「自動化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年12月17日Splunkフィードバック数:0企業情報システム

Splunkによる2021年のデータテクノロジー予測

あらゆるデータへのアクセス、高度な分析、自動化を実現するデータプラットフォーム 詳細はこちら クラウドトランスフォーメーションクラウドジャーニーを加速させて組織を変革 ビジネスレジリエンス不確かな時代のビジネス課題に対応するレジリエンスを構築 デジタルカスタマーエクスペリエンス顧客の求める革新的で円滑なエクスペリエンスを提供 セキュリティリアルタイムの監視と分析がビジネスにイノベーションを起こす DevOps卓越したユーザーエクスペリエンスの提供を加

2020年6月12日BlueMeme★フィードバック数:0キャリアとスキル

緊急事態宣言前後におけるクライアント先に出社しているITエンジニアの働き方の実態調査

BlueMemeはローコードとアジャイルを活用して、システムインテグレーターに頼らない「システム開発の内製化」をサポートします。 システム開発の内製化のために必要なのは、まず、システムの開発のやり方を変えることが必要です。システム開発には多くの人材が必要であり、人材の確保が急務であると考えがちですが、ローコード技術を活用してプログラミングを自動化し、当社独自の開発方法論「AGILE-DX」を活用することで、少人数のIT人材で大規模なシステム開発を実現することができます。ローコード製品は、部分的

2020年4月15日エアトリフィードバック数:0エンタテインメント

エアトリが「自動運転」に関するアンケート調査を実施

自動運転車に「乗ってみたい」が6割超えも 8割以上が「自動運転機能の誤作動」を不安視。 自動車の他に自動運転が普及してほしい乗り物は「路線バス」 ~エアトリが「自動運転」に関するアンケート調査を実施~ One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛ける株式会社エアトリ(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CFO:柴田 裕亮、証券コード:6191)は、20代以上の男女1,086名を対象に「自動運

2020年4月2日エアトリフィードバック数:0ビジネス

業務効率化のポイントは「業務内容を俯瞰して見る」こと 簡易業務も人の手で行っている企業が多数? 労働者の約7割が自動化の必要性を感じた経験あり!

業務効率化のポイントは「業務内容を俯瞰して見る」こと 簡易業務も人の手で行っている企業が多数? 労働者の約7割が自動化の必要性を感じた経験あり! ~エアトリが「業務効率」に関するアンケート調査を実施~ One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛ける株式会社エアトリ(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CFO:柴田 裕亮、証券コード:6191)は、20代以上の男女1,086名を対象に「業務効

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐

「ロボットは仕事を奪うのか?」‐デジタルとの共存による「攻めの働き方改革」のススメ‐ 人事・チェンジマネジメント・コンサルタントコラム 「攻めの働き方改革」を支えると期待されるデジタルワークフォース日本では今、旧来型の仕事の在り方を見直すべく「働き方改革」に関する検討が各方面で活発に行われています。また働き方改革関連法案が今国会に提出される見通しで、大企業を中心に「働き方改革」実行への圧力が大いに高まるものと予想されます。働き方改革は、長時間労働の是正や賃金格差の改善などの労働に関する

2017年8月28日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

駐車支援/自動駐車システム世界市場の調査を実施(2017年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 駐車支援/自動駐車システム世界市場の調査を実施(2017年) ~欧州を中心に駐車支援システムの搭載が進み、2020年頃自動駐車システム実用化始まる~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて駐車支援/自動駐車システムの世界市場について調査を実施した。1.調査期間:2017年3月~6月2.調査対象:自動車メーカー、カーエレクトロニクスメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文

掃除の未来に関する意識調査

15年後、一般家庭の掃除はロボットが担う 88.6%が回答!約7割がテクノロジーの発展やロボットの普及により家事は今より楽になると回答 「掃除の未来に関する意識調査」 アイロボットジャパンPR事務局は、6月8日のロボット掃除機 『ルンバの日』を前に、全国の20代~50代の男女800名を対象に、「掃除の未来に関する意識調査」を実施いたしました。 「アイロボット(iRobot)社」が製造・販売する、家庭用のロボット掃除機「ルンバ」が2002年に誕生してから今年で15年、昨年の2016年10月末までに

2016年6月19日Ipswitch Japanフィードバック数:0ビジネス

IT部門とインテリジェント・システムとの関わりについての調査

[] イプスイッチ社(日本法人:Ipswitch Japan 株式会社、東京都港区、代表者ウィリアム・アトリッジ)は2016年6月16日、同社の提供で実施された独立調査機関、Freedom Dynamics、によるインテリジェント・システムとIT部門との関わりに関する調査結果を発表しました。世界各国のIT部門が、インテリジェント・システムを使った自動化や最適化への適応を促進していることがわかりました。92%がビジネスの成功に対するインテリジェント・システムの重要性を認識している一方、ネットワーク

2016年1月4日オウチーノフィードバック数:0ライフスタイル

「家事の自動化」に関する実態調査

「家事の自動化」に関する実態調査様々な家電の登場によって自動化された家事は多い。最近ではロボット掃除機やネットスーパーなどを活用している人も多いだろう。しかし、まだまだ家事に一定の時間を奪われている人は多いのではないだろうか。特に家事に費やせる時間が少ない兼業主婦たちは、「家事の自動化」についてどう考えているのだろうか。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

特集データ

新着データ

お知らせ