調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 経常利益計画

「経常利益計画」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

6月日銀短観 大企業を中心に業況感が堅調に改善、設備投資も大きく上方修正

トップレポート・コラム経済分析日本6月日銀短観 ここから本文です6月日銀短観大企業を中心に業況感が堅調に改善、設備投資も大きく上方修正サマリー◆日銀短観(2015年6月調査)は、製造業と非製造業のいずれも大企業を中心に業況感が堅調に改善していることを示す内容となった。加えて、2015年度の設備投資計画が大きく上方修正されるなど、企業の投資意欲が高まっている点も注目される。◆大企業製造業の「業況判断DI(最近)」は+15%ptと前回(+12%pt)から改善し、市場コンセンサス(+12%pt)も上回

2015年4月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年3月日銀短観

トップレポート・コラム経済分析日本3月日銀短観 ここから本文です3月日銀短観企業の業況感は非製造業で改善、先行きは慎重サマリー◆日銀短観(2015年3月調査)は、総じてみると、これまで足踏み状態にあった企業の業況感が改善に転じていることを確認させる内容であった。この背景として、2014年4月の消費税引き上げ後に低迷していた個人消費が緩やかな増加基調に転じたことなどが挙げられる。先行きについては、大企業と中小企業のいずれも悪化を見込んでおり、企業は今後の経営環境について引き続き慎重にみているようだ

2014年12月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月日銀短観

トップレポート・コラム経済分析日本12月日銀短観 ここから本文です12月日銀短観企業の業況感は足踏み状態、先行きも慎重な見方サマリー◆日銀短観(2014年12月調査)は、景気回復の遅れを反映して、企業の業況感が足踏み状態にあることを再確認させる内容であった。先行きについては、大企業と中小企業のいずれも悪化を見込んでおり、企業は今後の経営環境について慎重にみているようだ。◆大企業製造業の「業況判断DI(最近)」は+12%ptと前回(+13%pt)から悪化し、市場コンセンサス(+13%pt)を小幅に

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ