「経済連携」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度経済連携促進のための産業高度化事業(インドにおける高効率LED照明機器の導入・普及を通じた環境/エネルギー協力に関する調査事業)

平成26年度経済連携促進のための産業高度化事業(インドにおける高効率LED照明機器の導入・普及を通じた環境/エネルギー協力に関する調査事業)

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度経済連携促進のための産業高度化事業(タイにおけるIT活用によるビル、オフィス等の省エネに係るセミナー)報告書

平成26年度経済連携促進のための産業高度化事業(タイにおけるIT活用によるビル、オフィス等の省エネに係るセミナー)報告書

2015年4月3日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度経済連携促進のための産業高度化事業(日越産業協力に関する調査研究)報告書

平成26年度経済連携促進のための産業高度化事業(日越産業協力に関する調査研究)報告書

2014年3月5日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

動き出すメガEPA:経済効果の比較検討

動き出すメガEPA:経済効果の比較検討2013年は、世界的に経済連携の動きが加速し、日本、米国、EUの巨大三角形の間で交渉が始まった。アジア太平洋では、環太平洋経済連携(TPP)の交渉に日本が参加する一方、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉が開始された。また、日本とEUの経済連携、米国とEUの環大西洋貿易投資連携(TTIP)の交渉も同じ年の内に始まった。図表1:アジア太平洋における経済連携の枠組み 本稿では、経済連携協定(EPA)が経済全体に与えるマクロ的な経済効果を数量的に議論する。

2013年2月28日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

TPP参加に実質合意した日米首脳会談 ~経済連携に強かに舵を切る安倍政権~

Economic Trends経済関連レポートTPP参加に実質合意した日米首脳会談発表日:2013年2月26日(火)~経済連携に強かに舵を切る安倍政権~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)安倍首相は、2 月 22 日の日米首脳会談で事実上、TPP推進へと大きな一歩を踏み出した。以前から「聖域なき関税撤廃を前提条件とする限り反対」という立場だったのを、ここにきて「すべての関税撤廃をあらかじめ約束するものではない」との言質をオバマ大統領から取って、方向転換を決

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ