「経常利益」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年8月7日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

10年間で売上高最大も利益面のピークアウト鮮明 2019年3月期決算上場ゼネコン57社 業績動向調査

10年間で売上高最大も利益面のピークアウト鮮明 2019年3月期決算上場ゼネコン57社 業績動向調査 公開日付:2019.08.02 上場ゼネコン57社の単体決算の2019年3月期の売上高合計は12兆8,148億円(前年比6.0%増)で、2009年以降の10年間で最高を記録した。伸び率も2014年(同7.4%増)に次ぐ、2番目の高水準だった。公共事業に加え、都市部の大型再開発や商業施設など民需も活発で、佳境を迎えている東京五輪・パラリンピック関連の工事も寄与した。一方、利益面は高水準を維持したも

2016年7月8日東洋経済新報社フィードバック数:0ビジネス

「この5年でガッツリ稼いだ会社」ランキング

「この5年でガッツリ稼いだ会社」ランキングトップ3はNTT、NTTドコモ、JR東海 NTTグループ中核のドコモは毎年巨額のキャッシュを稼いでいる(撮影:梅谷秀司) 「稼ぐ力」を測る指標はさまざまなものがある。その中でも会社が「自由に使える現金をどれだけ稼いだか」を表したものがフリーキャッシュフロー(CF)だ。フリーCFは、通常の営業活動から生じた現金収支を表す営業CFと、資産の取得や売却によって生じた現金収支である投資CFを足すことで算出する。経常利益や純利益といった損益計算書(PL)の利益

2015年6月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1-3月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本1-3月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です1-3月期法人企業統計と二次QE予測製造業での経常利益の増加傾向が一服/二次QEは上方修正を予測サマリー◆2015年1-3月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+0.4%と、13四半期連続の増益となったものの、増益幅は前四半期(同+11.6%)から縮小した。売上高については前年比▲0.5%と7四半期ぶりの減収となった。原油安を主因とした変動費率の低下が増益幅拡大の要因となったが、賃上げによる人件

同友会景況調査「DOR」111号

【15.04.30】同友会景況調査「DOR」111号を発行しました DORは1990年1~3月期に第1号発行以来22年を経て、2012年4~6月期で100号を迎えました。この調査は、中小企業家自身による自主的な独自調査として、会内、マスコミ、官庁、研究機関から高く評価されています。また会員企業の景気見通しなど、経営戦略に活用しているとの声も多く聞かれます。このたびDOR111号(2015年1~3月期)を発行しました。調査概要は下記の通りです。4期連続マイナスで景気停滞、二極化さらに鮮明に 201

2015年3月29日中小企業庁フィードバック数:0社会/政治

平成26年中小企業実態基本調査(平成25年度決算実績)速報

平成26年中小企業実態基本調査(平成25年度決算実績)速報を公表します中小企業庁は、「平成26年中小企業実態基本調査(平成25年度決算実績)」を取りまとめましたので公表します。 速報のポイント中小企業の従業者数は2,782万人(対前年調査比▲5.4%減)、売上高は504兆円(同9.9%増)、経常利益は17兆8,293億円(同18.2%増)。従業者数の産業大分類別対前年調査比は、すべての産業で減少、小売業(▲0.8%減)、生活関連サービス業,娯楽業(▲1.9%減)、製造業(▲2.5%減)などで減

2015年2月4日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

コーポレートガバナンス強化の要と捉える役員報酬改革

トップレポート・コラムコンサルティングレポート株式報酬コーポレートガバナンス強化の要と捉える役員報酬改革 ここから本文ですコーポレートガバナンス強化の要と捉える役員報酬改革本レポートは、2014年8月20日に筆者が執筆したレポート「有価証券報告書から読み解く役員報酬制度の今後の方向性」の続編であり、上場企業が有価証券報告書で公開した役員報酬の内訳に関する独自の調査結果を用いながら、役員退職慰労金制度の廃止が進み、その代替として株式報酬型ストックオプション制度(以下「1円SO制度」)を導入する企業

2014年3月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計季報(2013年10-12月期) ~期待に応えた経常利益・期待外れの設備投資

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年7月15日東洋経済新報社★フィードバック数:17ビジネス

ガンホーがトップです。

「今期経常増益率ランキング」トップ200

「今期経常増益率ランキング」トップ200今期大きく利益成長が見込まれるのはどこ? 増益率トップとなったソフトバンクグループのガンホー、パズドラが大ヒット中だ(撮影:今井康一) 6月13日に終値ベースで1万2500円を割り込んだ日経平均株価は、その後、持ち直し1万4000円を回復している。急落時にはがはやされたが、今後は好業績が期待される銘柄にも注目が集まりそうだ。そこで、今回は今期の増益が見込まれる銘柄から、経常増益率の高い順にランキングした。営業利益から、利払いなどの金融収支、為替差損益、一

2013年6月25日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

2013年6月の日銀短観予測 ~企業マインド、経常利益計画は改善へ~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年6月14日日経BPフィードバック数:1企業情報システム

シンプル指標で短納期を実現、エーワン精密に学ぶIT活用の要諦

Activeトップノーク岩上の調査データに見る賢いIT選び第19回:シンプル指標で短納期を実現、エーワン精密に学ぶIT活用の要諦 第19回:シンプル指標で短納期を実現、エーワン精密に学ぶIT活用の要諦 岩上 由高=ノークリサーチ シニアアナリスト アベノミクスがもたらした円安や株高によって、大企業を中心に景気回復への期待が徐々に高まりつつある。だが、中小企業の設備投資では依然として慎重な姿勢が見られ、多くの一般消費者も所得の改善をまだ実感できていないのが現状だ。 本業が厳しい一方、為替や株価

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

特集データ

お知らせ