調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 自己資本比率

「自己資本比率」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年12月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業財務分析調査(2018年)

2018/12/11全国企業財務分析調査(2018年)売上高経常利益率、リーマン・ショック後最高〜 自己資本比率は26.4%、7年連続で積み増し続く 〜はじめに2017年度の企業決算は、景気の緩やかな回復による設備投資の増加や消費者購買意欲の高付加価値製品シフト、訪日外国人観光客の増加によるインバウンド消費の拡大などで、総じて増収増益傾向で推移。一部では過去最高利益を計上した企業も見られた。他方、国内では深刻化する人手不足に加え、最低賃金の改訂も加わって人件費負担が増加。ガソリンなど燃料価格のほ

2018年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業の財務分析(2016年度)

2017/12/8全国企業の財務分析(2016年度)建設業の生産性、リーマン前の約3倍〜 人手不足が顕著な小売、運輸・通信業で伸び鈍化 〜はじめに2016年度の決算は、円高の影響から海外売上高が減少する一方で、高採算品へのシフトや資源価格の回復などを背景として増益企業が相次いだ。特に非製造業は、値上げによる収益力アップで減収ながらも過去最高益となった企業が散見された。2012年12月に始まった景気回復局面がついに「いざなぎ景気」を超え、戦後2番目に長い好景気となることが見込まれている。しかし、海

2017年5月18日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2016年「倒産企業の財務データ分析」調査

公開日付:2017.05.11 2016年(1-12月)の倒産企業の6割は「減収」で、市場ニーズに対応できない企業が目立った。倒産企業の赤字企業率は49.8%と生存企業の2倍超に達し、倒産企業の61.4%は債務超過だった。大手企業の業績に牽引されるかたちで景気は緩やかな拡大を続けるが、業績改善の流れから取り残された中小企業が行き詰まっている構図が鮮明になった。本調査は、東京商工リサーチが保有する財務情報から3期連続データのある2016年の倒産企業544社(個人企業を含む)と生存企業(32万2,0

2016年4月14日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2015年「倒産企業の財務データ分析」調査

公開日付:2016.04.08 2015年(1-12月)に倒産した企業の赤字企業率は46.0%で、生存企業の2倍超を示した。また、借入依存度は平均64.6%で、過剰債務を抱えた企業が目立った。大手企業を中心に好業績が目立つなか、業績改善の動きが鈍い中小企業が多いことがわかった。本調査は、東京商工リサーチが保有する財務情報から3期連続データがある、2015年の倒産企業565社(個人企業を含む)と生存企業(30万4,630社)を無作為に抽出、比較した。最新決算データは2015年12月期まで。 201

2015年3月13日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

2014年「倒産企業の財務データ分析」調査

公開日付:2015.03.13 2014年(1-12月)に倒産した企業の赤字企業率は、生存企業の2倍超だった。また、借入依存度は平均71.2%で、過剰債務を抱えた企業が目立った。輸出企業を中心に好業績が目白押しのなか、景気回復の波に乗れない中小企業は多く、業績改善の動きが鈍いことがわかった。本調査は、東京商工リサーチが保有する財務情報から3期連続データがある、2014年の倒産企業640社(個人企業を含む)と生存企業(27万7,452社)を無作為に抽出、比較した。最新決算データは2014年12月期

2014年12月18日全国地方銀行協会フィードバック数:0ビジネス

地方銀行平成26年度中間決算の概要

地方銀行の決算の状況 地方銀行2018年度中間決算の概要(2018年12月12日公表) 【 要旨】※計数は、特にことわりがない限り地方銀行64行の単体ベース。( )、[ ]内は、前年同期比。前年の計数は本年5月の東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京の合併に伴う遡及調整を行っていない。 1.損益 コア業務純益資金利益が前年同期とほぼ同水準、役務取引等利益が増加し、コア業務純益は前年同期比+3.6%(+194億円)の5,553億円。業務純益コア業務純益が増加したものの、国債等債券関係損益の損超幅の

2014年3月14日東洋経済新報社★フィードバック数:0社会/政治

東大、京大、慶応の順です。

2014年版「大学ランキング」トップ300

最新版「大学ランキング」トップ300東大8連覇、就職に強い東海大や千葉工大など躍進 東洋経済独自の大学ランキング。総合首位は8年連続で東京大学。就職に強い大学が、順位を上げる例が顕著(撮影:尾形文繁) 全国に約750ある大学の中から、「通いたい」と思えるような大学をどう選ぶか。教育がしっかりしている、就職に強いなど、人によって選ぶ基準はさまざまだ。本誌はそうした教育力や就職力に加え、少子化で経営環境が厳しくなっても生き残りうる財務力も含めて総合的に判断し、「本当に強い大学」としてランキングし

2013年12月23日東洋経済新報社★フィードバック数:0ビジネス

ROEでのランキングです。

世界に通用するROEトップ200ランキング

世界に通用するROEトップ200ランキング次のJPX400採用銘柄はここにある!? 首位のガンホーはソフトバンクが筆頭株主。グループでスマホゲーム世界一を狙う(撮影:尾形 文繁) 11月6日に発表された東証の新指数、「JPX日経インデックス400」。2014年1月からの運用が予定されるこの指標の、重要な選定条件の一つとなっているのがROE(自己資本利益率)だ。これは、純利益を自己資本で割って算出する指標で、企業の収益性をはかるものだ。これまで日経225銘柄を構成してきたパナソニックや電力各社

2013年3月25日東洋経済新報社★フィードバック数:108ビジネス

ROEによるランキングです。

IT、ユニクロ強し。本当に儲かっている200社

IT、ユニクロ強し。本当に儲かっている200社今期ROEで探す高収益企業ランキング 孫正義社長率いるソフトバンクが主力企業ではトップ 昨年11月14日に終値で8664円だった日経平均は、同12月には1万円大台を回復。この3月には1万2000を突破するなど、過熱感が高まっている。それでは、株価の背景にある企業業績自体はどうか。儲けっぷりのいい高収益企業を、ROE(自己資本利益率)を使って探してみた。 今期ROEは、今期予想純利益を自己資本で割って算出。自己資本を使ってどれだけの利益を上げられる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ