「被災経験」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

東日本大震災から10年目を迎える2021年ー岩手・宮城・福島の被災経験者1,000人に防災グッズに関する意識調査を実施

東日本大震災から10年目を迎える2021年ー岩手・宮城・福島の被災経験者1,000人に防災グッズに関する意識調査を実施 明日、災害が起きたら?3.11から10年が経った今、災害への備えを見直そう 新型コロナウイルス感染症が世界中で流行している中、人々は新しい生活様式を求められ、目に見えないウイルスを前に、日ごろの衛生管理に追われる生活を送っているのではないでしょうか。そんな中迎える、2021年3月11日は、東日本大震災からちょうど10年となります。マウスウォッシュの「リステリン®」や、絆創膏ブラ

2021年2月24日ポケットマルシェフィードバック数:0社会/政治

震災から10年、生産者の災害対策に関する調査

NEWS 【震災から10年、生産者の災害対策に関する調査】 生産者の9割が災害対策として「消費者との関係性構築」を重視、 5割が災害時に消費者に助けられたと回答、生産者同士の共助も4割〜平時からの消費者との関係性が、現地ボランティアや応援消費などレジリエンス強化に繋がる〜 生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之、以下「当社」)は、東日本大震災の発生からまもなく10年を迎えるにあたり、全国の生産

2020年9月2日auコマース&ライフフィードバック数:0社会/政治

災害への備えに関する最新意識調査

【災害への備えに関する最新意識調査】 9月1日は「防災の日」回答者の約8割が「防災対策ができていない」という自己評価に〜備えておいて良かったもの1位「懐中電灯」、備蓄しておけば良かったもの1位「水」〜 auコマース&ライフ(以下 aCL)は、新型コロナウイルスの影響により生活様式が大きく変化してきているなか、9月1日が「防災の日」であることを受けて、災害への備えに関する意識を計るため、「災害への備えに関するアンケート調査」を行いました。※調査概要は末尾に記載しています。【サマリー】1.自然災害に

2018年9月25日ビッグローブフィードバック数:0社会/政治

災害に関する意識調査

プレスルーム災害で避難する際、持っていくものは「お金」よりも「携帯電話」BIGLOBEが「災害に関する意識調査」第1弾を発表~ペットを飼う人の約6割が避難時に「必ず一緒に連れていく」と回答~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「災害に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは1

2017年4月6日NTTレゾナントフィードバック数:0社会/政治

防災意識に関するアンケート調査

訪日経験者の9割以上が自国語対応した防災アプリのダウンロードを希望 東日本大震災から6年に際し訪日外国人数TOP3の中国・韓国・台湾で緊急調査~日本人よりはるかに高い中国人の防災意識~ お知らせ2017年3月9日NTTレゾナント株式会社東日本大震災から6年に際し訪日外国人数TOP3の中国・韓国・台湾で緊急調査訪日経験者の9割以上が自国語対応した防災アプリのダウンロードを希望~日本人よりはるかに高い中国人の防災意識~ NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、N

2017年3月15日NTTレゾナントフィードバック数:0大型消費/投資

中国・韓国・台湾における訪日経験者と、日本人に対して防災意識に関するアンケート調査

訪日経験者の9割以上が自国語対応した防災アプリのダウンロードを希望 東日本大震災から6年に際し訪日外国人数TOP3の中国・韓国・台湾で緊急調査~日本人よりはるかに高い中国人の防災意識~ お知らせ2017年3月9日NTTレゾナント株式会社東日本大震災から6年に際し訪日外国人数TOP3の中国・韓国・台湾で緊急調査訪日経験者の9割以上が自国語対応した防災アプリのダウンロードを希望~日本人よりはるかに高い中国人の防災意識~ NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、N

2016年9月1日オノフフィードバック数:0社会/政治

被災経験者の95%が被災に備え、携帯ラジオ・懐中電灯準備

被災経験者の95%が被災に備え、携帯ラジオ・懐中電灯準備 9... 被災経験者の95%が被災に備え、携帯ラジオ・懐中電灯準備9月1日は防災の日、アンケート調査結果を発表 みんなのプロジェクト(運営:株式会社オノフ、所在地:東京都港区、代表取締役:安宅 正晴)は、9月1日の「防災の日」を迎えるにあたり、みんプロメンバー404名に「防災」に関する普段の備えなどをアンケートしました。 「防災」に関するアンケート調査 ■調査概要目的:「防災」に関するアンケート調査対象:「みんなのプロジェクト」登

2012年9月20日ウェザーニューズ★フィードバック数:6社会/政治

防災、減災意識についての調査です。

減災調査2012

 発行日 : 2012年09月20日震災から1年半、全国2万人の回答からみんなの減災意識を震災前と比較検証備蓄者が2割増、国民の8割は平均3.2日分の非常食を準備災害時に国民の4割が“自分の判断で行動”、震災前は最多の“指示を待つ”と逆転 半数が家族との集合場所を決めているも、震災前と同様3人に1人は連絡手段を“決めていない” 津波を経験するも、連絡のつかない人を“探しに行く”が増加傾向に株式会社ウェザーニューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:草開千仁)は、東日本大震災から1年半を迎えて人

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ