「総務省」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年12月26日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~2018年第3四半期~

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 住宅リフォーム市場に関する調査を実施 ~2018年第3四半期~ 2018年第3四半期の住宅リフォーム市場規模は1.4兆円、前年同期比9.9%のマイナスに 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施し、2018年第3四半期の市場規模(速報値)を公表する。 図1. 住宅リフォーム市場の四半期別の市場トレンド推移1.市場概況2018年第3四半期(7~9月)の住宅リフォーム市場規模は1

「2017年9月度チェーンストア販売統計」

チェーンストア販売統計(月報)平成29年9月度速報(平成29年10月24日)(注)① 販売金額には消費税額を含みません。② 構成比は計算処理上必ずしも100%にはなりません。③ パートは正社員に換算した人数で、標準的に労働時間8時間を一人とします。④ 前年同月比の「店舗調整前」は全店ベースの伸び率、 「店舗調整後」は既存店ベースの伸び率を表します。 9月の主なニュース国内で製造される全加工食品への原料原産地を義務付けるよう食品表示基準を改正し、施行された。厚生労働省は、待機児童が4月1日時点で前

2017年5月22日e-statフィードバック数:0マーケティング

統計ダッシュボード

国や民間企業等が提供している主要な統計データをグラフで提供します 市区町村一覧あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行 総務省( 法人番号:2000012020001) 統計局統計ダッシュボード

2016年1月12日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

平成25年土地基本調査(確報集計)

平成25年土地基本調査(確報集計)の公表について 平成27年12月25日 国土交通省では、全国の土地・建物の所有・利用状況等に関する実態を明らかにする「土地基本調査」を5年周期で実施しています。平成25年に実施した調査について、平成26年10月31日に速報集計を公表しましたが、このたび、確報集計を取りまとめましたので、その内容について公表します。  「土地基本調査」は、全国の法人における土地・建物及び全国の世帯における土地の所有・利用状況等に関する実態を全国及び地域別に明らかにし、土地の有効

ウェブアクセシビリティの全ページ調査【国(府省庁等)】

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2015年3月12日アライド・ブレインズ株式会社 印刷用リリース(PDF形式、267KB)この度、国(府省庁、国会、裁判所等)のホームページ50サイトの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するJIS規格(JIS X 8341-3:2010)への対応状況について検証プログラムを用いて調査しました。

情報通信白書についての記事です。

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(後編)--地球規模での共通化進む

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(後編)--地球規模での共通化進む クリップした記事をMyページから読むことができますHere's my content 現代のICTは生活や仕事をどう変えるのか 総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版を解説する本記事、後編ではますます社会や生活に浸透するICTの現在について取り扱う。スマートフォンやタブレットの現状 スマートフォン、タブレットなどが普及して久しいが、これらはライフスタイルやワークスタイルをどう変えているのだ

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(中編)--到来するデータ活用社会

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(中編)--到来するデータ活用社会 田島逸郎 2014年10月15日 07時00分 クリップした記事をMyページから読むことができます Here's my content 総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版を解説する本記事、中編ではビッグデータ、オープンデータなどの「データ」を取り巻く事情について取り扱う。活用が本格的に始まったビッグデータ ここ数年で急激に活用されているビッグデータ。しかし、その現状や実際の活用方針を検討する

情報通信白書の読み解きです。

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(前編)--世界で戦うには何が必要か

「情報通信白書」最新版に見るICTの現在(前編)--世界で戦うには何が必要か 田島逸郎 2014年10月03日 07時00分印刷 クリップした記事をMyページから読むことができます Here's my content 総務省が毎年7月に刊行している「情報通信白書」の平成26年版が刊行された。今年も総務省による調査から各委員会、有識者の見解などを通して、日本や世界の情報通信技術(ICT)の最近のトピックや政府の情報通信政策について広くまとめている本白書は、一読に値するだろう。 今年の特集では、

2014年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

家計調査(2014年1月) ~早めの駆け込みを主因に増加~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:家計調査(2014年1月)発表日:2014年2月28日(金)~早めの駆け込みを主因に増加~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)実質消費支出 (二人以上世帯)実質可処分所得消費性向合計(勤労者世帯)(勤労者世帯)除く住居等(※)前年比20132014前月比前年比前月比前年比前月比季調値1月2月2.40.81.01.82.20.41.30.7▲ 0.1▲ 1.7▲ 0

2014年2月3日厚生労働省フィードバック数:0キャリアとスキル

採用昇任等基本方針に基づく任用の状況の公表について

採用昇任等基本方針に基づく任用の状況の公表について採用昇任等基本方針に基づく任用の状況について ○ 国家公務員法の規定に基づき、職員の採用、昇任、降任及び転任に関する制度の適切かつ効率的な運用を確保するための基本的な方針として、採用昇任等基本方針(以下「基本方針」という。)が平成21年3月3日に閣議決定されています。○ 基本方針においては、能力・実績に基づく人事管理の徹底を図るため、職員の採用年次及び合格した採用試験の種類にとらわれた運用を行ってはならないこと等が定められており、当該基本方針に基

2013年12月8日南都経済研究所フィードバック数:0社会/政治

統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)~総務省「統計トピックス」から~

統計からみた我が国の高齢者(65歳以上)~総務省「統計トピックス」から~

2013年11月5日日経BP★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

スマートデバイス、BYOD、セキュリティ、クラウドがテーマになっています。

企業ネット実態調査2013

日経クロステック トップネットワーク企業ネット実態調査企業ネット実態調査 企業ネット実態調査スマートフォンよりもタブレット端末のほうが利用企業が多い、半分以上の企業は私有端末の業務利用を許可する予定がない、セキュリティ投資は既存製品の更新に終始している、クラウドサービスの普及ペースが鈍った─。日経コミュニケーションが2013年7月から8月にかけて上場企業3200社を対象に実施した「企業ネット/ICT利活用実態調査 2013」からこうした事実が浮かび上がってきた。 毎年恒例の本調査のリポートでは、

2013年2月8日大和総研フィードバック数:3キャリアとスキル

科学技術分野における男女共同参画の動向

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs科学技術分野における男女共同参画の動向 ここから本文です科学技術分野における男女共同参画の動向-平成24年科学技術研究調査から-サマリー平成15年6月に男女共同参画推進本部が決定した「社会のあらゆる分野において、2020年までに、指導的地位に女性が占める割合が、少なくとも30%程度になるよう期待する」という目標の達成に向けて、さまざまな分野で男女共同参画への取り組みが進められている。科学技術の分野でも、多様な視点や発想を取り入れた研究活動

2012年11月12日日経BP★★フィードバック数:3セキュリティ/ネットワーク

スマートフォンにも注目した調査です。

企業ネット実態調査2012

日経クロステック トップネットワーク企業ネット実態調査企業ネット実態調査 企業ネット実態調査スマートフォンよりもタブレット端末のほうが利用企業が多い、半分以上の企業は私有端末の業務利用を許可する予定がない、セキュリティ投資は既存製品の更新に終始している、クラウドサービスの普及ペースが鈍った─。日経コミュニケーションが2013年7月から8月にかけて上場企業3200社を対象に実施した「企業ネット/ICT利活用実態調査 2013」からこうした事実が浮かび上がってきた。 毎年恒例の本調査のリポートでは、

国のホームページのウェブアクセシビリティに関するJIS規格への対応状況

アライド・ブレインズは技術と人との関係を見つめて、これからのビジネス社会を提案するコンサルティング・ファームです。 【プレスリリース】 報道関係者各位2012年7月3日アライド・ブレインズ株式会社アライド・ブレインズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大野勝利、以下、アライド・ブレインズ)は、この度、国(府省庁、国会、裁判所等)のホームページ49サイトの全ページを対象に、高齢者・障害者のホームページ利用への配慮(ウェブアクセシビリティ)に関するJIS規格(JIS X 8341-3:2010)

東日本大震災による情報通信の被害状況と最新対応

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査レポート発刊のお知らせ 東日本大震災による情報通信の被害状況と最新対応以下の事項について、図表などを用いて整理して掲載しています。・ 東日本大震災における情報通信分野の被害状況、復旧対応動向。・ 総務省における情報通信分野の震災対応の状況。・ 大規模災害における情報通信の見直し動向「総務省 検討会」 の状況。・ NTT、KDDI、ソフトバンク等の被害状況、復旧対応の取組み。・ 情報通信における緊急震災復興施策と予算措置の概要。市場調査・コンサル

2008年11月25日日経BPフィードバック数:0マーケティング

ブログを書かない理由は?

ここで1つ問題です。日本人とブログの記事、どっちが多い? 日本の人口は約1億2700万人(総務省8月調査)、ブログの記事は約13億5000万件(総務省1月調査)。1人10本は、記事を書いている計算となる。ところが、月に1回以上更新されるブログは約300万。なので、継続して書いているのは、約40人に1人ぐらい。スパムブログを考えるともう少し少ないのかもしれない。 そこで、1000人のネットユーザーに「ブログを書く」ことについて聞いてみた。現在、ブログを書いている人はほぼ3割。書かない人たちの2割は

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ