調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 経済研究部

「経済研究部」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は3ポイント改善の15、先行きはさらに改善 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観6月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が15と前回3月調査比で3ポイ

ドル高基調は崩れず、ユーロは波乱含み~マーケット・カルテ7月号

ドル高基調は崩れず、ユーロは波乱含み~マーケット・カルテ7月号 基礎研REPORT(冊子版) 2015年7月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル高基調は崩れず、ユーロは波乱含み~マーケット・カルテ7月号基礎研REPORT(冊子版) 2015年7月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ドル円相場は6月上旬に125円台に達した後、

日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想

日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は1ポイント上昇の13を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月調査短観では、注目度の高い大企業製造業でわずかながら景況感の改善が示されると予想。大企業非

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

5月マネー統計~通貨供給量が急拡大

5月マネー統計~通貨供給量が急拡大 | ニッセイ基礎研究所 5月マネー統計~通貨供給量が急拡大 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 伸び率は僅かに縮小・マネタリーベース: 巡航速度での積み上げが進む・マネーストック: 伸び率が急拡大5月の銀行貸出(平均残高)の伸び率は前年比2.6%と前月から僅かに縮小した。都銀

2015年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

ドル円再始動、今後の展開は?~金融市場の動き(6月号)

ドル円再始動、今後の展開は?~金融市場の動き(6月号) | ニッセイ基礎研究所 ドル円再始動、今後の展開は?~金融市場の動き(6月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 5月下旬以降、急速な円安ドル高が進行したが、投機主導によるドル高の色彩が強い。今後も中期的には、日米金融政策の違いや本邦貿易赤字の再拡大、国内投

ドル円、膠着を脱するか?~マーケット・カルテ6月号

ドル円、膠着を脱するか?~マーケット・カルテ6月号 基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル円、膠着を脱するか?~マーケット・カルテ6月号基礎研REPORT(冊子版) 2015年6月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ドル円相場は足元で120円台後半とやや上昇しているが、依然膠着状態を

4月マネー統計~マネタリーベースが史上初の300兆円突破

4月マネー統計~マネタリーベースが史上初の300兆円突破 | ニッセイ基礎研究所 4月マネー統計~マネタリーベースが史上初の300兆円突破 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 伸び率は横ばい・主要銀行貸出動向アンケート調査: 資金需要の増勢が鈍化・マネタリーベース: 史上初の300兆円突破・マネーストック: 緩

2015年5月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号)

米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号) | ニッセイ基礎研究所 米利上げ局面のユーロ相場を振り返る~金融市場の動き(5月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 一般的に、利上げを行う国の通貨には上昇圧力がかかるため、過去の米利上げ局面ではユーロ安ドル高基調になったと考えられがちだが、必ずしも

円売り余地大、ドル円は回復へ~マーケット・カルテ5月号

円売り余地大、ドル円は回復へ~マーケット・カルテ5月号 基礎研REPORT(冊子版) 2015年5月号 | ニッセイ基礎研究所 円売り余地大、ドル円は回復へ~マーケット・カルテ5月号基礎研REPORT(冊子版) 2015年5月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ドル円レートはこのところ円高ドル安ぎみに推移し、足元は119

財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」

財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」 | ニッセイ基礎研究所 財政再建の新指標に「債務残高対GDP比」 総合政策研究部 研究理事 チーフエコノミスト・経済研究部 兼任 矢嶋 康次基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2020年度までの財政健全化計画に新たな目標を設定するとの見方が浮上している。従来の基礎的財政収支(以下、プライマリーバランス)の2020年度黒字化

2015年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2015年3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化

日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は横ばいの12、先行きは悪化 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観3月調査では、注目度の高い大企業製造業の業況判断D.I.が12と前回調査比で横ばいとなり、景況感の回復の遅れが示さ

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想

日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は3ポイント上昇の15を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 3月調査短観では、注目度の高い大企業製造業で景況感の改善が示されると予想する。大企業非製造業も

2015年2月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号)

円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号) | ニッセイ基礎研究所 円安シナリオの前提に変化あり~金融市場の動き(2月号) 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円レートは120円をかなり割り込んだ状態が継続。原油安などを原因とするリスク回避の円買いが発生しているうえ、これまで円安シナリオを支えてきた

ドル円は回復に向かうが、しばらくは不安定に~マーケット・カルテ2月号

ドル円は回復に向かうが、しばらくは不安定に~マーケット・カルテ2月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル円は回復に向かうが、しばらくは不安定に~マーケット・カルテ2月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 年初120円台半ばでスタートしたドル円相場は調整局面入りし、月半ばには一時115円台まで円高が進んだ。原油安の悪影響への懸念

2014年12月マネー統計~マネーの波及は貸出次第

12月マネー統計~マネーの波及は貸出次第 | ニッセイ基礎研究所 12月マネー統計~マネーの波及は貸出次第 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 伸び率は小幅に鈍化・マネタリーベース: 年末の見通しを達成・マネーストック: マネーの伸びは一服12月の銀行貸出(平残)の伸び率は前年比2.7%(前月は2.8%)と小幅

資金循環統計(14年7-9月期)~個人金融資産は過去最高の1654兆円、前年比44兆円増だが、ドル建てでは大幅減

資金循環統計(14年7-9月期)~個人金融資産は過去最高の1654兆円、前年比44兆円増だが、ドル建てでは大幅減 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(14年7-9月期)~個人金融資産は過去最高の1654兆円、前年比44兆円増だが、ドル建てでは大幅減 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(14年9月末): 前期

円安阻害材料も軽視できない~マーケット・カルテ2015年1月号

円安阻害材料も軽視できない~マーケット・カルテ1月号 | ニッセイ基礎研究所 円安阻害材料も軽視できない~マーケット・カルテ1月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 今月のドル円相場は好調な米雇用統計を受けて121円台半ばに達した後、中国株急落やギリシャ政局不安に伴うリスク回避によって突如117円台半ばまで急落、足元では1

11月マネー統計~預金大幅増、リスク性資産は鈍化

11月マネー統計~預金大幅増、リスク性資産は鈍化 | ニッセイ基礎研究所 11月マネー統計~預金大幅増、リスク性資産は鈍化 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 円安もあって急拡大・マネタリーベース: 年末見通しまで残り12兆円・マネーストック: 預金大幅増、リスク性資産は鈍化11月の銀行貸出(平残)の伸び率は前

為替は荒れ模様の予感~マーケット・カルテ2014年12月号

為替は荒れ模様の予感~マーケット・カルテ12月号 | ニッセイ基礎研究所 為替は荒れ模様の予感~マーケット・カルテ12月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ドル円相場は10月末の日銀追加緩和によって急激な円安が進行。その後も消費増税先送り・衆院解散観測の高まりから一段の円安となり、足元は116円台前半に達している。追加

2014年10月マネー統計~マネーに再起動の兆し

10月マネー統計~マネーに再起動の兆し | ニッセイ基礎研究所 10月マネー統計~マネーに再起動の兆し 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向:増勢は回復傾向・主要銀行貸出動向アンケート調査:個人の資金需要が底入れ・マネタリーベース:買入れペースが加速・マネーストック:再び伸びが拡大基調に10月の銀行貸出(平残)の伸

金融市場の動き(10月号)~円安第3波、過去2回との違いは?

金融市場の動き(10月号)~円安第3波、過去2回との違いは? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(10月号)~円安第3波、過去2回との違いは? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) 8月中旬以降、急速な円安ドル高が進行し、一時110円を突破した。安倍政権発足期待を発端に円高が終焉して以降、今回は3回目の大きな円安

日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント下落の10を予想

日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント下落の10を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント下落の10を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀短観9月調査では、注目度の高い大企業製造業で2四半期連続となる景況感悪化が示されると予想す

資金循環統計(14年4-6月期)~個人金融資産は過去最高の1645兆円、前年比42兆円増

資金循環統計(14年4-6月期)~個人金融資産は過去最高の1645兆円、前年比42兆円増 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(14年4-6月期)~個人金融資産は過去最高の1645兆円、前年比42兆円増 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(14年6月末):前期比では20兆円増・資金流出入の詳細:家計のリスク選

2014年9月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

8月マネー統計~貸出の伸び悩み感がやや強まる

8月マネー統計~貸出の伸び悩み感がやや強まる | ニッセイ基礎研究所 8月マネー統計~貸出の伸び悩み感がやや強まる 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 伸び悩み感がやや強まる・マネタリーベース: まだ問題なし・マネーストック: リスク選好は途絶えていない8月の銀行貸出(平残)の伸び率は前年比2.3%と前月から横

2014年9月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(9月号)~円安再開、その持続性を考える

金融市場の動き(9月号)~円安再開、その持続性を考える | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(9月号)~円安再開、その持続性を考える 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円レートは、8月下旬以降急ピッチな円安ドル高となり、昨年末の水準をほぼ回復している。この間、米サイドでは、堅調な経済指標が続いているという点

2014年8月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2014年8月号)~円安再開のエンジンと落とし穴

金融市場の動き(8月号)~円安再開のエンジンと落とし穴 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(8月号)~円安再開のエンジンと落とし穴 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替) ドル円レートについては年末にかけて円安が再開するとみている。そのメインエンジンとなるのは米長期金利だ。直近1年間の53週について米長期金利とドル

2014年7月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

日銀短観(2014年6月調査)~大企業製造業の景況感は5悪化の12、先行きは持ち直し

日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は5悪化の12、先行きは持ち直し | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(6月調査)~大企業製造業の景況感は5悪化の12、先行きは持ち直し 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大企業製造業の業況判断D.I.は12と前回3月調査比で5ポイント下落し、6四半期ぶりに景況感の悪化が示された。大企

資金循環統計(14年1-3月期)~個人金融資産残高は1630兆円、前年比52兆円増

資金循環統計(14年1-3月期)~個人金融資産残高は1630兆円、前年比52兆円増 | ニッセイ基礎研究所 資金循環統計(14年1-3月期)~個人金融資産残高は1630兆円、前年比52兆円増 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・個人金融資産(14年3月末): 前期比では前期比では14兆円減・資金流出入の詳細: リスク性資産

円安シナリオは崩れず~マーケット・カルテ7月号

円安シナリオは崩れず~マーケット・カルテ7月号 | ニッセイ基礎研究所 円安シナリオは崩れず~マーケット・カルテ7月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月のドル円相場も膠着を続けている。5月雇用統計でも確認されたように米景気は悪くないのだが、米長期金利の反応が鈍く、ドル高に勢いが付かない。また、直近のイラク情勢緊迫化

為替のターニングポイント~マーケット・カルテ6月号

為替のターニングポイント~マーケット・カルテ6月号 | ニッセイ基礎研究所 為替のターニングポイント~マーケット・カルテ6月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 5月に入り、ドル円相場はやや円高ぎみに推移し、足元では101円台半ばとなっている。米景気は総じて悪くないのだが、地政学リスクや米早期利上げ観測の後退などから米長

2014年4月マネー統計~マネーの足踏み感強まる

4月マネー統計~マネーの足踏み感強まる | ニッセイ基礎研究所 4月マネー統計~マネーの足踏み感強まる 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 個人向けが鈍化要因になる可能性あり・主要銀行貸出動向アンケート調査:企業の資金需要は増勢弱まる、個人は過去最高記録・マネタリーベース: 見通し達成ペースを維持・マネーストッ

ドル高再開はいつか?~マーケット・カルテ5月号

ドル高再開はいつか?~マーケット・カルテ5月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル高再開はいつか?~マーケット・カルテ5月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ドル円相場は月初に104円間際に達した後反転、足元では101円台に下落している。ウクライナ情勢の緊迫化や米株価の調整で、リスク回避の円買いが優勢となった。また、8日の黒

2014年4月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く

金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(4月号)~短観「企業の物価見通し」を読み解く 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (短観) 3月調査日銀短観から、「企業の物価見通し」の集計・公表が開始された。物価見通しの平均値は前年比で1.5%~1.7%という結果であった

アジア新興国・地域の経済見通し~成長率は冴えない状況、注目は政策実行力

アジア新興国・地域の経済見通し~成長率は冴えない状況、注目は政策実行力 | ニッセイ基礎研究所 アジア新興国・地域の経済見通し~成長率は冴えない状況、注目は政策実行力 経済研究部 准主任研究員 高山 武士経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アジア新興国・地域の低成長は長期化している。外需の弱さはいずれの国・地域にも共通しており、こ

円高警戒が必要な時間帯に~マーケット・カルテ4月号

円高警戒が必要な時間帯に~マーケット・カルテ4月号 | ニッセイ基礎研究所 円高警戒が必要な時間帯に~マーケット・カルテ4月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ドル円相場は102円台付近での膠着感が漂っている。本邦貿易赤字、日銀の追加緩和期待、米テーパリング継続観測がドル円の下値を支える一方で、米景気の不透明感、中国も含

2014年2月マネー統計~マネーの伸びが鈍化

2月マネー統計~マネーの伸びが鈍化 | ニッセイ基礎研究所 2月マネー統計~マネーの伸びが鈍化 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 追い風が追加される・マネタリーベース: 引き続き堅調な増勢続く・マネーストック: マネーの伸びが鈍化2月の銀行貸出(平残)の伸び率は前年比2.4%(前月は2.5%)となった。貸出の

金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考

金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(3月号)~通貨のパワーバランスを再考 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替・株) ドル円は足元103円付近まで回復してきているが、年初の105円台には距離があり、上値の重さは否めない。この原因は、主にドルの反発力が見られないた

2014年2月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは?

金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(2月号)~円相場と日本株の宿命とは? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (為替・株) 1月下旬から2月上旬にかけて、新興国不安や米国経済の先行き懸念などから世界的にリスクオフ地合いとなった。これらは完全な海外発材料にもかかわらず、

ドル高のち一旦円高か~マーケット・カルテ2月号

ドル高のち一旦円高か~マーケット・カルテ2月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル高のち一旦円高か~マーケット・カルテ2月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12月半ばに米国で量的緩和縮小が決定され、これを前向きに捉える市場の動きによってドル円相場ではドルが上昇したが、その後1月上旬に発表された米雇用統計の弱い結果などを受けて

波乱含みの展開を予想 ~マーケット・カルテ1月号

波乱含みの展開を予想 ~マーケット・カルテ1月号 | ニッセイ基礎研究所 波乱含みの展開を予想 ~マーケット・カルテ1月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12月入り後のドル円相場は、堅調な米経済指標や財政協議の合意(政府閉鎖回避)を受けた米緩和縮小観測の高まりと日銀の追加緩和観測の高まりによって円安基調をやや強め、中

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は4改善の16、先行きは14へ

日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は4改善の16、先行きは14へ | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(12月調査)~大企業製造業の景況感は4改善の16、先行きは14へ 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大企業製造業の業況判断D.I.は16と前回9月調査比で4ポイント上昇し、4四半期連続となる景況感改善が示された。D

11月マネー統計~貸出金利(一年以上)が過去最低を記録

11月マネー統計~貸出金利(一年以上)が過去最低を記録 | ニッセイ基礎研究所 11月マネー統計~貸出金利(一年以上)が過去最低を記録 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向: 伸び率は09年6月以来の高水準・マネタリーベース: 年末見通し200兆円まであと少し・マネーストック: マネーの伸びは過去最大を更新貸出・預

金融市場の動き(12月号)~ 2014年は金融市場にとってどんな年?

金融市場の動き(12月号)~ 2014年は金融市場にとってどんな年? | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(12月号)~ 2014年は金融市場にとってどんな年? 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株・為替) 少し早いが今年の市場を振り返ると、先進国を中心に世界の株価は大きく上昇した。とりわけ、異次元緩和で急激な円安が実

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント改善の14を予想

日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント改善の14を予想 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(12月調査)予測~大企業製造業の業況判断D.I.は2ポイント改善の14を予想 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12月調査日銀短観では、注目度の高い大企業製造業で4四半期連続となる景況感改善が示されると

円安にはまだ限界あり ~マーケット・カルテ12月号

円安にはまだ限界あり ~マーケット・カルテ12月号 | ニッセイ基礎研究所 円安にはまだ限界あり ~マーケット・カルテ12月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 11月上旬に98円台で推移していたドル円相場は、米雇用統計の意外な好結果と、イエレン次期FRB議長候補の議会証言を受けた米量的緩和長期化観測によって一時100円の

金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方

金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方 | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(11月号)~“株式市場における内需低迷”の行方 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (株価) 10月終盤に米ダウ平均株価や独DAX指数が過去最高値を更新した。米量的緩和の早期縮小観測が後退したうえ、世界経済の回復基調が途切

ドル高エネルギーが不足 ~マーケット・カルテ2013年11月号

ドル高エネルギーが不足 ~マーケット・カルテ11月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル高エネルギーが不足 ~マーケット・カルテ11月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 10月16日、世界を緊迫化させた米財政協議が合意に至った。米政府機関の閉鎖は来年1月半ばまで解除され、債務上限は2月上旬まで実質的に引き上げられた。結果、米国

9月マネー統計 ~ 貸出の伸びが一服、金利は過去最低に

9月マネー統計 ~ 貸出の伸びが一服、金利は過去最低に | ニッセイ基礎研究所 9月マネー統計 ~ 貸出の伸びが一服、金利は過去最低に 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・貸出動向:貸出金利は長短ともに過去最低に・マネタリーベース:順調に増加・マネーストック:投資信託の伸び率が2ケタ台に貸出・預金動向(速報)によると、9月

金融市場の動き(2013年10月号)~急騰期における金利の動き

金融市場の動き(10月号)~急騰期における金利の動き | ニッセイ基礎研究所 金融市場の動き(10月号)~急騰期における金利の動き 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら (金利) 安倍首相が消費税率引き上げを表明した。日本の財政再建を一歩前進させる措置である。しかし、日本の財政再建の道筋はまだ先が長いのも事実。そして、財政懸念

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は8改善の12、先行きは11へ

日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は8改善の12、先行きは11へ | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(9月調査)~大企業製造業の景況感は8改善の12、先行きは11へ 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大企業製造業の業況判断D.I.は12と前回調査比で8ポイント上昇し、3四半期連続となる景況感改善が示された。D.I.の

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ