「見込み客」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

日本企業の7割がまだ知らない!?営業の現場力を革新するインサイドセールスとは Vol.2会いに行かない営業が主流に?インサイドセールスが変える営業の未来

Vol.1では日本の企業における人材の育成や営業の生産性アップにおける課題と、それらを解決する有望な打ち手としてインサイドセールスをご紹介しました。Vol.2では、日本でインサイドセールスがどのくらい利用されているのか、また導入している企業ではどのような効果が表れているのかについて詳しく解説していきます。まずは日本国内のインサイドセールスの認知度を見ていきましょう。アンケートの結果、日本におけるインサイドセールスの認知度はかなり低いということがわかりました。企業規模に関わらず約70%の人が「イン

人材育成にも役立つ?!営業の現場力を革新するインサイドセールスとは Vol.1~新規見込み客の獲得に効く!インサイドセールスという新しい営業のかたち

経済産業省の「2018年度版ものづくり白書」によると、社会的な人手不足の中、国内の製造業において約8割近くの企業が「人材育成」に何らかの問題があると答えました。なかでも課題として多くあげられたのが、若年層、さらには指導する側の人材不足、IT人材の育成です。人手不足が深刻化する現場では、デジタル技術革新に伴いAIやIoTなどのツールを利活用して業務効率を上げ、従業員の労働を高付加価値なものにしていく人材育成が重要だと考えられています。さらに、現場のデータを分析して問題や課題を発見、部署を超えて連携

BtoBリードジェネレーションに関する調査

BtoBリードジェネレーションに関する調査日本のBtoB企業は新規顧客を獲得するために、どのようにして「リードジェネレーション(見込み客の獲得)」を実施しているのか、調査結果をまとめたインフォグラフィックです。本インフォグラフィックはプレスリリースに挿入する想定で作成しました。「BtoB企業のリードジェネレーション施策_実態調査レポート2017」のダイジェストをまとめたものです。より詳しい調査結果は、「BtoB企業のリードジェネレーション施策_実態調査レポート2017」のダウンロードページにて、

2017年1月26日SATORI★フィードバック数:0マーケティング

国内BtoB企業のマーケティング実態調査レポート

【国内BtoB企業のマーケティング実態調査レポート】多くの企業が見込み客開拓チャネルを展示会に依存。見込み客情報が 「足りている」のは2割に満たず、課題は「戦略立案と実行計画」 マーケティングオートメーションツール「SATORI」を提供するSATORI株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:植山 浩介)は、国内BtoB企業におけるマーケティングの実施状況や課題、成果について実態を明らかにすべく、各社のマーケティング担当の方を対象にアンケート調査を実施いたしました。本日、その調査結果と分析内容

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ