「自律神経」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2020年3月12日協和フィードバック数:0ライフスタイル

3月18日は睡眠の日!医師に聞く!睡眠の質を良くする12のコツ

3月18日は睡眠の日!医師に聞く!睡眠の質を良くする12のコツ 健康経営で睡眠改善!良い睡眠で免疫力のアップにも!日本の睡眠時間は世界的にも短く、1日の平均睡眠時間が442分と2019年には最短水準※1になっています。眠れない、夜中に起きるなど睡眠の悩みを抱える方は年々増え、睡眠負債が社会課題です。一日に7時間以上寝るのが理想と分かっていても、仕事、家事、育児と忙しく睡眠時間を捻出するのが難しいのが現実です。睡眠時間を変えなくても睡眠の質を上げることで、昼間には心も体もイキイキし、生活の質が上が

涼しくなっても身体がだるい、疲れやすい…その症状は秋バテかも

「秋バテ」とは、暑さが一段落して過ごしやすくなる秋口になって、身体のだるさや疲労感、食欲不振などの不調を抱えている状態です。 「秋バテ」は、夏場の①高温多湿、②紫外線、③冷房冷え、④内臓冷え、⑤寒暖差がおもな要因となります。なかでも、暑さをしのぐための冷房の低い温度設定は、体温調整を司る自律神経のバランスを崩し、疲弊させてしまいます(グラフ②)。また、冷たい飲み物による「冷え」と、室内外と朝晩の寒暖差にも注意が必要です。

現代女性に急増中!?「ほてり冷え」の実態とは

これに対して川嶋先生は以下のように述べています。「体温調節には交感神経が大きく関わっています。冬に寒い屋外に出るだけで、身体が体温を上げようと交感神経がオンになり、身体の末端の血管が収縮して臓器が集まる身体の中心部や頭部に血液が集中します。これにより、血流量が減少した手先足先は冷えやすくなり、血流量が増えた顔はほてります。その後、暖房が効いた温かい室内に入ると血管はゆるみますが、室温が高いため、ほてる感覚は持続します。そして、暖房が効き過ぎていると体温維持のため、発汗しようと交感神経がオン状態に

2015年1月20日エムティーアイ★フィードバック数:0ライフスタイル

ルナルナの調査です。

「朝の過ごし方と“プチ不調”の関係について」の調査

[株式会社エムティーアイ] ,睡眠 朝食 プチ不調 ルナルナ 自律神経

2014年8月12日花王フィードバック数:0ライフスタイル

今夏は、ゲリラ豪雨と猛暑に襲われる “だるさ前線”に要注意!? 夏の「内臓冷え」、「自律神経の乱れ」からくる 『秋バテ』にご用心!

[花王株式会社] ,冷え 秋バテ 温活 ゲリラ豪雨 自律神経 血めぐり 渡邉賀子 内臓冷え 冷房冷え 炭酸入浴

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

特集データ

新着データ

お知らせ