「被災地」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年4月5日総務省フィードバック数:0社会/政治

平成29年度における「東日本大震災」、「熊本地震」及び「平成29年7月九州北部豪雨」による被災地方公共団体への地方公務員の派遣状況調査等の結果(平成29年10月1日時点)

総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 平成29年度における「東日本大震災」、「熊本地震」及び「平成29年7月九州北部豪雨」による被災地方公共団体への地方公務員の派遣状況調査等の結果の公表(平成29年10月1日時点) 報道資料平成29年度における「東日本大震災」、「熊本地震」及び「平成29年7月九州北部豪雨」による被災地方公共団体への地方公務員の派遣状況調査等の結果の公表(平成29年10月1日時点) 東日本大震災、熊本地震及び九州北部豪雨による被災地の復旧・復興を支援するため、全国の

2017年9月18日トラストバンクフィードバック数:0社会/政治

災害支援に関する意識調査

トラストバンク、「災害支援に関する意識調査」 ◇ふるさと納税を活用して災害支援ができることを「知っている」人は2人に1人◇7割超がふるさと納税に限らず「災害支援」の経験あり◇20代男性の5人に1人が「被災地での支援」経験ありと回答 国内最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https//www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、20代以上の男女1,111名を対象に「災害支

2016年5月24日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税アンケート調査

魅力は返礼品だけではない!『ふるさと納税アンケート調査』 「被災地の支援になる」という情報がきっかけで、約2割が認知魅力は返礼品だけではない!『ふるさと納税アンケート調査』ふるさと納税で最も困ったのは、「確定申告の面倒な手続き」調査結果サマリー「被災地の支援になる」という情報がきっかけで、約2割が「ふるさと納税」を認知ふるさと納税について、「行ったことがある」人は12.1%、「知ってはいるが、行ったことはない」人は72.0%で、84.1%の人が認知していました。認知したきっかけは、「テレビの情報

2015年3月4日エムティーアイフィードバック数:0社会/政治

地震・津波に対する意識調査

ニュースリリース >> ~天気総合情報サイト『ライフレンジャー… ~天気総合情報サイト『ライフレンジャー天気』が、地震・津波に対する意識調査を発表~防災意識を高めるための様々な情報を発信する「3.11特集」スタート (株)エムティーアイが運営する天気総合情報サイト『ライフレンジャー天気』は、3月4日(水)から、震災時の対策や支援を改めて考える「3.11特集」を開始します。特集では、全国の男女700名を対象にした「地震・津波に対する備え」の意識調査を発表したり、被災地の震災直後から現在までの様子や

2015年2月12日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

災害についての調査です。

防災意識に関する定点調査

防災意識に関する定点調査 ~東日本大震災から4年。防災意識はどう変わったのか~ 2015年02月12日自分が被災する可能性が高いと思う災害 「地震」87%、「台風」84%、「大雨・洪水」78%災害が「起こると思う」予想率、災害を「意識している」率が高い地方は? トップ3は東北、関東、近畿。地震に対する意識は東北・関東で8割強被災地の復興状況「関心がある」67%、昨年に比べ7ポイント減少震災に対する意識は年々希薄傾向に株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役:小西克己)は、全国20~69歳

2014年11月12日環境省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査

平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査結果の公表について環境省では、東日本大震災を受け、平成23年度及び平成24年度に引き続き、平成25年度被災地における海洋環境モニタリング調査(第1次~第2次)を実施しました。本調査は、東日本大震災に伴い流出した有害物質及び廃棄物並びに福島第一原子力発電所より漏出した放射性物質に起因して海洋環境中で汚染が生じる可能性のある項目について、その現状を把握することを目的としています。今般、東日本大震災に係る海洋環境モニタリング調査検討会での検討結果を踏ま

2014年11月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

絆が壊れる? ―3つの社会関係資本全国調査からみた2003年から2013年の変化とその含意―

トップページ > 中央調査報 > 絆が壊れる? ―3つの社会関係資本全国調査からみた2003年から2013年の変化とその含意― ■「中央調査報(No.684)」より ■ 絆が壊れる?―3つの社会関係資本全国調査からみた2003年から2013年の変化とその含意―稲葉 陽二 (日本大学法学部・教授)社会関係資本とはなにか筆者はこの15年間、社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)を研究テーマにしている。これは、簡単にいえば「絆」なのだが、筆者はもう少し広義に、行為の当事者以外の第三者へも影響(経済学で

2014年10月6日山形県フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災に係る被災地域の児童生徒等の受入れ状況について

東日本大震災に係る被災地域の児童生徒等の受入れ状況について

東日本大震災における被災企業のバランスシート改善と金融機関・ファンドの役割(下)-私的整理による事業再生を念頭に-

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第87号(2014年9月)東日本大震災における被災企業のバランスシート改善と金融機関・ファンドの役割(下) —私的整理による事業再生を念頭に—(桃山学院大学教授・当研究所客員研究員) (上智大学法科大学院教授) (桃山学院大学教授)〔要 旨〕本号では,以下の検討を行い,それぞれ下記の結論を示している。Ⅲでは,まず被災地域の経済状況等を検討し,被災地域は震災以前から経済状況が悪化していたこと

2014年4月13日アスマーク★フィードバック数:0社会/政治

震災後6回目の調査です。

震災後の生活に関するアンケート-6回目-

震災後の生活に関するアンケート調査-6回目- 震災後の生活に関するアンケート調査-6回目-震災後の生活に関するアンケート調査-6回目-被災地域では、回復・復旧を実感している人が約7割(2014年3月時点) 東日本大震災から三年、被災地域と関東圏それぞれの思いと意識変化震災に関する定点調査の第6回。2011年3月11日に発生した東日本大震災から3年が経過し、震災への意識・備えや現在の行動への影響を、関東圏、被災地域在住方を対象に調査した。震災への意識低下は窺えるものの、食品については良くも悪くも

2014年3月10日Yahoo!★フィードバック数:0社会/政治

震災についての検索動向を時系列で見られます。

「Search for 3.11」ビジュアライザ

復興は一歩づつ進んでいますが、まだ支援を必要としている人もいます。あなたの寄付でぜひ応援してください。 自然災害からの復興のために国内外の災害が発生した時に、被災地域と被災者のために活用いたします。 チャリティーアイテムを落札したり、被災地域の商品を買うことで被災地域の応援になります。 開催期間:2019年3月5日正午頃開始〜3月11日20時台終了多くの著名人や企業・団体にご賛同いただき、チャリティーオークションを開催します。※売上金は、東北など被災地の復興支援に活用されます。 被災地域の商

2014年2月13日マクロミル★フィードバック数:0社会/政治

被災地と全国との回答を比較しています。

震災白書2014

東日本大震災から3年、国民の意識の変化とは―震災白書2014 2014年02月13日地震・災害への備え「日用品・水・食料品の備蓄」が最多 東北3県では「車のガソリン補充」が上位に東日本大震災に関する情報、7割の人が以前に比べ「減っている」行ってみたい東北地方の観光地1位:蔵王温泉東北3県の地元人おすすめの観光地1位:松島株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表:杉本哲哉)は、全国と東北3県在住の20~69 歳の男女を対象に、「東日本大震災に関する調査」を実施しました。調査手法はインターネットリ

第502回 震災について感じたこと 2011.03.17~2011.03.23

震災について感じたことならハッピー・ノート.com 3月11日におこった東北地方太平洋沖地震の被害の大きさに、日本国中がショックを受けました。とくに報道などで避難生活をする小さなお子さまの様子を見ると、同じようにお子さまをお持ちのママ・パパは心が痛むのではないでしょうか。 多くの方から寄せられた、被災者への応援の気持ち、震災について感じたこと、防災への意識など、想いの一部をご紹介いたします。 今、頑張っている皆様、どうか無理をしないでいただきたいです。復興は長いマラソンのようなもの。最初

被災地における建設関係資材の価格・需給動向

被災地における建設関係資材の価格・需給動向

2011年6月15日パイプドビッツフィードバック数:1社会/政治

第二回政治山調査「復旧・復興への思いと政治?被災経験の有無が政治に与える影響」

東北地方太平洋沖地震の発生から3カ月が経ち、「政治山」では、20代、30代の方に「復旧・復興と政治」というテーマで調査を実施しました。その結果を基に、大きな震災で被災した経験がある人とない人では、今必要だと思う支援内容や政治に対する意識などに違いがあるのかを比較しました。(2011/6/14掲載)回答者500人のうち、被災経験がある=82人、被災経験がない=418人 あなたはどの政党を支持していますか。 前回調査と同様、支持政党なしが67.2%と高く、次いで野党第1党の自由民主党13.0%、与党

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ