「経済指標」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月29日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

平成26年の九州経済の動向(リサーチ九州)

平成26年の九州経済の動向(リサーチ九州)を作成しました 九州経済産業局総務企画部調査課では、このたび、日頃取り扱っている九州経済に関する主要な調査統計データ・指標等を年間記録として整理・分析し「リサーチ九州」として取りまとめました。平成26年の九州経済は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要やその反動減、原油価格等の高騰等による物価上昇等が消費行動や企業の生産活動などに大きく影響を与えました。しかしながら、円安や株価上昇、景気回復への期待感などにより徐々に消費マインドが持ち直すなど、緩やかな持ち直

2015年6月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2015年6月29日~7月3日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2015年6月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2015年6月22日~6月26日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2015年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/5/23~6/16発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(5/23~6/16発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(5/23~6/16発表統計分)サマリー◆2015年4月の企業関連の指標は、良好な内容であった。鉱工業生産指数は前月比+1.2%と3ヶ月ぶりに増加した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲1.0%と2ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比+3.8%と増加した。◆2015年4月の家計関連の指標を見ると、個人消費は低調な動きを示し、雇用環境に関して

米国・欧州主要国の景気概況(2015年5月)

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グロ

2015年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2015年5月18日~5月22日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2015年5月6日農林中金総合研究所フィードバック数:0社会/政治

冴えない経済指標が続き 利上げ先送り観測強まる

冴えない経済指標が続き 利上げ先送り観測強まる

2015年5月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2015年5月4日~5月8日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2015年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2015/3/17~4/21発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(3/17~4/21発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(3/17~4/21発表統計分)サマリー◆2015年2月の企業関連の指標は、春節の影響もあり持ち直しの動きに足踏みが見られる内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲3.1%と3ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲7.8%と3ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比▲0.4%と2ヶ月連続で減少した。◆2015年2月の家

2015年4月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号)

膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号) | ニッセイ基礎研究所 膠着の今、ドル円レートを再点検~金融市場の動き(4月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円は、3月上旬に一時122円を突破した後に下落し、膠着状態が続いている。一番の原因は利上げに慎重なスタンスが目立った3月FOMCによって

2015年3月19日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

中東欧、ロシア、CIS諸国の主要経済指標(2015年3月)

中東欧、ロシア、CIS諸国の主要経済指標(2015年3月)

2015年2月1日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済指標と景気の実感

経済指標と景気の実感

2015年1月26日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2015年1月26日~1月30日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2015年1月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/12/17~2015/1/20発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(12/17~1/20発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(12/17~1/20発表統計分)サマリー◆11月の企業関連の指標は、足踏みの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比▲0.5%と3ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲1.4%と低下した。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比1.3%と2ヶ月ぶりに増加した。◆11月の家計関連の指標を見ると、個人消費では反動減から緩やかに回復して

2015年1月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2015年1月19日~1月23日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

滋賀県・全国の主要経済指標 2014年12月

滋賀県・全国の主要経済指標 2014年12月

2014年12月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年12月29日~1月9日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2014年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/11/20~12/16発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(11/20~12/16発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(11/20~12/16発表統計分)サマリー◆10月の企業関連の指標は、持ち直しの動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は前月比+0.4%と2ヶ月連続で上昇した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比+2.3%と上昇した。機械受注(船舶・電力を除く民需、季節調整値)は、前月比▲6.4%と5ヶ月ぶりに減少した。◆10月の家計関連の指標を見ると、個人消費では反動減から緩やかに

2014年12月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年12月1日~12月5日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2014年10月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 近づく政策変更の節目

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 近づく政策変更の節目悪天候後の回復過程の裏と金融市場の動揺が実態を見えにくく 2014年10月21日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆雇用者数が順調に増加しているが、労働市場の質的側面の改善は遅々としている。個人消費に減速懸念はあるが底堅く、住宅市場もまた底堅い。内需に支えられた企業活動がより活発化すれば、経済の好循環が進展することが期待されよう。◆金融市場

米国・欧州主要国の景気概況(2014年10月)

閉じる経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グロ

米国・欧州主要国の景気概況(2014年9月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

米国・欧州主要国の景気概況(2014年8月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年7月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(6/18~7/22発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(6/18~7/22発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(6/18~7/22発表統計分)サマリー◆5月の企業関連の指標は、弱い動きを示す内容であった。鉱工業生産指数は(季節調整値)は前月比+0.7%と、2ヶ月ぶりに上昇したものの、4月の落ち込みと比べると上昇幅は小さい。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は前月比▲2.1%と低下し、機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比▲19.5%と過去最大の減少幅を記録した。5月の指

2014年7月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

期待外れの米経済指標とベージュブックをどう読むか

期待外れの米経済指標とベージュブックをどう読むか

2014年7月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年7月21日~7月25日)」

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

米国・欧州主要国の景気概況(2014年7月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年6月30日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年6月30日~7月4日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2014年6月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(5/20~6/17発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(5/20~6/17発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(5/20~6/17発表統計分)サマリー◆4月の企業関連の指標は、消費税増税による駆け込み需要や前月の大型受注の反動などから、一時的な落ち込みが見られた。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比▲2.8%と駆け込み需要の反動で2ヶ月ぶりに低下した。輸出数量指数(大和総研による季節調整値)は同+1.6%と2ヶ月ぶりの上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月の大型

中国経済:2014年5月の主な経済指標の動き

中国経済:2014年5月の主な経済指標の動き | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2014年5月の主な経済指標の動き 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 中国では、税関総署が6月8日に貿易統計を発表、国家統計局が10日に消費者物価を、13日に工業生産、小売売上高、固定資産投資を発表し、5月の主要な経済指標が出揃った。○ 5月の

米国・欧州主要国の景気概況(2014年6月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年6月10日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年6月9日~6月13日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 悪天候からの回復に格差

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 悪天候からの回復に格差 ここから本文です米国経済見通し 悪天候からの回復に格差2015年以降の不透明な政策要因が見通せるには時間がかかるサマリー◆足下の経済指標は、住宅着工や耐久財受注など悪天候の反動で押し上げられたものもあれば、小売売上高や鉱工業生産のように反動増が一服したものもあった。他にも、引き続き軟調な住宅販売など、経済指標の回復は一様ではない。◆しかし、雇用の量的改善は続いており、個人消費も増加傾向にある。軟調な住宅市場にも緩やかな改善

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2014/4/19~5/19発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(4/19~5/19発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(4/19~5/19発表統計分)サマリー◆3月の企業関連の指標は、消費税増税後の極端な下振れが回避されることを示唆する内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+0.7%と2ヶ月ぶりの上昇となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は同▲3.6%と2ヶ月ぶりの低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、同+19.1%と2ヶ月ぶりに増加した。製造工業生産

中国経済:4月の経済指標~失速懸念は薄れるも、上向く確証は得られず

中国経済:4月の経済指標~失速懸念は薄れるも、上向く確証は得られず | ニッセイ基礎研究所 中国経済:4月の経済指標~失速懸念は薄れるも、上向く確証は得られず 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 中国では、税関総署が5月8日に貿易統計を発表、国家統計局が9日に消費者物価を、13日に工業生産、小売売上高、固定資産投資を発表し、

米国・欧州主要国の景気概況(2014年5月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(3/19~4/18発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(3/19~4/18発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(3/19~4/18発表統計分)サマリー◆2月の企業関連の指標は、改善基調が続く中で、大雪の影響もあり一時的に弱含んだ。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比▲2.3%と6ヶ月ぶりの低下となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は同+2.9%と3ヶ月ぶりの上昇となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、同▲8.8%と2ヶ月ぶりに減少した。企業関連の指標の先行きは、

米国・欧州主要国の景気概況(2014年4月)

経営戦略経営戦略三菱UFJフィナンシャル・グループ一体となっての顧客支援も含めて、他社にはない独自の総合ソリューションをご提供致します。 業務改革・ICT・ESG業務改革・ICT・ESG業務改革からのシステム導入、さらには業務・システム両面の統制活動という一連のプロセスにおける全ての行程でご支援いたします。 組織・人事戦略・人材育成組織・人事戦略・人材育成専門的かつ幅広い知見をもとに重要課題を解決するとともに、戦略から制度・運用まで様々な価値を提供し、お客様の成長・発展を支援します。 グローバル

中国の景気対策とリスク資産見直しの動き

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年4月4日中国では、企業景況感が悪化傾向にあるだけでなく、今年1~2月に鉱工業生産などの主要経済指標がそろって数年ぶりの低い伸びにとどまったことなどから、景気の先行きに対する警戒感が強まりました。そうした中、国務院(内閣)は2日、中小企業に対する税制優遇措置の拡充、鉄道建設の加速、低所得者居住地域の再開発からなる景気下支え策を発表しました。当局が景気下支えに動くとの観測が台頭し、事前に株価が反発していたこと、具体策が想定の範囲にとど

2014年3月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2/19~3/18発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(2/19~3/18発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(2/19~3/18発表統計分)サマリー◆1月の企業関連の指標は、改善が継続していることを確認する内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+3.8%と2ヶ月連続の上昇となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は前月比▲0.7%と、2ヶ月連続の低下となった。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比+13.4%と2ヶ月ぶりに増加した。企業関連の指標の先行き

2014年3月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2014年3月10日~3月14日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

軟調な米国経済指標、春の訪れはいつ?

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年2月28日昨年12月以降、過去十数年で最大級の寒波が米国を襲っており、製造業の活動や小売業の販売などが抑制されたことから、1月以降の米国の経済指標は、市場予想を下回る軟調なものが目立ちました。これを受け、1月は米国株式も軟調に推移しましたが、2月以降は急速に値を戻す展開となっています。株価が持ち直した背景には、悪天候の影響はいずれ解消されるとの見方や、景気が弱くなる場合には、FRB(米連邦準備制度理事会)が量的緩和縮小のスピードを

2014年2月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(2014年3月3日~3月7日)

主要な経済指標の発表予定と予測(2014年3月3日~3月7日)

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 円滑な緩和縮小が重要に

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 円滑な緩和縮小が重要に ここから本文です米国経済見通し 円滑な緩和縮小が重要に寒波で経済指標は軟調でもマインドは冷え込んでいないサマリー◆悪天候を背景に軟調な経済指標が相次いでいる。自動車販売などの個人消費が落ち込み、企業活動も精彩さを欠く。ただし、マインド面では、消費者センチメントや企業マインドは低下したものの、なおポジティブさを失っていない。◆連邦政府の債務上限が2015年3月まで一時撤廃され、2014年度予算の成立と合わせて当面の財政関連の

2014年2月9日ちばぎん総合研究所フィードバック数:0社会/政治

千葉県人口、前年比プラスまであと一歩

わたしの意見 ― 水野 創 千葉県人口、前年比プラスまであと一歩(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」2月6日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長]この一週間も米国中央銀行、新興国の経済指標発の市場の変動が続いている。今回も米国天候要因、イエレン新FRB議長の議会証言や新興国の経済指標のほか、わが国の消費税の影響など当面の材料には事欠かない。こうした材料による短期的な市場の動きは予測できないが、世界経済回復と1年間のアベノミクス効果の発揮を図る方針をそれぞれの国の政策当

2013年12月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(2013/11/19~12/16発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(11/19~12/16発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(11/19~12/16発表統計分)サマリー◆2013年10月の企業関連の指標は、企業部門の改善が継続していることを確認させる内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+1.0%と2ヶ月連続の上昇となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は、前月比+1.1%と2ヶ月ぶりに上昇した。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前月比+0.6%と2ヶ月ぶりに増加し

2013年11月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

主要な経済指標の発表予定と予測(2013年11月25日~11月29日)

主要な経済指標の発表予定と予測(2013年11月25日~11月29日)

2013年11月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治

経済指標の要点(10/19~11/18発表統計分)

トップレポート・コラム経済分析日本経済指標の要点(10/19~11/18発表統計分) ここから本文です経済指標の要点(10/19~11/18発表統計分)サマリー◆2013年9月の企業関連の指標は、企業部門には一時的な落ち込みが見られたものの、改善が継続していることを確認させる内容であった。鉱工業生産指数(季節調整値)は、前月比+1.3%と2ヶ月ぶりの上昇となった。輸出数量指数(内閣府による季節調整値)は、前月比▲3.4%と3ヶ月ぶりに低下した。機械受注(船舶・電力を除く民需)(季節調整値)は、前

中国経済:11月8~9日に発表の経済指標の予想

中国経済:11月8~9日に発表の経済指標の予想 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:11月8~9日に発表の経済指標の予想 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 中国では、8~9日に貿易統計、工業生産、小売売上高、固定資産投資、消費者物価指数など主要経済指標の発表が予定されている(当研究所の予想は下表のとおり)。○ 今回、特に注目

2013年10月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年10月28日~11月1日)

システムメンテナンスのお知らせ日頃は第一生命グループ企業のホームページをご利用いただき、誠にありがとうございます。現在、サイトの閲覧ができませんので、ご了承願います。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほど宜しくお願い申しあげます。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ