調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 自動車部品

「自動車部品」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

【自動車部品】特許資産規模ランキング、トップ3はデンソー、日立オートモティブ、矢崎総業

【自動車部品】特許資産規模ランキング トップ3はデンソー、日立オートモティブ、矢崎総業 弊社はこのほど、独自に分類した「自動車部品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車部品業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 デンソー、2位 日立オートモティブシステムズ

【自動車部品】特許資産規模ランキング、トップ3はデンソー、日本精工、矢崎総業

【自動車部品】特許資産規模ランキング トップ3はデンソー、日本精工、矢崎総業 弊社はこのほど、独自に分類した「自動車部品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車部品業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2015年4月1日から2016年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 デンソー、2位 日本精工、3位 矢崎総業となりました。

【自動車部品】特許資産規模ランキング、トップ3はデンソー、BOSCH、日立オートモティブ

【自動車部品】特許資産規模ランキング トップ3はデンソー、BOSCH、日立オートモティブ 弊社はこのほど、独自に分類した「自動車部品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車部品業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2014年4月1日から2015年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 デンソー、2位 ROBERT BOSCH(

2015年6月19日マークラインズ★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車分野のランキングです。

2014年度サプライヤー売上高ランキング

各 位2015年6月19日2014年度サプライヤー売上高ランキングを発表マークラインズ株式会社(証券コード3901 東証JASDAQ)マークラインズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:酒井 誠、 )は、2014年度サプライヤー売上高ランキング(各社の自動車事業売上高を米ドル換算で比較、一部推定値を含む)をとりまとめました。上位5社は、ボッシュ、デンソー、マグナ、コンチネンタル、現代モービスで、前年度と同じ順位となりました。北米、欧州、アジア市場で堅調に推移、各社とも売上高は前年度比で概ね5%以上

2015年6月5日日本政策金融公庫フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

中小企業の新興国メーカー開拓戦略─中国自動車メーカーとの取引を実現した日系中小自動車部品メーカーの戦略と課題─

中小企業の新興国メーカー開拓戦略─中国自動車メーカーとの取引を実現した日系中小自動車部品メーカーの戦略と課題─

【自動車部品】特許資産規模ランキング、トップ3はデンソー、アイシン精機、BOSCH

【自動車部品】特許資産規模ランキング トップ3はデンソー、アイシン精機、BOSCH 弊社はこのほど、独自に分類した「自動車部品」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「自動車部品業界 特許資産規模ランキング2014」をまとめました。2013年4月1日から2014年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 デンソー、2位 アイシン精機、3位 RO

2014年4月1日JETROフィードバック数:0ビジネス海外

中国浙江省の産地 靴・自動車部品・アパレル

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 中国浙江省の産地 靴・自動車部品・アパレル(2014年3月) 浙江省は

PwCのレポートです。

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版

グローバルにおける自動車部品サプライヤー業界の統合 2013年版 PwCが2013年に世界的な773社の自動車部品サプライヤーを対象に、30の指標に基づき情報収集および分析を行った結果を要約した調査資料です。地域、規模別、分野別等のさまざまな観点から、サプライヤーの動向を分析し、2014年以降の業界動向を予測しています。主な内容2013年の自動車部品サプライヤーのM&A件数は減少が見込まれているものの、取引規模は増加が見込まれています。買収に積極的な北米のサプライヤーに対して、業績が不振

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ