「緊急事態」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年7月27日本田技研工業★フィードバック数:0大型消費/投資

緊急事態宣言下のカーライフに関する調査

緊急事態宣言下のカーライフに関する調査

2020年7月24日野村総合研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

有職者6.8万人にリモートワーク調査を実施

野村総合研究所、有職者6.8万人にリモートワーク調査を実施 野村総合研究所、有職者6.8万人にリモートワーク調査を実施~リモートワークの更なる拡大には公務員・事務職の「情報システム」の改善がポイントとなる~ 株式会社野村総合研究所(以下「NRI」)は、2020年5月18日から25日にかけ、全国の生活者(10万人強。うち有職者6.8万人)を対象に、緊急事態宣言下の5月11日(月)~5月17日(日)におけるリモートワークの実施状況や課題などに関するインターネットアンケートを実施しました。本調査で明

65歳以上の高齢者1000人に聞いた”withコロナ”実態調査

65歳以上の高齢者1000人に聞いた”withコロナ”実態調査 新型コロナウイルス感染症の感染拡大前より、50%以上が運動量減少を実感全国の緊急事態宣言解除から一ヶ月、日常生活の変化により生じた不調のトップ3は「膝の痛み」「腰痛」「目の疲れ」 オムロン ヘルスケア株式会社(本社所在地:京都府向日市、代表取締役社長:荻野 勲、以下当社)は、65歳から85歳の男女1,000人を対象に、「65歳以上の高齢者1000人に聞いた”withコロナ”実態調査」をおこないました。本調査では、新型コロナウイルス感

2020年7月22日シェアフルフィードバック数:0キャリアとスキル

緊急事態宣言発令によるパート・アルバイトの就業実態の変化を調査

ホーム【プレスリリース】緊急事態宣言発令によるパート・アルバイトの就業実態の変化を調査【プレスリリース】緊急事態宣言発令によるパート・アルバイトの就業実態の変化を調査 ~「スキマ時間で新たな仕事を始めたい」42%、希望職種では飲食・サービス業が19.7pt減少~総合人材サービスのパーソルグループで1日単位のお仕事紹介プラットフォーム「シェアフル」を提供するシェアフル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大友 潤、以下シェアフル)は、緊急事態宣言の解除を受け、パート・アルバイトとして働く全国

2020年7月21日日本気象協会フィードバック数:0社会/政治

気象のプロが見る電力需要への新型コロナの影響

(エネルギー需要分析レポートVol.2)気象のプロが見る電力需要への新型コロナの影響 ~緊急事態宣言解除後、全エリアで電力需要は増加傾向~ エネルギー需要分析レポートVol.1では、2020年4月~5月の日本の電力需要に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響について、気象の専門家の観点から考察をしました。この結果、緊急事態宣言の発表に伴う5月のエリア電力需要は「複数の電力エリアで通常時の約10%減」という解析結果となりました。エネルギー需要分析レポートVol.1(20

2020年7月16日ファンケルフィードバック数:0ライフスタイル

「緊急事態宣言期間中の健康管理とテレワーク業務」に関する意識調査

「緊急事態宣言期間中の健康管理とテレワーク業務」に関する意識調査 20代・30代の約6割が外出自粛にストレスを実感!テレワーク経験者の約9割が今後もテレワークが増えると予想 株式会社ファンケルは、2020年4月7日から5月25日までの緊急事態宣言による外出自粛要請期間中に、週5日以上テレワーク(以下、完全テレワーク)をしていた20代から60代の男女、計500名に「緊急事態宣言期間中の健康管理とテレワーク業務」に関する意識や実態を調査しました。本調査の結果、すべての世代の約半数が外出自粛にストレス

2020年7月15日Retty★フィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言「解除後」の外食行動に関するアンケート調査

「せっかくの外食だからXXな体験がしたい!」消費者の外食に求める期待高まる。緊急事態宣言「解除後」現在の外食行動と意識の変化 日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」を運営するRetty株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武田 和也)は、緊急事態宣言「解除後」の外食行動に関するアンケート調査を実施しました。5月25日に全国の緊急事態宣言が解除され1ヶ月以上が経過し、街には少しずつ活気も戻り始めています。一方で、数ヶ月にも及ぶ自粛生活を経て消費者の行動や気持ちに変化が起こっているの

2020年7月14日リブセンスフィードバック数:0キャリアとスキル

【新型コロナ】減収したアルバイト層の過半数、6月も収入回復せず

2020/07/01 【新型コロナ】減収したアルバイト層の過半数、6月も収入回復せず(マッハバイト調べ) マッハバイトがサイト利用者を対象とした第2回・新型コロナウイルスの影響に関するアンケート調査の結果を公開株式会社リブセンス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:村上太一、東証一部:6054)が運営する成功報酬型アルバイト求人サイト「マッハバイト」(https://j-sen.jp/)は、新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う外出自粛要請等がパートタイム・有期雇用の労働者に与える影響を測る

2020年7月14日ヴァリューズフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査

【調査リリース】緊急事態宣言解除後の消費者行動&実施時期を調査 日用品・化粧品のEC利用や出前・宅配は約7割がアフターコロナでも継続意向 インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸、以下「ヴァリューズ」)は、国内の20歳以上の男女25,382人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大後から緊急事態宣言解除後までの消費意識の変遷、そしてアフターコロナにおける消費意欲およびその実施時期に関するア

2020年7月9日ランク王フィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除後もネット通販が定着?自粛期間前後の購買経路を調査

緊急事態宣言解除後もネット通販が定着?自粛期間前後の購買経路を調査 "買うを楽しく簡単に"するサービス「ランク王(https://rank-king.jp/)」では、購買に関するトレンドやユーザーの意識調査を行い、様々な結果を公表します。今回は、「自粛期間前後の購買経路の変化に関する調査」を実施しました。 2020/06/26 更新 楽天BLACK FRIDAY開催中!\11/18(木) 22:00〜11/23(火) 01:59/ポイント最大43倍!エントリーはこちらから! コロナ禍では、

2020年7月8日LINEフィードバック数:0マーケティング

緊急事態宣言期間中における「LINE」利用動向に関するレポートを発表

緊急事態宣言期間中における「LINE」利用動向に関するレポートを発表2020.06.29ALL コミュニケーションツールとしてだけでなく、生活を支えるインフラとしての価値を拡大ユーザー利用では、グループ/ビデオコミュニケーションや情報収集としての利用が飛躍的に増加さらに、企業とユーザーを直接つなぐ情報発信ツールとして、LINE公式アカウント新規開設数も増加LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」において、緊急事態宣言期

緊急事態宣言解除後のメディア接触調査

~博報堂DYメディアパートナーズ「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」を実施~新型コロナウイルスの感染拡大を受けたメディアライフの変化。注視すべきは「時間」ではなく、「情報態度」と「利用行動」 博報堂DYメディアパートナーズ2020年7月7日●緊急事態宣言解除後のメディア接触時間は、1月末と同程度の水準———-99.2 % ●時間の変化はないが、情報態度が変化———-「向き合う」「確かめる」「なごむ」 ●わずか4カ月間で伸びた———-デジタル系新メディアサービスの利用行動株式会社博報堂DYメデ

2020年7月6日TableCheckフィードバック数:0ライフスタイル

VSコロナ時代の飲食業界ニューノーマル意識調査 テイクアウト等、7割近く「今後も継続」

ーVSコロナ時代の飲食業界ニューノーマル意識調査ー テイクアウト等、7割近く「今後も継続」半数が営業時間短縮、 3/4が稼働席数減 9割以上が営業中も、店内飲食のみの経営、限界浮き彫りに前年同期比売上が「激減」と回答の飲食店は半数超 9割以上が、前年同期比の売上が「減った」と回答営業自粛中に新たにはじめたサービス、トップは「テイクアウト」 7割近くが今後も継続予定と回答、新規顧客層開拓にメリットテイクアウト注文数、底堅い動き 緊急事態宣言解除後も、消費者ニーズ継続半数が営業時間短縮、 3/4が稼

2020年7月6日月刊総務フィードバック数:0ビジネス

緊急事態宣言中に完全リモートワークができた総務は1.6% 出社理由は1位「郵便物の対応」2位「契約書等の押印」

緊急事態宣言中に完全リモートワークができた総務は1.6% 出社理由は1位「郵便物の対応」2位「契約書等の押印」 〜「総務は会社にいるもの」という固定概念を変える必要性を訴える声も〜日本で唯一の総務専門誌『月刊総務』を発行する株式会社月刊総務(所在地:東京都千代田区、代表取締役:豊田健一)は、全国の総務担当者320名を対象に、「総務のリモートワークの実態」に関する調査を実施いたしました。 【調査結果 概要】緊急事態宣言中に完全にリモートワークができた総務は1.6%出社理由は1位「郵便物の対応」2位

2020年7月1日ゼネラルリサーチフィードバック数:0ライフスタイル

「withコロナ・afterコロナ時代のオフライン飲み会」に関する調査

「withコロナ・afterコロナ時代のオフライン飲み会」に関する調査 【withコロナ・afterコロナ時代は飲み会のスタイルも変わる!?】テレワーク中に感じた「コミュニケーション不足」を解決する“オフライン飲み会”の理想形とは…?この度、ゼネラルリサーチ株式会社(代表取締役:五條 寿朗、本社:東京都渋谷区)は、「withコロナ・afterコロナ時代のオフライン飲み会」に関する調査を、全国20代〜50代の会社員と従業員100名以上の企業経営者を対象に実施いたしました。新型コロナウイルスの感染

2020年6月30日電通★★フィードバック数:0ライフスタイル

電通、新型コロナウイルス日米定点生活者意識調査第4回目を実施

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやインフォメーションなどをご覧いただけます。 IR情報株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。 電通、新型コロナウイルス日米定点生活者意識調査第4回目を実施2020年6月30日外出自粛緩和するも、日米共に第二波に対して高い懸念。日本の外出時の感染への危機意識は米国よりも30%高い株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、2020年6月上旬

2020年6月30日明日香フィードバック数:0キャリアとスキル

69.4%の保育士が「保育園再開後に不安」と回答

保育士・幼稚園・ベビーシッターの求人・派遣などの総合保育サービス【明日香】 【ニュースリリース】69.4%の保育士が「保育園再開後に不安」と回答! 新型コロナ禍における子どもとの距離感に 不安の声を抱える保育士多数 〜「感染者がでた場合の対応」など、保育士のコロナ対策研修希望の声! 明日香、緊急事態宣言下における「保育士の実態把握調査」を実施〜 総合保育サービスを提供している株式会社 明日香(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 :萩野 吉俗、以下 明日香)は、緊急事態宣言下における「保育士の実態

2020年6月30日キラメックスフィードバック数:0キャリアとスキル

6月以降も在宅勤務継続75%以上。今後も在宅勤務を希望する人が増える見込み

報道関係各位2020年6月23日 キラメックス株式会社6月以降も在宅勤務継続75%以上。今後も在宅勤務を希望する人が増える見込み当社は、IT企業の社員を対象に「新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う勤務形態の変化」をテーマにした調査を実施いたしました。■調査結果サマリ・全体の約9割の企業が2020年5月までに在宅勤務を導入済み。・在宅勤務になったことで「自宅から移動する手間や時間が不要な点」や、「自分のペースで仕事ができる点」が良かった点として挙げられた。・全体の約8割の企業が6月以降も在宅勤務

2020年6月29日HENNGEフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のテレワークとVPN利用に関する調査結果

ニュース企業のテレワークとVPN利用に関する調査結果 HENNGE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小椋 一宏)は、2020年6月に緊急事態宣言下の企業におけるテレワークとVPNに関する調査を実施しましたので、その結果を公表します。調査概要:企業のテレワークとVPN利用に関する企業調査 有効回答:309件 調査日: 2020年6月8日〜6月9日 調査方法:インターネット調査(調査委託先:株式会社マクロミル) 調査対象:従業員数100名以上の企業で情報システム部門に従事される方 その他

2020年6月29日日本気象協会フィードバック数:0社会/政治

気象のプロが見る電力需要への新型コロナの影響 ~電力需要は通常時の約10%減~

(エネルギー需要分析レポートVol.1)気象のプロが見る電力需要への新型コロナの影響 ~電力需要は通常時の約10%減~ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大の影響は、経済や社会情勢に大きな影響を及ぼしています。その影響は、経済・社会情勢を如実に反映する電力需要にも表れています。今回は、緊急事態宣言が出された2020年4月から5月にかけて、日本の電力需要に対する新型コロナウイルス感染拡大の影響を気象の専門家の観点から解説します。1.気象傾向に違い 電力需要の単純比較は難しい一般的

2020年6月29日ライボフィードバック数:0キャリアとスキル

緊急事態宣言後の働き方8割が「変化あり」、在宅ワーク(リモート業務)8割が「肯定的」と回答

NavigationNEWS匿名相談サービス「JobQ」~緊急事態宣言後の働き方アンケートを実施~株式会社ライボが運営する、キャリアや転職に特化したサービス『JobQ』は、約1,680名の社会人及び学生を対象に、「緊急事態宣言解除後の働き方に関するアンケート」を実施しました。【緊急事態宣言後の働き方8割が「変化あり」、在宅ワーク(リモート業務)8割が「肯定的」と回答(キャリアや転職に特化したサービス『JobQ』が調査)】結果は以下の通りです。【緊急事態宣言後の働き方の変化】【緊急事態宣言中、在宅

2020年6月26日カラダノートフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言後の生活と心の変化を調査

2020. 06. 15 カラダノート、緊急事態宣言後の生活と心の変化を調査約6割がコロナ禍を経て、家族への感謝の気持ち向上〜子育て世代最新トレンド〜「家族の健康を支え笑顔をふやす」をミッションとし、家族のライフステージごとの意思決定支援サービスを行なう株式会社カラダノート(東京都港区/代表:佐藤竜也/以下当社)は、当社が運営するメディア『カラダノートママびより』関する調査(調査期間:2020年6月5日〜2020年6月8日)を実施しました。(n=334)■コロナ禍でパートナーとの関係に変化の兆し

2020年6月25日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルスが消費者心理に及ぼす影響を、定点観測調査から分析

新型コロナウイルスが消費者心理に及ぼす影響を、定点観測調査から分析~ 1都3県のテレワーク実施率、6月第1週時点で40% ~ 2020年6月12日 株式会社マクロミル (コード番号:3978 東証一部) 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役社長 グローバルCEO:スコット・アーンスト 以下、当社)は、新型コロナウイルスが消費者心理に与える影響について、定点観測データからタイムリーに把握し、時系列で分析して毎月公開しています。本取り組みは、マーケティングリサーチ会社である当社が果た

2020年6月24日エーピーシーズフィードバック数:0キャリアとスキル

【第2回 新型コロナ関連アンケート】緊急事態宣言の解除から1週間、就業状況の変化を調査

【第2回 新型コロナ関連アンケート】緊急事態宣言の解除から1週間、就業状況の変化を調査【第2回 新型コロナ関連アンケート】緊急事態宣言の解除から1週間、就業状況の変化を調査マイナビグループである株式会社エーピーシーズは、運営する給与前払い福利厚生制度「速払いサービス」の利用登録者を対象に、2020年6月1日から2020年6月7日にかけて「【第2回】新型コロナウィルスの影響に関するアンケート調査」を実施しました。今回は男女2,241人の回答を基に調査結果を公開します。調査概要調査名称:【第2回】新

2020年6月23日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

「第3回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年6月)

博報堂生活総合研究所「第3回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年6月)緊急事態宣言解除後の「生活自由度」は57.0点 前月から約6ポイント上昇 健康や経済への【不安】は減少、外食や買い物の【行動抑制】も減少 生活者の行動は緩やかに「家から外へ」とシフト株式会社博報堂(本社:東京都港区)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は2020年6月、新型コロナウイルスの感染が拡大している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施いたしました(調査実施は6月4〜

2020年6月22日ビッグローブフィードバック数:0ライフスタイル

第2波に備えて準備しているものは「マスク・消毒用品」「生活資金」 BIGLOBEが「withコロナに関する意識調査」第2弾を発表

プレスルーム第2波に備えて準備しているものは「マスク・消毒用品」「生活資金」BIGLOBEが「withコロナに関する意識調査」第2弾を発表~今後の予測、「通販」「映像配信」利用増も、「劇場」「ジム」「映画館」利用減~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、新型コロナウイルス流行で発出された緊急事態宣言の解除後に「withコロナに関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第2弾を発表します。本調査は、社会人として働いている全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しまし

2020年6月17日au損害保険フィードバック数:0ライフスタイル

新しい生活様式「自転車通勤」新型コロナ前はどうだった?

~新しい生活様式「自転車通勤」 新型コロナ前はどうだった?~ 会社で自転車通勤を認められている人 50.1% au損害保険株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田隆章、以下、au損保)は、東京都在住で週1回以上自転車を利用している会社員を対象に、自転車通勤の実施率やその実態を調査しました。 環境に優しい、交通渋滞を緩和する、健康の維持増進に役立つなど、近年注目を集めている自転車通勤。一方で、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により、また新たなメリットが見いだされています。政府から発

2020年6月17日ビッグローブフィードバック数:0ライフスタイル

第1波が収まっても自宅の外に出ることに「抵抗ある」7割強 BIGLOBEが「withコロナに関する意識調査」第1弾を発表

プレスルーム第1波が収まっても自宅の外に出ることに「抵抗ある」7割強 BIGLOBEが「withコロナに関する意識調査」第1弾を発表~緊急事態宣言の解除後、リモートワーク「していない」7割弱~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、新型コロナウイルス流行で発出された緊急事態宣言の解除後に「withコロナに関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、社会人として働いている全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は緊急事態宣言

2020年6月16日ビデオリサーチ★★フィードバック数:0マーケティング

コロナ禍で変化し続けるテレビ視聴と視聴スタイル -地域比較で見えた実態とは-

ニュース コロナ禍で変化し続けるテレビ視聴と視聴スタイル -地域比較で見えた実態とは-コロナ禍で変化し続けるテレビ視聴と視聴スタイル 株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長執行役員:望月 渡)は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う、テレビ視聴状況を含む生活者の生活動向の変化をまとめましたので、お知らせいたします。今回は5月末までのテレビ視聴動向をまとめ、4月23日にお知らせした内容との比較や、地区別のテレビ視聴動向など新たな視点も追加して、ご紹介いたします。 ◇緊急事態宣言

2020年6月16日C Channelフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルスに関するアンケートを実施 F1層の緊急事態宣言解除後の動向は?

2020.06.05 | PRESS RELEASEC CHANNEL、新型コロナウイルスに関するアンケートを実施 〜F1層の緊急事態宣言解除後の動向は?〜 やりたいことトップは「友だちに会う」、買いたいものは「衣類」と「化粧品」C Channel株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:森川 亮)が運営する日本最大規模の女性向け動画メディア「C CHANNEL」は、メイン視聴者であるF1層に向けて緊急事態宣言解除後に関する意識調査を実施しました。<TOPICS>・新型コロナウイルスにより収入

調査報告 第8弾|緊急事態宣言解除後のスーパーや百貨店等9業種の店舗周りの人流変化調査

>> 調査報告 第8弾|緊急事態宣言解除後のスーパーや百貨店等9業種の店舗周りの人流変化調査調査報告 第8弾|緊急事態宣言解除後のスーパーや百貨店等9業種の店舗周りの人流変化調査来訪者数は宣言解除前比較で10-40%増加も昨年同期比で20-30%減の業種も~9業種の人流変化と全国12箇所の人流変化が一目でわかるウェブページを本日公開~クロスロケーションズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小尾一介)は、自社開発する位置情報ビッグデータ活用プラットフォーム「Location AI Platf

「新型コロナウイルス流行下での生活習慣の変化」第4弾調査を公開しました

TopNews仕事時間・勤務形態の違いが健康格差を生み出す結果に! 「新型コロナウイルス流行下での生活習慣の変化」第4弾調査を公開しました2020.06.02仕事時間・勤務形態の違いが健康格差を生み出す結果に! 「新型コロナウイルス流行下での生活習慣の変化」第4弾調査を公開しました 緊急事態宣言後に「仕事なし」「労働時間増加」でメンタル不安約5割仕事時間・勤務形態の違いが健康格差を生み出す結果に!“在宅ワーク”と“コロナ不安”でゆとりない人の飲酒が増加、歩数が減少株式会社リンクアンドコミュニケー

2020年6月12日ぱどフィードバック数:0ライフスタイル

ユーザーアンケート企画「自粛期間の過ごし方」

ユーザーアンケート企画「自粛期間の過ごし方」ぱどグループが提供するアプリ”ぱどにゃんこチェックが、第46回アンケート企画「自粛期間の過ごし方に関するアンケート」を実施致しました。 【調査概要】実施時期:2020/5/10(日)~2020/5/14(木)調査対象者:ぱどにゃんこチェックアプリをお使いのユーザ様有効回答数:2,819件回答方法:ぱどにゃんこチェックアプリからの回答性別:女性 1,935(68.6%)、男性 884(31.4%)年代:30代 733(26.0%)、40代 900(31.

6月は新1年生の事故に要注意!学校再開を前に緊急調査

三井ダイレクト損保 | 6月は新1年生の事故に要注意!学校再開を前に緊急調査サービスメニューユーザーメニューアクシデントメニュー ?M 6月は新1年生の事故に要注意!学校再開を前に緊急調査2020年06月01日MS&ADインシュアランス グループの三井ダイレクト損害保険株式会社(取締役社長:宮本晃雄/URL:https://www.mitsui-direct.co.jp/)は、おもに6月から学校が再開する小学1年生のママ・パパを対象に、交通安全意識の実態調査を行いました。調査の背景家族や園が送り

緊急事態宣言解除後のテレワークの実態について調査結果を発表

ホームニュース一覧緊急事態宣言解除後のテレワークの実態について調査結果を発表テレワーク実施率は全国平均で25.7%。4月に比べて2.2ポイント減少 緊急事態宣言解除後のテレワークの実態について調査結果を発表 テレワーク実施率は全国平均で25.7%。4月に比べて2.2ポイント減少テレワーク継続希望は69.4%と16.2ポイント増。出社再開者の18.8%は「会社方針」が理由 テレワーク実施率の増減は、職種・業種・企業規模により二極化の傾向あり  株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都千代田区、

2020年6月9日HRソリューションズフィードバック数:0キャリアとスキル

【調査レポート】雇用情勢の下げ止め アルバイト求人動向 底打ちの兆し

【調査レポート】雇用情勢の下げ止め アルバイト求人動向 底打ちの兆し【雇用調査レポート】緊急事態宣言の解除と「雇用情勢の下げ止め」 アルバイト求人動向は「底打ち」の兆しあるも厳しさが続く 人材採用・雇用支援プラットフォームを展開するHRソリューションズ株式会社(東京都中央区、代表取締役:武井繁、以下 当社)は、新型コロナウイルスの影響による雇用情勢の変化を調査しました。 ■ 調査の背景など新型コロナウイルス感染症の影響により、飲食店などに代表される「需要減」産業分野が休業、或いはそれに類する状況

2020年6月9日ネオマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言解除に伴う消費者意識調査

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 リサーチ・市場調査ならネオマーケティング リサーチに関する市場調査レポート 緊急事態宣言解除がもたらすwithコロナの消費者行動への影響とは?緊急事態宣言解除に伴う消費者意識調査 関東でも解除された緊急事態宣言 宣言解除がもたらす消費者行動への影響とは? 緊急事態宣言解除がもたらすwithコロナの消費者行動への影響とは?緊急事態宣言解除に伴う消費者意識調査3人に2人は緊急事態宣言解除前とは違う生活スタイル

2020年6月5日SARAHフィードバック数:0社会/政治

緊急事態宣言が及ぼす飲食店利用動向

緊急事態宣言解除後、飲食店を利用したい人は8割超え! 全国の男女に聞いた「緊急事態宣言が及ぼす飲食店利用動向」 テイクアウトは約8割の人が利用しラーメンなど意外なメニューも人気 一方で今後は落ち着く兆しが おいしい一皿が集まるグルメコミュニティアプリ「SARAH(サラ)」を運営する株式会社SARAH(本社:東京都、代表取締役:髙橋洋太)は、SARAHアプリを利用したことがあるユーザーを対象に「緊急事態宣言における飲食店利用実態」をテーマにwebアンケート調査を実施したしました。また、SARAHア

2020年6月4日NEXERフィードバック数:0マーケティング

【おうち時間】75%の人はユーチューバー動画を見ていない?

/ / 【おうち時間】75%の人はユーチューバー動画を見ていない?【おうち時間】75%の人はユーチューバー動画を見ていない?おうち時間、ユーチューバーの動画を見ていますか?5月14日、ようやく39県を対象に緊急事態宣言が解除されました。緊急事態宣言の発出から約1ヶ月、外出自粛が求められるようになってからはおよそ2ヶ月が経過しました。この2ヶ月間、インスタグラムを中止に「おうち時間」という言葉が拡がり、さまざまな「おうちエンタメ」が改めて注目されました。日本トレンドリサーチでも、有料動画配信サー

2020年6月1日GEEK WORKSフィードバック数:0ライフスタイル

【新型コロナ】緊急事態宣言解除後も外食減らすが70%、不安の声続出

【新型コロナ】緊急事態宣言解除後も外食減らすが70%、不安の声続出 家にある食材だけで作れるレシピアプリ「pecco(ぺっこ)」(※1)を運営する株式会社GEEK WORKS(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:船越 隆一 ※2)は、全国の10代~60代以上の男女1,010名を対象に緊急事態宣言解除後の食生活の意識変化について調査いたしました。■トピックス1.緊急事態宣言解除後の外食頻度は減るが46%、まだ感染が怖いとの声続出2.オンライン飲み会の経験なしが79%、会えるようになればオンライン

2020年5月28日Insight Techフィードバック数:0社会/政治

第3回「新型コロナウイルス」に関する意識調査

第3回「新型コロナウイルス」に関する意識調査 第3回「新型コロナウイルス」に関する意識調査「新型コロナウイルス」により生活が「変わった」と約90%が回答。 「ワクチン」がないこと、「第2波」が来るかもしれないことへの不安や心配が見られる。 ーインサイトテック ユーザーアンケートー 株式会社Insight Tech(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤友博)が運営する「不満買取センター」上で、第3回「新型コロナウイルス」に関する意識調査を実施しインサイトデータ2,996件をユーザーから収

2020年5月28日マネーツリーフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言後「人への接触」関連支出、昨年比84%減

緊急事態宣言後「人への接触」関連支出、昨年比84%減

2020年5月28日Googleフィードバック数:0キャリアとスキル

3000人に聞いた今・これからの働き方:「テレワークを継続したい」が「継続したくない」を大きく上回る

3000人に聞いた今・これからの働き方:「テレワークを継続したい」が「継続したくない」を大きく上回る3000人に聞いた今・これからの働き方:「テレワークを継続したい」が「継続したくない」を大きく上回る 3000人に聞いた今・これからの働き方:「テレワークを継続したい」が「継続したくない」を大きく上回る これまで、多くの日本人にとってテレワークという言葉は、聞いたことがあっても自分ごとにはなっていなかったと思います。突然それを開始すると言われても、何をどうすればいいの

2020年5月28日カオナビフィードバック数:0キャリアとスキル

【調査レポート】緊急事態宣言解除後の働き方とオフィスのあり方

少人数のオフ会から大規模セミナーまで、豊富なスペースで対応 【調査レポート】緊急事態宣言解除後の働き方とオフィスのあり方|7割新しいワークプレイス導入検討・4割オフィス契約見直し検討【調査レポート】緊急事態宣言解除後の働き方とオフィスのあり方|7割新しいワークプレイス導入検討・4割オフィス契約見直し検討 withコロナにおける働き方の多様化が広がる中、スペースマーケットでは「働き方・オフィスのあり方に関するアンケート調査」を実施しました。 (期間:2020年5月15日~19日/対象:203

2020年5月28日ONE COMPATH★フィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルスの影響による買い物動向の変化を調査

TOP >コラム >調査レポート >主婦約6万人に聞いた!電子チラシサービス「Shufoo!」、 新型コロナウイルスの影響による買い物動向の変化を調査 主婦約6万人に聞いた!電子チラシサービス「Shufoo!」、 新型コロナウイルスの影響による買い物動向の変化を調査 食費「増えた」6割、食料品まとめ買いが急増自粛期間中、半数以上の人の「料理」「ネット閲覧時間」が増加 凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川

2020年5月28日Zenly★フィードバック数:0ライフスタイル

Zenly 「自宅滞在率」都道府県別ランキング/世界国別比較発表

Zenly 「自宅滞在率」都道府県別ランキング/世界国別比較発表 GW中のコロナ感染防止に最も努めたのは、自宅滞在率約78%の「北海道」/世界国別比較 平均値トップは「ニュージーランド」 日本も世界平均を上回る結果Zenly社(本社:フランス、パリ)は、リアルタイムの地図で友達や家族と楽しめるコミュニケーションアプリ「Zenly」における「自宅滞在チャレンジ」のデータを応用した、各都道府県や国別の「自宅滞在率」を発表します。世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、Zenlyではアプリを通じて

2020年5月26日マクロミルフィードバック数:0ビジネス

新型コロナウイルスが及ぼす消費者心理への影響(5月第1週)

Macromill Weekly Index 調査レポート新型コロナウイルスが及ぼす消費者心理への影響(5月第1週) 2020年5月15日 │ マクロミル総合研究所 研究員 村上智章[著] マクロミルでは、新型コロナウイルスによる消費者心理や消費金額などの影響を、定点観測調査データMacromilll Weekly Indexから読み解きお届けしている。今回は、先月に引き続き2020年4月から5月1週までの消費者心理の動向を紹介する。 関心のある話題・ニュースの変化 2020年4月から5月第1

緊急事態宣言解除後、国内旅行は3か月以内に65.2%、海外旅行は6か月以内に47.0%が再開意向

緊急事態宣言解除後、国内旅行は3か月以内に65.2%、海外旅行は6か月以内に47.0%が再開意向 ~日本国内4,000名以上を対象にトラベルズーが緊急調査~ トラベルズー・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木創、以下 トラベルズー)は、旅行好きを中心とした日本国内のメンバー(会員)を対象に、緊急事態宣言解除後の旅行意向に関する調査を実施しました。 【調査結果のサマリー】緊急事態宣言解除後、国内旅行は3か月以内に65.2%、海外旅行は6か月以内に47.0%が再開意向最初の旅行

2020年5月26日アスマークフィードバック数:0ライフスタイル

【月・水・金更新】コロナウイルスに関する調査レポート

公開日:2020.05.29【月・水・金更新】コロナウイルスに関する調査レポート 【月・水・金更新】コロナウイルスに関する調査レポート新型コロナウイルスによる社会混乱・経済影響を顧みて、生活者の意見を正確に伝えることがマーケティングリサーチ会社としての責務だと考え、調査レポートという形で世の中への価値貢献ができるよう、5月末まで毎週3回(月・水・金※祝日除く)新型コロナウイルスに関連する生活者の情報をお届けさせていただきます。本調査レポートでは、日々変わる状況に対して、消費者の意識・実態がどの

2020年5月21日WACULフィードバック数:0社会/政治

「AIアナリスト」のデータから見る「コロナショックの影響」第1弾

「AIアナリスト」のデータから見る「コロナショックの影響」第1弾 追い風をうけた業界・向かい風の中の業界、100サイト緊急調査!訪問数が前年比10倍も1. 緊急事態宣言は1ヶ月程度延長。コロナショックの風は業界別に二極化安倍晋三首相は4月7日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令した。その最初の期限は5月6日までの1ヶ月間というものであった。しかし、新型コロナウイルス(以下、コロナ)の新規の感染者数は減少の傾向にあるものの、累積の感染者数は依然増え続けており、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ