「米ドル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年9月17日アイティメディア★★フィードバック数:0マーケティング

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない

先日、PayPalによる国内スタートアップ「Paidy」の買収がニュースになったばかりですが、世界各地でFinTechが盛り上がりを見せています。 セネガルを拠点とするFinTech企業のWaveは、シリーズAラウンドで2億米ドルを調達し、アフリカ大陸で5番目のユニコーン企業となりました(うち1社はすでに米国で上場)。現在の評価額は17億米ドルで、アフリカを初のキャッシュレス大陸にするというミッションの下、金融インフラの構築を精力的に行っています。そのわずか2週間前にはナイジェリアのOPayがユ

PwC、年次調査「グローバル エンタテイメント&メディアアウトルック2021-2025」を発表

PwC、年次調査「グローバル エンタテイメント&メディアアウトルック2021-2025」を発表 エンタテイメント&メディア業界の収益はパンデミックによる落ち込みから大きく回復:ストリーミング、ゲーム、ユーザー生成コンテンツへのシフトによる業界の変容 ※以下の内容は、2021年7月12日にPwCが発表したプレスリリースの翻訳です。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。2021年7月12日-世界のエンタテイメント&メディア業界は勢いを取り戻しており、その収益は経済全体を

社外取締役のクライシスに関する意識調査

社外取締役のクライシスに関する意識調査結果を公表 ブックマークが追加されました 社外取締役のクライシスに関する意識調査結果を公表 ブックマークが削除されました 記事タイトル 社外取締役のクライシスに関する意識調査結果を公表 既にブックマークされています 社外取締役のクライシスに関する意識調査結果を公表クライシスの脅威に対する社外取締役の認識と対処への備えに大幅なギャップ デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(デロイト グローバル)は、2016年2月18日、社外取締役のクラ

2015年6月17日アスタミューゼフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「MEMS・マイクロマシン・組込システム」市場

MEMS (Micro Electro Mechanical Systems:微小電気機械システム)は、半導体製造技術やレーザ加工技術など各種の微細加工技術を応用し、微小な機械要素やセンサ、アクチュエータ、電子回路を、概ね1㎝角以下のシリコンやガラス、有機材料などでできた一つの基板上に集積化したデバイスを指す。加速度センサやジャイロセンサなどの各種センサ類、インクジェット・プリンタヘッド、自動車のエアバッグ、プロジェクタなどの調光マイクロミラーデバイスなどに用いられている。1台のスマートフォン

2015年5月24日国際通貨基金フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

巨額な世界のエネルギー補助金-約5兆米ドルの規模

巨額な世界のエネルギー補助金-約5兆米ドルの規模

PwCのレポートです。

2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ

2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ 2020年における資産運用ビジネス‐資産運用業は金融ビジネスの中心へ本コラム“あらたなView”では、さまざまな市場や業種、サービスにおける最新情報について現場のナマの声をお伝えしていきます。今回は、金融業界でも今後ますますの成長が期待される資産運用業界について取り上げます。プライスウォーターハウスクーパースでは2014年、資産運用業界の将来を予測したレポート「アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望」(以下、

2015年4月16日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

牛と畜頭数は史上最低水準(米国)

米国農務省農業マーケティング局(USDA/AMS)が4月13日に公表した「Livestock, Poultry, and Grain Market News」によると、2015年4月5日〜11日の週の牛のと畜頭数は、前年同期比12.7%減の50万2000頭となった。前週よりも4.4%減少し、2015年1月末以降おおむね減少傾向で推移している。この要因として、牛飼養頭数が史上最低水準で推移する中、2011年、2012年の干ばつにより悪化した放牧環境が回復に向かっていることにより、雌牛を保留する牛群

海外派遣者の就労環境に関する新調査報告

インターナショナルSOSは高品質な医療とトラベルセキュリティのアシスタンスサービスを提供いたします。 海外派遣者の就労環境に関する新調査報告を発表: 渡航前の健康と安全への対策が事業成功を後押しマラリア予防対策が、海外派遣者の死亡率を70%まで減少する可能性渡航前の健康診断が、海外派遣者交代の防止につながる渡航前の健康診断への投資が、2.5倍のコスト削減につながるこの度、インターナショナルSOS財団は、コンサルティング企業 Prevent(プリベント)とともに「社員を海外派遣する際に投じる投資

2015年3月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

巨額の米国外企業等のドル建て負債

トップレポート・コラム金融資本市場分析金融・証券市場・資金調達巨額の米国外企業等のドル建て負債 ここから本文です巨額の米国外企業等のドル建て負債返済等の規模が最も大きいのは先進国で2015年、新興国等で2017年サマリー◆米ドルの上昇や年内に実施されると見込まれる米国の利上げを背景として、米国以外の企業や政府(企業等)の米ドル建て負債残高が注目されている。◆米国以外の企業等(銀行を除く)による米ドル建ての負債での資金調達額(シンジケートローンの借入額と債券発行額の合計)は、英国、カナダ、ドイツの

2015年2月26日農畜産業振興機構フィードバック数:0ライフスタイル海外

米国農務省、2015/16年度トウモロコシ等の需給見通しを公表-2015年農業アウトルックフォーラム-

米国農務省、2015/16年度トウモロコシ等の需給見通しを公表−2015年農業アウトルックフォーラム−  米国農務省(USDA)は2015年2月19日、20日に開催した農業アウトルックフォーラムで、2015/16穀物年度(2015年9月〜2016年8月)の穀物需給見通しを公表した。 トウモロコシ生産量は前年を下回るも、過去3番目の豊作見込み  トウモロコシの作付面積は、収益性の高い大豆などへの転作が進むことから3600万ヘクタールと見込まれる。また、単収は1ヘクタール当たり10.6トンと、天候

2015年1月16日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪ドル、米ドルに対して「こう着状態」の様相 ~原油安等で利下げ期待が出る一方、過去の豪ドル安で実体経済に底入れ感~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

PwCのレポートです。

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望 本報告書は、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭などさまざまな世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。今回の分析により、2012年末において約64兆米ドルであった世界の運用資産残高は、2020年までに約102兆米ドルに達するものと見込まれています。また、世界で生じているさまざまな要因をきっかけに、資産運用業は金融ビジネスの中心になることが予想される一

円安になりやすい時間帯は存在するか?(2)-「時間効果」から得られる為替差益を計測する

円安になりやすい時間帯は存在するか?(2)-「時間効果」から得られる為替差益を計測する | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > > 運用手法開発 > 円安になりやすい時間帯は存在するか?(2)-「時間効果」から得られる為替差益を計測する円安になりやすい時間帯は存在するか?(2)-「時間効果」から得られる為替差益を計測する 金融研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター兼任 福本 勇樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!

2014年11月25日POPSUGARフィードバック数:0マーケティング

3割以上がクリスマス商戦“前”から購入し始める

検索3割以上がクリスマス商戦“前”から購入し始める 3割以上がクリスマス商戦“前”から購入し始める~ブラックフライデー開始!クリスマスのファッション購入動向を、米国女性に調査~ メガファッション検索・ショッピングサイトのShopStyle(URL:)を運営するPOPSUGAR Inc.は、米国女性に対して、サンクスギビング(感謝祭)の翌日の「ブラックフライデー」を皮切りに本格的にスタートする今年のクリスマス・ホリデー商戦における「ファッションアイテムの購入動向」について調査を実施し、次の結果を

2014年11月21日BBブリッジフィードバック数:0ライフスタイル

遺伝子医薬品・細胞医薬品の開発動向と市場展望に関する調査

[] メディカル・ライフサイエンス分野のリサーチ・コンサルティングを専門に行う株式会社BBブリッジ(東京都港区、代表取締役 番場聖)では、2014年11月25日の薬事法改正によって開発増加・市場拡大が期待されている遺伝子医薬品(※1)および細胞医薬品(※2)について、世界の研究開発動向や市場展望、実用化への課題について調査・分析を行い、その結果を発表しました。調査結果のポイントは以下の通りです。1.遺伝子医薬品・細胞医薬品はがん領域を中心に開発が進んでいる遺伝子医薬品や細胞医薬品は従来の治療薬に

円安になりやすい時間帯は存在するか?-米ドル/円の「時間効果」を計測してみる

円安になりやすい時間帯は存在するか?-米ドル/円の「時間効果」を計測してみる | ニッセイ基礎研究所 シンクタンクならニッセイ基礎研究所 > > 運用手法開発 > 円安になりやすい時間帯は存在するか?-米ドル/円の「時間効果」を計測してみる円安になりやすい時間帯は存在するか?-米ドル/円の「時間効果」を計測してみる 金融研究部 上席研究員・年金総合リサーチセンター兼任 福本 勇樹基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知

2014年11月14日経済協力開発機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

OECD科学技術産業アウトルック2014年版

科学技術の支出において、中国が、日本・EU・アメリカを追い越す見込み2014年11月12日, パリ日本、EU、アメリカにおけるR&D予算が減少していることから、これらの国における科学技術研究、特許申請、科学的な出版物に対するプライオリティが低くなってきていることが窺えます。その一方でOECD最新報告書によると、中国はR&D支出において2019年頃には日米EUなどを追い抜き世界トップになることが予測されています。OECD科学技術産業アウトルック2014年版によると、ほとんどのOECD加盟国政府や企

2014年11月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

豪州 雇用に底入れ感も本格回復はまだ先 ~「米ドル高」が意識される中での豪ドル相場を展望~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2014年10月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

取り巻く環境が激変したオセアニア通貨の今後 ~対米ドルでは急落したが、対円では米ドル/日本円の動向次第は変わらず~

取り巻く環境が激変したオセアニア通貨の今後 ~対米ドルでは急落したが、対円では米ドル/日本円の動向次第は変わらず~

2014年10月24日POPSUGARフィードバック数:0ライフスタイル

「ファッションアイテム(衣服、シューズ、服飾雑貨)の購入費用」について調査

7割の女性が、年間約3万円以上の衣服を購入~ファッションアイテムの購入動向を、米国女性に調査~ 7割の女性が、年間約3万円以上の衣服を購入 メガファッション検索・ショッピングサイトのShopStyle(URL:)を運営するPOPSUGAR Inc.は、米国女性に対して「ファッションアイテム(衣服、シューズ、服飾雑貨)の購入費用」について調査を実施し、次の回答を得ることができましたのでお知らせします。【1】70%が年間に総額300米ドル(約3万円)以上を衣服の購入に費やすQ:1年間にいくらファッ

原油価格下げ止まりに向けた材料とは?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年10月17日世界景気の先行き不透明感の強まりなどを受けて、足元で原油価格は、一時1バレル=80米ドル近辺となるなど大きく下落しており、今後の動向への関心が高まっています。この原油価格下落の背景は、8月以降、①OPEC(石油輸出国機構)が、原油の需要見通しを下方修正する一方、減産姿勢をとらなかったため、需給悪化が懸念されたこと、②原油は主に米ドル建てで取引されることから、米国での利上げの前倒し観測の強まりによる米ドル高の急速な進行が

『米ドル高・円安』は続くのか?

『米ドル高・円安』は続くのか?

日米の金融政策の違いを背景に上昇基調となった米ドル

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年9月5日日米の金融政策の違いを背景に上昇基調となった米ドル 8月下旬以降、米ドルは円に対して上昇基調となり、足元では105円台となるなど、円安・米ドル高が進んでいます。その背景には、日米の景気動向を背景とした、金融政策の違いがあるとみられます。米国の2014年4-6月期のGDP成長率は前期比でプラス4.2%(年率)となり、個人消費や住宅投資などの回復傾向が示されました。また、7月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が、6ヵ月連続で

2014年9月4日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

豪景気減速も拡大基調は不変の様相 ~金融政策は当面変わらず、豪ドルの対円相場は米ドル/日本円の動向如何~

豪景気減速も拡大基調は不変の様相 ~金融政策は当面変わらず、豪ドルの対円相場は米ドル/日本円の動向如何~

2014年8月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

オージー高とキウィ安の背景と見通し ~豪ドル/日本円相場は米ドル/日本円相場の動向如何~

オージー高とキウィ安の背景と見通し ~豪ドル/日本円相場は米ドル/日本円相場の動向如何~

米国の2014年4-6月期GDPと金融政策

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年7月31日米国では30日、予想を上回る4-6月期GDP(速報値)が発表されたほか、FRB(連邦準備制度理事会)が物価に対する判断をやや引き上げたことなどが明らかになりました。これらを受け、同国での利上げ開始の前倒しの可能性が市場の一部で懸念されたことなどから、10年国債利回りが上昇した(2.46%→2.55%)ものの、株価は小動きとなりました(ニューヨーク・ダウ工業株30種:前日比▲0.19%、S&P500指数:+0.01%)。ま

資産運用業界の2020年の予測です。

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望

アセットマネジメント2020 資産運用業界の展望 本報告書は、資産運用業界に対するPwCの知見に基づき、新たな金融規制、人口動態の変化、ソーシャルメディアの台頭などさまざまな世界情勢を分析して、資産運用業界の2020年の展望を予測しています。今回の分析により、2012年末において約64兆米ドルであった世界の運用資産残高は、2020年までに約102兆米ドルに達するものと見込まれています。また、世界で生じているさまざまな要因をきっかけに、資産運用業は金融ビジネスの中心になることが予想される一

2014年7月4日フロスト&サリバンフィードバック数:0ライフスタイル海外

インドネシアのヘルスケア市場、2018年までにアジア太平洋地域内で有望な市場へと成長

[] インドネシアにおける人口1人あたりの医療費は、2012年から2018年にかけて年平均成長率(CAGR)13.8%で成長し、2012年の109米ドルから2018年には237米ドルに上昇する見込みである。「2億4700万の人口を持つインドネシアのヘルスケア市場は、海外投資やヘルスケアサービスの普及などの様々な背景によって、外国企業の進出において最も有望な市場の一つである」と、フロスト&サリバンのヘルスケア部門シニアバイスプレジデントであるレヌー・ブラーは述べる。インドネシアのヘルスケア市場にお

2015年に生産高100億米ドルを目指す、台湾の工作機械産業

2015年に生産高100億米ドルを目指す、台湾の工作機械産業 Y'sの業界レポート2015年に生産高100億米ドルを目指す、台湾の工作機械産業記事番号:T00015365以下は2009年5月に公開した「台湾の工作機械産業」を編集したものです。 「機械を作る機械」「機械の母(マザーマシン)」と呼ばれる工作機械。その産業の規模は、工業国としての成熟度をよく表している。Gardner Publications, Inc.によると、2008年における台湾の生産金額は世界第5位と、日本やドイツに大きく

2013年7月17日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

QFIIの投資上限を1,500億米ドルに引き上げへ

トップレポート・コラム経済分析中国QFIIの投資上限を1,500億米ドルに引き上げへ ここから本文ですQFIIの投資上限を1,500億米ドルに引き上げへIPO再開に向けた布石かサマリー◆中国証券監督管理委員会(CSRC)、中国人民銀行、国家外貨管理局は2013年7月12日に、QFIIの投資認可額上限を従来の800億米ドルから1,500億米ドルに引き上げると発表した。現在、香港のみに認められているRQFIIについては、テスト地域として台湾、シンガポール、ロンドンを加える方針も発表している。◆CSR

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ