調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 経済学部教授

「経済学部教授」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月26日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

Works Index 2015 ―日本の働き方の定点観測―

人と組織の「新しいコンセプト」を提起するリクルートワークス研究所全国就業実態パネル調査全国の就業・非就業の実態を把握するための全国就業実態パネル調査を設計しました。毎年1月に同一個人に対して継続した調査を実施していきます。リクルートワークス研究所は、有識者で組織化した調査設計委員会と協議しながら、全国の就業・非就業の実態と変化を把握するための、全国就業実態パネル調査を立ち上げました。毎年1月に同一個人に対して継続した調査を実施していきます。また、調査データを活用し、日本の働き方を5つの側面から可

日本労働研究雑誌 2015年6月号(No.659)

提言西村 周三(医療経済研究機構所長)解題編集委員会論文駒村 康平(慶應義塾大学経済学部教授)丸山 桂(成蹊大学経済学部教授)田極 春美(三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員)金 明中(ニッセイ基礎研究所生活研究部准主任研究員)衣笠 葉子(近畿大学法学部教授)紹介島崎 謙治(政策研究大学院大学教授)論文金井 郁(埼玉大学経済学部准教授)泉田 信行(国立社会保障・人口問題研究所社会保障応用分析研究部長)労働政策の展望荒木 尚志(東京大学大学院法学政治学研究科教授)論文(投稿)孫 亜文(一

資本市場の変貌と証券ビジネス

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。経済一般書資本市場の変貌と証券ビジネス 「証券経営研究会」は、わが国における証券経営の将来の方向性を検討するという実践的な課題を掲げ、大学や証券会社系研究所の研究者の参加も得て活動を行っている。本書は、資本市場の変貌、金融規制改革の動向及び証券経営をめぐる変化が急激かつ広範囲にわたる一方で、それらを包括的かつ体系的に、分析の俎上に載せるのは困難であったことから、執筆者それぞれが関心の強いテーマについて原

日本労働研究雑誌 2015年2・3月号(No.656)

提言三谷 直紀(岡山商科大学経済学部教授)小野 浩(一橋大学大学院国際企業戦略研究科教授)酒井 正(法政大学経済学部教授)勇上 和史(神戸大学大学院経済学研究科准教授)横山 泉(一橋大学大学院経済学研究科講師)論文(投稿)小川 一夫(大阪大学社会経済研究所教授)外舘 光則(元千葉商科大学非常勤講師)労働政策の展望袖井 孝子(お茶の水女子大学名誉教授)書評鈴木 良始(同志社大学商学部教授)佐々木 勝(大阪大学大学院経済学研究科教授)白木 三秀(早稲田大学政治経済学術院教授)祐成 保志(東京大学大学

2014年10月22日経済産業研究所★フィードバック数:0社会/政治

生産性データです。

JIPデータベース2014

データ・統計JIPデータベース2014日本産業生産性(JIP)データベース2014について経済産業研究所(RIETI)の「産業・企業生産性向上」プログラムの「東アジア産業生産性」プロジェクトでは一橋大学経済研究所と協力して、日本 の経済成長と産業構造変化を分析するための基礎資料である、日本産業生産性データベース(Japan Industrial Productivity Database、以下ではJIPと略記)の改訂と更新を進めてきた。今回このウェブ・ページで公開するのは、JIP 2014(20

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ