「経営幹部」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年12月30日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

AI: Built to Scale(ビジネス全体でAIを活用する)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――77%の日本企業が、人工知能をビジネス全体で活用しなければ著しい業績低下の可能性があると認識 アクセンチュア最新調査――77%の日本企業が、人工知能をビジネス全体で活用しなければ著しい

2018年2月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要 アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要2018/0

デロイト調査:日本企業の第四次産業革命への準備の遅れが明らかに

デロイト調査:日本企業の第四次産業革命への準備の遅れが明らかに 第四次産業革命への日本企業の期待は高いが、その機会活用に「大変自信がある」は、わずか3%(全世界:14%)。商品開発には意欲的も、市場変革・開拓への意識が乏しい。 2018年1月25日デロイト トーマツ グループ(以下、デロイト トーマツ)は、デロイトグローバルが実施した「第四次産業革命への対応準備調査」について、日本企業の調査結果を発表します。 世界経済フォーラムの年次総会である「ダボス会議」でも2016年以降毎年主要なテー

2017年8月4日アクセンチュアフィードバック数:0大型消費/投資

バンキング テクノロジービジョン2017

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 銀行の経営幹部は、AI活用が、銀行の情報収集と顧客とのコミュニケーションに変革をもたらすと予想――アクセンチュア調査レポート「バンキング テクノロジービジョン2017」 銀行の経営幹部は、AI活用が、銀行の情報

2017年7月5日マーサー ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2017年グローバル人材動向調査(GLOBAL TALENT TRENDS STUDY)

マーサー 「2017年グローバル人材動向調査(GLOBAL TALENT TRENDS STUDY)」を発表 2017年6月26日ニューヨーク, 東京世界各地の経営幹部や人事リーダー、その他従業員の3者の見解には乖離がみられる日本企業の大多数(88%)が「今後2年間で組織の再設計を計画している」と変革への大きな目標を掲げているが、調査に参加した経営陣全てが、自社が"変化への機敏性"を備えていないと認識デジタル時代における競争に勝ち抜くための、組織再設計計画の戦略検討プロセスに、人事が効果的に巻き

2016年3月9日アバナードフィードバック数:0ビジネス

Global Study on Smart Technologies and Digital Ethics in the Workplace

グローバル調査:「スマートテクノロジー」が収益、カスタマーエ... グローバル調査:「スマートテクノロジー」が収益、カスタマーエクスペリエンス、従業員満足度の向上に大きく貢献ビジネスのデジタル化に伴い、新たな役割や役職の設置、研修の機会が発生する。経営幹部は「スマートテクノロジー」のさらなる活用に伴い、新たな倫理課題への取り組みが必要となると予測。 アバナード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:安間 裕、以下アバナード)は3月3日(木)に、機械学習や人工知能、IoTを含むスマートテクノ

2015年1月5日アバナードフィードバック数:0企業情報システム

ハイブリッドクラウドへの移行に関する意識調査

グローバル調査:ハイブリッドクラウドがより現実的な選択肢に、... グローバル調査:ハイブリッドクラウドがより現実的な選択肢に、 3年以内に導入への転換期が到来ハイブリッドクラウドに関する理解はまだ浅いものの導入における障害を克服しようという意志は経営幹部層において非常に強いことが判明 ビジネス・テクノロジー・ソリューションおよびマネージドサービスプロバイダであるアバナード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安間 裕、以下アバナード)は米国時間12月3日(水)にハイブリッドクラウド

2014年9月16日アクセンチュア★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュアの調査です。

「ビッグデータの活用成功事例」調査

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――企業は、ビッグデータがもたらす効果に満足しているとともに、デジタルを梃子にした変革に向けた重要性を認識している アクセンチュア最新調査――企業は、ビッグデータがもたらす効果に満足してい

2011年8月23日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

平均年収1000万円強のビジネスパーソンの約8割が「社長・役員になりたい」

転職サイト ビズリーチ > 平均年収1000万円強のビジネスパーソンの約8割が「社長・役員になりたい」 平均年収1000万円強のビジネスパーソンの約8割が「社長・役員になりたい」 平均年収1000万円強のビジネスパーソン調査飽くなき出世欲! 約8割が「社長・役員になりたい」 63%が「社長公募に賛成」~経営のプロの手本ベスト3~1位 孫正義氏、2位 松下幸之助氏、3位 カルロス・ゴーン氏 日本最大級 の年収1000万円以上の転職サイト「ビズリーチ」()を運営し、「社長・経営幹部登用サービス」(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ