「緊急事態」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年5月21日Insight Techフィードバック数:0キャリアとスキル

「在宅勤務」に関する不満投稿調査

「在宅勤務」に関する不満投稿調査 2020年4月7日の緊急事態宣言以降、「在宅勤務」に関する不満投稿は急増。 投稿内容には在宅勤務のメリット、デメリット、実施における障壁の内容が見られた。 ーインサイトテック 「不満買取センター」に投稿された生活者の声分析ー 株式会社Insight Tech(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤友博)が運営する「不満買取センター」の投稿から、「新型コロナウイルス」の対策として多くの企業が実施している「在宅勤務」に関する内容を2020年1月〜4月の4ヶ月間で抽

2020年5月20日Wizleapフィードバック数:0エンタテインメント

コロナ禍の中「パチンコ店営業再開について」意識調査の結果を発表!

コロナ禍の中「パチンコ店営業再開について」意識調査の結果を発表! コロナ禍の中「パチンコ店営業再開について」意識調査の結果を発表! ライフプラン相談、オンライン保険相談サービス「ほけんROOM(https://hoken-room.jp/)」を運営する株式会社Wizleap(代表取締役社長:谷川昌平)では、家計や保険の最新トレンドを発信すべく、2020年5月ににユーザーからの調査データや様々な調査結果を公表します。 目次を使って気になるところから読みましょう! 2020/5/31まで「緊急事

2020年5月13日ヌーラボフィードバック数:0企業情報システム

IT業界テレワークの導入率、緊急事態宣言を機に85%に増加。

【Backlog総研/調査リリース】IT業界テレワークの導入率、緊急事態宣言を機に85%に増加。捺印業務の簡素化やペーパレス、セキュリティ面の見直し等が進み利用率も向上。 2020年04月22日課題は自宅の業務環境構築。機材不足や子育てとの両立などが障壁に。チームのコラボレーションを促進し、働くを楽しくするツール「Backlog(バックログ)」「Cacoo(カクー)」「Typetalk(タイプトーク)」を運営する株式会社ヌーラボ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:橋本正徳、以下 ヌーラボ)は、プロ

2020年5月11日unerry★フィードバック数:0社会/政治

人流ビッグデータ×AIで見る新型コロナウイルスの影響:緊急事態宣言(4/7)による「外出自粛」への影響調査

ニューストップへ人流ビッグデータ×AIで見る新型コロナウイルスの影響:緊急事態宣言(4/7)による「外出自粛」への影響調査 対象7都府県の外出率は全て低下し、東京都の平日外出率は66.6%から48.1%に。 休日の外出率抑制は関東圏は3月から、関西・福岡では緊急事態宣言後に本格化。 東京都における平日外出先は「商店街など買い物エリアが集中する郊外駅周辺」「集客力の高いスーパーマーケットがあるエリア」「オフィス街」。 リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank®️」を運営する株式会社

2020年5月8日C Channelフィードバック数:0ライフスタイル

緊急事態宣言地域に居住するママへアンケートを実施

mamatas、緊急事態宣言地域に居住するママへアンケートを実施〜44.7%の世帯が収入減少、81.3%が今後衣類購入を減らす予定〜 C Channel株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川亮)が運営するママ向け動画メディア「mamatas(ママタス)」(https://www.mamatas.net/ )のママを調査する「mamatas labo(ママタス ラボ)」では、、緊急事態宣言に伴う生活への影響について、アンケートを実施しました。(アンケート名:緊急事態宣言発令後の暮らしに

2020年5月8日ツナグ働き方研究所フィードバック数:0社会/政治

コロナで仕事が減った人が3割以上!感染より収入減を案じる声が多数

コロナで仕事が減った人が3割以上!感染より収入減を案じる声が多数!【コロナ影響を紐解く調査①】全国の時給で働く人1000人調査 多様な働き方の調査研究機関「ツナグ働き方研究所(https://tsuna-ken.com/ 株式会社ツナググループ・ホールディングス/本社:東京都千代田区/代表取締役社長:米田光宏)」は、正社員としてではなく、パート・アルバイト・派遣など時給で働く全国の15~69歳1,000人を対象に「時給で働く人1000人調査」を実施しました。コロナウイルス感染拡大を受け休業要請

2020年5月8日アトラエフィードバック数:0キャリアとスキル

オンライン面接に関する調査報告

【Green】オンライン面接に関する調査報告 緊急事態宣言後、オンライン面接の希望に90%超の企業が対応 株式会社アトラエ(本社:東京都港区、代表:新居佳英、東証一部証券コード:6194)が運営するIT業界に強い求人メディア「Green(グリーン)」では、新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言発動を受け、転職活動におけるオンライン面接の実施率を調査いたしましたので、その結果をお知らせいたします。 【背景】2020年4月7日、新型コロナウイルス(covid-19)の全国的かつ急速な蔓

2020年5月7日Retty★★フィードバック数:0マーケティング

テイクアウトの認知はSNS経由が4割!!消費者アンケートから見る緊急事態宣言後のテイクアウト事情

テイクアウトの認知はSNS経由が4割!!消費者アンケートから見る緊急事態宣言後のテイクアウト事情 日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」を運営するRetty株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:武田 和也)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大に伴う「緊急事態宣言」の発令を受け、テイクアウトに対する消費者動向を独自に調査しました。その分析結果の概要を、飲食店がテイクアウトを実施する際に活用いただける情報としてまとめましたので、公開いたします。 ■「緊急事態宣言」発

2020年4月22日Geolocation Technology★★フィードバック数:0社会/政治

外出自粛要請への反応から見る地域の差について

このサイトは機能実現・改善のためにCookieを利用します。プライバシーポリシー 外出自粛要請への反応から見る地域の差についてコロナウィルス感染拡大予防対策のため緊急事態宣言とともに、外出自粛が全国的に続く中で、様々なところで人の行動データの分析が行われています。国内唯一のIP Geolocation 情報を提供する当社も、保有するデータで分析を行いました。今回使用したデータは、2月にリリースしました「Wi-Fiスポット情報」の作成途中でできる情報で、主にフリーWi-Fi利用したログ情報(日時,

緊急事態宣言(7都府県)後のテレワークの実態について、全国2.5万人規模の調査結果を発表

ホームニュース一覧緊急事態宣言(7都府県)後のテレワークの実態について、全国2.5万人規模の調査結果を発表テレワーク実施率は全国平均で27.9%。1か月前の13.2%に比べて2倍以上 緊急事態宣言(7都府県)後のテレワークの実態について、全国2.5万人規模の調査結果を発表 テレワーク実施率は全国平均で27.9%。1か月前の13.2%に比べて2倍以上緊急事態宣言後の初日(4月8日)の7都府県の出社率は61.8%。前日比6.2ポイントしか減らず テレワークの不安1位は「相手の気持ちが分かりにくい」

日米経済(週次)予測(2015年6月22日)<日本:民間消費の停滞に加え、純輸出も縮小。4-6 月期成長率予測は3 週連続で低下し0%へ><米国:フォワードガイダンスによる金融政策を排除したが、data-dependentな金融政策に戻れないYellen連銀>

日米経済(週次)予測(2015年6月22日)<日本:民間消費の停滞に加え、純輸出も縮小。4-6 月期成長率予測は3 週連続で低下し0%へ><米国:フォワードガイダンスによる金融政策を排除したが、data-dependentな金融政策に戻れないYellen連銀> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・

Kansai Economic Insight Monthly Vol.26

・ 4月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から低下。一方、5月の実質輸出は2カ月連続で同減少していることから、5月の生産はマイナスの伸びが予想される。・ 5月の貿易は、輸出は27カ月連続で前年比増加。輸入は3カ月連続で減少。結果、貿易収支は3カ月連続の黒字。・ 5月の消費者態度指数、景気ウォッチャー現状判断DIはともに悪化。先行きも悪化しており、円安による物価上昇や原材料コスト増加、電気料金値上げに対する懸念が大きい。・ 2月の関西2府4県の現金給与総額の伸びは前月から減速。3月の関西コアの伸び

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:消費増税1年経過も停滞する民間消費、一方明るさ見える企業設備><米国:連銀が金融政策をdata-dependentと本当に信じているならば、6月のFOMCミーティングで政策金利引き上げを決定すべき>

日米経済(週次)予測(2015年6月15日)<日本:消費増税1年経過も停滞する民間消費、一方明るさ見える企業設備><米国:連銀が金融政策をdata-dependentと本当に信じているならば、6月のFOMCミーティングで政策金利引き上げを決定すべき> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:-3月期GDP2次速報値、民間企業設備と在庫増加の貢献により大幅上方修正><米国:役に立たなかったカレンダーベースのフォワードガイダンスの終結、むしろ弊害だった>

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:-3月期GDP2次速報値、民間企業設備と在庫増加の貢献により大幅上方修正><米国:役に立たなかったカレンダーベースのフォワードガイダンスの終結、むしろ弊害だった> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25

2015年6月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(

Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献>

Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献> 2015年5月20日に公表された2015年1-3月期のGDP1次速報によると、実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)と、2四半期連続のプラス成長となった。市場コンセンサスを上回る回復となったものの、成長に最も貢献した需要項目は民間在庫品増加で、中身に乏しい結果となった。2015年1-3月期の関西経

景気分析です。

第104回景気分析と予測

〈予測のハイライト〉GDP1次速報値によれば、1-3月期実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)と2期連続のプラス。市場コンセンサスを上回る回復となった。しかし、2014年度でみると消費増税の影響が大きく実質成長率は-1.0%のマイナスとなり、前回増税時(+0.1%)と比較して大きく下回った。1-3月期実質GDP成長率への寄与度を見ると、内需は+3.0%ポイント増加し2期連続のプラス。一方、純輸出は-0.7%ポイント減少し4期ぶりのマイナスとなった。内需のうち、実質民間在庫品増

Kansai Economic Insight Monthly Vol.25

3月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに上昇した。結果、2014年度は前年比+6.2%と2年連続の増産であり、前年(同+1.3%)から加速した。4月の貿易は、輸出は26カ月連続で前年比増加し、単月過去最高額を更新。輸入は2カ月連続で減少。結果、貿易収支は2カ月連続の黒字。4月の消費者態度指数は5カ月ぶりに悪化。一方で、景気ウォッチャー現状判断DI、先行き判断ともに改善しており、先行きは不透明。2月の現金給与総額(関西コア)の伸びは横ばい。プラスの伸びを維持したものの、賃金上昇は一服している。3

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期実質GDP成長率は2期連続のプラスだが、中身に乏しい結果><米国:Charles Evansシカゴ連銀総裁 vs. John Williamsサンフランシスコ連銀総裁>

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期実質GDP成長率は2期連続のプラスだが、中身に乏しい結果><米国:Charles Evansシカゴ連銀総裁 vs. John Williamsサンフランシスコ連銀総裁> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JN

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期の実質GDP成長率最終予測は前期比年率+0.6%><米国:米経済分析局(BEA)がより良い景気判断のために新たに発表する2つのTool>

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期の実質GDP成長率最終予測は前期比年率+0.6%><米国:米経済分析局(BEA)がより良い景気判断のために新たに発表する2つのTool> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば

日米経済(週次)予測(2015年5月11日)<日本:日銀4月展望レポートのダウンサイドリスク><米国:支出サイドからの実質GDPが大きく下方修正されたが、現状の景気は堅調と判断できる>

日米経済(週次)予測(2015年5月11日)<日本:日銀4月展望レポートのダウンサイドリスク><米国:支出サイドからの実質GDPが大きく下方修正されたが、現状の景気は堅調と判断できる> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観

2015年5月13日日本商工会議所フィードバック数:0社会/政治

LOBO調査2015年4月

業況DI は、改善も、依然として厳しさ続く。先行きは、回復への期待感広がるもコスト増に懸念全産業合計の業況DIは、▲28.9(前月比+4.3ポイント)。緊急事態宣言等の解除を受けて、時短要請や行動制限が緩和され、外食・観光関連のサービス業では利用客の増加がみられた。製造業、卸売業では飲食料品や電子部品関連が堅調に推移する一方、半導体不足や東南アジアでの感染拡大を背景とした部品の供給制約による、生産活動への影響が継続している。また、鉄鋼などの原材料費や、原油価格を含む資源価格の上昇、最低賃金引上げ

日米経済(週次)予測(2015年5月4日)<日本経済:1-3月期は国内需要の小幅拡大を純輸出の小幅縮小が相殺><米国経済:所得サイドから経済成長率(1-3月期)を見れば、米国経済は少しも悪くない>

日米経済(週次)予測(2015年5月4日)<日本経済:1-3月期は国内需要の小幅拡大を純輸出の小幅縮小が相殺><米国経済:所得サイドから経済成長率(1-3月期)を見れば、米国経済は少しも悪くない> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、

2015年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年4月)<日本:1-3月期は国内需要、純輸出ともに小幅縮小><米国:2016年大統領選の見どころ>

日米経済(月次)予測(2015年4月)<日本:1-3月期は国内需要、純輸出ともに小幅縮小><米国:2016年大統領選の見どころ> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は4

Kansai Economic Insight Monthly Vol.24

2月の鉱工業生産指数は3カ月ぶりに下落した。1-2月平均を10-12月平均と比較すれば+5.0%と基調は堅調。3月の貿易は、輸出は25カ月連続で前年比増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は3カ月ぶりの黒字となり2011年3月以来の2,000億円超となった。3月の消費者態度指数及び景気ウォッチャー現状判断DIはいずれも4カ月連続で改善。インバウンド関連の好調が続いており、消費者心理は改善している。12月の現金給与総額の伸びは前月から加速。1月(関西コア)はプラスを維持したものの、前

日米経済(週次)予測(2015年4月20日)<日本:1-3 月期弱い国内需要、景気回復は純輸出が鍵><Bernanke前連銀議長に水をさされたYellen連銀議長の出口戦略>

日米経済(週次)予測(2015年4月20日)<日本:1-3 月期弱い国内需要、景気回復は純輸出が鍵><Bernanke前連銀議長に水をさされたYellen連銀議長の出口戦略> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベー

日米経済(週次)予測(2015年4月13日)<日本:家計と企業の景況感にねじれ、1-3 月期の景気回復は緩やかにとどまる><米国:1-3月期の景気のスローダウンはソフトパッチの可能性が高い>

日米経済(週次)予測(2015年4月13日)<日本:家計と企業の景況感にねじれ、1-3 月期の景気回復は緩やかにとどまる><米国:1-3月期の景気のスローダウンはソフトパッチの可能性が高い> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的> 中国が主導して設立を予定しているアジアインフラ投資銀行(AIIB)に日本が参加するか否かの議論が盛んに行われている。欧州を始めとして50カ国以上からの参加表明がされる中、4月7日に政府はAIIBへの対処方針を発表し、引き続き日本側が求める公正で透明な組織運営の確約、国際基準の確保を求めていくこととして参加を見送った。しかし、大手メディアや一部識者、野党からは未だに「外部から批判するのでは

日米経済(週次)予測(2015年4月6日)<日本:3月短観も示唆する1-3月期の緩やかな景気回復><米国:正しい景気判断は支出・所得の両サイドから>

日米経済(週次)予測(2015年4月6日)<日本:3月短観も示唆する1-3月期の緩やかな景気回復><米国:正しい景気判断は支出・所得の両サイドから> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となっ

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年3月)<足下雇用改善は著しいが、民間消費の拡大は4-6月期から>

日本経済(月次)予測(2015年3月)<足下雇用改善は著しいが、民間消費の拡大は4-6月期から> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は941人、

関西経済についてのレポートです。

関西の実質賃金上昇は2015年度から

APIRが行った最新の経済予測(Kansai Economic Insight Quarterly No.25)によると、2014年度の関西経済の実質GRP(域内総生産)成長率は-0.4%となる見込みである。2014年度は消費増税による物価上昇が実質所得低下を通じて個人消費を低迷させ、大きな成長抑制要因となった。個人消費増加のためには実質賃金が上昇することが必要であるが、果たして今後実質賃金は上昇していくのか。企業収益の好転、人手不足による賃金上昇圧力、非正規雇用者の賃金増加、消費増税の影響剥落

日本経済(週次)予測(2015年3月16日)<交易条件が大幅改善、純輸出が1-3月期を牽引>

日本経済(週次)予測(2015年3月16日)<交易条件が大幅改善、純輸出が1-3月期を牽引> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,238人。東京パラリンピック開催

日本経済(週次)予測(2015年3月10日)<足下回復は緩やかだが、先行き基調は強まる>

日本経済(週次)予測(2015年3月10日)<足下回復は緩やかだが、先行き基調は強まる> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は941人、その他客

2015年3月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は941人、その他客は7,4

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2015年2月23日)<輸出の持ち直し、1-3月期の日本経済を支える>

日本経済(週次)予測(2015年2月23日)<輸出の持ち直し、1-3月期の日本経済を支える> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は941人、その

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2015年1月-2月)

<要 ?旨>12月の鉱工業生産指数は前月比+0.3%と2カ月ぶりの上昇。結果、10-12月期は前期比+0.1%と2期ぶりに小幅増産となった。1月関西の貿易は、輸出は23カ月連続で増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から-83.6%縮小した。1月の景気ウォッチャー現状判断DIは小幅ながら2カ月連続の改善。訪日外国人の消費の拡大が改善に寄与。先行き判断DIは原油安や賃上げ期待もあり2カ月連続の大幅改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。10、11月の

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

Kansai Economic Insight Quarterly No.25 <緩やかな回復基調にある関西 さらなる力強い成長には好循環の持続が不可欠>

Kansai Economic Insight Quarterly No.25 <緩やかな回復基調にある関西 さらなる力強い成長には好循環の持続が不可欠> <要 ?旨>1. 2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%で、3四半期ぶりのプラス成長となった。成長率の内訳は、内需が+1.4%ポイント、純輸出が+0.9%ポイントであった。内需の増加に寄与したのは民間最終消費支出と民間在庫品増加で、これら以外の内需項目は成長に対する貢献がほとんどなく、自律的な力強い回復とは言えない。

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

第103回景気分析と予測

<予測のハイライト>1. GDP1次速報値によれば、10-12月期実質GDP成長率は前期比年率+2.2%(前期比+0.6%)と3期ぶりのプラス成長となった。しかし、市場コンセンサスを下回り、緩慢な回復を印象付けた。結果、2014年の実質成長率は+0.0%とかろうじてマイナス成長を免れた。2. 2014年の実質GDPの内訳を見れば、民間最終消費支出と民間住宅が前年から大幅減少した。一方、消費増税の影響をあまり受けない純輸出と民間企業設備はそれぞれ実質GDPを押し上げた。2014年は如何に消費増税の

日本経済(週次)予測(2015年2月17日)<訪日外国人消費、日本経済の成長を下支え>

日本経済(週次)予測(2015年2月17日)<訪日外国人消費、日本経済の成長を下支え> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は941人、その他客は

日本経済(週次)予測(2015年2月9日)<10-12月期の実質成長率最終予測は前期比年率+3.9%>

日本経済(週次)予測(2015年2月9日)<10-12月期の実質成長率最終予測は前期比年率+3.9%> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は94

2015年2月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年1月)<10-12月期は外需、民需の回復で4%成長へ>

日本経済(月次)予測(2015年1月)<10-12月期は外需、民需の回復で4%成長へ> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は941人、その他客は

2015年2月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(週次)予測(2015年1月26日)<依然楽観的な日銀の経済・物価の見通し>

日本経済(週次)予測(2015年1月26日)<依然楽観的な日銀の経済・物価の見通し> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は941人、その他客は7

関西経済月次分析(2014年12月-2015年1月)

<要 ?旨>11月の鉱工業生産指数は前月比-4.6%と3カ月ぶりの下落。在庫は高水準であり、今後生産調整が行われる可能性がある。加えて海外需要が停滞すれば、生産に対する影響は大きい。11月関西の貿易は、輸出は21カ月連続で増加した。輸入は3カ月ぶりに減少した。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から改善。12月の景気ウォッチャー現状判断DIは3カ月ぶりの改善。先行き判断DIは6カ月ぶりの改善。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりに前月比改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。10

日本経済(週次)予測(2015年1月19日)<10-12月期実質民間最終消費支出、緩やかながら前期より回復が期待できる>

日本経済(週次)予測(2015年1月19日)<10-12月期実質民間最終消費支出、緩やかながら前期より回復が期待できる> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,62

日本経済(週次)予測(2015年1月12日)<大幅原油安の影響で交易条件は改善、企業収益の改善が期待される>

日本経済(週次)予測(2015年1月12日)<大幅原油安の影響で交易条件は改善、企業収益の改善が期待される> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客

インバウンドです。

訪日外国人の消費による関西各府県への経済効果

訪日外国人の消費による関西各府県への経済効果(Updated:1月23日) 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,238人。東京パラリンピック開催の影響もあり、短期

日本経済(月次)予測(2014年12月)<遅れる生産の回復、緩やかな民間消費の回復>

日本経済(月次)予測(2014年12月)<遅れる生産の回復、緩やかな民間消費の回復> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、8月の総数(暫定値)は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,238人。東京パラリンピ

関西経済月次分析(2014年11-12月)

<要 ?旨>10月の鉱工業生産指数は前月比+0.9%と2カ月連続の上昇。関西の生産は在庫調整局面にあり、今後引き続き注意が必要。11月関西の貿易は、輸出は21カ月連続で増加した。輸入は3カ月ぶりに減少した。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から改善。11月の景気ウォッチャー現状判断DIは2カ月連続の悪化。先行き判断DIは3カ月連続の悪化。同月の消費者態度指数は4カ月連続の前月比悪化で、消費増税直前のボトムと並んだ。消費者心理の停滞感が増してきた。9月の現金給与総額の伸びは関西2府

日本経済(週次)予測(2014年12月22日)<12 月短観は先行きを悲観的に見るが、出始めた大幅円安と原油安の効果>

日本経済(週次)予測(2014年12月22日)<12 月短観は先行きを悲観的に見るが、出始めた大幅円安と原油安の効果> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、10月の訪日外客総数(推計値)は22,100人と入国後の隔離措置期間の短縮などの入国緩和策の影響もあり前月(17,700人)から増加。なお、前々年同月比では-99.1%と大幅減少が続いている。・目的別訪日外客総数(暫定値)をみれば、8月は25,916人となった。うち、観光客は13,304人、商用客は1,374人、その他客は11,238

日本経済(週次)予測(2014年12月9日)<純輸出、10-12月期の成長率を押し上げる>

日本経済(週次)予測(2014年12月9日)<純輸出、10-12月期の成長率を押し上げる> 【ポイント】・JNTO訪日外客統計によれば、9月の訪日外客総数(推計値ベース)は17,700人となった(前月:25,900人)。年前半の月平均(16,049人)を上回ったものの、東京オリンピック・パラリンピックが閉幕したこともあり、9月は2カ月連続で減少した。・JNTO訪日外客統計を目的別にみれば、7月の総数(暫定値ベース)は51,055人となった。うち、観光客は42,621人、商用客は941人、その他

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ