「紙おむつ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年10月15日大王製紙フィードバック数:0ライフスタイル

おむつ替え実態調査

0歳〜2歳の赤ちゃんの新米ママ・新米パパ300人、プレママ・プレパパ200人に聞く、「おむつ替え実態調査」新米ママ・パパの約8割が思っている「赤ちゃんの肌は水分を多く含んでいる」…それって本当? おむつかぶれしないように意識しておむつを選んでいるのに、赤ちゃんの約8割がおむつかぶれを起こしている通気性だけでなく、保湿を重視した低刺激なおむつ選びが、おむつかぶれ対策の新常識にエリエールブランドを展開する大王製紙株式会社(住所:東京都千代田区)は、0歳〜2歳の赤ちゃんの新米ママ・新米パパ300人と、

2019年4月4日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

平成振り返り企画第2弾 売り上げデータから分析売り上げ逆転劇 カレー、魚缶詰、一般用医薬品、紙おむつ、洗濯洗剤

ホーム生活者を知る【平成振り返り企画第2弾】売り上げ逆転劇カレー、魚缶詰、一般用医薬品、紙おむつ、洗濯洗剤 ~売り上げデータから分析~ 【平成振り返り企画第2弾】売り上げ逆転劇カレー、魚缶詰、一般用医薬品、紙おむつ、洗濯洗剤 ~売り上げデータから分析~ 4月に幕を閉じる「平成」の間に、生活者のライフスタイルがどのように変化したのかを、自社で蓄積してきたデータを駆使して分析します。 第2弾は、全国の店舗より継続的に日々の販売情報を収集しているSRI®(全国小売店パネル調査)とSDI®(全国一般用

2014年6月18日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

介護福祉用具用品市場に関する調査結果 2014

調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の福祉用具・介護用品市場の調査を実施した。1.調査期間:2013年9月~2014年5月2.調査対象:国内の福祉用具・介護用品の製造・販売企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談およびアンケート方式による調査、文献、その他の情報収集併用<介護福祉用具用品とは>本調査における介護福祉用具用品とは、在宅や高齢者施設、介護療養型病院など医療機関で利用される福祉用具・介護用品を指し、同市場規模は在宅用介護ベッド、エアマット・体圧分散マット、車いす・電

2013年11月7日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

『排泄ケア』についてアンケート調査

ニュースリリース2013年11月7日介護者は「トイレで排泄させてあげたい」が%と高いが、体の状態を少しでも維持するトイレ排泄が大切! ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、大人用紙おむつ市場を牽引するメーカーとしてご本人とその介護者をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。月日“介護の日※1”に先がけ、3大介護の中でも最も負担となる『排泄ケア』について、アンケート調査を行いましたので、ご報告します。※1 厚生労働省が高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民

第37回 台風の季節、備えは万全ですか? 2001.08.30~2001.09.05

●分析いよいよ9月。台風の季節、備えは万全ですか? と題した第37回目の投票。有効回答数は144票でした。新しく会員になられた方、また今回もご協力いただいた方、皆さままことにありがとうございます。暑さ厳しい夏も終わり、さわやかな初秋の訪れ…。しかし毎年心配なのが台風です。天災は忘れた頃にやって来るの教えの通り、自然の力を侮らず災害についてもきちんと考えておきたいもの。でもつい忘れて…という方もいらっしゃることでしょう。そこで今回のゴーゴーリサーチは、チェックしながら災害準備もできる“お役立ちアン

購買理由レポートです。

子供用紙おむつの購買理由

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 「〜子供用紙おむつの購買理由〜売れ筋5ブランドで全体の89.0%を占める!「同じブランドをいつも購入」が56.5%!」をリリース致しました。 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 「〜子供用紙おむつの購買理由〜売れ筋5ブランドで全体の89.0%を占める!「同じブランドをいつも購入」が56.5%!」をリリース致しました。2013年06

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

お知らせ