.714.139.312月105.518.038.62014年 1月98.712.334.62月91.91.031.93月89.5▲ 2.929.24月90.6▲ 3.330.45月87.2▲ 15.02

2014年11月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

日本の企業の稼ぐ力

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.51日本の企業の稼ぐ力佐久間 啓専務取締役経済調査部長日本の稼ぐ力を取戻すことが成長戦略の鍵とな資料1.売上高利益率(%)ると言われている。日本の企業は 80 年代後半の5.0「ザ・バブル」とその崩壊、その後の労働力人口4.5の減少、金融危機、デフレという内なる敵に悩ま4.0される一方、外ではグローバル化の波にさらされ3.5るという厳しい環境の中を生き抜いてきた。そう3.0した日本の企業活動を時系列で把握するには財務2.5省の

2014年10月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

商業販売統計(2014年9月) ~幅広い項目で改善。良好な結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:商業販売統計(2014年9月)発表日:2014年10月28日(火)~幅広い項目で改善。良好な結果~担当商業販売額前年比卸売業前期比9月2.80.910月2.00.311月2.90.712月2.8▲ 0.120141月4.42.22月2.5▲ 1.53月8.55.64月▲ 3.4▲ 10.35月▲ 1.03.16月▲ 0.6▲ 0.67月0.11.08月▲ 1.6▲ 1.99月1.54.0(出所)経済産業省「商業販売統計」小売業前年

2014年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年10月27日~) ~日米金融当局はそれぞれの方向へ~

Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2014年10月27日~)~日米金融当局はそれぞれの方向へ~発表日:2014年10月27日(月)担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日国指標・イベント10月27日(月) 日本 企業向けサービス価格指数(9月)10月28日(火)10月29日(水)10月30日(木)10月31日(金)11月1日(土)11月2日(日)欧

2014年10月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 意外な輸入の伸びとその実態 ~内需の弱さは変わらず、外需が景気を押し上げる姿は変わらず~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国 意外な輸入の伸びとその実態~内需の弱さは変わらず、外需が景気を押し上げる姿は変わらず~発表日:2014年10月14日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 足下の米国を中心とする世界経済の底入れは外需を通じ、中国景気にプラスの効果を与えている。他方、中国国内では金融市場のリスクを抱えるなか、共産党・政府による構造改革推進への取り組みや綱紀粛正策などは内需の足かせとなっている。

2014年10月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国製造業の外需依存が一段と鮮明に(Asia Weekly (9/29~10/3)) ~韓国、一部に対策効果発現も景気を取り巻く状況は深刻なまま~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート中国製造業の外需依存が一段と鮮明に(Asia Weekly (9/29~10/3))~韓国、一部に対策効果発現も景気を取り巻く状況は深刻なまま~発表日:2014 年 10 月 1 日(水)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回9/29(月) (タイ)8 月輸出(前年比)▲7.40%▲3.25%▲0.85%8 月輸入(前年比)▲14.

2014年10月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ベトナム景気に光が射すも、不良債権問題が足かせに ~外需を中心に底入れの一方、内需の重石は当面抜けられず~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートベトナム景気に光が射すも、不良債権問題が足かせに~外需を中心に底入れの一方、内需の重石は当面抜けられず~発表日:2014年9月30日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 長期に亘って景気減速が続いてきたベトナムだが、7-9月期の実質GDP成長率は前年比+6.19%と底入れの動きが確認された。中国との関係悪化の影響が懸念されたが、先進国向け輸出に加え、対内直接投資も景気を押し上げた

2014年9月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

台湾、外需を中心に底堅い動きが続く(Asia Weekly (9/22~9/26)) ~NZの輸出は先進国向けを中心に底堅い動き~

1/4ASIA Indicators~NZ の輸出は先進国向けを中心に底堅い動き~定例経済指標レポート台湾、外需を中心に底堅い動きが続く(Asia Weekly (9/22~9/26))発表日 : 2014 年 9 月 26 日(金) 第一生命経済研究所 経済調査部 主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522) ○経済指標の振り返り 発表日 指標、イベントなど 結果 3.94% +5.2% +3.9% 50.5 +0.9% +2.21% +7.03% 35.2 40.0 1.875%

2014年9月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ中銀は「最後の砦」となれるか ~5会合ぶりの政策金利維持。中銀の独立性は経済・通貨を左右しよう~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ中銀は「最後の砦」となれるか~5会合ぶりの政策金利維持。中銀の独立性は経済・通貨を左右しよう~発表日:2014年9月26日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) トルコは、年明け以降の国際金融市場の混乱による資金流出に対し、急激な利上げで通貨防衛を図ったが、その後は市場の安定に伴い利下げに転じる動きをみせた。これは政府内から利下げを強硬に求める動きが影響した一方、足下ではイン

2014年9月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年8月、東京都区部14年9月) ~10月に+1%割れの可能性高まる~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:消費者物価(全国14年8月、東京都区部14年9月)~10月に+1%割れの可能性高まる~発表日:2014年9月26日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)全国東京都区部食料(酒類除総合生鮮除く総合 く)及びエネルギー除く総合13141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月前年比▲▲▲▲▲0.30.70.90.

2014年9月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

期待外れのTLTRO第1弾 ~これで本格量的緩和に近づいた?~

EU Trends期待外れのTLTRO第1弾発表日:2014年9月19日(金)~これで本格量的緩和に近づいた?~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ TLTRO第1弾の利用額は826億ユーロと、予想レンジの下限(1,000億ユーロ)を下回った。第2弾と合わせて4,000億ユーロの利用上限に近づくのは難しい。TLTRO全体の資金供給額は4,500億ユーロ前後がせいぜいか。また、現在の市場規模や格付け要件を考えれえは、ABSとカバードボンドの現実的な買い

2014年9月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

スタグフレーションの可能性 ~需要不足の日本では所得の海外流出によるデフレリスクの方が高い~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:スタグフレーションの可能性2014年9月16日(火)~需要不足の日本では所得の海外流出によるデフレリスクの方が高い~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 原油入着価格が過去最高値圏にある。背景には度重なる地政学リスクがあり、運賃や為替も最高値をもたらす要因となっている。原油入着価格が上がればガソリン、軽油や重油等が連動する。LNGを通じて電気ガス料金も値上がりを余儀なくされる。

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国はディスインフレの世界に突入か(Asia Weekly (9/8~9/12)) ~インドネシア中銀は、マクロ経済と金融市場の安定に軸足を移す~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポート中国はディスインフレの世界に突入か(Asia Weekly (9/8~9/12))~インドネシア中銀は、マクロ経済と金融市場の安定に軸足を移す~発表日:2014 年 9 月 12 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日9/8(月)9/9(火)指標、イベントなど結果コンセンサス前回(中国)8 月輸出(前年比)+9.4%+9.0%+14.5%8 月輸入(前年比)▲2

2014年9月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

補正予算は何兆円? ~PB半減目標とのバランスを検証~

Economic Trends補正予算は何兆円?マクロ経済分析レポート発表日:2014年9月12日(金)~PB半減目標とのバランスを検証~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4547(要旨)○年末の再増税判断と同時に、補正予算が編成されるとの思惑が高まる中、焦点は補正の規模に集まる。2014 年度の税収上振れ分や 2013 年度の純剰余金を活用することで、追加の国債発行無しで「4兆円」程度の補正を組むことが可能。○しかし、財政再建計画との整合性を考

2014年9月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ 新政権の出鼻を挫く景気模様 ~目先の利益のみならず、中長期の成長を目指す姿勢が問われる~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ 新政権の出鼻を挫く景気模様~目先の利益のみならず、中長期の成長を目指す姿勢が問われる~発表日:2014年9月11日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) エルドアン首相の下で比較的堅調な経済成長を実現したトルコだが、先月の大統領選で同氏が初の公選制下での大統領に就任したにも拘らず足下の景気は芳しくない。4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲1.8%となり、内需のみならず

2014年9月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 2014年、2015年経済・金融予測 ~緩やかな成長基調を維持、早期の利上げがリスク要因~

U.S.Trends米国 2014年2014年、2015年2015年経済・経済・金融予測金融予測~緩やかなリスク要因要因~やかな成長基調成長基調を基調を維持、維持、早期の早期の利上げ利上げがリスク要因~発表日:201発表日:20142014年9月5日(金)第一生命経済研究所 経済調査部桂畑 誠治0303-52215221-5001○ 2014 年の実質GDP成長率は、断続的な大雪により1-3月期に下ぶれたものの、緩和的な金融政策の継続、緊縮財政の緩和等により、前年比+2.0%(13 年同+2.2

2014年9月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

これぞドラギノミクス ~いま出来ることは全てやり尽くした~

EU Trendsこれぞドラギノミクス発表日:2014年9月5日(金)~いま出来ることは全てやり尽くした~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ジャクソンホールでのドラギ総裁のアドリブ発言やこのところの景気・物価指標全般の下振れを受け、ECBの追加緩和観測が高まっていたが、ドラギ総裁は今回もまた期待を裏切らなかった。追加利下げと利下げ打ち止めの強調でTLTROの利用を促進したほか、ABSとカバード債の購入プログラムを10月から開始することを決定した。

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産指数(2014年7月) ~7-9月期も前期比マイナスに~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:鉱工業生産指数(2014年7月)発表日:2014年8月29日(金)~7-9月期も前期比マイナスに~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)鉱工業生産生産前月比▲ 0.70.90.30.62.1▲ 2.82.7▲ 0.51.50.60.30.53.9▲ 2.30.7▲ 2.80.7▲ 3.40.2出荷在庫前年比前月比前年比前月比131月▲ 6.40.4▲ 4.4▲

2014年9月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2014年7月) ~2012年1月以来の水準まで減少~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2014年7月)発表日2014年8月29日(金)~2012年1月以来の水準まで減少~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2013年 8月96.68.834.49月102.819.436.110月103.07.138.111月103.714.139.312月105.518.038.62014年 1月98.712.334.62月91.91.031.93月89.5▲ 2.929.24月90.6▲ 3.330

2014年8月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の製造業景況感は急回復の反動で一服(Asia Weekly (8/18~8/22)) ~台湾、輸出受注に一服感も、外需主導の景気回復による雇用改善続く~

1/3ASIA Indicators定例経済指標レポート中国の製造業景況感は急回復の反動で一服(Asia Weekly (8/18~8/22))~台湾、輸出受注に一服感も、外需主導の景気回復による雇用改善続く~発表日:2014 年 8 月 22 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど8/18(月) (シンガポール)7 月非石油輸出(前年比)(タイ)4-6 月期実質 GDP(前年比)(香港)7 月失業

2014年8月24日第一生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

第一生命の調査です。

介護されることについての意識

2014 年 8 月 22 日『』第一生命保険株式会社(社長 渡邉 光一郎)のシンクタンク、株式会社第一生命経済研究所(社長 矢島 良司)では、全国の 50~79 歳の男女 600 名に、標記についてのアンケート調査を実施し、この程その調査結果がまとまりましたのでご報告いたします。ホームページ(URL: http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/ldn_index.html )にも掲載しましたので、併せてご覧ください。≪調査結果のポイント≫介護を受けたい

2014年8月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

英国:利上げ派始動 ~7対2が意味するもの~

EU Trends英国:利上げ派始動発表日:2014年8月21日(木)~7対2が意味するもの~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 8月のMPC議事録では、利上げを主張した委員が2名いたことが判明。約3年振りに全会一致の政策決定が崩れたが、過去を振り返るとBOEの投票結果が割れることはそれほど珍しいことではない。◇ 利上げ派と据え置き派の間では、スラックの大きさとインフレ圧力の認識に大きな隔たりがある。年内の利上げ開始観測も浮上しているが、MPCの大

2014年8月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

果報は寝て待て ~年内の追加緩和は見送り~

EU Trends果報は寝て待て発表日:2014年8月8日(金)~年内の追加緩和は見送り~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 足許で景気・物価指標の下振れが相次いでいるが、ECBは7日の会合で景気・物価判断を据え置き、新たな政策変更を示唆することもなかった。6月に追加緩和策を発表後、短期金利全般が低下し、ユーロ高進行に歯止めが掛かっている。次回9月初旬のECB会合でスタッフ見通しの引き下げは不可避とみられるが、9月に初回TLTRO、10月に銀行の包

2014年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2014年6月) ~下げ止まりの兆し~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2014年6月)発表日2014年7月31日(木)~下げ止まりの兆し~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2013年 1月87.95.032.72月91.33.032.13月91.97.333.54月93.85.836.25月102.614.534.66月97.515.334.57月97.712.434.58月96.68.834.49月102.819.436.110月103.07.138.111月103

2014年7月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

韓国、景気低迷を脱却できず刺激策発動(Asia Weekly (7/21~7/25)) ~NZ準備銀、先行きは利上げペースにブレーキの可能性~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート韓国、景気低迷を脱却できず刺激策発動(Asia Weekly (7/21~7/25))~NZ準備銀、先行きは利上げペースにブレーキの可能性~発表日:2014 年 7 月 25 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+10.6%+6.1%+4.7%+3.6%+3.6%+3.7%7/22(火) (台湾)6 月失業率(季調済)3.

2014年7月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

貿易統計(2014年6月) ~引き続き弱い輸出~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:貿易統計(2014年6月)発表日:2014年7月24日(木)~引き続き弱い輸出~第一生命経済研究所 経済調査部担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524貿易収支(億円)輸出数量輸出金額 輸入金額季調値前年比前年比▲ 78893.89.4輸入数量アメリカEUアジア前年比前年比前年比前年比▲ 3.00.2▲ 11.8▲ 2.24月5月▲ 9913▲ 785910.110.0▲ 1.2▲ 3.3▲ 16.42.

2014年7月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

先延ばしになった気象リスク ~猛暑後のマイナス成長ジンクスに加え、暖冬・花粉飛散リスクも~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:先延ばしになった気象リスク2014年7月22日(火)~猛暑後のマイナス成長ジンクスに加え、暖冬・花粉飛散リスクも~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 気象庁によると、エルニーニョ現象の発生が秋以降にずれ込む可能性が高いと予測を修正し、市場関係者の間では安どの声が広まっている。● 今年6月の東京の平均気温は平年より 1.6 度高く、2010 年以来の暑さとなった。一般的な猛暑効

2014年7月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

シンガポール、一時的な要因での景気判断は早計か(Asia Weekly (7/14~7/18)) ~インドのインフレは一服も、先行きはモンスーンの影響に懸念~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポートシンガポール、一時的な要因での景気判断は早計か(Asia Weekly (7/14~7/18))~インドのインフレは一服も、先行きはモンスーンの影響に懸念~発表日:2014 年 7 月 18 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+2.1%+3.1%+4.9%+5.43%+5.73%+6.01%+7.31%+7.70%+8.

2014年7月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 回復足踏み(14年6月住宅着工件数) ~人手不足が制約要因だが、販売の拡大や低い在庫率を背景に緩やかな増加傾向を維持する見込み~

U.S.Indicatorsマクロ経済指標レポート米国 回復足踏回復足踏み足踏み(14(14年6月住宅着工件数)住宅着工件数)発表日:20142014年7月17日(木)~人手不足が制約要因だ人手不足が制約要因だが、販売の拡大や、販売の拡大や低い在庫率を背景に緩低い在庫率を背景に緩やかな増加傾向を増加傾向を維持する見込み維持する見込み~する見込み~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-500114年6月の住宅着工件数(季節調整済み、年率換算)は、89

2014年7月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国 政策『微修正』が奏功して景気底入れ ~リスク要因がくすぶるなか、今後も構造改革は先送りされるのか~

1/4Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国 政策『微修正』が奏功して景気底入れ~リスク要因がくすぶるなか、今後も構造改革は先送りされるのか~発表日:2014年7月16日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 4月と6月に実施した政策の『微修正』により中国経済の底入れが確認されつつある。不動産市況に懸念はあるが、資金供給策や国際金融市場の落ち着きにより国内の資金需給に改善の動きが出ている。新規融資や資金調達額は前年を上回

2014年7月2日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州 利上げの時期は「かなり先」の様子 ~豪ドル相場にとって「重石」になることが予想される~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪州 利上げの時期は「かなり先」の様子~豪ドル相場にとって「重石」になることが予想される~発表日:2014年7月1日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 1日、豪準備銀は政策金利を10会合連続で2.50%に据え置いた。1-3月期の経済成長率は予想外の伸びをみせたが、景気の先行き不透明感を理由に、緩和的な金融政策の継続を決定した。資源関連での投資鈍化や今年度予算の緊縮財政が景気の足

2014年7月1日第一生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

精神的に孤立する高齢者

Watching精神的に孤立する高齢者主席研究員小谷 みどり<多様化するひとり暮らし高齢者>2010年の総務省『国勢調査』によれば、ひとり暮らし高齢者は全国に480万人近くもいる(図表1)。1990年と比較すると、わずか20年間で3倍に増加している。ひとり暮らし高齢者が65歳以上人口に占める割合は、1980年には男性4.3%、女性11.2%だったが、2010年には男性11.1%、女性20.3%と、男女ともに増加している。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、特に男性のひとり暮らし高齢者の増加が

2014年7月1日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

増えにくい若者の労働需要 ~バブル崩壊以降、最高の有効求人倍率の陰で~

Economic Trends経済関連レポート増えにくい若者の労働需要発表日:2014年6月30日(月)~ バブル崩壊以降、最高の有効求人倍率の陰で~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)有効求人倍率は、1992 年以来の高さまで上昇してきた。もっとも、年齢別求人倍率をみると、リーマンショック以前とは大きく異なった面もある。25~39 歳までの比較的若年の求人数は、以前よりも水準が低いまま増えていない。製造業を中心に新卒採用は抑制したままで、今も産業空洞化の

2014年6月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

タイ、政治混乱の「爪痕」は輸出にも(Asia Weekly (6/23~6/27)) ~韓国では中国景気の不透明感やウォン高が生産の足かせに~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポートタイ、政治混乱の「爪痕」は輸出にも(Asia Weekly (6/23~6/27))~韓国では中国景気の不透明感やウォン高が生産の足かせに~発表日:2014 年 6 月 27 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回3.99%4.00%4.04%5 月鉱工業生産(前年比)+5.19%+2.70%+5.29%5 月商業販売額(前

2014年6月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

比中銀、将来の利上げへさらなる布石(Asia Weekly (6/16~6/20)) ~泰中銀は政治混乱の収束を受け、利下げ圧力を後退~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート比中銀、将来の利上げへさらなる布石(Asia Weekly (6/16~6/20))~泰中銀は政治混乱の収束を受け、利下げ圧力を後退~発表日:2014 年 6 月 20 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+5.2%+6.0%+6.5%+6.01%+5.40%+5.20%▲6.6%+0.5%+0.9%3.1%3.1%3.1

2014年6月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

年金財政をやさしく解説(上編) ~2014年財政検証の収支バランス~

Economic Trends経済関連レポート年金財政をやさしく解説(上編)発表日:2014年6月13日(金)~ 2014年 財 政 検 証 の 収 支 バ ラ ン ス ~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)5 年に 1 度の財政検証は、公的年金の将来像を考える好材料である。しかし、発表資料は、非常にわかりにくい。本稿は、筆者が大切と考えるポイントのみを絞り込み、年金の将来収支がどう作られているかをやさしく解説する。結論を先取りすると、前々から指摘された「

2014年6月11日第一生命保険フィードバック数:0大型消費/投資

44年ぶりに黒字となった旅行収支 ~旅行収支の改善は今後も続く見込み~

Economic Trendsマクロ経済分析レポート44年ぶりに黒字となった旅行収支~旅行収支の改善は今後も続く見込み~発表日:2014年6月10日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(要旨)○2013 年の経常収支は、貿易収支の大幅赤字を背景に 3.2 兆円と過去最小の黒字になった。そうした中、着々と改善を続けているのが旅行収支である。2014 年4月には原数値ではあるが、44 年ぶりの黒字となった。今後、人口減少による経済の停滞が

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ