「製造業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年3月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本1月機械受注 ここから本文です1月機械受注機械受注は1-3月期も増加を続ける見込み。サマリー◆2014年1月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+13.4%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+7.1%)を大幅に上回る結果となった。3ヶ月移動平均値で見ても2ヶ月ぶりの増加となっており、前月一時的に減少したものの、機械受注は増加基調にあることが確認された。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+13.4%と

2014年3月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

10-12月期法人企業統計と二次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本10-12月期法人企業統計と二次QE予測 ここから本文です10-12月期法人企業統計と二次QE予測経常利益は2四半期ぶりの前期比増加。GDP二次速報は上方修正を予想サマリー◆2013年10-12月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+26.6%と、8四半期連続の増益となった。また、売上高は同+3.8%と2四半期連続の増収となった。売上高が増加するなかで、人件費の削減が進んでいること、変動費率の改善が続いていることで経常利益が大きく押し上げられた格好

2014年3月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計13年10-12月期~力強さに欠ける設備投資

法人企業統計13年10-12月期~力強さに欠ける設備投資 | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計13年10-12月期~力強さに欠ける設備投資 経済研究部 主席研究員・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・2四半期連続の増収増益・力強さに欠ける設備投・10-12月期・GDP2次速報は1次速報とほぼ変わらず財務省が3月3日に公表した法人企業

2014年3月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済:3/1発表の製造業PMI~足元は3ヵ月連続悪化、予想指数は大幅改善

中国経済:3/1発表の製造業PMI~足元は3ヵ月連続悪化、予想指数は大幅改善 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:3/1発表の製造業PMI~足元は3ヵ月連続悪化、予想指数は大幅改善 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 2月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済)は50.2%と前月比0.3%ポイント低下、3ヵ月連続で前月の水

2014年2月28日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

製造業部門別投入・産出物価指数(2014年1月)

製造業部門別投入・産出物価指数(2014年1月)

2014年2月6日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

効果絶大だった大胆な金融緩和 ~今年も市場の鍵を握る日米の金融政策~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:効果絶大だった大胆な金融緩和2014年2月5日(水)~今年も市場の鍵を握る日米の金融政策~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 2012 年 11 月 14 日に野田前首相が衆議院解散発言をしたタイミングで劇的に市場が変化した。背景には、安倍政権の誕生により『従来とは異なる大胆な金融緩和が実行される』との期待が市場で高まったからである。2013 年4月以降、順調なペースでマネタ

2014年2月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済:2/1発表の製造業PMI~足元は悪化も、企業の悲観的な見方は後退

中国経済:2/1発表の製造業PMI~足元は悪化も、企業の悲観的な見方は後退 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:2/1発表の製造業PMI~足元は悪化も、企業の悲観的な見方は後退 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 1月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済)は50.5%と前月比0.5%ポイント低下、2ヵ月連続で前月の水準を

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年12月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本12月雇用統計 ここから本文です12月雇用統計完全失業率は3.7%と想定を上回る改善サマリー◆2013年12月の完全失業率(季節調整値)は3.7%となり、前月から0.3%pt改善した。就業者数は前月から4万人の減少、失業者数は同20万人の減少、非労働力人口は同22万人の増加となった。2013年12月の有効求人倍率(季節調整値)は1.03倍と前月から0.03pt上昇した。◆就業者数(季節調整値)は、前月差▲4万人と4ヶ月ぶりに減少した。内訳を見ると、「建設業」は前

2014年1月30日JETRO★フィードバック数:0ビジネス

北米進出企業の調査です。

米国・カナダ進出日系企業実態調査-2013年度-

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 米国・カナダ進出日系企業実態調査-2013年度-(2014年1月) 本

2014年1月27日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金についてのレポートです。

本当に賃金は上がるのか?

トップレポート・コラム経済分析日本本当に賃金は上がるのか? ここから本文です本当に賃金は上がるのか?収益が好調な製造業での上昇に期待サマリー◆安倍政権による後押しもあり、賃上げの議論が高まっている。経団連が6年ぶりのベアを容認するといった動きもみられるが、最終的な賃上げ動向は個別企業の判断に委ねられることになる。今後の賃上げ動向を見通すため、賃金上昇を取り巻く各産業の環境を概観する。◆アンケート調査によると、企業が賃上げに際して最も重視しているのは、圧倒的に企業収益動向である。ただし、過去の関係

2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ロイター短観(2014年1月) ~消費増税後もポジティブ?~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:ロイター短観(2014年1月)~消費増税後もポジティブ?~発表日:2014年1月23日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 星野 卓也TEL:03-5221-4526製造業DI素材型非製造業DI加工型繊維・ 化学製 石油・紙パ品窯業201320141月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月3ヵ月後見通し鉄鋼・非鉄食品金属・機械電機▲ 17▲ 13▲ 11▲471513161212141719▲ 1

2014年1月19日日本立地センターフィードバック数:0ビジネス

新規事業所立地計画に関する動向調査 製造業+物流業〔まとめ〕

新規事業所立地計画に関する動向調査 製造業+物流業〔まとめ〕

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

強くなる企業収益体質 ~労働コストに対する耐久力~

Economic Trends経済関連レポート強くなる企業収益体質発表日:2014年1月15日(水)~労働コストに対する耐久力~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)企業の収益体質は、リーマンショック後の努力が実を結んで相当改善してきている。損益分岐点売上高比率は、歴史的な低水準まで下がり、いくらか売上が減少しても利益を捻出しやすい構造になっている。これは、消費税率引上げによって需要減少が起こったとき、それに耐える地力をつけているということである。大企業の賃

2014年1月17日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

地域経済報告(さくらレポート、2014年1月)

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 地域経済報告 —さくらレポート— (2014年1月) *本報告は、本日開催の支店長会議に向けて収集された情報をもとに、支店等地域経済担当部署からの報告を集約したものである。2014年1月16日 日本銀行目次I. 地域からみた景気情勢各地の景気情勢をみると、国内需要が堅調に推移し、生産が緩やかに増加している中で、雇用・所得環境も改善していることを背景に、「回復している」、「緩やかに回復している」等の報告があった。前回(1

2013年第4四半期オフィス・レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン·アンド·ウェイクフィールドは、2013年第4四半期(10月1日~12月31日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポート「MARKETBEAT OFFICE TOKYO Q4 2013」を公表しました。本レポートはグレードA*のオフィスビルに関して以下のとおり分析しています。 (*「築10年以内かつ基準階面積380坪以上」の物件をグレードAと定義しています。)1. 景況感は製造業、非製造業とも大幅に改善し、テナントからの移転の問合せ数、館内増床、拡張移転需要

2014年1月16日内閣府フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査報告(平成25年11月実績)

平成25年11月実績:機械受注統計調査報告 平成26年1月16日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、25年10月前月比4.6%減の後、11月は同5.8%減の2兆1,573億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比1.3%減の9,931億円、官公需は同11.9%減の2,486億円、外需は同12.2%減の7,750億円、代理店は同5.5%減の996億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動向を見ると、25年10月前月比

2014年1月13日JETRO★フィードバック数:0ビジネス

中国進出企業の調査です。

在アジア・オセアニア日系企業実態調査―中国編―(2013年度調査)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 在アジア・オセアニア日系企業実態調査―中国編―(2013年度調査)(2014年1

2014年1月8日財務省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地域比較になっています。

国内主要地区の製造業の概況について

国内主要地区の製造業の概況について

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年の最大の関門は「消費税」 ~価格転嫁がうまくいく条件~

Economic Trends経済関連レポート2014年の最大の関門は「消費税」発表日:2013年12月27日(金)~価格転嫁がうまくいく条件~第一生命経済研究所 経済調査部担当 熊野英生(℡:03-5221-5223)2014 年を展望すると、何といっても 4 月の消費税増税が最大のイベントになると予想される。そのハードルを乗り越えるための条件を3つ挙げると、(1)需給環境、(2)、企業収益の厚み、(3)家計の購買力、が焦点になる。今のところ、この3つの条件は良好に推移しており、消費税増税によ

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小企業の業況(2013年12月) ~中小企業の景況感は良好~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:中小企業の業況(2013年12月)~中小企業の景況感は良好~発表日2013年12月27日(金)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524中小企業 売上げDI(季調値)(増加超)景況判断指数(中小企業月次景況観測)3055全産業25製造業売上20非製造業今後3ヶ月の見通し1550105045-5-10-1540(減少超)-20-25-3035101112(出所)商工中金「中小企業月次

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0キャリアとスキル

毎月勤労統計(2013年11月) ~賃金は少しずつ改善~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2013年11月)発表日:2013年12月27日(金)~賃金は少しずつ改善~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)現金給与総額所定内前年比前年比2012年2013年常用雇用者数総労働時間一般前年比前年比パート前年比前年比所定内前年比所定外前年比6月7月8月9月▲ 0.4▲ 1.60.0▲ 0.5▲▲▲▲0.60.20.50.40.90.60.70.6▲

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年11月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本11月雇用統計 ここから本文です11月雇用統計有効求人倍率は2007年10月以来の1.00倍に達するサマリー◆2013年11月の完全失業率(季節調整値)は4.0%となり、前月と同水準であった。就業者数は前月から23万人の増加、失業者数は同5万人の減少、非労働力人口は同19万人の減少となった。11月の有効求人倍率(季節調整値)は1.00倍と前月から0.02pt上昇し、2007年10月以来の1倍に達した。内訳を見ると、有効求職者数は2ヶ月連続で前月から減少、有効求人

2013年12月26日日経BPフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造業の理想の経営者は稲盛和夫氏

※日経BPが提供するコンテンツのご利用には事前申請が必要です。

2013年12月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

NZ、3四半期ぶりの高成長も不透明さ残る(Asia Weekly (12/16~12/20)) ~中国の製造業景況感は先行きの不安をうかがわせる内容~

NZ、3四半期ぶりの高成長も不透明さ残る(Asia Weekly (12/16~12/20)) ~中国の製造業景況感は先行きの不安をうかがわせる内容~

2013年12月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

12月短観は+4ポイントと好調継続 ~中小企業・非製造業は21年ぶりに業況プラス浮上~

12月短観は+4ポイントと好調継続 ~中小企業・非製造業は21年ぶりに業況プラス浮上~

2013年12月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月日銀短観

トップレポート・コラム経済分析日本12月日銀短観 ここから本文です12月日銀短観業況判断DIは幅広い業種で改善。景気拡大の裾野が広がる。サマリー◆2013年12月の日銀短観では、業況判断DIは総じて市場コンセンサスを上回る改善となった。内訳を見ても製造業・非製造業を問わず幅広い業種で業況判断が改善しており、中小企業への波及もみられていることから、景気拡大の裾野が拡大しつつあることを確認させるポジティブな内容であった。◆大企業・製造業の「業況判断DI(最近)」は+16%ptと前回(+12%pt)か

千葉県内企業の給与は、サービス業を中心に前年比増加が続き、アベノミクス効果から製造業の時間外手当も増加傾向にあり、賃金動向に改善の兆し

千葉県内企業の給与は、サービス業を中心に前年比増加が続き、アベノミクス効果から製造業の時間外手当も増加傾向にあり、賃金動向に改善の兆し

2013年12月11日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ロイター短観(2013年12月) ~製造業は3年2ヶ月ぶり、非製造業は6年8ヶ月ぶりの高水準~

ロイター短観(2013年12月) ~製造業は3年2ヶ月ぶり、非製造業は6年8ヶ月ぶりの高水準~

2013年12月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本12月日銀短観予測 ここから本文です12月日銀短観予測業況判断は高水準での推移が続く。設備投資計画は上方修正の見込みサマリー◆12月16日に公表予定の2013年12月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は14%pt(前回調査からの変化幅:+2%pt)、大企業・非製造業の業況判断DI(最近)は15%pt(前回調査からの変化幅:+1%pt)と、それぞれ小幅ながら改善が続くと予想する。◆製造業では、円安によって収益と価格競争力を改善させている「自動車

2013年12月9日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【日銀短観予測シリーズ No.7】日銀短観(12月調査)予測-アベノミクス効果が浸透し、中小企業・非製造業でもプラス転化に

【日銀短観予測シリーズ No.7】日銀短観(12月調査)予測-アベノミクス効果が浸透し、中小企業・非製造業でもプラス転化に

2013年12月4日パソナフィードバック数:0大型消費/投資

年末年始の過ごし方に関する調査

~アンケート調査結果~ 年末年始の過ごし方に関する調査結果の発表~アンケート調査結果~ 年末年始の過ごし方に関する調査結果の発表~アンケート調査結果~ 年末年始の過ごし方に関する調査結果の発表2013年~2014年の年末年始休暇をカレンダーの並び上、9連休など大型連休になる方も多いのではないでしょうか。みなさん、どのように過ごすかはお決まりですか?パソナキャリアでは、転職のご相談に来られた方を対象に 『年末年始の過ごし方』 に関する調査を実施しましたので、その結果をご案内します。■□調査結果概要

2013年12月4日日本銀行★フィードバック数:0社会/政治

グローバル化についての調査です。

(論文)グローバル化と日本経済の対応力

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 グローバル化と日本経済の対応力2013年12月3日加藤涼*1永沼早央梨*2要旨本稿は、主に1990年代以降に加速したとされる世界経済——特に貿易、「モノ」の流れ——のグローバル化について概観しつつ、世界の貿易ネットワークにおける日本経済の立ち位置の変遷について考察することを第一の主題とする。既往のグローバル化は、輸送費や関税の低下等によって促された生産立地と消費地の二分化を典型例とするものであった。これに対し、現在進行

2013年12月4日経済産業研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

賃金について考える-果たして賃金は下がっているのか? 影響を大きく受けた人は誰か? その要因は何か?

賃金について考える -果たして賃金は下がっているのか? 影響を大きく受けた人は誰か? その要因は何か?今年2月、安倍晋三首相は、経団連、経済同友会、日本商工会議所の経済3団体トップと首相官邸で会談し、デフレ脱却に向けて業績が改善した企業から賃金を引き上げるよう要請した(2013年2月12日 日本経済新聞)。そもそも、我々の賃金は平均的にはどのように変化してきたのだろうか。このコラムでは、賃金について考えてみよう。果たして賃金は下がっているのか? いないのか? その影響を大きく受けた人は誰か? そ

2013年12月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計季報(2013年7-9月期) ~未だ冴えない製造業・設備投資~

法人企業統計季報(2013年7-9月期) ~未だ冴えない製造業・設備投資~

中国経済:11月の製造業PMI~概ね良好だが、これまでの好調には陰り

中国経済:11月の製造業PMI~概ね良好だが、これまでの好調には陰り | ニッセイ基礎研究所 中国経済:11月の製造業PMI~概ね良好だが、これまでの好調には陰り 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 11月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済)は51.4%と10月から横ばいで、拡張・収縮の分岐点となる50%を14ヵ月連

毎月勤労統計13年10月~製造業の所得環境は改善基調へ

毎月勤労統計13年10月~製造業の所得環境は改善基調へ | ニッセイ基礎研究所 毎月勤労統計13年10月~製造業の所得環境は改善基調へ 押久保 直也基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・現金給与総額は前年比で4ヶ月ぶりに増加・常用雇用者数は緩やかな増加基調が続く12月3日に厚生労働省から発表された2013年10月の毎月勤労統計(速報)によると、10月の現金給与総額

法人企業統計13年7-9月期~企業収益は堅調、設備投資は伸び悩み

法人企業統計13年7-9月期~企業収益は堅調、設備投資は伸び悩み | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計13年7-9月期~企業収益は堅調、設備投資は伸び悩み 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・6四半期ぶりの増収増益・設備投資の回復遅れる・7-9月期・GDP2次速報は下方修正を予想財務省が12月2日に公表した

輸出主導経済のこれまでとこれから~韓国・台湾の経済構造、日本との比較など

輸出主導経済のこれまでとこれから~韓国・台湾の経済構造、日本との比較など | ニッセイ基礎研究所 輸出主導経済のこれまでとこれから~韓国・台湾の経済構造、日本との比較など 研究員 高山 武士基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 先進国向けの輸出に加えて、新興国向けの輸出も伸び悩んでいることで、輸出主導経済である韓国や台湾では成長率の低迷が長期化している。本稿では、こ

2013年11月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小企業の業況(2013年11月) ~景況感は50超が続く。非製造業は過去最高水準に~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:中小企業の業況(2013年11月)~景況感は50超が続く。非製造業は過去最高水準に~発表日2013年11月28日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524景況判断指数(中小企業月次景況観測)55(増加超)中小企業 売上げDI(季調値)20全産業製造業15非製造業105050-545-10-1540-20(減少超)売上-25今後3ヶ月の見通し-3035101112(出所)商工中

2013年11月20日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

社会資本の生産力効果の再検討

ノンテクニカルサマリー 社会資本の生産力効果の再検討宮川 努 (ファカルティフェロー) 川崎 一泰 (東洋大学) 枝村 一磨 (NISTEP) このノンテクニカルサマリーは、分析結果を踏まえつつ、政策的含意を中心に大胆に記述したもので、DP・PDPの一部分ではありません。分析内容の詳細はDP・PDP本文をお読みください。また、ここに述べられている見解は執筆者個人の責任で発表するものであり、所属する組織および(独)経済産業研究所としての見解を示すものではありません。 産業・企業生産性向上プ

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ロイター短観(2013年11月) ~製造業は素材型中心に小幅改善、非製造業も3ヶ月ぶり改善~

ロイター短観(2013年11月) ~製造業は素材型中心に小幅改善、非製造業も3ヶ月ぶり改善~

2013年11月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本9月機械受注 ここから本文です9月機械受注非製造業が全体を押し下げるも、製造業は堅調な推移サマリー◆2013年9月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲2.1%と2ヶ月ぶりに減少し、市場コンセンサス(同▲1.8%)を下回った。ただし、3ヶ月移動平均値で見ると、3ヶ月連続の増加となっており、機械受注は改善の動きが続いている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+4.1%と5ヶ月連続の増加となった。非製造業(船舶

2013年11月13日内閣府フィードバック数:0社会/政治

機械受注統計調査報告(平成25年9月実績および平成25年10~12月見通し)

平成25年9月実績および平成25年10~12月見通し:機械受注統計調査報告 平成25年11月13日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、25年8月前月比4.5%増の後、9月は同13.2%増の2兆3,999億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比0.9%減の9,402億円、官公需は同42.9%増の3,822億円、外需は同12.1%増の10,510億円、代理店は同4.2%減の931億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需

2013年11月3日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

毎月勤労統計(2013年8月) ~依然として低迷の域を脱していないものの、賃金を巡る環境は改善している~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:毎月勤労統計(2013年9月)発表日:2013年10月31日(木)~依然として低迷の域を脱していないものの、賃金を巡る環境は改善している~第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525(単位:%)現金給与総額所定内前年比前年比2012年2013年常用雇用者数総労働時間一般前年比前年比パート前年比所定内前年比前年比所定外前年比6月▲ 0.4▲ 0.60.9▲ 0.13.2▲ 0.5▲ 0

中国経済:10月の製造業PMI~生産指数が大幅上昇、供給過剰のリスクも今のところ小さい

中国経済:10月の製造業PMI~生産指数が大幅上昇、供給過剰のリスクも今のところ小さい | ニッセイ基礎研究所 中国経済:10月の製造業PMI~生産指数が大幅上昇、供給過剰のリスクも今のところ小さい 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 10月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済)は51.4%と9月の51.1%から0.3

2013年11月2日産業能率大学★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

R&Dやイノベーションについての調査です。

Web調査による日本の製造業における技術管理者調査概要報告

【第11回】Web調査による日本の製造業における技術管理者調査概要報告【第11回】Web調査による日本の製造業における技術管理者調査概要報告 1. 調査目的日本が少資源国にもかかわらず今日の繁栄を享受しているのは、わが国の製造業が優れたものづくりを実現し、貿易においてその優位性を維持し続けてきた証しにほかならない。 しかし現在、日本の製造業は大きな転換点に差しかかっている。国内の雇用創出や付加価値の産出において、日本経済に占める製造業の割合は低下を続けており、産業の主役としての地位は大きく後退し

雇用関連統計13年9月 ~製造業の回復基調が鮮明に

雇用関連統計13年9月 ~製造業の回復基調が鮮明に | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年9月 ~製造業の回復基調が鮮明に 経済研究部 経済調査室長・総合政策研究部兼任 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は0.1ポイント低下の4.0%・製造業の新規求人数が大幅増加総務省が10月29日に公表した労働力調査によると、13年9月の完全失業率は前月

2013年10月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

ロイター短観(2013年10月) ~製造業・非製造業とも改善傾向に一服感も、水準は高い~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:ロイター短観(2013年10月)~製造業・非製造業とも改善傾向に一服感も、水準は高い~発表日:2013年10月17日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524製造業DI素材型非製造業DI加工型繊維・ 化学製 石油・紙パ品窯業201220131月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月3ヵ月後見通し鉄鋼・非鉄金属・機械食品電機

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本8月機械受注 ここから本文です8月機械受注非製造業が良好な結果サマリー◆2013年8月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+5.4%と3ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+2.5%)を上回った。3ヶ月移動平均値で見ても、2ヶ月連続の増加となっており、機械受注は改善の動きが続いている。◆需要者別に内訳を見ると、製造業は前月比+0.8%と4ヶ月連続の増加となった。「石油製品・石炭製品」が前月比+223.2%と大幅

最近の統計調査結果から 2013年9月

統計調査報告被保護者調査(注) ― 6月分概数―6月の生活保護の被保護世帯数は1,583,308世帯、被保護実人員は2,153,122人となった。 (注)生活保護法に基づく保護を受けている世帯及び保護を受けていた世帯の保護の受給状況を把握するための調査である。平成24年派遣労働者実態調査(注1)(事業所調査)派遣労働者が就業している事業所は10.8%で、前回平成20年調査に比べ低下している(注2)。(派遣労働者調査)年齢階級別では「35~39歳」が19.2%と最も高く、次いで「30~34歳」1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ