「緊急事態」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月7日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

2021年5月 新型コロナウイルスに関する生活者調査

博報堂生活総合研究所「2021年5月 新型コロナウイルスに関する生活者調査」5月の「生活自由度」は53.3点に減少し、昨年5月に次ぐ2番目の低さに 不安も行動の抑制も再び強まる株式会社博報堂(本社:東京都港区)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は2021年5月、新型コロナウイルスが流行している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施しました。 (調査期間は5月6〜10日、対象は首都圏・名古屋圏・阪神圏の20〜69歳の男女1,500名。調査概要はPDF版を参照)

2021年5月18日フーディストフィードバック数:0社会/政治

第3次緊急事態宣言中の営業状況と協力金への対応に関するアンケート

飲食店リサーチアンケート調査結果一覧第3次緊急事態宣言中の営業状況と協力金への対応に関するアンケート 第3次緊急事態宣言中の営業状況と協力金への対応に関するアンケート 集計結果Q1緊急事態宣言に伴う時短・休業要請に応じていますか?(回答必須) Q2Q1の選択肢を選んだ理由を教えてください(回答任意) 酒類を提供出来ない為、集客が見込めない。 (兵庫県/洋食/1店舗) 一刻も早くコロナウイルス感染拡大を終息させて欲しいから。 (千葉県/居酒屋・ダイニングバー/1店舗) もともとアルコ

2021年5月14日アデコフィードバック数:0ビジネス

テレワーク実施率、1回目の緊急事態宣言より2回目は7.1ポイント減 企業の「全社的なテレワークの実施」は二極化傾向

テレワーク実施率、1回目の緊急事態宣言より2回目は7.1ポイント減企業の「全社的なテレワークの実施」は二極化傾向- 今後の方針「テレワーク導入、継続予定」が4割超の一方で、「廃止、縮小、導入予定なし」も3割超 ー人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎 健一郎)は、この度、企業で働く人事・総務担当者約1496名を対象にこれまでの緊急事態宣言下でのテレワークの実施状況や企業の今後のテ

2021年5月12日伊藤園フィードバック数:0ライフスタイル

withコロナ2年目における健康や緑茶に対する認識を徹底調査

【withコロナ2年目における健康や緑茶に対する認識を徹底調査】緑茶を飲む頻度が最も増えたのは20代!緑茶に健康性を求める割合が増加「カテキン」の認知度は9割である一方、知られている健康効果はごく一部 健康不安が多くある現代こそ“緑茶”を生活課題に対するソリューション飲料に!株式会社伊藤園(代表取締役社長:本庄 大介 本社:東京都渋谷区)は、全国20~60代の男女1000名を対象に、「withコロナ2年目の健康や飲料に関する意識調査」を実施しました。 今回の調査では、2回目の緊急事態宣言が一部地

初の緊急事態宣言発令から約1年後の心境に関するアンケート調査

『初の緊急事態宣言発令から約1年後の心境に関するアンケート調査』新しい生活様式「ずっと続いた方がいい」という人が7割 “コロナ前”に戻ってきているのは「行動」>「精神」>「金銭」 ~コロナ禍で新たに始めたことは1位「スポーツ」 2位「健康管理」 3位「料理」~CCCマーケティング株式会社は、18~69歳の男女1,501名に、インターネット上での意識調査「Tアンケート」によって、『初の緊急事態宣言発令から約1年後の心境に関するアンケート調査』を実施しましたので、お知らせいたします。初の緊急事態宣言

2021年3月31日NEXERフィードバック数:0社会/政治

【コロナ禍】1都3県の緊急事態宣言解除、「反対」が43.4%

/ / 【コロナ禍】1都3県の緊急事態宣言解除、「反対」が43.4%【コロナ禍】1都3県の緊急事態宣言解除、「反対」が43.4%1都3県の緊急事態宣言解除について、あなたはどのように思いますか?首都圏の1都3県に出されていた緊急事態宣言が、21日に解除されました。これで、約2か月半にわたった緊急事態宣言がすべて解除されたことになります。このタイミングでの緊急事態宣言解除について、全国の皆さんはどのように考えているのでしょうか。今回は、全国の男女2,200名を対象に、「コロナ禍」についてアンケー

2021年3月25日バルクオムフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言発令から1年:男性のライフスタイルの変化に関する意識調査

デジタルPRとプレスリリース配信info@digitalpr.jp受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) カスタマーサポートデスクは、新型コロナウイルス対策のため在宅対応につき、電話での対応を行っておりません。お問い合わせは info@digitalpr.jp までお願いいたします。運営会社からのお知らせはこちら【緊急事態宣言発令から1年:男性のライフスタイルの変化に関する意識調査】 友人とのコミュニケーションが減ったと感じる男性は54.5%、 男性の36.3%がマスク着用による肌トラ

2021年3月19日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所「第12回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2021年3月)

博報堂生活総合研究所「第12回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2021年3月)3月の生活自由度は減少に歯止め。 不安、 行動抑制も和らぐ株式会社博報堂(本社:東京都港区)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は2021年3月、新型コロナウイルスが流行している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施いたしました。 (調査期間は3月4〜8日、対象は首都圏・名古屋圏・阪神圏の20〜69歳の男女1,500名。調査概要はPDF版を参照) 2月8日に緊急事態宣言の延

2021年3月18日ウンログフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言後の不安と健康管理に関する調査

"緊急事態宣言解除に対して不安を感じる人は71.9%" 緊急事態宣言後の不安と健康管理に関する調査 82.4%が緊急事態宣言解除後の健康管理に「腸活を取り入れたい」 うんち記録アプリ「ウンログ」を運営するウンログ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役 田口たかし)は、2021年3月21日を目処に全国の緊急事態宣言が解除されることを受け、ウンログユーザー2930人を対象に「緊急事態宣言後の不安と健康管理に関する調査」を実施いたしました。 サマリー緊急事態宣言の解除に不安を感じる人は71.9%82.4%

2021年3月5日アマゾンジャパン★★フィードバック数:0ビジネス

多様な働き方が進む今、求められる購買業務の効率化

多様な働き方が進む今、求められる購買業務の効率化 新型コロナウイルス感染症の拡大により、2021年1月に2度目の緊急事態宣言が発出されました。 多くの企業では商談や会議の在り方、働き方の変化に伴い、必需品の購買業務にもオンライン化の波が起き始めています。在宅勤務など多様な働き方が求められる今、そのポイントはどこにあるのか、2020年4月の緊急事態宣言の発出前後に実施した調査をもとに、今後の購買業務の効率化を図るうえでのポイントを考えました。この調査では、「非計画購買」と呼ばれる業務上、突発的に発

2021年2月9日ネオマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

第2回緊急事態宣言に関する生活者実態調査

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 今回の緊急事態宣言の方が危機意識を持っている:約5割! テレワーク実施率:3割強! 全国の20歳~69歳の男女1000人に聞いた「第2回緊急事態宣言に関する生活者実態調査」 生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2021年1月20日(水)~2021年1月21日(木)の2

2021年2月5日レイ・フロンティアフィードバック数:0社会/政治

大阪府の繁華街、21時以降の人出が約3割減少

2021-01-22大阪府の繁華街、21時以降の人出が約3割減少レイ・フロンティアの佐藤です。レイ・フロンティア株式会社では「人間の無意識を、行動データで見える化する」事業を展開しています。大阪府では2021年1月14日から2021年2月7日までの期間を緊急事態宣言。飲食店の時短営業要請も出ており、時短営業の内容は酒類提供は19時、営業は20時までとなっています。今回は大阪府の緊急事態宣言前後の人出を調査しました。 ※調査元 弊社アプリSilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの

2021年2月4日ネクストレベルフィードバック数:0ライフスタイル

【2021年1月】緊急事態宣言発令後の自粛状況について、全国319名へアンケート調査

【2021年1月】緊急事態宣言発令後の自粛状況について、全国319名へアンケート調査 2021年1月8日・1月14日から11都府県に対し、新型コロナウイルス感染拡大防止のための2度目の緊急事態宣言が発令されました。1度目の緊急事態宣言の時よりも大幅に新規感染者数が増加している状況の中、みんなどのような自粛生活を送っているのでしょうか。株式会社ネクストレベル(本社所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:田中大洋)が運営する『縁結び大学』(https://jsbs2012.jp/date/)では、緊急事

2021年2月4日Wondershakeフィードバック数:0大型消費/投資

新型コロナウイルスが落ち着いたら"心置きなく、大声で笑いたい!!" やりたいこと1位は「国内旅行」で8割以上

新型コロナウイルスが落ち着いたら"心置きなく、大声で笑いたい!!" やりたいこと1位は「国内旅行」で8割以上。また、9割近くが今回の緊急事態宣言は前回よりも「ゆるくなっている」と実感 〜LOCARIがアフターコロナに関するアンケートを実施〜 国内最大級オトナ女子向けメディアアプリ「LOCARI」を運営する株式会社Wondershake(本社:東京都目黒区、 代表取締役社長:鈴木仁士)は、「アフターコロナに関するアンケート」を実施し、369名から回答を得ました。 【調査結果 概要】新型コロナウイル

2021年2月1日NEXERフィードバック数:0社会/政治

【コロナ慣れ?】出勤に「不安がある」43.9%、一方で「気にならない」という方も…

/ / 【コロナ慣れ?】出勤に「不安がある」43.9%、一方で「気にならない」という方も…【コロナ慣れ?】出勤に「不安がある」43.9%、一方で「気にならない」という方も…コロナ第3波、出勤することに不安はありますか?新型コロナウイルスの第3波の流行拡大を受け、政府は特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の対象を11都府県に拡大しました。二度目となる今回の緊急事態宣言発出に伴い、テレワークなどの在宅勤務を推奨する流れは加速し始めているようです。今回は、事前調査で「仕事をしている(コロナ禍以前から同

昨今の状況下における外出・外食に関する意識調査(2021年1月)

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 昨今の状況下における外出・外食に関する意識調査(2021年1月) 2021 / 01 / 20株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:五⼗嵐幹)は、全国20歳~69歳の男女を対象に【昨今の状況

緊急事態宣言後の人出、東京駅、渋谷駅で38%減少、新橋駅で36%減少

2021-01-15緊急事態宣言後の人出、東京駅、渋谷駅で38%減少、新橋駅で36%減少レイ・フロンティアの佐藤です。レイ・フロンティア株式会社では「人間の無意識を、行動データで見える化する」事業を展開しています。 東京都では新型コロナウィルスの感染拡大が続き2021年1月7日には過去最多の2000人超え、今も1000人以上の感染者が発生しています。今回は多くの人が集まる東京都の主要駅の人出について調査しました。 ※調査元 弊社アプリSilentLogより収集したデータに匿名化処理を施したもの 

2021年1月28日oViceフィードバック数:0ビジネス

緊急事態宣言中のイベントは「中止にした」が最多。理由は「直接会わないと意味がないと思った」。

緊急事態宣言中のイベントは「中止にした」が最多。理由は「直接会わないと意味がないと思った」。 直接会っているかのような感覚を味わえるバーチャル空間を緊急事態宣言終了まで無償提供。誰でも利用可能なオンライン新年会会場も無料開放。コロナ禍のオンラインイベントや飲み会でご活用ください。 oVice株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ジョン・セーヒョン)が緊急事態宣言下でのイベント開催について行った調査によると「中止にした」が最多、理由は「直接会わないと意味がないと思った」であることが分かりました。

2021年1月28日MaVieフィードバック数:0キャリアとスキル

二度目の緊急事態宣言を受け「働く母親の状況変化・悩み」について緊急調査を実施。9割の母親が不安を感じていると回答

二度目の緊急事態宣言を受け「働く母親の状況変化・悩み」について緊急調査を実施。9割の母親が不安を感じていると回答女性のエンパワーメントを目的に事業を展開する株式会社MaVie(東京都港区、 代表取締役社長:志賀祥子、 以下マヴィ)では、二度目の発令となる緊急事態宣言を受け「働く母親の状況変化・悩み」について緊急調査を実施しました。今回の緊急調査では、緊急事態宣言発令に対する働く母親たちの最大の関心ごと「子どもを学校や保育園に預けられるのか否か」を中心に問い、それによって生じる問題や悩みについて情

2021年1月26日ヤフーフィードバック数:0社会/政治

緊急事態宣言発令直後の首都圏主要駅の人出調査レポート

Yahoo! JAPANトップページの機能を正しくご利用いただくには、下記の環境が必要です。Windows:Internet Explorer 11.0以上 / Chrome 最新版 / Firefox 最新版 / Microsoft Edge Macintosh:Safari 9.0以上※Internet Explorer 11.0以上をご利用の場合は、「Internet Explorerの互換表示について」を参考に、互換表示の無効化をお試しください。 緊急事態宣言発令直後の首都圏主要駅

2021年1月25日NEXERフィードバック数:0社会/政治

【緊急事態宣言発出】一都三県在住の87.3%が「遅すぎる」と回答

/ / 【緊急事態宣言発出】一都三県在住の87.3%が「遅すぎる」と回答【緊急事態宣言発出】一都三県在住の87.3%が「遅すぎる」と回答今回の「緊急事態宣言発出時期」について、どう思いますか?2021年1月7日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が発出されました。今回の緊急事態宣言は、東京・埼玉・千葉・神奈川の一都三県が対象となり、期間は2月7日までとされています。日本トレンドリサーチで2021年1月、緊急事態宣言発出前に実施した調査では「一都三県を対象とした緊急事態宣言発

2021年1月22日NEXERフィードバック数:0社会/政治

【二度目の緊急事態宣言】72.5%は「発令に賛成」、中には“遅い”の声も

/ / 【二度目の緊急事態宣言】72.5%は「発令に賛成」、中には“遅い”の声も【二度目の緊急事態宣言】72.5%は「発令に賛成」、中には“遅い”の声もこの時期においての「一都三県を対象とした緊急事態宣言」について、どう思いますか?菅義偉首相が、2021年1月4日の会見で、緊急事態宣言を再発令する方針を打ち出しました。緊急事態宣言については、現在、東京・神奈川・千葉・埼玉の一都三県を対象とした再発令を検討しており、経済への影響を最小限に抑えたいとして、限定的な措置を講じるようです。今回は、全国

【自主調査】コロナ禍で急増する「ペット」市場!飼い主が抱える悩みを緊急調査!

【自主調査】コロナ禍で急増する「ペット」市場!飼い主が抱える悩みを緊急調査! 【自主調査】コロナ禍で急増する「ペット」市場!飼い主が抱える悩みを緊急調査!新型コロナウイルス感染症に伴う「巣ごもり需要」の影響で、いま、ペット市場が拡大しているといいます。今回は、コロナ禍における「ペット」の購入動向と、犬を飼っている方が抱える悩みについて、自主調査を行いました。なお調査結果のデータは無料配布しております。是非、ご覧ください。 株式会社マーケティングアプリケーションズ(本社:東京都千代田区 代表取締役

2021年1月20日ポケットマルシェフィードバック数:0社会/政治

【緊急事態宣言に関する生産者調査を実施】約4割の生産者が、昨年の緊急事態宣言の発令により売上が減少したと回答

【産直SNS「ポケットマルシェ」が緊急事態宣言に関する生産者調査を実施】約4割の生産者が、昨年の緊急事態宣言の発令により売上が減少したと回答 緊急事態宣言再発令の影響を懸念する声を受け、生産者サポート体制を強化 生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之、以下「当社」)は、緊急事態宣言の発令が生産者の売上に及ぼす影響を調査しました。約4割の生産者は、2020年4月7日(火)の緊急事態宣言の発令によ

2020年12月24日ニットフィードバック数:0ビジネス

【調査結果レポート】コロナ前後のオンラインアウトソーシングの依頼業務発注傾向

【調査結果レポート】コロナ前後のオンラインアウトソーシングの依頼業務発注傾向 日本最大級のオンラインアシスタントサービス「HELP YOU」のトレンド傾向を公開 株式会社ニット(本社:東京都品川区、代表取締役:秋沢崇夫、以下ニット)は、5年前よりフルリモート前提で創業し、現在、400人が日本全国・世界33カ国からオンラインで業務を遂行しています。運営する日本最大級のオンラインアシスタントサービス「HELP YOU」では、2020年1月~10月のアウトソーシングの依頼業務に関する発注者傾向について

2020年12月24日キッズラインフィードバック数:0キャリアとスキル

【働き方意識調査】コロナの影響で85%の人が「働き方やライフスタイルの意識が変化」

【働き方意識調査】コロナの影響で85%の人が「働き方やライフスタイルの意識が変化」全国で24時間スマホで呼べるベビーシッター・家事代行サービス「キッズライン」を運営する株式会社キッズラインは、キッズラインの利用者129名に「新型コロナウイルスによる働き方・ライフスタイルの変化に関する意識調査」に関するアンケート調査を実施。その結果をご報告いたします。新型コロナウイルス(以下、コロナ)の感染拡大を受け2020年4月に発令された緊急事態宣言に関する今回のアンケート調査で、緊急事態措置の実施期間前後で

2020年12月15日あしたのチームフィードバック数:0キャリアとスキル

ジョブ型雇用を導入済・検討中の経営者、70.9%が「会社の制度として副業を認めている」と回答

ニュース2020/11/20ジョブ型雇用を導入済・検討中の経営者、 70.9%が「会社の制度として副業を認めている」と回答 「柔軟な働き方を提示した方が優秀な人材が集まると考えるため」などの声 ~あしたのチーム、「経営者と副業」に関する実態調査を実施〜人事評価サービスを提供する株式会社あしたのチーム(本社: 東京都中央区、代表取締役社長CEO:赤羽 博行、以下あしたのチーム)は、ジョブ型雇用をすでに導入している、もしくは導入を検討している経営者110人を対象に、「経営者と副業」に関する実態調査を

胃の不調に関する実態調査

2000人へ緊急調査! コロナ禍で胃の不調を訴える人は41.3%! うち3人に1人はコロナ禍で胃痛を訴える“コロナ胃痛“か 胃の不調の際に食べたい食品1位は「ヨーグルト」生活者の“健康と暮らし”に関する情報を発信するポータルサイト「マイライフニュース」を運営するヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社(所在地:埼玉県さいたま市、代表取締役:長 誠)では、緊急事態宣言が明けて約4ヶ月経ったいま、コロナ禍における “胃の不調”の実情を知るため、全国の男女2000名を対象にアンケート調査を行いました (

2020年11月6日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「働き方、副業・兼業に関するレポート(2020年)」を発表

「働き方、副業・兼業に関するレポート(2020年)」を発表 緊急事態宣言を境に「在宅勤務・リモートワーク導入」が増加。「副業・兼業」を認める企業は約5割にのぼり、認める企業ほど採用満足度が高い株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2020年1~7月に中途採用業務を行った企業の人事担当者を対象に調査を実施した「働き方、副業・兼業に関するレポート(2020年)」を発表しました。【TOPICS】・「副業・兼業」を認めている企業は約5割にのぼる。副業導入企業は社員の「スキ

2020年10月31日Staueticフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍の運動習慣に関する調査

【コロナ禍の運動習慣に関する調査】感染リスクを懸念して運動不足になる人急増!ジムに行かなくてもいつでもどこでも効果的に体を鍛える方法とは? 半数以上の方が『現在ジムやヨガスタジオに通っていない』と回答 株式会社Stauetic(Bloom)(本社所在地:東京都渋谷区、代表取締役:杉本 行央)は緊急事態宣言発令前にジムやヨガスタジオに通っていた全国20代~40代女性を対象に、「コロナ禍の運動習慣」に関する調査を実施しました。 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言の発令を受けて休業を強い

2020年10月9日リクルート★フィードバック数:0キャリアとスキル

東京の就業者は7割以上がテレワークを経験、44道府県と32.6pt差

プレスリリース記事詳細東京の就業者は7割以上がテレワークを経験、44道府県と32.6pt差 地域で働きつつ都内で働ける選択肢があれば、働き方を変える意向は7割にのぼる 人材確保を望む地方企業、テレワーク導入の必然性高まる株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社⾧:佐藤 学)は、全国の20~60代の 就業者(※)948名に、新型コロナウイルス禍での仕事に関するアンケートを実施しました。調査期間は2020年8月7日~10日です。以下、結果の概要をご報告いたします。 ※ 経営者、

2020年10月2日メディカルネットフィードバック数:0社会/政治

「コロナ禍における歯科医院の経営状況に関する定点調査」 8割以上の医院が従来通りの診療体制へ復帰

「コロナ禍における歯科医院の経営状況に関する定点調査」 8割以上の医院が従来通りの診療体制へ復帰 緊急事態宣言発令前から解除後の現在に至るまでの歯科医院の経営状況をリサーチ 株式会社メディカルネットが運営する歯科医療従事者向け総合情報サイト Dentwave.com(https://www.dentwave.com/)では、会員の歯科医師に対し、2020年4月~2020年9月にて歯科医院の経営状況に関する定点調査を実施いたしました。 ■調査の概要・調査期間:2020年4月~9月(1)4月11日~

2020年9月30日日経HRフィードバック数:0キャリアとスキル

「在宅勤務の継続を希望」9割、通勤負担の軽減大きく

求人を探す求人を紹介してもらう転職ナビ 閉じる 日経メディア注目記事「在宅勤務の継続を希望」9割、通勤負担の軽減大きく 連載企画【ビジネスパーソン700人調査②】今回のテーマは在宅勤務。本調査によると、緊急事態宣言中(月~月)に在宅勤務を経験した人は%で、その約9割が「今後も在宅勤務の継続を望む」と回答した。コロナで急遽在宅に切り替えたケースが大半だが、通勤負担の軽減をはじめ、様々なメリットを感じた人が多かったようだ。出勤の必要性について疑問を持つようになった人も多く「コロナを機に働き方を変え

2020年9月30日集英社フィードバック数:0ライフスタイル

3027人が回答!自粛期間を経ての買い物やファッションに関する意識の変化が明らかに

トレンドがわかる、買える!大人のためのコマースメディア トレンドがわかる、買える!大人のためのコマースメディア 3027人が回答!自粛期間を経ての買い物やファッションに関する意識の変化が明らかに新型コロナウイルスの影響により生活が一変。買い物に行く頻度はもちろん、外出する機会が減るなどライフスタイルも変わりつつあります。その中で購買行動がどのように変化したのか、ファッションに関する意識の変化などHAPPY PLUS STORE会員にアンケート調査を行った結果を大発表!!新型コロナウイルスの影響が

2020年9月28日メルカリフィードバック数:0ライフスタイル

「2020年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査を発表

「2020年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査を発表ポストコロナ、消費やモノに対する意識に変化不要品を「売る」意向、フリマアプリ利用者は昨対比+4.2%、非利用者は+4.0%「中古品の購入・使用への抵抗感」は昨対比+8.4%メルカリ総合研究所(運営:株式会社メルカリ)は、全国のフリマアプリ利用者と非利用者、緊急事態宣言中(2020年4月〜5月)にフリマアプリ利用を始めた方、合わせて1,463名を対象に「2020年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査を

2020年9月17日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

外食利用動向に関する調査

【ぐるなびリサーチ部】外食利用動向に関する調査 月に1回以上の外食利用が8割超え!緊急事態宣言中と比べて1.8倍に 「居酒屋」「焼肉」業態の利用が増加傾向!外食では密を避け、少人数での利用を意識 株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉原章郎)は、ぐるなび会員を対象に、世の中のトレンドに合わせて食に関する様々な調査を実施し、「ぐるなびリサーチ部」として、定期的に情報を発信しています。今回は、緊急事態宣言が発出された4月から直近1か月までの外食利用動向を調査しました。主な結果は以

2020年9月14日レコモットフィードバック数:0キャリアとスキル

経営陣200名/IT管理者200名の計400名に聞いた「コロナ禍における働き方に関する意識調査

経営陣200名/IT管理者200名の計400名に聞いた「コロナ禍における働き方に関する意識調査」 緊急事態宣言をキッカケに3社に2社が新たにテレワーク開始!全社で週3~4日テレワーク実施企業は解除後も増加!発令をキッカケにテレワークを開始した企業の70%以上はセキュリティ未整備であることが明らかにテレワークを支援する株式会社レコモット(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:東郷 剛、以下「レコモット」)は、経営陣(※)200名とIT管理者200名の計400名を対象に、「コロナ禍における働き方に

2020年9月9日アイスタイル★★フィードバック数:0大型消費/投資

新型コロナの影響で化粧品業界にも広がる応援・支援型消費、50.8%が経験

新型コロナの影響で化粧品業界にも広がる応援・支援型消費、50.8%が経験 ~「自分の好きなもの、自分にとって大事なものを守る」ために経済を回す~株式会社アイスタイル株式会社アイスタイル(以下 アイスタイル)ではこのほど、運営するサービス@cosmeのプロデュースメンバーである、15~59歳の女性1655名を対象に、コロナ禍における「応援・支援型消費」の化粧品分野における調査(以下、ユーザーアンケート)を実施しました。 結果、回答者の半数以上が、今までに「応援・支援型消費の経験がある」と回答し、特

2020年8月12日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

職種とテレワークの関係についての調査

職種とテレワークの関係についての調査:すべての職種で、テレワークの頻度が低いとテレワークへの抵抗感が強くなる 事務系の職種では、紙での書類処理や「ハンコ文化」の存在とデジタル化の遅れがテレワークの妨げに 人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎 健一郎、以下「アデコ」)は、日本国内で「営業」、「販売」、「総務・人事」、「財務・経理」、そして「IT(エンジニア)」職に携わる正社員の一

新型コロナウイルス感染症の影響によるカーシェア利用動向の変化

ホームカレコ・カーシェアリングクラブ 個人会員向け意識調査を実施 ~ 新型コロナウイルス感染症の影響によるカーシェア利用動向の変化 ~ カレコ・カーシェアリングクラブ 個人会員向け意識調査を実施 ~ 新型コロナウイルス感染症の影響によるカーシェア利用動向の変化 ~ 緊急事態宣言発令中に落ち込んだカーシェア利用意向は回復基調に 4月以降入会の新規会員 入会のきっかけは5人に1人が「新型コロナウイルス感染症の流行」 2020年7月21日三井不動産リアルティ株式会社 三井不動産リアルティ株式会社(本

2020年7月27日本田技研工業★フィードバック数:0大型消費/投資

緊急事態宣言下のカーライフに関する調査

緊急事態宣言下のカーライフに関する調査

2020年7月24日野村総合研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

有職者6.8万人にリモートワーク調査を実施

野村総合研究所、有職者6.8万人にリモートワーク調査を実施 野村総合研究所、有職者6.8万人にリモートワーク調査を実施~リモートワークの更なる拡大には公務員・事務職の「情報システム」の改善がポイントとなる~ 株式会社野村総合研究所(以下「NRI」)は、2020年5月18日から25日にかけ、全国の生活者(10万人強。うち有職者6.8万人)を対象に、緊急事態宣言下の5月11日(月)~5月17日(日)におけるリモートワークの実施状況や課題などに関するインターネットアンケートを実施しました。本調査で明

コロナ禍に自分の会社が嫌いになった人が約3割!働く女性の“会社愛”を冷めさせた企業の対応とは

コロナ禍に自分の会社が嫌いになった人が約3割!働く女性の“会社愛”を冷めさせた企業の対応とは 私たちの日常を一変させたコロナショック。その影響はあらゆる業界に及び、多くの企業が縮小営業への切り替えや、リモートワークの導入といった対応を余儀なくされました。さらに、混乱を極めた緊急事態宣言の発令前後、SNSでは「うちの会社はリモートワークをさせてくれない」「社員を大事にしていない」などの職場に対する不満の声も目立つように。実際、自分が働いている会社がコロナ禍の対応で下した判断に、不安を覚えた女性も多

2020年7月22日シェアフルフィードバック数:0キャリアとスキル

緊急事態宣言発令によるパート・アルバイトの就業実態の変化を調査

ホーム【プレスリリース】緊急事態宣言発令によるパート・アルバイトの就業実態の変化を調査【プレスリリース】緊急事態宣言発令によるパート・アルバイトの就業実態の変化を調査 ~「スキマ時間で新たな仕事を始めたい」42%、希望職種では飲食・サービス業が19.7pt減少~総合人材サービスのパーソルグループで1日単位のお仕事紹介プラットフォーム「シェアフル」を提供するシェアフル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大友 潤、以下シェアフル)は、緊急事態宣言の解除を受け、パート・アルバイトとして働く全国

2020年7月21日日本気象協会フィードバック数:0社会/政治

気象のプロが見る電力需要への新型コロナの影響

(エネルギー需要分析レポートVol.2)気象のプロが見る電力需要への新型コロナの影響 ~緊急事態宣言解除後、全エリアで電力需要は増加傾向~ エネルギー需要分析レポートVol.1では、2020年4月~5月の日本の電力需要に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響について、気象の専門家の観点から考察をしました。この結果、緊急事態宣言の発表に伴う5月のエリア電力需要は「複数の電力エリアで通常時の約10%減」という解析結果となりました。エネルギー需要分析レポートVol.1(20

2020年7月16日ファンケルフィードバック数:0ライフスタイル

「緊急事態宣言期間中の健康管理とテレワーク業務」に関する意識調査

「緊急事態宣言期間中の健康管理とテレワーク業務」に関する意識調査 20代・30代の約6割が外出自粛にストレスを実感!テレワーク経験者の約9割が今後もテレワークが増えると予想 株式会社ファンケルは、2020年4月7日から5月25日までの緊急事態宣言による外出自粛要請期間中に、週5日以上テレワーク(以下、完全テレワーク)をしていた20代から60代の男女、計500名に「緊急事態宣言期間中の健康管理とテレワーク業務」に関する意識や実態を調査しました。本調査の結果、すべての世代の約半数が外出自粛にストレス

新型コロナウイルス生活影響度調査

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 新型コロナウイルス生活影響度調査(第8回) 2020 / 07 / 06 新型コロナウイルスが消費者の行動や意識に与える影響の把握を目的として、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女2500人を対象に「新型コロナウ

2020年7月15日Retty★フィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言「解除後」の外食行動に関するアンケート調査

「せっかくの外食だからXXな体験がしたい!」消費者の外食に求める期待高まる。緊急事態宣言「解除後」現在の外食行動と意識の変化 日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」を運営するRetty株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武田 和也)は、緊急事態宣言「解除後」の外食行動に関するアンケート調査を実施しました。5月25日に全国の緊急事態宣言が解除され1ヶ月以上が経過し、街には少しずつ活気も戻り始めています。一方で、数ヶ月にも及ぶ自粛生活を経て消費者の行動や気持ちに変化が起こっているの

2020年7月14日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査

【調査リリース】緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査 日用品・化粧品のEC利用や出前・宅配は約7割がアフターコロナでも継続意向 インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女25,382人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後から緊急事態宣言解除後までの消費意識の変遷、そしてアフターコロナにおける消費意欲およびその実施時期に関するア

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ