調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 緊急通報サービス

「緊急通報サービス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年7月23日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

バーチャルキー世界市場に関する調査を実施(2019年)

2018年、世界におけるバーチャルキー搭載車輌台数は2,069万台~緊急通報システム義務化を背景に、米国でのインフォテイメントシステムの新車搭載拡大が普及を後押し~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長 水越 孝)は、バーチャルキー世界市場を調査し、市場動向、自動車メーカー・関連企業の動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2018年の世界におけるバーチャルキー搭載車輌台数を2,069万台と推計した。米国におけるエマージェンシーコール(緊急通報システム)の義務化に伴い、バーチャルキーに対

高齢者見守りサービスの市場動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング高齢者見守りサービスの市場動向がまとまりました。 ◆ 2010年の高齢者向け緊急通報、見守り・安否確認サービスの市場規模は約90億円。◆ 2020年に132億円に成長。独居高齢世帯の増加や、高齢者住宅の戸数増加が市場の成長を牽引する。急成長する生活支援サービスとの連携も加速。◆ 独居の親に対する心配・不安は、①体力・足腰の衰え、②健康の不安・病気の治療、③記憶力や物忘れ◆ 独居の親を持つ子供世代の利用意向は68%が「利用を検討」「必要を感じる」。市

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ