「自民党」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年10月17日ブレインパッド★★フィードバック数:0社会/政治

2017年衆院選をデータから分析! Twitterで話題の「政党」、「政策」が明らかに

2017-10-172017年衆院選をデータから分析! Twitterで話題の「政党」、「政策」が明らかにソーシャルリスニングまなぶ10月22日(日)に投開票を迎える2017年衆議院議員総選挙(衆院選)。Twitterでのつぶやきから、各政党への反応や、注目されているキーワードを分析しました。 こんにちは、ブレインパッド Crimson Hexagonチームの福江です。昨年公開した「2016年参議院議員選挙」に関するソーシャルメディア分析、「東京都知事選の主要候補者」に関するソーシャルメディア分

2016年7月19日Twitter★★フィードバック数:0社会/政治

2016年 #参院選 を振り返って

第24回参議院議員通常選挙は与党の自民党・公明党が改選過半数を大幅に上回るという結果で終わりました。今回の選挙においてTwitter上でどのような議論やトピックがなされたのか振り返った結果をご紹介いたします。Twitterで話題になった政党 選挙期間中、Twitterで話題になっていた上位三政党は「自民党」「民進党」「共産党」でした。期間中に各政党についてツイートした方が、各政党について何回ツイートしているかを調べてみました。1人平均9回以上ツイートされている政党もあれば、3回程度の政党もあった

2015年3月1日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第665回 時事世論調査〔2015年1月結果〕

■「中央調査報(No.688)」より1月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比1.8ポイント増の47.2%となりわずかに持ち直した。不支持率は同1.6ポイント減の33.3%だった。安倍政権は、12月14日投票の総選挙の結果、与党の合計議席数は選挙前と変わらず、3分の2以上の絶対安定多数を維持した。内閣の改造は防衛大臣のみで、1月14日開催の通常国会に向け選挙により遅れていた来年度予算編成に注力した。選挙で一定の信任を得たアベノミクス継続のため、企業への賃上げ要請、法人税の引き下げ、労働規

2015年2月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第664回 時事世論調査〔2014年12月結果〕

■「中央調査報(No.687)」より12月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月と横ばいの45.4%となり、不支持率は同2.6ポイント増の34.9%だった。安倍政権は、APEC首脳会議で短時間ながら日中首脳会談を実現し、韓国とも関係改善の糸口を掴んだ。国内では、消費低迷に歯止めがかからないことから、15年10月の消費税の再引き上げを延期し、同時に衆議院を解散して信を問うことを決断した。しかし、野党の選挙準備が整わないうちの「大義のない解散」との批判も受けた。また、沖縄県知事選挙では自民党の

2014年12月17日LiBフィードバック数:0キャリアとスキル

女性の活躍推進政策、約85%が「働きやすくなった実感はない」 一方で、「最も女性の活躍を推進してくれそうな政党」は自民党という結果に

女性の活躍推進政策、約85%が「働きやすくなった実感はない」 一方で、「最も女性の活躍を推進してくれそうな政党」は自民党という結果に

2014年4月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第654回 時事世論調査〔2014年2月結果〕

■「中央調査報(No.677)」より2月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は53.7%となり前月比1.1ポイントの微増だった。不支持率は同1.0ポイント減の26.8%となった。特定秘密保護法で低下した支持率はその後やや回復し、2ヵ月続けて5割台を維持している。安倍首相は1月24日開幕の通常国会で施政方針演説を行い、「経済の好循環実現」を訴え、成長戦略の具体化をはかり、企業収益の伸びを賃金、消費の伸びにつなげる政策により、脱デフレを加速させるとした。一方、集団自衛権行使を容認する憲法解釈変更や

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2014年の展望―日本の政治 ―景気、原発、憲法焦点に―

■「中央調査報(No.675)」より ■ 2014年の展望―日本の政治 ―景気、原発、憲法焦点に―時事通信社 政治部次長 松山 隆2014年は大型の国政選挙が予定されず、巨大与党に支えられる安倍晋三首相の政権運営を軸に政局が展開していく見通しだ。長期政権をうかがう首相は、経済政策「アベノミクス」への世論の支持を推進力と捉え、引き続き経済対策に最優先で取り組む方針。ただ、4月の消費税率引き上げが経済に及ぼす影響は読み切れていない。景気が著しく落ち込めば、憲法や安全保障など「安倍カラー」の強い政策の

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:287キャリアとスキル

「平均勤続年数ランキング」トップ300

「平均勤続年数ランキング」トップ300長く働き続けられる会社はどこだ? 東京スカイツリーが好調な東武鉄道が2位に入った 自民党の参院選公約に盛り込まれるかが注目されたブラック企業の社名公表。かつて「ブラック企業」といえば、悪質な法令違反や暴力的な取り立てが露呈した“ありえない”企業を指したが、今日の見方はそれだけではない。おそらく自民党では、その数値的な線引きの基準について相当な議論を重ねたと思われるが、現代のブラック企業認定が「働き続けられる会社なのかどうか」を基に判断されているのは間違い

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

新着データ

お知らせ