調査のチカラ TOP > タグ一覧 > 花粉症患者

「花粉症患者」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

[花粉症対策の新常識は“室内”から]アレルギー対策の盲点は、床に潜む「隠れダスト」と判明

[花粉症対策の新常識は“室内”から]アレルギー対策の盲点は、床に潜む「隠れダスト」と判明 7割の人が花粉症で集中力の低下など仕事への影響を実感 / オフィスの「隠れダスト」から花粉やカビ、化学物質などを検出 / しかし、床の花粉について認識している人はわずか1.6% / 人の掃除では、”掃除ムラ”により約60%しか清掃できていない結果に「隠れダスト」とはチリや花粉、カビ、細菌など、床に存在し、空気中に舞い上がりやすいが、肉眼では見えにくいため、人の手では取り残してしまうごみを総称。隠れダストと

2020年1月23日エステーフィードバック数:0ライフスタイル

花粉症と仕事に関する実態調査

ニュースエステー 花粉症と仕事に関する実態調査 花粉症が仕事のパフォーマンスを低下、約7割が仕事に影響 エステー 花粉症と仕事に関する実態調査 花粉症が仕事のパフォーマンスを低下、約7割が仕事に影響 マスクに塗る花粉対策アイテム「MoriLabo 花粉バリアスティック」を発売する、エステー株式会社は、これから到来する花粉シーズンに向けて、「花粉対策と仕事における生産性への影響に関する実態調査」を実施いたしました。本調査は2019年12月27日から12月28日の期間、20歳~59歳の花粉症患者且つ

花粉対策に関する意識調査

もはや国民病!? 7割以上の家庭で「花粉症患者が家にいる」ことが判明!一方で、花粉対策の掃除をしていない家庭は76.9%~拭き掃除で床の花粉を撃退 ― ブラーバがキャンペーンを実施~ アイロボットジャパンが「花粉対策に関する意識調査」を実施 アイロボットジャパン合同会社(本社:東京都新宿区/代表執行役員社長 挽野元 以下、アイロボットジャパン)は、全国でスギ花粉の飛散量が最もピークとなる3月から4月にかけて、床拭きロボット ブラーバを花粉対策としておすすめするお得なキャンペーンを本日から4月1日

2014年3月9日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【14年2月版】「病院探しの“切り口”」の最新動向

【14年2月版】「病院探しの“切り口”」の最新動向を発表2014年3月07日 [金] 「花粉症」の検索数が増加し、第2位キーワードにただし耳鼻咽喉科や眼科は順位上がらず口コミ・キーワード検索では【大腸 内視鏡】が、診療科目検索では【内科】がそれぞれ最も多く検索された。その他の特徴としては、スギ花粉の飛散シーズンを前に【花粉症】の検索数が大幅に増加。検索キーワードランキングの2位に入った。一方、花粉症治療の主要な診療科目である【耳鼻咽喉科】の検索ランクは横ばいとなり、【眼科】はむしろ下降した。症状

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

お知らせ