「行動変化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年2月2日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

Z世代の“SNS疲れ”から生まれる一人行動ニーズ

Z世代の“SNS疲れ”から生まれる一人行動ニーズ Z世代の“SNS疲れ”から生まれる一人行動ニーズ~SNSは若年層における情報収集のメインツールにもなっている~ 概要野村総合研究所(NRI)では、消費者の価値観・行動変化を定期的に捕捉するため、毎年12月に全国約3,000人を対象にしたインターネット調査「生活者年末ネット調査」を実施している。 今回テーマの一つとした「インターネットによる情報収集」では、GoogleやYahoo!等の検索エンジンを使用した従来からの情報収集から、SNSを利用し

全国の20歳以上の男女1200人に聞いた「新型コロナウイルスワクチン接種に関する生活者意識と行動についてのアンケート」

弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 リサーチ・市場調査ならネオマーケティング リサーチに関する市場調査レポート 全国の20歳以上の男女1200人に聞いた「新型コロナウイルスワクチン接種に関する生活者意識と行動についてのアンケート」 新型コロナウイルスのワクチン、安全だと思う方は未接種者の3割強にとどまる。 接種後は交流・外出・レジャー全てが活発化することが数値で明らかに! 全国の20歳以上の男女1200人に聞いた「新型コロナウイルスワクチン

2021年4月6日メルカリフィードバック数:0ライフスタイル

『60代以上の「メルカリ」取引データ分析』 および 『COVID-19拡大に伴う60代以上の意識・行動変化とフリマアプリ利用』に関する調査を発表

『60代以上の「メルカリ」取引データ分析』 および 『COVID-19拡大に伴う60代以上の意識・行動変化とフリマアプリ利用』に関する調査を発表60代以上のメルカリ利用者数、前年比約1.4倍増加一人当たりの年間平均出品数は約72個で20代の約2倍意識調査では、COVID-19の影響で52.4%の「終活」意識が向上メルカリ総合研究所(運営:株式会社メルカリ)は、新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)が拡大した2020年4月から2021年3月の1年間におけるフリマアプリ「メルカリ」取引デ

2021年1月8日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルスに関する生活者調査

博報堂生活総合研究所「第9回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年12月)12月の「生活自由度」は58.9点 9月からの増加傾向から、一転減少 不安、行動抑制が再び強まっている株式会社博報堂(本社:東京都港区)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は2020年12月、新型コロナウイルスが流行している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施いたしました(調査期間は12月3〜7日、対象は首都圏・名古屋圏・阪神圏の20〜69歳の男女1,500名 調査概要は

2020年8月24日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

「第5回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年8月)

博報堂生活総合研究所「第5回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年8月)8月の「生活自由度」は54.3点 前月から7.1ポイント大幅減 健康や経済、行政への【不安】も上昇 外食や買い物の【行動抑制】も強まる 生活行動は「外から家へ」戻る傾向がみられる株式会社博報堂(本社:東京都港区)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は2020年8月、新型コロナウイルスの感染が拡大している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施いたしました(調査実施は8月3〜6日

新型コロナウイルス生活影響度調査

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 新型コロナウイルス生活影響度調査(第8回) 2020 / 07 / 06 新型コロナウイルスが消費者の行動や意識に与える影響の把握を目的として、全国47都道府県に在住する20~69歳の男女2500人を対象に「新型コロナウ

2020年6月23日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

「第3回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年6月)

博報堂生活総合研究所「第3回 新型コロナウイルスに関する生活者調査」(2020年6月)緊急事態宣言解除後の「生活自由度」は57.0点 前月から約6ポイント上昇 健康や経済への【不安】は減少、外食や買い物の【行動抑制】も減少 生活者の行動は緩やかに「家から外へ」とシフト株式会社博報堂(本社:東京都港区)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は2020年6月、新型コロナウイルスの感染が拡大している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施いたしました(調査実施は6月4〜

2018年4月9日KDDIフィードバック数:0社会/政治

自転車ながらスマホで、歩行者の見落とし率が5割増

自転車ながらスマホで、歩行者の見落とし率が5割増~KDDI、実証実験により、自転車ながらスマホ走行時の視線を分析~2018年3月20日京都府、KDDI株式会社 (本社: 東京都千代田区、代表取締役社長: 田中 孝司、以下 KDDI)、au損害保険株式会社 (本社: 東京都渋谷区、代表取締役社長: 遠藤 隆興、以下 au損保) は、愛知工科大学 小塚一宏名誉・特任教授監修のもと、UNN関西学生報道連盟 (京都大学、同志社大学、立命館大学、京都女子大学他) の協力を得て、「ながらスマホ」をしながら自

2017年10月31日ホーユーフィードバック数:0ライフスタイル

白髪に関する意識調査

~女性600名に聞いた「白髪に関する意識調査」~女性の70%以上が30代までに“初白髪”を経験!“初白髪女子”は30代から増加中!? ~“初白髪女子”の半数以上が行動変化を起こすというデータも~「白髪が老けて見える」は当たり前!白髪に対するネガティブイメージもランキング化 30代~40代前半の女性のニーズに応えた商品「シエロ デザイニングカラー」を販売するホーユー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:水野 真紀夫)は、全国の女性600名(20歳~59歳)を対象に「白髪に関する意識調査」を実

高齢者の同居家族の変容と貧困率の将来見通し―結婚・離婚行動変化の影響評価―

高齢者の同居家族の変容と貧困率の将来見通し―結婚・離婚行動変化の影響評価―

2012年3月7日電通フィードバック数:11社会/政治

「震災後二年目に向けての生活者の意識・行動変化」に関する調査

「震災後二年目に向けての生活者の意識・行動変化」に関する調査

2011年8月24日積水化学工業★フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

太陽光発電についての調査結果です。

太陽光発電採用者 震災後の意識と行動変化

太陽光発電採用者 震災後の意識と行動変化

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ