「経済金融」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2014年の内外経済金融の展望――正念場を迎えるアベノミクス――

2014年の内外経済金融の展望――正念場を迎えるアベノミクス――

最近の人民元と今後の展開(2013年12月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年12月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年12月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 11月の人民元は、基準値は米国ドルに対して上昇したものの現物実勢はほぼ横ばいで推移した。世界通貨を見渡すと、米国のQE3縮小の時期は遠くないとの見方が優勢となって、新興国

【タイGDP】低迷が続く経済に、政治リスクも浮上

【タイGDP】低迷が続く経済に、政治リスクも浮上 | ニッセイ基礎研究所 【タイGDP】低迷が続く経済に、政治リスクも浮上 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら タイの国家経済社会開発委員会事務局(NESDB)は11月18日に2013年7-9月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDP成長率は前年同期比(原系列)で+2.7%となり、前期(同:+

最近の人民元と今後の展開(2013年11月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年11月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年11月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 10月の人民元は、基準値が米国ドルに対してほぼ横ばいに留まる一方、現物実勢は中国成長率の上ぶれや米国財政協議の混乱を背景に堅調に推移した。世界通貨を見渡すと、堅調に推移し

10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視

10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視 | ニッセイ基礎研究所 10月FOMCは現行政策を維持~当面は政府閉鎖の影響を注視 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 10月29・30日開催のFOMCでは、金融政策の変更はなく、前回同様に現行緩和策の中核である「資産購入策」と「ゼロ金利政策及びそのフォワードガイダンス」が決定された。FOMCは

10月ECB政策理事会:追加の3年物資金供給の可能性を排除せず

10月ECB政策理事会:追加の3年物資金供給の可能性を排除せず | ニッセイ基礎研究所 10月ECB政策理事会:追加の3年物資金供給の可能性を排除せず 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)は、2日に10月政策理事会を開催、政策金利の据え置きを決めた。ドラギ総裁は、中期的な物価安定に対する評価と整合しない短期金

RMBSの価格付けとリスク管理の今後

RMBSの価格付けとリスク管理の今後 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 妙味のある長期投資商品として人気が高いRMBSであるが、最近の経済環境の変化を踏まえると、これまで以上に精緻なリスクの評価と管理が必要である。最近開発したRMBSの価格付けモデルによる示唆も踏まえて、今後の方向性を考える。 レポート研究領域経済金融・為替資

最近の人民元と今後の展開(2013年10月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年10月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年10月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 9月の人民元は、基準値が上昇する一方、現物実勢はほぼ横ばいで、基準値と現物実勢の乖離は0.4%まで縮小した。また、9月には米国でQE3縮小が見送られたことから新興国通貨が

韓米FTAが韓国の民間医療保険市場に与える影響

韓米FTAが韓国の民間医療保険市場に与える影響 | ニッセイ基礎研究所 韓米FTAが韓国の民間医療保険市場に与える影響 生活研究部 准主任研究員・ヘルスケアリサーチセンター・ジェロントロジー推進室兼任 金 明中基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国は金大中氏が大統領に就任した1998年以降、FTAを推進する方向に政策を転換しており、1999年にチリを皮切りとして

ニッセイ景況アンケート調査結果-2013年度上期調査

ニッセイ景況アンケート調査結果-2013年度上期調査 | ニッセイ基礎研究所 ニッセイ景況アンケート調査結果-2013年度上期調査 経済研究部 准主任研究員 斉藤 誠押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ◆アベノミクス効果で企業の景況感は5年半ぶりにプラス転換、先行きも改善が続く◆今後1年間は商品・サービス価格の引き上げが優勢(引き上げ2 割弱、引き下げ

企業物価指数(2013年8月)~2ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に

企業物価指数(2013年8月)~2ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年8月)~2ヶ月連続で前年比は2%を超える上昇率に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で5ヶ月連続の上昇・交易条件は2ヶ月連続で悪化・消費財は前年比で9ヶ月連続の上昇9月11日に日本銀行から発表された企業物価指

米国経済見通し~ハードル続くも、緩やかな回復を維持へ

米国経済見通し~ハードル続くも、緩やかな回復を維持へ | ニッセイ基礎研究所 米国経済見通し~ハードル続くも、緩やかな回復を維持へ 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 上半期の米経済は「財政の崖」合意に伴う影響(給与税減税と高所得層の所得減税の失効、予算管理法の発動等)が懸念されていたが、4-6月期成長率は2.5%へと回復した。上半期は、雇用増も月20万

2013年9月6日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

9月ECB政策理事会:経済見通し上方修正も政策金利の下方バイアスは維持

9月ECB政策理事会:経済見通し上方修正も政策金利の下方バイアスは維持 | ニッセイ基礎研究所 9月ECB政策理事会:経済見通し上方修正も政策金利の下方バイアスは維持 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 欧州中央銀行(ECB)は、5日の9月政策理事会で7月に導入したフォワード・ガイダンスを確認し、政策金利を据え置いた。スタッフ経済

金(Gold)価格が映す世界の変貌

金(Gold)価格が映す世界の変貌 | ニッセイ基礎研究所 金(Gold)価格が映す世界の変貌 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら かつて長期にわたって大幅な上昇を続けた金(Gold)価格だが、今年に入って地合いが完全に変わった。金の国際価格(NY金先物、期近物)は2011年9月に一時1920ドル/オンス の史上最高値を付

緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大

緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大 | ニッセイ基礎研究所 緩慢な成長続く米経済 ~包括改定でGDP規模は3%強拡大 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4-6月期GDPは1.7%と予想は上回ったものの低水準に留まる。1-3月期は1.1%へと下方修正されるなど年初以降の増税・歳出削減の影響は否めず、緩慢な成長が続い

2013年8月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米7月ISM製造業指数は、55.4と2年ぶりの高水準に急伸

米7月ISM製造業指数は、55.4と2年ぶりの高水準に急伸 | ニッセイ基礎研究所 米7月ISM製造業指数は、55.4と2年ぶりの高水準に急伸 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米7月ISM製造業指数は55.4と2年ぶりの高水準を回復。5月には景況感の分かれ目となる50を割り込み、4年ぶりの低水準に落ち込んでいたことを考慮すると、予想外の急回復と言える

2013年8月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

【インドネシアGDP】通貨安で景気の下押し圧力は強い

【インドネシアGDP】通貨安で景気の下押し圧力は強い | ニッセイ基礎研究所 【インドネシアGDP】通貨安で景気の下押し圧力は強い 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら インドネシア中央統計庁(BPS)は8月2日、2013年4-6月期の国内総生産(GDP)を公表した。実質GDPは前年同期比(原系列)で5.8%の増加となり、前期の2013年1-3月期

2013年8月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年8月号)~現物は弱含み、基準値との乖離は縮小と予想する

最近の人民元と今後の展開(2013年8月号)~現物は弱含み、基準値との乖離は縮小と予想する | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年8月号)~現物は弱含み、基準値との乖離は縮小と予想する 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 7月の対米国ドル人民元相場は、基準値がほぼ横ばい、現物実勢は基準値から0.4~0.

2013年8月1日信金中央金庫フィードバック数:0社会/政治

全国信用金庫概況(2012年度)

全国信用金庫の預金・貸出金動向等を解説した冊子です。年1回、前年度分について編集し、刊行しています。全国信用金庫概況(2012年度)表紙・凡例・目次(PDF)233KB2012年度経済概況(PDF)2,760KB 2012年度信用金庫概況(PDF)3,332KB 2012年度地区別信用金庫概況(PDF)679KB 経済金融日誌(PDF)380KB信用金庫統計資料(PDF)1,863KB バックナンバーはこちらをご覧ください。

再びドル高に挑戦 ~マーケット・カルテ8月号

再びドル高に挑戦 ~マーケット・カルテ8月号 | ニッセイ基礎研究所 再びドル高に挑戦 ~マーケット・カルテ8月号 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 6月19日の米国連邦公開市場委員会(FOMC)以降、市場は落ち着きを取り戻している。バーナンキ議長が、条件付きながらQE3縮小・停止のスケジュールを示し、先行きの不透明感が

企業物価指数(2013年6月)~前年比で19ヶ月ぶりに1%を超える上昇率に

企業物価指数(2013年6月)~前年比で19ヶ月ぶりに1%を超える上昇率に | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年6月)~前年比で19ヶ月ぶりに1%を超える上昇率に 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で3ヶ月連続の上昇・交易条件は2ヶ月連続で改善・消費財は前年比で7ヶ月連続の上昇7月10日に日本銀行から発表された企業物

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年7月号)~米中戦略・経済対話で許容変動幅の拡大はあるか?

最近の人民元と今後の展開(2013年7月号)~米中戦略・経済対話で許容変動幅の拡大はあるか? | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年7月号)~米中戦略・経済対話で許容変動幅の拡大はあるか? 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 6月の人民元(対米国ドル)は、基準値・現物実勢はともに中旬にかけては上昇したが

2013年7月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復

米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復 | ニッセイ基礎研究所 米6月ISM製造業指数は、50.9と2ヵ月ぶりに50台を回復 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米6月ISM製造業指数は50.9と2ヵ月ぶりに景況感の分かれ目となる50を回復、2009年6月以来4年ぶりの低水準となった前月から持ち直した。米経済が「財政の崖」合意による

良い金利上昇と悪い金利上昇

良い金利上昇と悪い金利上昇 | ニッセイ基礎研究所 基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 金利上昇には良い金利上昇と悪い金利上昇があるといわれている。良い金利上昇とは経済(景気)が良い(または将来良くなると見込まれる)時に上昇する金利、悪い金利上昇とは経済(景気)が悪い(または将来悪くなると見込まれる)時に上昇する金利である。近年の長期金利上昇はどの影響によるものな

企業物価指数(2013年5月)~前年比で上昇幅が大幅に拡大

企業物価指数(2013年5月)~前年比で上昇幅が大幅に拡大 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年5月)~前年比で上昇幅が大幅に拡大 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前年比で2ヶ月連続の上昇・交易条件は7ヶ月ぶりに改善・消費財は6ヶ月連続で上昇6月12日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2013年5月の国内企業

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

現在の円相場はこの20年で最も円安?

現在の円相場はこの20年で最も円安? | ニッセイ基礎研究所 現在の円相場はこの20年で最も円安? 経済研究部 シニアエコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 昨秋以降、為替市場では円安ドル高が進み、5月には1ドル100円を突破するまで円は下落した。ただし、これは「円の対ドル名目レート」の話だ。かつて流行した「実質実効レート」の議論は最近聞かれな

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

アベノミクスとJリート市場。今後の注目ポイントは?

アベノミクスとJリート市場。今後の注目ポイントは? | ニッセイ基礎研究所 アベノミクスとJリート市場。今後の注目ポイントは? 金融研究部 不動産調査室長 岩佐 浩人基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら アベノミクスの恩恵にあずかり大幅高となったJ リート市場では、これまでの割安感が消えて一部に過熱感を示す指標も見られる。そこで、前回ピークを付けた2007年当時と現

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

米5月ISM製造業指数は、49.0と4年ぶりの低水準に下落

米5月ISM製造業指数は、49.0と4年ぶりの低水準に下落 | ニッセイ基礎研究所 米5月ISM製造業指数は、49.0と4年ぶりの低水準に下落 土肥原 晋基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 米5月ISM製造業指数は49.0と6ヵ月ぶりに景況感の分かれ目となる50を割り込み、2009年6月以来4年ぶりの低水準となった。製造業指数は2月まで回復の動きを見せていたが、3

2013年6月5日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年6月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年6月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年6月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 5月の人民元(基準値)は米国ドルに対してじりじり上昇する展開となり、現物実勢も基準値の上限にほぼ張り付く形でパラレルに上昇したが、相場の先行きを予測して動くNDFは上昇基調の

2013年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

ユーロ危機の新たな段階 -債務危機から雇用危機へ

ユーロ危機の新たな段階 -債務危機から雇用危機へ | ニッセイ基礎研究所 ユーロ危機の新たな段階 -債務危機から雇用危機へ 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 12年夏をピークに、政府債務危機の連鎖による世界的な金融システムの混乱やユーロ崩壊への不安は後退しているが、ユーロ圏の景気後退は世界金融危機後を超える期間にわたり、失業率

東日本大震災以降の東北経済 ~東北経済好調の要因を探る

東日本大震災以降の東北経済 ~東北経済好調の要因を探る | ニッセイ基礎研究所 東日本大震災以降の東北経済 ~東北経済好調の要因を探る 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 東日本大震災以降、大きく落ち込んでいた企業の景況感は総じて回復基調となっているが、地域間における景況感の回復速度には大きな違いがある。東日本大震災の被害が大きかった東北では業況判断D

2013年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

【アジア新興経済レビュー】生産・輸出の鈍化が目立ちはじめた

【アジア新興経済レビュー】生産・輸出の鈍化が目立ちはじめた | ニッセイ基礎研究所 【アジア新興経済レビュー】生産・輸出の鈍化が目立ちはじめた 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 4月に発表されたアジア新興国・経済の各種指標からは、生産や輸出での伸び悩みが目立つようになってきた。4月には韓国や台湾ではGDP統計も公表されており、いずれも冴えない結

2013年5月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:3社会/政治

最近の人民元と今後の展開(2013年5月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年5月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年5月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 4月の人民元は、基準値・現物実勢・NDFともに米国ドルに対して上昇した。現物実勢と上下限との関係を見ると、現物実勢は基準値+1%の上限にほぼ張り付く形での推移となった。また、

【韓国GDP】まだ、力強さは見られない

【韓国GDP】まだ、力強さは見られない | ニッセイ基礎研究所 【韓国GDP】まだ、力強さは見られない 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 韓国銀行(中央銀行)は4月25日、2013年1-3月期の実質国内総生産(GDP)を公表した。前期比(季節調整済)で+0.9%の増加となり、前期の2012年10-12月期(同+0.3%)から大きく加速した。ただ

企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大

企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大 | ニッセイ基礎研究所 企業物価指数(2013年3月)~8ヶ月ぶりに前年比で下落幅が拡大 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・企業物価指数は前月比で4ヶ月連続の上昇・交易条件は4ヶ月連続で悪化・消費財は8ヶ月連続で上昇4月11日に日本銀行から発表された企業物価指数によると、2013年3

2013年4月2日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年4月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年4月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年4月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 3月の人民元は米国ドルに対して堅調に推移した。世界通貨全体の動きを見ると、3月は米国ドルが堅調だった月といえるが、人民元はその米国ドルに対して小幅ながら上昇しており、世界通貨

欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差-

欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差- | ニッセイ基礎研究所 欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差- 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 2月総選挙後のイタリアの新たな政権の枠組みは未だ確定していなものの、域外経済の回復期待も支えとなり、ユーロ圏の金融市場は昨年のような緊張の高まりを免れている。2013年入り後のユーロ

2013年3月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治海外

最近の人民元と今後の展開(2013年3月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年3月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年3月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 2月の人民元は概ね横ばいで推移した。基準値を中心に「NDFが大幅元安、現物が大幅元高」という3者のいびつな関係は2月も継続したが、中国本土で取引される人民元とオフショア人民元

2013年2月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:6社会/政治

円安で貿易収支はどこまで改善するのか

円安で貿易収支はどこまで改善するのか | ニッセイ基礎研究所 円安で貿易収支はどこまで改善するのか 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 貿易収支は東日本大震災以降、2年近くにわたって赤字が続いており、2012年10-12月期の貿易赤字は▲9.1兆円(季節調整済・年率換算値)となった。貿易赤字の長期化を受けて、

欧米諸国の年金事情~隣の芝生は青いか~ 第6回 =イタリア編=

欧米諸国の年金事情~隣の芝生は青いか~ 第6回 =イタリア編= | ニッセイ基礎研究所 欧米諸国の年金事情~隣の芝生は青いか~ 第6回 =イタリア編= 取締役 前田 俊之基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 1――イタリア年金制度の歴史~不安定な政治の産物~2――公的年金制度~垣間見える年金天国の姿~3――私的年金制度~国が主導する実質的な企業年金~4――健全化に向

2013年1月8日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:2社会/政治

最近の人民元と今後の展開(2013年1月号)

最近の人民元と今後の展開(2013年1月号) | ニッセイ基礎研究所 最近の人民元と今後の展開(2013年1月号) 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 12月の人民元市場は基準値・現物実勢・NDFとも概ね横ばいで推移、基準値を中心に「NDFが大幅元安、現物が大幅元高」の状況は12月も続いた。また、新興国通貨の動きはまちまちで

経済金融教育に対する意識調査

ニュースリリース・プレスリリース配信サービスならNews2uリリース 経済金融教育を皆がどこで学んでいるのか?リサーチ結果を発表します。2012年12月26日 10時00分最近は経済金融教育を学ばれている人が増えています。お金の教養が身につくマネースクール「ファイナンシャルアカデミー」()が30代を中心に経済金融教育に対する意識調査をGMOリサーチ社を通じ行いました。今まではあまり学ばれている人も少なかった経済金融教育ですが、最近は徐々に学ばれている人が増えている傾向が見て取れました。なかで

不動産市況アンケート

市況にやや明るい兆しも見えた不動産投資市場 -第6回不動産市況アンケート結果 | ニッセイ基礎研究所 市況にやや明るい兆しも見えた不動産投資市場 -第6回不動産市況アンケート結果 安田 拓真基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ニッセイ基礎研究所では、2009年10月5日から16日にかけて、不動産分野の実務家・専門家に対して、毎年恒例の不動産投資市況に関するアンケー

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ