調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 第一生命経済研究所

「第一生命経済研究所」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米国 雇用情勢は、数量・質ともに前月から改善(14年5月雇用統計) ~非農業部門雇用者数はリーマンショック前の水準を約7年ぶりに上回った~

U.S.Indicators & Markets米国 雇用情勢は雇用情勢は、情勢は、数量・数量・質ともに前月質ともに前月か前月から改善(改善(14年5月雇用統計)雇用統計)発表日:201発表日:2014:2014年6月6日(金日(金)~非農業部門雇用者数非農業部門雇用者数は雇用者数はリーマンショック前の水準リーマンショック前の水準を水準を約7年ぶりに上回った上回った~った~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001米国雇用動向(The Empl

2014年6月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工戸数(2014年4月) ~前月比は4ヶ月ぶりの増加だが~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:住宅着工戸数(2014年4月)発表日2014年5月30日(金)~前月比は4ヶ月ぶりの増加だが~担当新設住宅着工戸数持家(季年率)前年比(季年率)%2013年 1月87.95.032.72月91.33.032.13月91.97.333.54月93.85.836.25月102.614.534.66月97.515.334.57月97.712.434.58月96.68.834.49月102.819.436.110月103.07.138.1

2014年5月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジル W杯の勢いに乗れない経済と政治 ~利上げは一旦休止。W杯による休日増加は景気下押しとなる可能性あり~

1/4World Trendsマクロ経済分析レポートブラジル W杯の勢いに乗れない経済と政治~利上げは一旦休止。W杯による休日増加は景気下押しとなる可能性あり~発表日:2014年5月29日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 来月からのサッカーW杯で注目を集めるブラジルだが、インフレや外需鈍化が景気の足かせとなるなか、国民からの不満も重石になっている。政府への不満は10月に予定される大統領選にも影響を与えつつあり、現職のルセフ大

2014年5月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小企業の業況(2014年5月) ~増税の反動は一服、景況感は持ち直しか~

Economic Indicators指標名:中小企業の業況(2014年5月)~増税の反動は一服、景況感は持ち直しか~定例経済指標レポート発表日:2014年5月28日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 越前 智亜紀TEL:03-5221-4526○反動減の影響は一服商工中金から公表された「中小企業月次景況観測」(調査時点:5月上旬)によると、5月の景況判断指数は 46.6(前月差:+1.2pt)と、駆け込みの反動による影響を受けた4月から小幅に改善した。先月の予測DIが 44

2014年5月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「フラジャイル・ファイブ(脆弱な5ヶ国)」のその後 ~安定を取り戻すが、米国の「出口」までに課題打開の道筋は不可欠~

1/4World Trendsマクロ経済分析レポート「フラジャイル・ファイブ(脆弱な5ヶ国)」のその後~安定を取り戻すが、米国の「出口」までに課題打開の道筋は不可欠~発表日:2014年5月22日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 近年の高成長を背景に注目を集めた新興国だが、国際金融市場の動揺に伴って景気の勢いを失っている。海外資金の流出は景気の原動力となってきた内需の下押し要因となり、それに伴う景気減速がさらに海外資金の流出を

2014年5月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

住宅着工の反動減の行方 ~改めて前回増税時を振り返る~

Economic Trends住宅着工の反動減の行方~改めて前回増税時を振り返る~マクロ経済分析レポート発表日:2014年5月7日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 副主任エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(要旨)○前回、消費税率引き上げが行われた 97 年度の住宅着工は前年度比▲17.7%と大幅減少したが、この落ち込みの全てが消費税率引き上げに伴う反動減の影響や実質可処分所得の低下によるものとはいえない。需要を冷え込ませる引き金となったのは、大手金融機関の破綻やアジ

2014年4月30日第一生命保険フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

鉱工業生産指数(2014年3月) ~4-6月期は明確な減産に~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:鉱工業生産指数(2014年3月)発表日:2014年4月30日(水)~4-6月期は明確な減産に~第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)鉱工業生産生産前月比▲ 0.70.90.30.62.1▲ 2.82.7▲ 0.51.50.60.30.53.9▲ 2.30.3出荷在庫前年比前月比前年比前月比131月▲ 6.40.4▲ 4.4▲ 0.92月▲ 10.01.6▲ 8.

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ準備銀、今後も利上げ継続の方針(Asia Weekly (4/21~4/25)) ~中国、景気下支えへ中小金融機関向け預金準備率を引き下げ~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポートNZ準備銀、今後も利上げ継続の方針(Asia Weekly (4/21~4/25))~中国、景気下支えへ中小金融機関向け預金準備率を引き下げ~発表日:2014 年 4 月 25 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回4/21(月) (台湾)3 月輸出受注(前年比)+5.9%+4.7%+5.7%4/22(火) (台湾)3 月失

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

外需主導で景気回復を遂げるマレーシアの死角 ~「中所得国の罠」のリスク回避に向け、外資開放など大胆な取り組みが不可欠~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート外需主導で景気回復を遂げるマレーシアの死角~「中所得国の罠」のリスク回避に向け、外資開放など大胆な取り組みが不可欠~ 発表日:2014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) ASEANへの注目が集まるなか、インドネシアやタイが躓きをみせる一方、外需依存度が高いマレーシアは先進国の景気回復や通貨安も追い風に回復感を強めている。近年は中国依存を高めており、その景気減速の影響

2014年4月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年4月28日~) ~重要材料目白押し。日銀にも少しは期待したい~

Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2014年4月28日~)~重要材料目白押し。日銀にも少しは期待したい~発表日:2014年4月28日(月)担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日4月28日(月)4月29日(火)4月30日(水)5月1日(木)5月2日(金)5月3日(土)5月4日(日)国指標・イベント日本-欧州-米国 グリーンスパン元FRB議長講演日本

2014年4月25日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費者物価(全国14年3月、東京都区部14年4月) ~増税分以上の値上げは限定的なものにとどまった模様~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:消費者物価(全国14年3月、東京都区部14年4月)~増税分以上の値上げは限定的なものにとどまった模様~発表日:2014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528(単位:%)全国東京都区部食料(酒類除総合生鮮除く総合 く)及びエネル石油製品ギー除く総合前年比1213141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10

2014年4月25日第一生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

業界統計から見た駆け込み需要の動向 ~財消費では、前回をやや上回る規模の駆け込み需要が発生した模様~

Economic Trendsテーマ:マクロ経済分析レポート業界統計から見た駆け込み需要の動向~財消費では、前回をやや上回る規模の駆け込み需要が発生した模様~発表日:2014年4月25日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528要旨○業界統計から判断すると、財消費に関しては、前回増税時よりも大きめの駆け込み需要が今回発生したとみられる。エコカー減税・補助金やエコポイント制度により需要が先食いされているため、今回はあまり駆け込みが起こらな

2014年4月21日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年4月21日~) ~米大統領来日で、注目はTPPの進展度合いに~

Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2014年4月21日~)~米大統領来日で、注目はTPPの進展度合いに~発表日:2014年4月21日(月)担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日4月21日(月)4月22日(火)4月23日(水)4月24日(木)国日本欧州米国日本欧州米国他日本欧州米国他日本欧州米国4月25日(金)日本欧州米国4月26日(土)4月27日

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々 ~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国景気、「7.5%前後」へのアプローチは上々~潜在的リスクは多いが、現状は政府が目指す方向に徐々に進んでいる~発表日:2014年4月16日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済を巡ってはシャドーバンキングなどの問題が警戒されるなか、景気減速への懸念もあり、共産党及び政府の動きに注目が集まっている。先月の全人代は「期待はずれ」の内容だった一方、その後は徐々に課題解決に動く

2014年4月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

消費税反動減の途中経過 ~4月前半の落ち込みは想定の範囲内か~

Economic Trends消費税反動減の途中経過経済関連レポート発表日:2014年4月14日(月)~ 4月前半の落ち込みは想定の範囲内か~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)消費税率 8%になって半月が経過した。途中経過でみると、落ち込みは想定の範囲内とみられる。3 月後半から起こった食料品・日用品の駆け込みは、3か月程度は反動減を続けるだろう。乗用車販売の駆け込みは、エコカー減税・補助金のときの販売増に比べて大きくはない。今後、警戒されるのは、経済環

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、輸出入ともに厳しい内容(Asia Weekly (4/7~4/11)) ~中国物価は景気不透明感を反映し、当面低水準での推移が続こう~

1/6ASIA Indicators定例経済指標レポート中国、輸出入ともに厳しい内容(Asia Weekly (4/7~4/11))~中国物価は景気不透明感を反映し、当面低水準での推移が続こう~発表日:2014 年 4 月 11 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日4/7(月)指標、イベントなど結果コンセンサス前回(台湾)3 月消費者物価(前年比)+1.61%+1.00%▲0.05%3 月輸出(前年比)+2.0%+

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

「アジア」にみえる勢いの差とその背景 ~輸出依存度、対外・財政収支構造の差で選別の動きが広まる~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート「アジア」にみえる勢いの差とその背景~輸出依存度、対外・財政収支構造の差で選別の動きが広まる~発表日:2014年4月11日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 世界経済では先進国の景気回復の一方、新興国は一時の勢いを失いつつある。一方、アジアではNIESやASEANの一部など外需依存度の高い国々を中心に景気は勢いを取り戻しつつある。これらの国も昨年半ば以降の国際金融市場の動揺の影

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 離陸待ちが続く

Global Market Outlook離陸待ちが続く2014年4月11日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:19 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金(円)終値13960.0516,170.229,454.546,641.974,413.49前日比-340.07-266.96-51.81

2014年4月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年4月14日~) ~全面リスクオフとは異なる複雑な市場動向~

Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2014年4月14日~)~全面リスクオフとは異なる複雑な市場動向~発表日:2014年4月14日(月)担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日4月14日(月)4月15日(火)4月16日(水)4月17日(木)4月18日(金)4月19日(土)4月20日(日)国指標・イベント日本-欧州 欧鉱工業生産(2月)EU外相理事会米

2014年4月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治要登録

おかえりギリシャ ~4年振りに国債発行を再開~

EU Trendsおかえりギリシャ発表日:2014年4月10日(木)~4年振りに国債発行を再開~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ギリシャは財政支援下に入って初の国債を発行する。昨年はプライマリー・バランスが黒字に転じるなど、当初計画を上回って財政状況が改善。構造改革や銀行再生でも一定の進展がみられ、EUとの間で追加支援の再開でも基本合意に達した。◇ 計画よりも大幅に早く国債発行の再開に漕ぎ着け、このまま定期発行を続けることができれば、財政ギャッ

2014年4月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナ緊張再燃3つのリスク ~クリミアに追随する動きが広がる~

World Trendsウクライナ緊張再燃3つのリスク発表日:2014年4月8日(火)~クリミアに追随する動きが広がる~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ウクライナ東南部の複数の都市で親ロシア派住民による政府機関の閉鎖や住民投票を求めるデモが発生している。ロシア系住民の保護を目的にロシア軍が東南部に侵攻する可能性があるか、緊張が高まっている。だが、さらなる軍事侵攻は欧米諸国による全面的な禁輸措置などに発展する恐れがあり、ロシアにとって経済的な打撃

2014年4月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インドネシア総選挙、今後の行方を展望する ~政権交代含みだが、次期政権の路線や安定性などには不透明さが多い~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートインドネシア総選挙、今後の行方を展望する~政権交代含みだが、次期政権の路線や安定性などには不透明さが多い~発表日:2014年4月8日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) インドネシアでは9日、5年に1度の総選挙が実施される。7月の大統領選の前哨戦の色合いが強く、世論調査ではジョコ・ウィドド氏を大統領候補に据えた闘争民主党が第1党になり、政権交代は不可避とみられる。現野党による善戦

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:3月ユーロ圏消費者物価(速報) ~物価下振れも緩和カードは温存か?~

EU Indicators欧州経済指標コメント:3月ユーロ圏消費者物価(速報)発表日:2014年3月31日(月)~物価下振れも緩和カードは温存か?~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 3月のユーロ圏の消費者物価の速報値(EU統一基準)は前年比+0.5%と前月の同+0.7%から上昇率が一段と鈍化した。ECBが利下げを決断した昨年10月の同+0.7%を下回り、2009年11月(同+0.5%)以来の水準を記録(図表1)。公表済みの内訳は、エネルギー価格が

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

トルコ、統一地方選で与党勝利も景気への不透明感拭えず ~景気の不透明さを抱えるなか、脆弱な対外収支の問題もボトルネックに~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポートトルコ、統一地方選で与党勝利も景気への不透明感拭えず~景気の不透明さを抱えるなか、脆弱な対外収支の問題もボトルネックに~発表日:2014年3月31日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 30日にトルコで統一地方選が実施され、エルドアン首相率いる与党AKPは勝利した。同国では政権の足許を揺さぶる事案が続いたが、AKPは高い得票を維持した模様だ。ただし、強権的な政治手法への批判は内外

2014年4月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 短観弱ければ

Global Market Outlook短観弱ければ2014年3月31日(月)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452316:01 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金(円)終値14827.8316,323.069,587.196,615.584,411.26前日比131.8058.83135.9827.2

2014年3月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 脆弱な耐久財受注 (14年2月耐久財受注・出荷) ~14年前半に機械設備投資は減速~

U.S.Indicators米国 脆弱な脆弱な耐久財受注耐久財受注 (14年2月耐久財受注・出荷月耐久財受注・出荷)・出荷)発表日:20発表日:2012014年3月27日(木日(木)~14年14年前半に前半に機械設備投資は減速機械設備投資は減速~減速~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001耐久財受注出荷受注耐久財在庫耐久財耐久財非国防資本財除く輸送機器非国防資本財除く航空機除く輸送機器非国防資本財除く航空機除く輸送機器除く航空機13/04▲

2014年3月28日第一生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

医療分野における可能性と課題(下編) ~内需縮小の未来に向けた医療ツーリズムの推進~

Economic Trends経済関連レポート医療分野における可能性と課題(下編)発表日:2014年3月27日(木)~内需縮小の未来に向けた医療ツーリズムの推進~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2025 年問題は、これから医療需要が急増する未来図を意識した問題である。しかし、それより将来は高齢者人口すら頭打ちになる。国内の医療産業は、需要の活路を海外からの患者受け入れに求めなくてはいけない時代がいずれ到来すると考える。日本の医療ツーリズムは、医療滞在ビ

2014年3月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査・商業販売統計(2014年2月) ~大雪による下押しもあり、弱めの結果~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査・商業販売統計(2014年2月)発表日:2014年3月28日(金)~大雪による下押しもあり、弱めの結果~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比前月比前年比1月2.41.02月0.81.83月5.21.74月1.5▲ 4.05月▲ 1.60.2▲6月▲ 0

2014年3月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ、先日の利上げを正当化する堅調な景気(Asia Weekly (3/17~3/20)) ~米国の雇用の影響はフィリピンの移民送金にも少なからず影響~

1/3ASIA Indicators定例経済指標レポートNZ、先日の利上げを正当化する堅調な景気(Asia Weekly (3/17~3/20))~米国の雇用の影響はフィリピンの移民送金にも少なからず影響~発表日:2014 年 3 月 20 日(木)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+9.1%+7.1%▲3.3%+5.9%+8.8%+10.1%+3.1%+3.1%+3.3%(台湾)2

2014年3月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

クリミア住民投票後の展開 ~経済戦争を回避できるか、ロシアの次の一手が鍵~

World Trendsクリミア住民投票後の展開発表日:2014年3月17日(月)~経済戦争を回避できるか、ロシアの次の一手が鍵~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 16日に行われたクリミアの住民投票では過半数がロシアへの編入を支持した。クリミアの帰属を巡っては、ロシアがクリミアの独立を承認する一方、ウクライナの暫定政府や欧米諸国が独立を認めないまま、事実上ウクライナから独立した状態でロシア軍による実効支配下に置かれることになろう。ロシア政府は近く

2014年3月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:2月ユーロ圏消費者物価(確報) ~やはり犯人はフランスだった~

EU Indicators欧州経済指標コメント:2月ユーロ圏消費者物価(確報)発表日:2014年3月18日(火)~やはり犯人はフランスだった~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 17日に発表された2月のユーロ圏の消費者物価の確報値は前年比+0.7%と速報値の同+0.8%から下方修正され、昨年10月と並んで今次サイクルで最も低い伸びを記録した。速報値との比較では、エネルギー価格(速報:同▲2.2%→確報:同▲2.3%)とエネルギーを除く財価格(同+0

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook Mrドラギも春を待っている

Global Market OutlookMrドラギも春を待っている2014年3月13日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:48 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値14815.9816,340.089,188.696,620.904,306.26102.61 円1.3936 ㌦0.64

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

雇用統計の摩訶不思議 ~消えた緊急失業給付打ち切りの影響~

US Trends雇用統計の摩訶不思議発表日:2014年3月14日(金)~消えた緊急失業給付打ち切りの影響~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 昨年末に全米で135万人の緊急失業給付(EUC)が打ち切られたが、年明け後の雇用統計にその影響は現れていない。全米に先駆けてEUCが打ち切られたノースカロライナ州では、打ち切り後に労働参加率と失業率が低下している。他方、全米レベルでは、労働参加率と失業率が上昇し、想定されるものと間逆の動きが観察される。◇

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

利上げをする国あれば、利下げをする国あり(Asia Weekly (3/8~3/14)) ~NZは逸早く利上げ、タイは政情不安を考慮し利下げに動く~

1/9ASIA Indicators定例経済指標レポート利上げをする国あれば、利下げをする国あり(Asia Weekly (3/8~3/14))~NZは逸早く利上げ、タイは政情不安を考慮し利下げに動く~発表日:2014 年 3 月 14 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日3/8(土)3/9(日)指標、イベントなど結果コンセンサス前回(中国)2 月輸出(前年比)▲18.1%+7.5%+10.6%2 月輸入(前年比)

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

医療分野における可能性と課題(上編) ~医療費膨張の未来に先手を打て~

Economic Trends経済関連レポート医療分野における可能性と課題(上編)発表日:2014年3月14日(金)~医療費膨張の未来に先手を打て~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)財政問題と労働問題の根っこには共通して、高齢化コストの増嵩がある。高齢化のコストの中で最も難題なのは、今後の医療費の膨張にどうやって歯止めをかけるかということである。間接的効果としては、健康寿命を引き上げるために、そうした分野のサポートビジネスを充実させることが重要である。実

2014年3月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Weekly Market Report(2014年3月17日~) ~プーチンもイエレンも折れない~

Market Watching市場レポートテーマ:Weekly Market Report(2014年3月17日~)~プーチンもイエレンも折れない~発表日:2014年3月17日(月)担当第一生命経済研究所 経済調査部嶌峰 義清 (03-5221-4521)今週のスケジュール今週の経済指標・イベント・注目材料発表日3月17日(月)3月18日(火)3月19日(水)3月20日(木)3月21日(金)3月22日(土)3月23日(日)国指標・イベント日本 月例経済報告欧州 欧消費者物価(2月):確定値米国

2014年3月14日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

パイプラインが止まるとき ~対岸の火事ではないウクライナ情勢~

World Trendsパイプラインが止まるとき発表日:2014年3月12日(水)~対岸の火事ではないウクライナ情勢~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ウクライナの経済規模や同国向け対外与信の大きさに鑑みれば、世界景気や国際金融市場への直接的な影響はそれほど大きくない。だが、万が一、軍事衝突や内戦に発展した場合、ファンダメンタルズが脆弱な近隣の中東欧諸国やトルコに飛び火する恐れがあり、注意が必要だ。◇ さらに潜在的な脅威となるのは、同国を通るロシ

2014年3月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナの運命はいかに ~クリミア住民投票後の対立は不可避~

World Trendsウクライナの運命はいかに発表日:2014年3月10日(月)~クリミア住民投票後の対立は不可避~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ ウクライナのクリミア自治共和国は16日にロシア連邦への編入の是非を問う住民投票を行う。最新の世論調査では編入支持派が過半数に満たないが、住民の約6割をロシア系住民が占め、ロシアへの編入を選択する可能性がある。◇ ウクライナの暫定政府は自治国の住民投票で領土の変更を決定することは憲法上無効との立場を

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 雇用情勢の緩やかな改善傾向を確認(14年2月雇用統計) ~雇用・景気の先行きに対する市場のモヤモヤ感は後退~

U.S.Indicators & Markets米国 雇用情勢の雇用情勢の緩やかな改善傾向改善傾向を傾向を確認(確認(14年2月雇用統計)雇用統計)発表日:201発表日:2014:2014年3月7日(金日(金)~雇用・雇用・景気の景気の先行き先行きに対する市場の市場のモヤモヤ感モヤモヤ感は後退~後退~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001米国雇用動向(The Employment Situation)失 業率 非農業部門 雇用者数製造 業

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

そして何もやらなかった ~ユーロ高定着で追加緩和が必要に~

EU Trendsそして何もやらなかった発表日:2014年3月7日(金)~ユーロ高定着で追加緩和が必要に~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 前回2月の会合で追加情報を待って3月に対応の是非を判断するとしたECBは、6日の理事会で結局、追加利下げもSMPの不胎化中止も見送った。ここ数ヶ月のインフレ率はECBの想定を下回っているが、景気指標が全般に上向いており、この程度の物価の下振れであれば中期的な物価安定を脅かすものではないと判断した。◇ ただ、追

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2013~2015年度日本経済見通し(2013年10-12月期GDP2次速報後改定)

Economic Trendsマクロ経済分析レポート2013~2015年度日本経済見通し(2013年10-12月期GDP2次速報後改定)発表日:2014年3月10日(月)第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 新家 義貴TEL:03-5221-4528日本国内総生産(GDP)成長率2013年度予測実質+2.3% (前回 +2.3%)名目+2.0% (前回 +2.0%)2014年度予測実質+0.9% (前回 +0.9%)名目+2.8% (前回 +2.8%)2015年度予測実質+1.1% (

2014年3月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国の実感に近い景況感はどちら?(Asia Weekly (3/1~3/6)) ~未加工鉱石禁輸の影響でインドネシアは再び貿易赤字に転じる~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート中国の実感に近い景況感はどちら?(Asia Weekly (3/1~3/6))~未加工鉱石禁輸の影響でインドネシアは再び貿易赤字に転じる~発表日:2014 年 3 月 6 日(木)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日3/1(土)指標、イベントなど結果コンセンサス前回(韓国)2 月輸出(前年比)+1.6%+2.9%▲0.2%2 月輸入(前年比)+4.0%+4.6%▲1.

2014年3月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪景気に底打ちの兆候も、準備銀は緩やかな豪ドル安を志向 ~家計の堅調と外需の底入れ期待はあるが、企業部門の足かせは残る見通し~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪景気に底打ちの兆候も、準備銀は緩やかな豪ドル安を志向~家計の堅調と外需の底入れ期待はあるが、企業部門の足かせは残る見通し~発表日:2014年3月5日(水)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済の不透明感が景気の重石になってきた豪州だが、底を脱する兆候が出てきた。10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+3.23%に加速し、鉱業部門などの設備投資鈍化が景気の足かせになったが

2014年3月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

インド景気は依然「底」を抜け出せず ~総選挙を巡る不透明感は残る中、政治動向は経済の命運を握る~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポートインド景気は依然「底」を抜け出せず~総選挙を巡る不透明感は残る中、政治動向は経済の命運を握る~発表日:2014年3月3日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 長期のインフレと金融引き締めに加えて、構造問題に伴う海外資金の流出が景気下振れに繋がったインド経済だが、依然「底」を這う状況にある。10-12月期の実質GDP成長率は前年比+4.7%に減速し、内・外需の鈍化を背景に製造業や鉱

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:1月ユーロ圏、2月ドイツ失業率 ~可もなく不可もなく~

EU Indicators欧州経済指標コメント:1月ユーロ圏、2月ドイツ失業率発表日:2014年2月28日(金)~可もなく不可もなく~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 1月のユーロ圏の失業率(統一基準)は12.0%と前月から不変。昨年4~9月に過去最悪の12.1%を記録した後、10月以降は12.0%で横ばい推移が続いている。前月まで3ヶ月連続で減少していた(累計で▲22万2千人)失業者数は、1月に前月差+1万7千人とやや増加に転じた。雇用情勢の悪

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

米国 勢いを失う耐久財受注 (14年1月耐久財受注・出荷) ~機械設備投資は年初に鈍化~

U.S.Indicators米国 勢いを勢いを失う耐久財受注耐久財受注 (14年1月耐久財受注・出荷月耐久財受注・出荷)・出荷)発表日:20発表日:2012014年2月28日(金)~機械設備投資機械設備投資は設備投資は年初に年初に鈍化~鈍化~第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 桂畑 誠治0303-52215221-5001耐久財受注出荷受注耐久財在庫耐久財耐久財非国防資本財除く輸送機器非国防資本財除く航空機除く輸送機器非国防資本財除く航空機除く輸送機器除く航空機13/04▲0.6▲0

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

1月のアジア輸出は春節の影響が直撃(Asia Weekly (2/24~2/28)) ~先進国の景気回復は外需主導の景気拡大を後押し~

1/5ASIA Indicators定例経済指標レポート1月のアジア輸出は春節の影響が直撃(Asia Weekly (2/24~2/28))~先進国の景気回復は外需主導の景気拡大を後押し~発表日:2014 年 2 月 28 日(金)第一生命経済研究所 経済調査部主任エコノミスト 西濵 徹(03-5221-4522)○経済指標の振り返り発表日指標、イベントなど結果コンセンサス前回+1.4%+1.5%+1.5%(台湾)1 月鉱工業生産(前年比)▲1.78%▲4.50%+5.55%1 月商業売上高(前

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジルは本当に最悪期を過ぎたのか ~外需頼みには限界がある中、先行き不透明な状況は不変~

1/2World Trendsマクロ経済分析レポートブラジルは本当に最悪期を過ぎたのか~外需頼みには限界がある中、先行き不透明な状況は不変~発表日:2014年2月28日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 2013年の経済成長率は前年比+2.3%に加速し、うち10-12月期も前期比年率+2.8%とプラス成長になるなどブラジル景気は底入れしたかに見える。しかし、近年の景気のけん引役であった内需を取り巻く状況は厳しく、先行きも内需が

2014年3月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

Global Market Outlook 設備投資が伸びれば、雇用も伸びるはず

Global Market Outlook設備投資が伸びれば、雇用も伸びるはず2014年2月28日(金)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452313:30 現在<主要株価指数>日経平均株価NYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)<外国為替>※ドル円ユーロドル<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン<商品>NY原油NY金終値14838.4216,272.659,588.336,810.274,396.39101.80 円1.3698

2014年3月3日第一生命保険★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税前の消費分析です。

駆け込み需要が始まった ~資産効果・住宅投資との相乗効果~

Economic Trends経済関連レポート駆け込み需要が始まった発表日:2014年2月28日(金)~資産効果・住宅投資との相乗効果~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2014 年 1 月の消費データでは、耐久消費財などで駆け込み需要が始まっていた。駆け込み買いは、婦人服や住宅設備の維持・修繕も増えていた。株価上昇の資産効果、冬のボーナス増、「寒さ」など気候要因との相乗効果もあるだろう。一方、パソコン・カメラなど教養娯楽用耐久財にはそうした効果が今はみ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ