「行動分析」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年12月19日エスピーアイフィードバック数:0ビジネス

web/digital-mediaにおける行動分析、アプリ・アクセスジャンルとサイト

web/digital-mediaにおける行動分析、アプリ・アクセスジャンルとサイト

2018年9月6日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン CMOレポート 創刊第一号

調査に参加したCMOの79%は来年度、マーケティング分析やアトリビューションへの投資額の増加を予定しているマーケティング目標を達成するために適切なテクノロジーを駆使できているか、という設問に対し、CMOの74%は「あまり自信がない」または「まったく自信がない」と回答最も重要視しているケイパビリティについて、CMOの82%は「リーチ、フリークエンシー計測」を挙げた視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国の企業のCMOが直面してい

2018年6月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン:2018年ショッパー意識調査

ニールセン:2018年ショッパー意識調査「日常の買物であっても、何か新しさが欲しい」40%のショッパーは生鮮食品でいつもと違うものを求めている5人のうち2人の消費者は半年のうちに日常の生鮮食品の買物でも新しいお店で買い物をしている40%のショッパーは過去6か月のうちに新しい店舗で買物をしている22%のショッパーは昨年よりも多くのPB製品を購入している世界最大級のマーケティング調査&データ分析会社 ニールセン(日本法人:ニールセン カンパニー合同会社。以下、ニールセン ジャパン)は、競争環境の大き

2018年4月25日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

LINE 及び動画系アプリは利用時間が増加、TWITTER などのSNS は微減

ニールセン、スマートフォンアプリの利用状況を発表1 人あたり1 日のスマートフォンの利用時間は3 時間7 分で1 年前より16 分増利用時間シェアではアプリが85%で17 分増、ブラウザは15%で1 分減利用時間の長いアプリは「Pokémon GO」「LINE:ディズニーツムツム」でゲームアプリが上位を占める視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国市場における主要なスポーツリーグに関するメディア動向、スポンサーシップの傾向、消

2018年3月19日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

『デジタル広告のビューアビリティ その次にあるものは?』

デジタル広告のインプレッションの60%がデジタル広告サプライチェーンの不透明性により失われている視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)で計測した全世界のデジタル広告のキャンペーン評価についてまとめたホワイトペーパー「デジタル広告のビューアビリティ その次にあるものは?」を発表しました。2018年、全世界のデジタル広告費は25兆7000億円に達し

2018年3月16日ニールセン★★フィードバック数:0大型消費/投資

ニールセン スポーツ、Eスポーツ初のアジア版レポート「THE ESPORTS PLAYBOOK: ASIA」を発行

ファンを理解し、投資の効果を最大化する世界最大級のマーケティング調査会社&データ分析会社 ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 秦英之)は、このたびeスポーツに関するレポート「THE ESPORTS PLAYBOOK: ASIA」を発行しました。当レポートは、昨年発行された「THE ESPORTS PLAYBOOK: U.S., UK, GERMANY, FRANCE」* のアジア版となるもので、アジア地域を対象とした初の包括的なレポートです。調査

2018年3月15日ニールセンフィードバック数:0エンタテインメント

「ラグビーW杯は見たい?」「選ばれてほしいサッカー日本代表選手は誰?」

ニールセン スポーツがスポーツ マーケティングのトレンドを読む 『SPONSORLINK』 レポートを発表世界最大のマーケティング調査会社1 ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 秦英之)は、このたびスポーツファンの実態に関する調査結果を発表しました。本調査は『SPONSORLINK』と題し、年4回実施。最新の調査は2017年12月下旬に16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラインで回答を得ました。今回の調査では、「スポーツの興味関心度」「最

2017年12月25日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」 レポート

世界最大のマーケティング調査会社1 ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 秦英之)は、このたびスポーツファンの実態に関する調査結果を発表しました。本調査は『SPONSORLINK』と題し、年4回実施。最新の調査は9月下旬~10月上旬に16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラインで回答を得ました。今回の質問では、主にオリンピック・パラリンピックへの興味関心やアスリートのイメージ、さらにはスポンサー企業の認知などを調査しました。また、スポーツ全般

2017年12月12日ニールセン★フィードバック数:0デジタル家電

スマートスピーカーに対する期待値は、10代、50歳以上で高い ~ニールセン 消費者のマルチデバイスの利用状況を発表~

スマートスピーカーに対する期待値は、10代、50歳以上で高い ~ニールセン 消費者のマルチデバイスの利用状況を発表~50歳以上のスマホ利用は拡大傾向にあり、ネット利用者の67%が利用情報検索をする際に最も利用されるのはスマートフォンで、10代は86%がスマートフォンメイン音声検索の利用者では、スマートスピーカーに対する期待が高く、64%が便利そうと感じている東京、2017年10月19日 – 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、9月末

2017年8月28日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

2017年第2四半期の消費者景況感

多くの市場で楽観傾向が高まり消費者景況感が上昇世界最大のリサーチ会社1 ニールセンは「ニールセン 消費者景況感調査 2017年第2四半期」の調査結果を発表しました。それによると2017年第2四半期の消費者景況 感は、全世界で引き続き改善の兆しを見せ、消費者景況感は104となり、2016年第4四半期か ら3ポイント上昇しました。アジア太平洋地域では消費者景況感が高まっており、全世界の消費者景況感トップ10の うち6つをアジア太平洋地域の市場が占めました。 ヨーロッパやラテンアメリカでは、ほと んど

2017年8月22日JCN Newswireフィードバック数:0マーケティング

2017年上半期 APACモバイル広告データ統計&トレンドレポート (旅行業界版) Vpon

香港, 2017年08月11日 - (JCN Newswire) -アジアにおけるビッグデータ アドテクノロジーのリーディングカンパニーとして、Vponは「2017年上半期 APACモバイル広告データ統計&トレンドレポート(旅行業界版)」を発表します。このレポートでは、日本人の国内旅行時のスマートフォンなどのモバイルデバイス利用行動を分析し、これらのモバイル関連データから広告主様が潜在顧客層をターゲットとするキャンペーンを可能にしていきます。加えて、タイ及び韓国へ旅行する中華圏からの旅行者のモバ

2017年7月25日ヴァリューズ★フィードバック数:0モバイル

「ポケモンGO」の今とこの1年の振り返り調査

「ポケモンGO」の今と、この1年の振り返り調査 ―「ポケモンGO」国内配信1周年記念!― ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「ポケモンGO」アプリの利用動向について、調査を行いました。 ヴァリューズが保有する全国の行動ログモニター会員の協力により、2016年7月~2017年6月において、スマートフォンアプリ別にデータを集計

2017年7月14日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

2030年に向けたASEANでの投資対象はもはや大都市ではない

ニールセン、ALPHABETA社と共同でレポート「ASEANを再考する」を発表世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、経済コンサルティング会社であるAlphaBeta社と共同でASEANのインドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの7大経済圏内の700以上の都市と地域に対する現在および将来の潜在的消費需要を理解するための詳細な経済分析を実施し、レポート「ASEANを再考する(Rethinking ASEAN)」にまとめました。レポートによると、ジャカルタ、マニ

2017年7月9日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

PCユーザーのEコマース利用状況

ニールセン 「PCユーザーのEコマース利用状況」を発表PCからのインターネット利用者の75%以上が購入したい商品をネット上で比較・検討する購入検討時に調べる情報TOP3は「商品のスペックや材料」、「他のユーザーのレビュー」、「価格比較」各Eコマースサイト利用者の半数が、リアル店舗よりも積極的にネット通販を利用東京、2017年6月28日 – 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetVie

2016年8月19日ニールセン★フィードバック数:0社会/政治

消費者景況感調査2016年 第2四半期

2016年第2四半期の世界の消費者景況感は、第1四半期からほぼ横ばいの98ポイントにとどまりました。唯一成長傾向を維持したのは北米地域で、その景況感は3ポイント増加の111となっています。ニールセン消費者景況感調査は、2005年の調査開始以来、四半期ごとに63ヵ国を対象とし、世界中の消費者について、地域の雇用見通し、個人の経済状況、短期的な購買意欲および関連のある経済問題を計測しています。景況感の水準がベースラインの100を上回る場合は楽観傾向を、下回る場合は悲観傾向をそれぞれ意味します。今期レ

2016年4月12日ニールセンフィードバック数:0ライフスタイル

家庭の掃除・洗濯に関するグローバル調査

世界の45%が、家事は分担すべき義務(28%)である、または男性の領域(17%)と回答 家事産業に影響を与えているマクロ経済の力に関する洞察が明らかにいつの時代も、ほこりやシミは避けることのできない難敵です。住居や衣服をきれいで清潔に保つために非常に多くの時間が費やされていることは驚くことではありません。ニールセンが実施した、家庭での掃除と洗濯の習慣に関する最新のグローバル調査では、世界の回答者の約3分の1(31%)が毎日掃除をすると回答しており、毎日洗濯する人の割合も同率(31%)となっていま

2016年3月22日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

テレビとストリーミングに関するグローバル調査

~ 世界的な視聴傾向はコードカッティングから補完視聴に ~メディアを取り巻く状況が急速に変化し、消費者が動画エンターテイメントを楽しむ方法にはかつてないほど多くの選択肢があるにもかかわらず、従来型のテレビは依然、世界中で好まれるプラットフォームとして支配的な地位を占め続けています。ニールセンの調査によれば、グローバル・オンライン調査の回答者の4分の1強(26%)が、Hulu、Netflix、またはAmazonといったオンラインサービス・プロバイダーとの契約を通じて放送やオンデマンド配信を有料で視

2015年11月29日ニールセンフィードバック数:0モバイル

スマートフォンアプリの利用状況

スマートフォンの利用時間の増加はアプリの利用時間が牽引 スマートフォンアプリ利用時間の1位は「LINE」で総利用時間の約10% 「Twitter」は0~5時の利用時間が他と比べ長くアプリによって時間帯別利用時間シェアが異なる視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の9月データをもとにアプリケーション(以下アプリ)の利用状況を分析し、結果を発表しました。スマートフォンの利用時間の約

2015年7月28日ニールセンフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

デバイス毎のインターネット利用状況

2015/07/28 [データ] ほぼ毎日インターネットを利用する人は5,610万人~ ニールセン、デバイス毎のインターネット利用状況を発表 ~- 2015年6月に各デバイスからインターネットをほぼ毎日利用した人は5,610万人- スマートフォンからほぼ毎日インターネットを利用する人は3,996万人でPCの2倍- 10代のスマートフォンからのネット利用者のうち約半数がスマートフォンのみでネットを利用- 2015年6月に各デバイスからインターネットをほぼ毎日利用した人は5,610万人- スマートフ

2014年11月4日TSトーキョーフィードバック数:0エンタテインメント

【女の行動分析】アンケート

45:「女の行動分析」を調査1『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン8』2014年11月5日よりレンタル開始2014年11月19日コレクターズBOX Part1発売『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン1〜7』ツイート圧倒的人気から長寿番組となっている海外TVドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シリーズ。本作では、FBIに所属する行動分析課、通称BAUと呼ばれるエリートプロファイラー軍団が優れた頭脳と鋭い洞察力を武器に、さまざまな異常犯

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ