「節電対応」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

デジタルサイネージの市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングデジタルサイネージの市場動向がまとまりました。• 2010年のデジタルサイネージ国内市場規模は、938億円と推定。• 東日本大震災に伴う電力供給不足と節電対応で、1兆円市場への到達は2016年と予想(1兆2,635億円)。市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都台東区 梅田佳夫社長、以下シード・プランニング)は、デジタルサイネージの市場の現状と今後の方向性について調査をおこない、このほど、その結果をまとめました。

2011年5月27日日経BPフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

震災調査4:急ぐべき課題、建築は被災者支援や節電対応を挙げる

総合トップ建築ニュース震災調査4:急ぐべき課題、建築は被災者支援や節電対応を挙げる 2011/05/26 03:00 震災調査4:急ぐべき課題、建築は被災者支援や節電対応を挙げる 東日本大震災の被害のうち、対策を急ぐべき課題についてアンケートで尋ねた。回答者の専門分野別に集計した結果、全分野共通で「大地震の揺れや大津波に耐える原子力発電所の供給」が上位に入る一方で、建築が被災者支援、土木が津波や液状化の対策、不動産が電力不足への対応、都市計画が地震に強いサプライチェーンを挙げるなど、それぞれに

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ