「製造業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年8月21日日本総研フィードバック数:0社会/政治

数字を追う~1 人当たりGDP・GNI の実態と人口から見える成長課題…小国の超・高所得と日米の健闘、日独製造業の明暗、中所得の罠とBRICs 等

数字を追う~1 人当たりGDP・GNI の実態と人口から見える成長課題…小国の超・高所得と日米の健闘、日独製造業の明暗、中所得の罠とBRICs 等

2013年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年6月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本6月機械受注 ここから本文です6月機械受注4-6月期は前期比+6.8%と増加、非製造業の改善には一服感もサマリー◆2013年6月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比▲2.7%と2ヶ月ぶりに減少したが、市場コンセンサス(同▲7.0%)を上回った。この結果、4-6月期の民需(除く船舶・電力)は前期比+6.8%と5四半期ぶりの増加となった。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比+2.4%と2ヶ月連続の増加、非製造業(

2013年8月13日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、一時的に減速懸念後退も潜在成長率並みの拡大に留まる ~今年通年の経済成長率見通しを7.4%に下方修正~

1/2Asia Trendsマクロ経済分析レポート中国、一時的に減速懸念後退も潜在成長率並みの拡大に留まる~今年通年の経済成長率見通しを7.4%に下方修正~発表日:2013年8月12日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 中国経済を巡っては、景気減速が強まる中で様々な課題が噴出している。今春発足した新政権は構造改革の前進を模索しているが、足下では必ずしも円滑な進捗は確認出来ていない。「世界の工場」として近年高成長を果たしてきた同

2013年8月13日内閣府フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

機械受注統計調査報告(平成25年6月実績および平成25年7~9月見通し)

平成25年6月実績および平成25年7~9月見通し:機械受注統計調査報告 平成25年8月13日内閣府経済社会総合研究所調査結果の概要(季節調整値) 機械受注総額の動向をみると、25年5月前月比12.0%増の後、6月は同14.3%減の1兆9,443億円となった。 需要者別にみると、民需は前月比6.0%減の8,888億円、官公需は同28.2%減の2,584億円、外需は同16.7%減の7,553億円、代理店は同6.6%増の978億円となった。 民間設備投資の先行指標である「船舶・電力を除く民需」の動

2013年8月6日日本政策投資銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の設備投資についての調査です。

2012・2013・2014年度 設備投資計画調査

[[News]]「 2012・2013・2014年度 設備投資計画調査」について 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、「2012・2013・2014年度 設備投資計画調査:非製造業が牽引し、2年連続の増加-<非製造業は22年ぶりに二桁の伸び><製造業は維持・補修や合理化・省力化のウエイト上昇、海外強化の流れ続く>」について、調査結果を取りまとめました。今回の調査では、大企業の2013年度設備投資計画は、製造業、非製造業ともに増加し、全産業で10.3%増と

2013年8月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小企業の業況(2013年7月) ~小幅低下も水準は高い~

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:中小企業の業況(2013年7月)~小幅低下も水準は高い~発表日2013年7月30日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525景況判断指数(中小企業月次景況観測)(増加超)55302520151050-5-10-15-20-25-30-35-40-45-505045403530全産業製造業25非製造業201505060708091011(出所)商工中金「中小企業月次景況観測」1

雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台

雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年6月 ~失業率は4年8カ月ぶりの3%台 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は4年8ヵ月ぶりの3%台・製造業の新規求人数が13ヵ月ぶりの増加総務省が7月30日に公表した労働力調査によると、13年6月の完全失業率は前月から0

2013年7月29日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 悩ましいのは消費税、影響は限定的とみる

Global Market Outlook悩ましいのは消費税、影響は限定的とみる2013年7月25日(木)第一生命経済研究所 経済調査部藤代 宏一TEL 03-5221-452315:38 現在<主要株価指数>日経平均株価TOPIXNYダウDAX(独)FTSE100(英)CAC40(仏)上海総合※<外国為替>※ドル円ユーロ円ドルユーロ<長期金利>※日本米国英国ドイツフランスイタリアスペイン終値14562.931202.3215,542.248,379.116,620.433,962.752,02

製造業の購買・調達についての調査です。

購買・調達の活動実態調査

製造業の調達担当者206名に聞いた、購買・調達の活動実態調査 製造業、特に生活加工型と加工・組み立て型の業種に絞って、購買・調達担当者206名に対する活動実態を調査しました。国際市場での競争激化や円安の進行により、製造業の購買・調達を取り巻く環境が大きく変化している中、購買・調達体制はどうなっているのか、業務を効率化・改善するためのIT化はどこまで進んでいるのか、などをまとめています。 購買・調達の社内体制について聞いたところ、「全社一括の管理部門と、事業所・部署別の購買・調達部門が並立(47

2013年給与動向 第4回 初任給の日台比較

日系企業給与動向2013年給与動向 第4回 初任給の日台比較記事番号:T00044843台湾大手人力銀行(人材バンク)が発表したアンケート調査によると、新社会人が希望する初任給は平均2万7,491台湾元で、企業が支給を予定している2万5,671元とは1,820元の開きがあることが分かった。 実際に企業はどれくらい支給しているかは図1をご確認いただきたい。行政院労工委員会(労委会)の調査による、台湾企業の初任給は約2万5,000元で、日系企業よりおよそ5,000元低い。昨年と比較して、台湾企業は3

2013年7月19日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

ロイター短観(2013年7月) ~改善一服も水準は高い~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:ロイター短観(2013年7月)~改善一服も水準は高い~発表日:2013年7月18日(木)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 高橋 大輝TEL:03-5221-4524製造業DI素材型非製造業DI加工型繊維・ 化学製 石油・紙パ品窯業201220131月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月6月7月3ヵ月後見通し鉄鋼・非鉄食品金属・機械電機▲5▲ 11212▲3▲2▲4▲5▲ 17▲ 1

2013年7月19日日本銀行★フィードバック数:0キャリアとスキル

日銀のレポートです。

(論文)非製造業の海外進出と国内の雇用創出

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 非製造業の海外進出と国内の雇用創出2013年7月18日桜健一*1近藤崇史*2要旨日本企業の海外進出の動きは、対外直接投資残高の対GDP比でみると2000年代半ばまで低調であったが、近年活発化している。業種別の内訳をみると、これまで海外先進国対比で出遅れてきた非製造業の海外進出がとくに活発化している。このような非製造業の海外進出が国内雇用にどのような影響を与えるかは、日本経済の見通しや成長力を考える際に重要な論点の一つで

2013年7月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年5月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本5月機械受注 ここから本文です5月機械受注非製造業で設備投資活発化の動きサマリー◆2013年5月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+10.5%と2ヶ月ぶりに増加し、市場コンセンサス(同+1.9%)を大幅に上回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比+3.8%と2ヶ月ぶりの増加、非製造業(船舶・電力を除く)も前月比+25.4%と2ヶ月ぶりの増加となった。製造業では、「化学工業」や「一般機械」の増加が全体を押

2013年7月10日みずほ総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

米国の製造業は本当に復活したのか

米国の製造業は本当に復活したのか

2013年7月9日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国政府統計の信ぴょう性に新たな疑義(Asia Weekly (7/1~7/5)) ~インドの製造業PMIは4ヶ月ぶりに改善も、依然内需は力強さを欠く~

中国政府統計の信ぴょう性に新たな疑義(Asia Weekly (7/1~7/5)) ~インドの製造業PMIは4ヶ月ぶりに改善も、依然内需は力強さを欠く~

2013年7月3日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

6月短観は+12ポイントと裾野広がる ~大企業・製造業は2年連続での2桁増益見込む~

6月短観は+12ポイントと裾野広がる ~大企業・製造業は2年連続での2桁増益見込む~

2013年6月25日七十七銀行フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

統計トピックス「宮城県の製造業の動向(平成23年宮城県の工業)」

統計トピックス「宮城県の製造業の動向(平成23年宮城県の工業)」

2013年6月25日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

アベノミクスの鍵を握る賃金の行方

トップレポート・コラム経済分析日本アベノミクスの鍵を握る賃金の行方 ここから本文ですアベノミクスの鍵を握る賃金の行方所定内給与の増加に向けた構造改革が不可欠サマリー◆デフレからの脱却を目指して、「3本の矢」による経済政策を進める安倍政権は、同時に賃金の上昇を目指している。安倍首相は経済団体に対して賃上げを要求し、一部の企業がそれに呼応するように給与の引き上げを検討したこともあり、賃金動向が注目されている。◆日本では1990年代後半以降賃金が減少傾向にある。賃金の内訳をみると、特別給与と所定内給与

2013年6月21日第一生命保険フィードバック数:2キャリアとスキル

なぜパート労働者比率の上昇が続いているのか? ~非製造業・女性パート労働者の増加が平均賃金の恒常的な押し下げ要因に~

なぜパート労働者比率の上昇が続いているのか? ~非製造業・女性パート労働者の増加が平均賃金の恒常的な押し下げ要因に~

2013年6月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年6月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本6月日銀短観予測 ここから本文です6月日銀短観予測業況判断の大幅な改善と、設備投資計画の上方修正を予想サマリー◆7月1日に公表予定の2013年6月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は4%pt(前回調査からの変化幅:+12%pt)、大企業・非製造業の業況判断DI(最近)は13%pt(前回調査からの変化幅:+7%pt)とそれぞれ改善を予想する。1-3月期の決算はおおむね好調な結果となり、先行きも収益の改善が見込まれる。さらに、各種の政策効果への期

2013年6月21日JETRO★フィードバック数:0ビジネス

中国向け投資についての調査です。

2012年の対中直接投資動向(2013年6月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 2012年の対内直接投資(銀行・証券・保険分野を含まず)は、契約件数が前年比10

2013年6月14日中国経済連合会フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

中国地域の製造業の新たな事業展開に関する調査

中国地域の製造業の新たな事業展開に関する調査

2013年6月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年4月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本4月機械受注 ここから本文です4月機械受注単月では減少したが、反動減を除けば良好な結果サマリー◆2013年4月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)が、前月比▲8.8%と3ヶ月ぶりのマイナスとなり、市場コンセンサス(同▲8.1%)を下回った。◆需要者別の内訳を見ると、製造業は前月比▲7.3%と3ヶ月ぶりの減少、非製造業(船舶・電力を除く)も前月比▲6.0%と3ヶ月ぶりの減少となった。前月からの反動減の影響はあるものの、「電気機械」や

2013年6月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済 改善続くも強弱入り混じる内容

トップレポート・コラム経済分析米国改善続くも強弱入り混じる内容 ここから本文です改善続くも強弱入り混じる内容2013年5月の雇用統計:失業率は0.1%ポイント上昇サマリー◆2013年5月の非農業雇用者数は前月差17.5万人増と、4月から増加幅が拡大した。業種分類別にみると、政府部門は歳出の強制削減などによって引き続き減少、民間・生産部門では製造業に先行きの不透明感が高まる内容であった。一方で、民間・サービス部門は引き続き増加した。◆失業率は7.6%と4月から0.1%ポイント上昇したが、要因は労働

2013年6月4日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年1-3月期法人企業統計と2次QE予測

トップレポート・コラム経済分析日本1-3月期法人企業統計と2次QE予測 ここから本文です1-3月期法人企業統計と2次QE予測企業収益は持ち直し/GDP2次速報はわずかに上方修正と予想サマリー◆2013年1-3月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+6.0%となり5四半期連続の増益となった。売上高は同▲5.8%と4四半期連続の減収となっており、低水準での推移が続いているものの、変動費の減少や、人件費を中心とした固定費の削減が経常利益の押し上げに寄与した格好。企業収益動向を季節調整値で

2013年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治海外

中国経済:5月の製造業PMI ~8ヵ月連続の50%超、また“西高東低”には変化の兆し

中国経済:5月の製造業PMI ~8ヵ月連続の50%超、また“西高東低”には変化の兆し | ニッセイ基礎研究所 中国経済:5月の製造業PMI ~8ヵ月連続の50%超、また“西高東低”には変化の兆し 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 5月の製造業購買担当者指数(PMI、季節調整済)は50.8%と、4月の50.6%から0.2%ポ

2013年6月4日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

法人企業統計13年1-3月期 ~5四半期連続の増益も、企業の設備投資意欲は高まらず

法人企業統計13年1-3月期 ~5四半期連続の増益も、企業の設備投資意欲は高まらず | ニッセイ基礎研究所 法人企業統計13年1-3月期 ~5四半期連続の増益も、企業の設備投資意欲は高まらず 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・5四半期連続の増益・企業の設備投資意欲は依然として弱い・1-3月期・GDP2次速報は小幅下方修正を予

2013年6月3日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1キャリアとスキル

雇用関連統計13年4月 ~改善する雇用情勢

雇用関連統計13年4月 ~改善する雇用情勢 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年4月 ~改善する雇用情勢 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・改善する雇用情勢・3%台の失業率が視野に入る総務省が5月31日に公表した労働力調査によると、13年4月の完全失業率は前月から横ばいの4.1%となった。労働力人口が前月から6万人の増

中国経済:来週にかけての注目ポイント ~政府の公式な製造業PMIなど3点に注目

中国経済:来週にかけての注目ポイント ~政府の公式な製造業PMIなど3点に注目 | ニッセイ基礎研究所 中国経済:来週にかけての注目ポイント ~政府の公式な製造業PMIなど3点に注目 経済研究部 上席研究員 三尾 幸吉郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ○ 先週中国では、英金融大手HSBCが発表した5月の製造業PMIが大きく落ち込み、景気拡大・後退の分岐点となる

2013年5月22日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治

ロイター短観(2013年5月) ~回復が鈍かった素材型の景況感にも明るい兆し~

Economic Indicators定例経済指標レポートテーマ:ロイター短観(2013年5月)~回復が鈍かった素材型の景況感にも明るい兆し~発表日:2013年5月20日(月)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525製造業DI素材型非製造業DI加工型繊維・ 化学製 石油・紙パ品窯業201220131月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月4月5月3ヵ月後見通し鉄鋼・非鉄金属・機械食品電機▲5▲ 11212▲3▲2▲4▲5

2013年5月1日大和総研フィードバック数:1キャリアとスキル

2013年3月雇用統計

トップレポート・コラム経済分析日本3月雇用統計 ここから本文です3月雇用統計失業率は改善も、就業者数は減少サマリー◆3月の完全失業率(季節調整値)は4.1%となり、前月から0.2%pt改善した。失業率は前月から改善したものの、その要因は主として非労働力人口の増加による。有効求人倍率(季節調整値)は0.86倍となり前月から+0.01pt改善した。◆就業者数(季節調整値)は、前月差▲1万人と3ヶ月ぶりの減少となった。業種別に見ると、足下での生産の回復を受けて、製造業の就業者数は前月差+14万人となっ

雇用関連統計13年3月~雇用情勢は持ち直しの動きが継続

雇用関連統計13年3月~雇用情勢は持ち直しの動きが継続 | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年3月~雇用情勢は持ち直しの動きが継続 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から0.2ポイント低下の4.1%・製造業に下げ止まりの兆し総務省が4月30日に公表した労働力調査によると、13年3月の完全失業率は前月から0.2

2013年4月17日マイナビ★フィードバック数:0キャリアとスキル

企業側の調査です。

2014年卒マイナビ企業新卒採用予定調査

ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「2014年卒マイナビ企業新卒採用予定調査」を発表~ 景況感の好転から、企業の採用予定数が増加。全カテゴリーで「増やす」が増加、非上場・非製造業では前年より採用増加の勢いが加速 ~ 株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、社長:中川信行)は、「2014年卒マイナビ企業新卒採用予定調査」の調査結果を発表しました。本調査は、企業の新卒採用に対する意識や採用活動全体の動向を把握することを

2013年4月12日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2013年2月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本2月機械受注 ここから本文です2月機械受注2ヶ月ぶりの増加となったが、基調は弱いサマリー◆2月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+7.5%と2ヶ月ぶりのプラスとなり、市場コンセンサス(同+6.9%)を上回った。ただし、基調を確認するために3ヶ月移動平均で見ると、2ヶ月連続のマイナスとなっていること、民需の60%以上を占める非製造業からの受注が低位で推移していることなどから、機械受注は弱含みが続いているとみている。◆需要

2013年4月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

中国、製造業・サービス業ともに底堅さを確認(Asia Weekly (4/1~4/5)) ~インドを取り巻く状況は依然厳しさが続く~

中国、製造業・サービス業ともに底堅さを確認(Asia Weekly (4/1~4/5)) ~インドを取り巻く状況は依然厳しさが続く~

2013年4月7日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:1社会/政治

経済情報:日銀短観(2013年3月調査)の結果について~円安等を受けて大企業・製造業の景況感が改善~

経済情報:日銀短観(2013年3月調査)の結果について~円安等を受けて大企業・製造業の景況感が改善~

2013年4月2日JA共済総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

産業構造の変化と雇用情勢-製造業の空洞化が雇用に及ぼす影響

産業構造の変化と雇用情勢-製造業の空洞化が雇用に及ぼす影響

2013年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:6キャリアとスキル

雇用関連統計13年2月~雇用情勢は持ち直しているが、製造業の不振が続く

雇用関連統計13年2月~雇用情勢は持ち直しているが、製造業の不振が続く | ニッセイ基礎研究所 雇用関連統計13年2月~雇用情勢は持ち直しているが、製造業の不振が続く 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・失業率は前月から0.1ポイント上昇の4.3%・製造業の不振が続く総務省が3月29日に公表した労働力調査によると、13年2月の

2013年4月1日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:1社会/政治

日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は4改善の▲8、先行きはさらに改善

日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は4改善の▲8、先行きはさらに改善 | ニッセイ基礎研究所 日銀短観(3月調査)~大企業製造業の景況感は4改善の▲8、先行きはさらに改善 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 大企業製造業の業況判断D.I.は▲8と前回から4ポイント上昇し、3四半期ぶりに景況感の改善が示された。大企業非

2013年3月26日大和総研フィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

排出量取引マーケットレポート 2013.3.22

トップレポート・コラム金融資本市場分析ESG投資/SDGs排出量取引マーケットレポート 2013.3.22 ここから本文です排出量取引マーケットレポート 2013.3.22ドイツが製造業企業に対して環境税の条件付き還付措置を延長サマリー◆マーケットサマリー(2013/2/26~2013/3/21)軟調な展開が続くが、欧州議会の重要採決を前に価格上昇の兆し◆■ドイツが製造業企業に対して環境税の条件付き還付措置を延長ドイツでは1999年から地球温暖化対策と雇用対策を目的とした環境税(エネルギー税と電

2013年3月25日総務省★フィードバック数:7製造業/エレクトロニクス

大規模な企業実態調査の製造業についての切り出しです。

平成24年経済センサス‐活動調査 製造業に関する速報結果

報道資料平成24年経済センサス‐活動調査 製造業に関する速報結果総務省及び経済産業省は、我が国の全産業分野の売上(収入)金額や費用等の経理事項を同一時点で網羅的に把握する我が国唯一の統計調査として、平成24年2月に初めて実施した「経済センサス‐活動調査」の製造業に関する速報結果を公表しました。 内容は、以下、統計局ホームページをご覧ください。平成24年経済センサス‐活動調査 製造業に関する速報結果 連絡先総務省統計局統計調査部 経済統計課審査発表第二係 担当:川羽田(かわばた)統計専門官梛川(

2013年3月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治

3月日銀短観予測

トップレポート・コラム経済分析日本3月日銀短観予測 ここから本文です3月日銀短観予測業況判断DIは幅広い業種で大幅な改善を予想サマリー◆4月1日に公表予定の2013年3月日銀短観において、大企業・製造業の業況判断DI(最近)は▲7%pt(前回調査からの変化幅:+5%pt)と大幅な改善を予想する。前回調査以降ドル円レートは10円以上円安に振れており、企業収益も改善が見込まれている。鉱工業生産指数を見ても2012年11月を底に上昇に転じており、今後も上昇が予測されていることなどから、幅広い業種で業況

2013年3月12日大和総研フィードバック数:0社会/政治

1月機械受注

トップレポート・コラム経済分析日本1月機械受注 ここから本文です1月機械受注内外需ともに大幅減少したものの、明るい材料も少なくないサマリー◆2013年1月の機械受注では、国内設備投資の先行指標である民需(除く船舶・電力)は、前月比▲13.1%と、4ヶ月ぶりのマイナスとなり、市場コンセンサス(同▲1.7%)を大幅に下回った。基調を見るために3ヶ月移動平均で見ても、3ヶ月ぶりのマイナスとなっている。ただし、業種別に内訳を見ると、増加している業種も多くみられることから、1月の機械受注は、緩やかな増加基

2013年3月11日東京商工リサーチフィードバック数:2ビジネス

製造業・建設業向け 四半期別貸出金残高調査 ~ 建設業向け貸出し 約9割の銀行で前年同期より減少 ~

製造業・建設業向け 四半期別貸出金残高調査 ~ 建設業向け貸出し 約9割の銀行で前年同期より減少 ~ 公開日付:2013.03.082012年12月末の地方銀行・第二地銀81行の貸出しは、製造業・建設業ともに前年同期を下回った。ただし、建設業は製造業に比べて減少幅が大きく、貸出金減少行が約9割を占めるなど、業種間で温度差がみられた。本調査は、四半期ごとの業種別貸出状況が確認できた地方銀行・第二地銀81行を対象に2012年12月末時点の連結決算ベースの製造業と建設業向け国内貸出金残高を調べた。地域

2013年3月4日第一生命保険フィードバック数:1キャリアとスキル

成長戦略で雇用機会を増やす糸口は? ~産業・職種などの変化を踏まえ、規制・雇用制度など環境整備を

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:成長戦略で雇用機会を増やす糸口は?発表日:2013年2月28日(木)~産業・職種などの変化を踏まえ、規制・雇用制度など環境整備を~第一生命経済研究所 経済調査部副主任エコノミスト 鈴木将之(03-5221-4547)(要旨)○ 第 3 の矢といわれる成長戦略が注目を集めつつある。デフレ脱却、雇用創出や賃金上昇など、経済成長の原動力として成長戦略が期待されているためだ。○ 就業者数は、製造業で 1992 年をピークに減少した一方、人口減少

2013年3月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

経済@貯蓄~投資 明日の産業

経済@貯蓄~投資(けいざい・あっと・ちょちく から とうし へ)NO.45明日の産業有働 洋常務取締役経済調査部長わが国ではおよそ 17%の就業者が製造業で資料1 産業別就業者数(単位:万人)卸・小売業、医療・福祉ほか非製造業の分野で働く人は 80%に達する(資料1)。一方で、過去一年間に決算発表した東証第一部上場企業の金融業, 金融保険業保険業, 1632.6%公務(他に分類されるものを除く), 223働いているが、農業、建設業、運輸・郵便業、サービス業(他に分類されないもの),456複合サー

2013年2月28日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

中小企業の業況(2013年2月) ~持ち直しが鮮明に

Economic Indicators定例経済指標レポート指標名:中小企業の業況(2013年2月)~持ち直しが鮮明に~発表日2013年2月26日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 エコノミスト 大塚 崇広TEL:03-5221-4525景況判断指数(中小企業月次景況観測)(増加超)555045403530全産業製造業25非製造業201505060708091011(出所)商工中金「中小企業月次景況観測」12132520151050-5-10-15-20-25-30-35-40-45-50中

2013年2月26日みずほ総合研究所フィードバック数:1社会/政治

脱デフレの鍵は非製造業にあり

脱デフレの鍵は非製造業にあり

2013年2月24日JETROフィードバック数:0社会/政治海外

【インドネシア】製造業進出は新局面へ

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 【インドネシア】製造業進出は新局面へ(2013年2月) インドネシアは

2013年2月6日JETRO★フィードバック数:0ビジネス

在中国日系企業の調査です。

在アジア・オセアニア日系企業活動実態調査―中国編―(2012年度調査)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 在アジア・オセアニア日系企業活動実態調査―中国編―(2012年度調査)(2013

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ