「綱引き」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

厳しい綱引きが続く、スーパー対消費者

わたしの意見 ― 水野 創厳しい綱引きが続く、スーパー対消費者(「(株)ちばぎん総研BusinessLetter」8月27日号に掲載)水野 創[ちばぎん総合研究所取締役社長] 消費税引き上げから5か月が経過する。概ね想定通りと言っているが、引き上げの影響を克服して成長軌道に乗ったという手応えはまだない。台風、大雨の影響、弱含みの生産、輸出、市場での円安、株高など取り巻く環境や指標も一様ではない。こうした中で、4月以降の企業の積極的な価格引き上げの動きがどのくらい消費者に受け入れられるかは、今後の

2013年3月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 財政問題の議論は本番へ

トップレポート・コラム経済分析米国米国経済見通し 財政問題の議論は本番へ ここから本文です米国経済見通し 財政問題の議論は本番へ前向きな家計、企業と財政緊縮の綱引きの勝者は?サマリー◆米国財政に関しては、3月から連邦政府の歳出の強制削減が始まり、5月の債務上限問題、当面の予算など、短期的な課題が多い。中長期的な財政運営の方針が未定であることが、これらの不透明感を長引かせている背景と言える。◆年始の増税により、鈍化が懸念された個人消費は底堅い推移となり、住宅市場も改善傾向が持続している。労働市場の

2013年3月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済 「歳出の強制削減」による個人消費への影響

トップレポート・コラム経済分析米国「歳出の強制削減」による個人消費への影響 ここから本文です「歳出の強制削減」による個人消費への影響綱引きの勝者は?サマリー◆3月1日から連邦政府の歳出の強制削減が発動し、2013年度だけで最大850億ドルの歳出削減が行われる。政府系機関などの推計では2013年の実質GDPが0.6%pt程度下振れする可能性が指摘されている。◆また、同様に雇用者数の増加が75万人以上下振れする見込み。筆者の試算によると、雇用環境と連動性の高い個人消費は年0.5%pt程度下振れする可

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ